« これは何? ~ 土あそび ~ | トップページ | ちひさきもの 2018 夏 (2) »

2019/09/25

ちひさきもの 2018 夏 (1)

今日はカラリとした秋の空気の朝となりました。

日中はまだ暑くなりそうですが、秋を実感できる一日になりそうです。

 

さて、家にいた間、ほぼ引きこもり状態で過ごしてしまった今夏でしたが、
家周りの狭い範囲でも、小さな生き物たちとの出会いがありました。
(1)と(2)に分けてご紹介しようと思います。

 
あ、苦手な方はスルーしてくださいね。
 
 

190705tentoumusi

ナナホシテントウ (7/5)

結構歩くのが早くて カメラで追いかけるのが大変

 

190708kamakiri2

幼いカマキリ オオカマキリかなぁ?? (7/8)

人間で例えるなら少年期くらい?

『何か!?』 と睨まれました

大人になれたかなぁ

 

190820kanahebi2

「ニホンカナヘビ」 (8/20)

見返り美人? 窓越しに

 

190823aburazemi2

「アブラゼミ」 (8/23)

タカサゴユリの茎にとまっていました

 

190823ageha_youtyu1

「ナミアゲハ」の幼齢虫 鳥の糞様 (8/23)

「小夏」の葉の上で こんなに無防備で大丈夫?

 

190827ageha_youtyu

脱皮直後 5齢幼虫 (8/27)

 

190831namiageha_youtyu

相変わらず無防備に全身さらしている幼虫 (8/31)

この日の夜はいたのに 翌朝見たら行方不明に

蛹になる旅に出たのか 捕食されてしまったのか分からないままです

 

 

190904ageha_youtyu

がっかりしていたら また新たな幼虫発見 (9/4)

体長3㎜ あるかどうか

この段階ではまだ何アゲハか分からず

成虫まで無事に育ってね

 

 

  「なにもなにも、ちひさきものはみなうつくし。」  - 枕草子 より -

   (なにもかも、小さいものはみなかわいらしい。)

 

  (2)に続きます (*^^*)

 
ポチッとよろしく!

|

« これは何? ~ 土あそび ~ | トップページ | ちひさきもの 2018 夏 (2) »

コメント

こんにちは。

まだ気温27度で日差しが強いですが爽やかです。午前中はずっと庭仕事でしたが汗をかきませんでした。

五齢幼虫の目の横の模様が面白いです。そしてお腹側の模様も。蝶になった時のどこかの模様なのでしょうか。
家でさっきこのオオカマキリが大人になった状態の巨大なのを発見しました。
キャー、と叫びそうになりましたがニホンカナヘビということで、わかってから大丈夫。蛇だったらもう怖くてのけぞってしまいます。
テントウムシは久しぶりに見ましたがナナホシでなかったです。星がもっと多かったような気がしました。
テントウムシはもっと増えてくれれば庭の害虫を食べてくれるのに。なんて勝手なことばかり言ってしょうがない人です。

投稿: tona | 2019/09/25 13:17

ポージィさん
こんにちは
色んな虫達に出会われましたね
「ニホンカナヘビ」の見返り美人
上手い表現ですね
というか、とても良い瞬間を捉えられておられます
私も今年は、珍しくニホンカナヘビに何度も出会えました
このような表情も数回見ましたが、この瞬間は撮れませんでした
それから、今年は、セミの声を随分聞きましたね
例年に比べ、セミの声がうるさく聞こえました
セミの数が多かったのでしょうか?

投稿: フクジイ | 2019/09/25 14:03

☆ tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
コメント一覧から、コメントをいただいていることは分かっていたのに
ブログページになかなか反映されなくて、どうしてしまったのかと
ヤキモキしていました。やっと反映されてやれやれ、です。
 
陽射しは暑いものの、湿度が下がって爽やかな一日でしたね。
tonaさんは庭仕事をされましたか。汗をかかずに庭仕事ができるのは
何ヶ月ぶりでしょ。
 
目玉みたいな模様が、にらみを利かせているようで面白いですね。
蝶は完全変態ですが、幼虫の模様が成虫の翅の模様に繋がっている
ものなのかどうなのか…はて? 勉強不足で分かりません。
関係なさそうにも思えますが、実際のところどうなのでしょうね。
お庭でオオカマキリの成虫をご覧になりましたか。立派に成虫にまで育って、
いまや名ハンター(怖いハンターかな?)でしょうね。
私は成虫のカマキリを見られずにいます。
テントウムシは星の多いものでしたか。それだと葉っぱを食べるタイプの
方かしら?ナミテントウやナナホシテントウなどはアブラムシを
食べてくれて、人間にとってはカマキリ共々益虫ですね。
今年の春~初夏、わが家の花桃にはアブラムシがいっぱい発生。
その間はテントウムシの幼虫もたくさんいました。
ヘビは苦手でいらっしゃいますか?ニホンカナヘビの写真で
びっくりさせてしまいましたね。ごめんなさい。
カナヘビなら小さいですし可愛いものですね(*^^*)
 

投稿: ポージィ | 2019/09/25 19:14

☆ フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
コメントをいただいたのに、ブログ上になかなか反映されなくて
どうしたのかとヤキモキしていました。やっと反映されてのお返事です。
 
夏場は蚊にまぶれつかれるのであまり外へも出ませんが、
それでも何かしらの出会いがあると楽しいものですね。
見つけたらすかさずパチリ。あっという間に逃げられて撮れないことも
ままあります。フクジイさんはニホンカナヘビに逃げられましたか。
これ↑はガラス越しだったので逃げられずにすみました。
見返り美人は、江戸時代の画家の「見返り美人図」からいただきました(^^;)
 
今夏のセミの数はどうだったのでしょうね。私はフクジイさんとは逆に
見かけることが少なく、今年は少ないのかな?と思っていましたよ。
 

投稿: ポージィ | 2019/09/25 19:20

こんばんは。
お家のまわりでいろんな生き物をたくさん発見されましたね。
チョウの幼虫も若齢から終齢まで姿を変えて、それぞれ可愛いところがあって楽しいですね。
カマキリも幼いときはずいぶんスマートなのですね。
なるほど ちひさきものはみなうつくし ですか。枕草子も最近はご無沙汰です。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2019/09/25 20:03

☆ 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
小さな生き物たち、苦手なものもいますが、写真に収めたものたちは
会って、見てワクワクするものたちです。
家の周りに限っても、けっこう色々いるものですね。
蝶たちの変態はほんと驚かされると同時に楽しいですね。
中には、毛虫!と飛びのいてしまった形の幼虫もいますけれど。
そうそう、カマキリの幼虫はとてもスマートです。
この頃はまだ翅もなさそうですね。やはり脱皮で変身するのでしょうか。
 
ちひさきものはみなうつくし フッと思い出して知ったかぶりです。
 

投稿: ポージィ | 2019/09/25 20:10

こんにちは♪

今日の妙高はすじ雲が美しい秋空が広がっています。
そちらもきっと同じような秋空・・・かな?

今日の小さな虫たち、どれも我が庭に生息しているような・・・
でも家のはナミアゲハじゃ無くてキアゲハですが。
バラに手を出した先に、カマキリがいると「ドキッ!」(笑)
テントウムシと同じく、害虫を食べてくれるので大歓迎ですが・・・ヤッパリ苦手。
カナヘビは元々居なかったんですが、10年くらい前から・・・
これも「ドキッ!」どころか「ギャ~~~」です。

いずれにしても、植物と虫たちは切っても切れない関係なので・・・
出来るか範囲で「ちひさきものはみなうつくし」の精神で・・・(いけるかな~?)

投稿: ロココ | 2019/09/26 10:19

☆ ロココさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは(^^)
 
今朝の妙高地方はすじ雲ですか。こちらはもこもこフワフワした雲です。
一昨日は見事なウロコ雲でしたけど、今日は秋っぽくない雲。
でも湿度が低くて爽やかです♪
 
ロココさんは虫が苦手でいらっしゃるのに、頑張って見て下って
ありがとうございます~~(*´∀`*)
みーんなお庭にもいるお馴染みさんたちでしたか。
カマキリは、ふと気づくと、むこうの方が早く気づいて睨んでること
ままありますよね。私もドキッとします。
カナヘビは10年程度の新顔さんなんですね。ドキッどころかギャ~~ですか(^^;)
私、子供のころ素手で捕まえてました。今は無理ですけど(笑)
でも、ニホントカゲの方は捕まえる気になれなかったなぁ。
 
ちひさきものはみなうつくし 私もできる範囲の限定付きです~
みな はやっぱり無理ですよね。
 

投稿: ポージィ | 2019/09/26 11:54

こんばんは。
小さい時から昆虫が好きで、虫や爬虫類などを追いかけまわしていたのに、歳を取ると臆病になるのか、最近は触るのが怖くなってきました。
カマキリも、卵から孵ったばかりの子カマキリしか触れません。(笑)
小さな蝶の幼虫、クロアゲハの幼虫みたいですね。
これから変身を繰り返して、大きくなっていくんですね。
part2も楽しみです。

投稿: ソングバード | 2019/09/26 17:25

☆ ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
かっては昆虫大好き少年でいらしたのですね。
子どもの頃は体験も知識も少ないですから、怖いもの知らず。
私もけむじゃらの真っ黒い毛虫を手の中に包んで持ち帰って
母親に見せて仰天されたり、カナヘビの子供を捕まえたら
尻尾を切り落としてしまって慌てたり…とそんなこともありましたが、
いまではどちらもできないことです(笑)
カマキリも、今ではソングバードさんと同じく子カマキリだけです。
成虫は挟まれたり噛みつかれたら痛そうなんですもの~~
蝶の小さな幼虫、クロアゲハでしょうか。
残念ながらこの子も行方不明になりました(;_;)
保護してあげればいいのかもしれませんが、自然に任せているので、
捕食者の食糧になることも多そうです。
(2)もよろしくお願いします。
 

投稿: ポージィ | 2019/09/26 20:21

 みないとおしい
今晩は~

 いいですね~。
文言も写真も・・・♪
 我が家にはみなさんおいでで~す。
・ カナさんは今年も元気にあちこちと動き回って・・・。
・ 幼虫たち!
  今年もスダチの木、葉・食べつくされて丸坊主の状態で~す。
 はい、我慢していおりますよ(笑)。
 それでいいのです💦
 ・・でした。

投稿: ヒロ‥の日々(もんたの一年) | 2019/09/27 18:35

☆ ヒロ‥の日々(もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
無事お帰りになりましたね~ 安心しました。
 
みんな見慣れた虫たち。この辺りはみないとおしいと私も思えます。
本能的にダメ~となってしまうちひさきものたちもいるのですが。
ヒロさんのお庭では、ちひさきものたちも自由にのびのび
生きているようですね。
スダチは丸坊主ですか(^^;) すくすく育っているのですね。
わが家の場合は、捕食者の勢力の方が強いようです~
それもまた自然界の真の姿ですけれどね。
 

投稿: ポージィ | 2019/09/27 20:38

こんばんは

 小さな生き物たち、よくとらえましたね。
カマキリ、細長い体に大きな目。キョロキョロ。
緑の葉っぱに緑の細い体。保護色。よく出来てますね。
アゲハの幼虫も同じ。
ミカンの若葉を食べていたのに。
アブラセミがまだいいるんですね。
ニホンカナヘビ、目がかわいい。

 この頃、林が無くなったせいか、昆虫も少なくなりました。
あなんに沢山来ていた小鳥たちも殆ど来なくなりました。
ただ、カラスのうるさいな鳴き声がしなくなったはいいです。

投稿: 夢閑人 | 2019/09/28 21:39

☆ 夢閑人さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
お返事遅くなってすみません <(_ _)>
 
秋になる前、夏の間に出会った小さな生き物たちを撮っておいたのを
まとめてアップさせていただきました。
アブラゼミはもういないかもしれませんね。昨日ツクツクボウシの
鳴き声は聞こえていましたけれど。
蝶は、成虫にまでなれるものは、ごくわずかと書かれているのを
読んだことがあります。成虫になれば怖いもの知らず?の
ハンターになるカマキリのような昆虫でも、無事成虫になれるものは
少ないかもしれませんね。
いま、世界で昆虫が減っているそうです。昆虫が減ってしまったら、
全生物の生態系に変化が起き、人間ももちろん大きな影響を受け、
滅亡に繋がることも十分考えられるそうです。
温暖化もそうですが、非常に危機感を覚える話ですね。
夢閑人さんのお宅の前にあった林が無くなったことでも、
生態系に変化が起きていますね。
住みかの無くなった小さな生き物たちはどこへ行ったのでしょう。
 

投稿: ポージィ | 2019/09/29 16:31

「今晩は」
ウッヒョウ、どれも馴染み深い、害虫は殺生したこともあります。

投稿: アットマン | 2019/09/29 20:07

☆ アットマンさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
アットマンさんにとってもお馴染みさんばかりでしたか。
今回アップの生き物たちは、私としては余裕をもって
見られるものたち。
本能的にダメなものもありますし、殺生もたくさんあります。
我ながら矛盾しているなぁと思いますけれど。
 

投稿: ポージィ | 2019/09/30 09:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これは何? ~ 土あそび ~ | トップページ | ちひさきもの 2018 夏 (2) »