« クズ の秋 | トップページ | 秋 元気になったフヨウ »

2019/10/16

植物園の田園風景

台風19号が大変な爪痕を残して去ってからこちら、被害の大きさ酷さに

胸が痛まないときがありません。豪雨被害、台風被害‥今年も繰り返される

自然災害。私たちはどう向き合っていけばいいのでしょう。

被害に遭われた皆さまにお見舞い申し上げますと共に、亡くなられた方に

お悔やみ申し上げます。一日も早く平穏な日常が戻りますことを祈ります。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

記事は、だいぶ季節をさかのぼります。

 

9月の下旬、久し振りに「花菜ガーデン」へ行ってきました。

花菜ガーデンとは…

神奈川県立花と緑のふれあいセンター 「花菜ガーデン」→ HP

バラなど華やかな花が咲いている時期ではありませんでしたが、

ちょっと雨に降られたりしながらも、すごく久しぶりの公園歩きは、

楽しいものでした。

 

見て歩いた中から、秋の田園風景の部分アップをしてみました。

 

190923_ine1

道中見かけた田んぼでは 稲刈りされているところはほんの一部でしたが

ここではもうすっかり刈り終わって はさがけ乾燥中でした

写真撮影の少し前には雨に降られてしまいましたけれど

190923_ine2

今年の稔り具合はどうでしょ

190923_ine3

 

 

190923_liquorice5

畔では彼岸花も ここのは人の手で植えられたものですね

190923_liquorice3

190923_liquorice4

 

 

190923_hatisu1

稲の田んぼの横には 蓮田も

もうみんなシャワーヘッドのような ハチスになっていました

190923_hatisu3

アップで

蜂の子が顔をのぞかせているみたいですね! まさに蜂巣

190923_hatisu2

そこら中に あっちを向いたりこっちを向いたり

色んな大きさや色の ハチスがにょきにょき

面白いアートになっていましたよ

 

 

190923_misohagi

蓮田の水辺には まだわずかに咲き残っていた ミソハギの花

  

(いずれも 9/23 撮影)

  

 

人影もまばらな園内を、ゆったり歩いてカメラを向けながら、心和んでいくのを

感じていました。 やっぱり私はこういう時間がとても好きみたい。

ずっとこういう時間を求めていたんだなと思いました。

 

ポチッとよろしく!

 ※ コメントの自動での反映が非常に遅くなっている問題は、まだ解決されて

   おらず、管理画面から手動で反映させています。

   いただいたコメントがすぐに反映されなかったり、お返事が遅くなることも

   あるかと思いますがご了承ください。             ポージィ

|

« クズ の秋 | トップページ | 秋 元気になったフヨウ »

コメント

「こんにちは」
ハゼカケの稲は すこぶる美味しい。
紅白の彼岸花、心を癒してくれます。
蜂の子では無く、蓮の子の表現が面白い。
ミソハギの花、小粒で可愛い、キユート。

投稿: アットマン | 2019/10/16 12:58

こんにちは。
ちょっと曇り空で散歩も行きそびれています。

植物園の秋の田園風景、いいですねえ。お米もしっかり穫れたようですね。
花菜ガーデン、しばらく行っていませんが、いつ行っても落ち着いて楽しめますね。
そろそろバラも綺麗に咲いているでしょうか。できたら訪ねてみたいです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2019/10/16 13:59

こんにちは。
私は花菜ガーデンへは行った事が無いのですよ。
県の広報誌などでお花の情報などが出ていて
素敵な場所だな・・とは思っていました。
田園風景も素敵ですネ♡
ポージィさんの仰る通りですね。
カメラを向けながらゆったり歩いたら、心和みそうです。
HPを見ると季節の植物も色々。
我が家は夫が免許を返納したので電車・バス利用になりますが
交通の便もよさそうですね。

あと・・私事ですがココログを退会します。
ポージィさんのアドレスはリンクしてありますのでまた訪問させてください。
ポチっとで気持ちをお伝え出来なくなるのはチョッと残念ですが
これからも宜しくお願いいたします(^-^)

投稿: えぷろん | 2019/10/16 16:10

こんにちは。
本当に台風の被害には心が痛みます。
後からどんどん被害状況がわかって、亡くなった方も増え、これからますますこうした事態が深刻化していくのではと心配になります。秋になっても素晴らしい秋晴れの日はあまりありませんね。以前は10月というと結構いい日よりでしたのに。
はさがけ、懐かしいです。いろいろな形があるようですが。これは雨が降ったらどうなるのですか?一体どのくらい干すのかも知らないでいます。
シャワーヘッドのようなハチスになった写真もいいですね。
このハスの実が美味しいのです。もうずっといただいていません。恋しいです。

投稿: tona | 2019/10/16 16:44

☆ アットマンさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
アットマンさんは「はぜかけ」と仰るのですね。
機械でではなく、自然に乾燥させたお米はやはり美味しいですか?
私は美味しさの違いは知らずにいます。食べ比べたら私でもわかるかしら。
蓮の実から種がちょこんと顔を出している様子に、
かって見たことのある、アシナガバチの巣を思い出しました。
蓮の実のことをハチス(蜂巣)と呼ぶのは正しくだなぁと
感動しましたよ。
 
 
☆ 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは。
 
13日こそ台風一過の青空が広がりましたが、14日からは雲に覆われて
しまっていますね。土曜まで曇りや雨がちの天気が続くのでしょうか。
気温も急に下がって震え上がりました。
 
花菜ガーデン、私も随分久し振りに行きましたが、仰るように
いつ行っても何かしら楽しめますね。真冬ですら真冬の楽しみが。
さすがに、主に枯れ姿の観察でしたけれど(笑)
この日(9/23)の時点では、バラは蕾もほとんど見えず、
秋バラのローズフェスティバル開催が可能とは思えなかったのですが、
そのごちゃんと咲き始めたようで、現在開催中ですね。
ご都合よければお出かけください。
 
 
☆ えぷろんさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
花菜ガーデンへはまだいらしゃったことありませんでしたか。
平塚駅からバスに乗り、バス停からまた少し歩くことになりますから、
大船フラワーセンターと比べると、ちょっと面倒かもしれませんが、
良いところです。園内はもちろん、レストランのお食事も美味しく、
ショップも素適なものが色々あって楽しいです(*^。^*)
いつか是非お出かけください。
 
ついにココログを完全に退会されるのですね。
いつかそういうことに‥と思っていました。
でも、新たな場所での活動もすっかり定着され、私もそちらへのご訪問が
当たり前のことになりました。
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします♪
 

投稿: ポージィ | 2019/10/16 16:45

☆ tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
台風19号による被害は、いまだ全貌がつかめてもいないそうですね。
亡くなった方、被災された方が増え、映像を見ただけでも
途方に暮れて頭が真っ白になるような水と泥の堆積と破壊です(;_;)
今後このような災害は増える一方なのでしょうか。
 
ほんとうに、13日こそ台風一過の青空でしたが、その後は
はっきりしないお天気が続いていますし、今年はずっと気候が変ですね。
 
刈り取った稲のはさがけ干しはどのくらいの期間行うのか、
雨が降ったらどうするのか、私も知りませんでした。
で、ググってみましたら、天日干し期間は2~3週間、雨に濡れても
もみ殻で守られているので、2~3日もすれば脱穀可能、とありました。
何日も降り続いた場合はどうするのかまだ疑問が残りますが。
 
個性豊かなシャワーヘッドになった蓮の実も、眺めて楽しいですね。
蓮の実、美味しいのですね。私は中国土産の、蓮の実の餡入りのお饅頭を
食べたことがありますが、砂糖などで味付けされていますから、
純粋な蓮の実だけの味が分かりませんでした。お饅頭は美味しかったです。
 

投稿: ポージィ | 2019/10/16 16:58

こんばんは☆
19号の被害が今もって次々で…とても他人事とは思えない♡ですネ。

花菜ガーデン♡…手で稲刈りして、日に干す「はざかけ」(笑・私の所では、こんな風に言います。似ているけどちょっと違い)見られるなんて、うらやましいです。
手作業の大変さを横に置いといて…
こういう景色を探しても、見つからなくなりました。
寂しいです。

投稿: 草もみじ | 2019/10/16 18:27

☆ 草もみじさん、ありがうございます ♪
 
こんばんは
 
19号被害、むごい被害の状況が胸に突き刺さります。
仰るように、今回はたまたま免れただけで、他人事には思えませんね。
 
花菜ガーデンには草花や木々が育てられている他に、畑や田んぼの
コーナーもあって、子供たちが参加したりもしているようです。
手での稲刈り、遠い昔(小2だったかな?)に1度だけ経験があります。
はさがけの経験はなしです。草もみじさんの地域では「はざかけ」なんですね。
私は何となく「はさがけ」と呼んでいますが、自分の田舎では
何と呼んでいたのか…さて??です(^^;)
この頃では手間のかからない機械刈り取りと乾燥が中心になって、
こういう光景は珍しくなりましたね。人手も少ないでしょうし。
手作業の仕事は、めっぽう大変だけれど温もりがあって、
そんなところも懐かしさ・郷愁に繋がるのかもしれませんね。
 

投稿: ポージィ | 2019/10/16 18:45

 今晩は~

 今回は、これからもしっかりと・・・
名前とアドレス、皆さんのところは一度記入しましたら、そのまま・・・。
 ポージーさんのところは、その都度記入なんですよ?でしょうかね。

 それはとにかく、いや~・懐かしいですよ~♪
その昔、実家では稲穂干し、この段が確か7段でしたか!
ですので、その上まで放り上げるのが・・・、ナカナカでしたよ。
 いい加減疲れて、それに上に上がると今度は片方の足で竿に片足をかけて・・、両手を話すので・・・ですね。
最初は怖かったです。
 なにせ6メートルくらいでしたか!!

※このハスの実、販売したらいいと思うのですが。
以前、この実を取り出して食べたものです。
これがまた脂身があって・・美味しいこと♪
・ ヒガンバナは数本咲いていますが・・・。
ミソハギ、低かったら欲しいですね。
通常の萩もいいのですが、我が家には大きすぎて💦
 最近はあまり欲張らないように・・(笑)、で~す。
  ヒロでした。

投稿: ヒロ‥の日々(もんたの一年) | 2019/10/16 23:16

ポージィさん
おはようございます
”はさがけ”は、懐かしい景色ですね
田舎を思い出します
農家ではなかったのですが、小さな田んぼがあり
田植えから稲刈り・脱穀まで経験しました
今では、全て機械化されて、随分楽になっていますね

ハチス、どれも個性豊かな姿をしていますね
どれをどのように活ければ良いか、頭の中で楽しまれていたのでは?
自然の造形美ですね
ホッコリさせていただきました

投稿: フクジイ | 2019/10/17 05:58

☆  ヒロ‥の日々(もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
お名前記入、お手数おかけしてすみません。
「この情報を登録する」にチェックを入れても都度記入が必要なのですね。
どうしてなのか分かりません~ 私の設定の問題ではないのです。
「ヒロ」だけみたいな簡単なお名前で構いませんのでお願いします m(__)m
 
ヒロさんのご実家のはさがけは7段!? すごいですね。
そこまで大々的なのは見たことがありませんョ。
下から投げ上げる人、上で受け取って棒に掛ける人、呼吸もぴったり
でないとできないことですね。7段目なんてすごい高さで怖い!と
想像つきます。いえ、想像よりずっとでしょうね。
 
ここの蓮の実は、その後どうするのか知りませんが、売り物にするほどは
数がとれないかもしれません。美味しいのですね。そのままでは
食べたことないんですが、お話伺うと食べてみたくなります。
 
ミソハギはあまり背は高くないですね。萩はすごいですけれど(^^)
 
 
☆ フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
田んぼの光景は懐かしさを誘いますね。ほっこり(*^^*)
ことに、はさがけともなると、近年少なくなりましたからなおさらかも。
フクジイさんも田植えからひととおりご経験されたのですね。
私は小2のころ鋸鎌での刈り取りだけを。結構楽しんでやった記憶が
ありますが、ほんの少しだからですよね。現在は機械化されていますね。
 
ハチスがにょきにょき、みんな違う姿をしているのが楽しかったです。
自分が活けることはこの時は思いつきませんでした~
自然の造形を眺めるだけで満足していました (´∀`)♪ 
 

投稿: ポージィ | 2019/10/17 09:31

こんにちは♪

台風被害、日が経つにつれ、その被害の甚大さに唖然としますね。
「長いこと世話になったな」に涙が止まりませんでした。

稲の天日干し、「ハサ掛け」「ハザ掛け」「ハゼ掛け」新潟県では私の知る限りでも3種類有ります。
「ハサ」が一番一般的?のような・・・私が生まれた所では「ハゼ」でした。

私もカメラ片手に広域農道、林道、遊歩道などを歩くのが一番好きですよ。
ある意味【里山保全クラブ】は私にピッタリのボランティア活動なんです。

投稿: ロココ | 2019/10/17 13:15

☆ ロココさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ほどほどですんだ、なんてどこからそんな言葉が出てきたのかと
思う例もあれば、奥さんへの感謝の言葉を最後にという方も。
たまらないです。
 
気を取り直して…
稲の天日干しの呼び方はいろいろあるのですねぇ。それぞれ微妙な違い。
ロココさん故郷では「はぜ」かけでしたか。
私の故郷では何と呼ばれていたのか知らないままなのですが、
何となく 「はさ」がけ と呼んでいます。TVで聞きかじったのかしら??
 
カメラ片手のゆったりとした散歩。あ♪と心惹かれた景色や花を写しながら
マイペースで歩いていると、心がささくれ立っているようなときでも、
知らない間に穏やかに満たされていきます。自然の優しい一面のおかげですね。
里山保全クラブの活動が、ロココさんにぴったりのボランティアというの
分かります。体はきつくても自然の中での作業は心が満足するのですね。
 

投稿: ポージィ | 2019/10/17 15:00

こんばんは。
のんびりカメラ散歩、素敵ですね。
最近は、稲の穂をこうして干してるところは少なくなりましたね。
田んぼの畔に咲く彼岸花も、最近はあまり見れなくなって、観光目的で株を増やしてるところが多くなりました。
畦に咲く彼岸花の方が、風景に溶け込んで、本来のものかもしれませんね。
ハチスからのぞいてる蓮の実、乾燥してても美味しいのかな??
それとも乾燥してたほうが美味しい??
小さいころ食べた記憶があるのですが、乾燥してない、緑色の実だったような・・・・

投稿: ソングバード | 2019/10/18 20:34

☆ ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
のんびりカメラ散歩、いいですよね~ (*^^*)
この頃すっかり縁遠くなってしまっていて、このとき、すごく久し振りでした。
久し振りだと、良さや自分がこういうのが好きと言うことが、
よりはっきり認識される気がします。
 
稲の天日干しは、効率重視で少なくなりましたね。
その方が農家さんも人手も労力も少なく済みますし。
仰るように見かけるのは観光や特別の目的があってのことがほとんどですね。
 
ここは何年か前にオープンした植物園なので人工的なものだろうと
思っていましたが、周囲に田畑がたくさんある立地を考えると、
もしかしたら元々の田畑を一部残してそのまま植物園に組み込んだのかも
しれませんね。ソングバードさんのコメントから、思いつきました
ハチスの中の蜂の子ならぬ蓮の実、そのままでも美味しいのかどうか?
どうなのでしょうね。一粒くらい失敬して味見してみればよかったかしら。
いやいや、植物園のものを採ってはいけませんね。
ソングバードさんがお子さん時代に食べられたのは緑色の実でしたか。
生の実とドライの実、食べ比べてみたくなりました。
 

投稿: ポージィ | 2019/10/18 21:08

 稲田に稲掛けの風景はこの頃殆ど見かけなくなりました。
昔はこれが普通の風景として見られました。
一株一株鎌で刈って、そのまま並べて干すか、このよう稲掛けに掛けていました。懐かしいです。
このように天日で乾燥させた方がおいしい米になるのですが、今は稲刈り機でそのまま籾として回収、スピード化されました。

 彼岸花も、蓮の花も終わりました。彼岸花は田んぼの畦に沢山咲いていました。
名残のミソハギですね。季節は晩秋から冬へと移っていきます。
山には初冠雪が見られます。

 台風19号の被害がいやされぬまま次の台風の風と雨が心配です。

 相変わらず、ココログの反映がおそいっですね。困ったものです。

投稿: 夢閑人 | 2019/10/23 21:06

☆ 夢閑人さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
刈り取られた稲のはさがけ風景はすっかり少なくなりましたね。
人手不足の農家で、手間暇かかるこのような大変な作業は難しいと同時に
機械化が進みましたものね。天日干しのお米の美味しさ、私は分からない
かもしれません。子供のころは食べていたのかもですが。
 
この記事の写真は9月の下旬に撮りましたが、今年は彼岸花の咲き始めが
遅れたので、まだ楽しむことができてラッキーでした。
蓮は花は見られませんでしたがハチスのアート鑑賞ができました。
 
そういえば富士山も冠雪となりました。行きつ戻りつしながらも
季節は確実に進んでいますね。
そんな中、仰るように、西から進んでくる低気圧と、台風21号が、
また大雨・暴風をもたらすかもしれず、15号19号の被災地とともに
小笠原諸島も心配です。
 
そうなんです、コメント反映の遅れはまだ解消されません。
長いですね。調査はちゃんと続けられているのかしら???
 
 

投稿: ポージィ | 2019/10/23 21:42

この記事へのコメントは終了しました。

« クズ の秋 | トップページ | 秋 元気になったフヨウ »