« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019/11/27

秋点描 ~ 初秋から中秋 情景 ~

季節を振り返っての秋点描シリーズ(2019 初秋~中秋)。

今回は、ふと目にとめて切り取った「風景」を集めてみました。

「情景」「風景」「光景」どの言葉がぴったりくるのか悩ましいところですが、

心動かされふと目にとめたことから「情景」としました。

拙い写真では、心動かされた感動をお伝えしきれていないとは思いますが。

皆さまは、どのような景色や光景をご覧になったとき、感動されるでしょうか。

  (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます)

 

 

190923_pampas_grass_cut

9/23 撮影

ずーっと 向こうの方で

パンパスグラスの穂の輝きと 手前のカラーリーフ・カンナの葉の色

そして奥の日の光に輝くグリーンの葉

さらには 細かな穂をつけているイネ科の草

そんな組み合わせに秋を感じたのですが… うまく切り取れずに

しっぽがニョキニョキ立っているような写真に

 

 

190924sky1

9/24 撮影

ベランダから見上げた空

ご近所さんののパラボラアンテナは わざと入れてみました

鰯雲 こと 巻積雲(けんせきうん)  秋に見られる代表的な雲ですが

今秋は これぞ!という鰯雲には ほとんど会えませんでした

 

 

190923_enokorogusa

9/23 撮影

これは大きめ写真の方が良く見えます(笑) 雨の中のエノコログサ

エノコログサ か アキノエノコログサ か ?

撮影は9月下旬だけれど 穂は小振りでした

 

 

190928izuminomori1_higanbana1

9/28 撮影

ヒガンバナ 水面に映ったものとセットで楽しみました

 

 

191020fureainomori6_susuki

10/20 撮影

ススキ この穂を見ると 反射的に秋だなぁ‥と感じます

もっとフワフワになって 逆光に白く輝く群生も見かけたんですョ

すれはもうステキで しばらく目が釘付けでしたが

走る車の助手席から見かけたので 残念ながら撮れませんでした

 

 

191026sikinomorikouen11

10/26 撮影

野菊 も 見かけると 反射的に秋だなぁ‥と感じます(笑)

種類は何でしょ

見分けられなかったら「野菊」と呼んでいます

 

 

191020fureainomori5seitakaawadatisou_ike

10/20 撮影

セイタカアワダチソウ

水面に映り込んだ花姿が新鮮でした

11月の初旬に山口へ行った時は 道路わきの空き地に

あまり背高ではなかったけれど 群生して咲いている様子を

よく見かけました

 

 

感動を覚えて目をとめた、などと言いつつ、こうして改めて写真を見てみると、どれも

イマイチの写真でがっかりです。拙さは皆さんの想像力で補ってくださいね。

次回の「秋点描 初秋~中秋」は、たまたま見つけた「実り」を見ていただこうと

思います。

 

ポチッとよろしく!

| | コメント (20)

2019/11/20

秋点描 ~ 初秋から中秋 花編 ~

今年は10月に入ってもなお30℃超えの日があったりして、秋が遅い、

夏からいきなり冬か? といった思いもよぎりましたが、振り返れば季節は、

ゆっくりでも行きつ戻りつでも、着実に動いていたとわかります。

カレンダーは、いつしか11月も下旬の晩秋となりました。

当ブログお得意の「季節の振り返り」ということで、未公開在庫写真から

9月・10月に出会った「秋」をシリーズで並べさせていただきますね。

今回は「花編」です。(写真は、クリックしていただくともう少し大きくなります)

 

190923_nitinitisou

「ニチニチソウ」 9/23 撮影

まだまだ元気に咲いていましたが

茎の下の方には 細長い実がいっぱい

 

190928izuminomori6kantouyomena2

「カントウヨメナ」?? 野菊です 9/28 撮影

あまり見たことのない オレンジ色のアブがいました

ググった結果 ミナミヒメヒラタアブ かも

他にも翅のあるちいさな虫がたくさん 人気ものですね

 

190928izuminomori9hototogisu1

「ホトトギス」 9/28 撮影

品種は何でしょ タイワンホトトギス??

水辺を背景に 周囲に見えている葉は ミゾソバのもの

 

191020fureainomori25_cosmos2

「コスモス」 10/20 撮影

この秋やっと撮影チャンス でも撮ったのは2枚きり 暗かったので

咲き終わりが近い様子でした

 

191020fureainomori8_shumeigiku2

「シュウメイギク」 10/20 撮影

こちらも 今秋やっとの出会い

正面顔 と 横顔  どちらも可愛いです

191020fureainomori9_shumeigiku3

 

 

191026sikinomorikouen24

じゃじゃーん これは何の実でしょう

「ツリフネソウ」 なんです  10/26 撮影

私は初めて見ました

左上の くるりん と巻いているもの…

いちばん大きな実を指でそっと撫ぜたら

いきなり超高速で弾けてこの状態になりました びっくり!!

種を飛ばしたのでしょうけど こんな緑の内に弾けるとは‥

種はどこへ? 見つけられませんでした

191026sikinomorikouen22_cut

実が生っているものがほとんどの中

まだほんの少しだけ 花も咲いていました

両方見られてラッキーでした

 

 

  

「 秋点描 ~ 初秋から中秋 花編 ~ 」 は、以上です。

 懐かしく振り返ってくださった花・お好きな花 等 おありになりましたか?

 

 次の季節の振り返り「秋点描」は 何にしましょ。景色的なもの?実り?

 あ‥ ラストのツリフネソウは実りでご紹介すればよかったかな (^^;)

 次回もご覧いただけると幸いです。

 

今週末は夫が3連休。金曜日が、土曜日の勤労感謝の日の振り替え休日なのだそう。

その金曜日にインフルエンザの予防接種を受けてくる予定でいます。

それで、というわけじゃありませんが、休みの間はご訪問があまりできないかも

しれませんこと、ごめんなさい。

 

ポチッとよろしく!

| | コメント (18)

2019/11/13

小さな花たち 秋に咲く

ココログが HTTPS 配信対応になりました

(当ブログのURLの頭も http から https に変わりました)

さっそく切り替えたところ、右サイドに設置して自分でも時々遊んでいた

ブログパーツの「オセロゲーム」が表示されなくなりました。ちょっと残念~

でも安全にはかえられませんね。

 

さて、ブログ記事は当分の間、季節の振り返り(いつものこと)で…

タイトル「小さな花たち 秋に咲く」というのはほんとうは間違いです。

夏の内から咲いているものもありますし、今なお咲いているものもありますから。

でも、秋口以降元気を増すような気がして、あえて「秋に咲く」としました。

出会いのあった5種類。写真クリックでもう少し大きくなるものもありますョ。

 

190918yabumyouga1

庭で咲く「ヤブミョウガ」 ツユクサ科

真っ白な花が綺麗です 花茎 7~8㎜

コロンとしているのは果実

熟すにつれて 白→淡緑色→茶系の色→濃い青紫色 と変化していきます

果実の中には 複数の種が入っているようですが確認していません

ヤブミョウガ の花 は さすがにもう咲いていません

残っているのは こぼれ落ちていない完熟の濃い青紫色実が 少々

190919yabumyouga3

 

  

 

190919persicaria_-_reddragon1

庭の 「ペルシカリア・ミクロケファラ ‘ レッド・ドラゴン’」タデ科

春の芽吹きから葉の展開は名前の通り赤っぽい銅葉ですが

夏以降は緑の葉になります

タデ科らしい小さな可愛らしい花

190918persicaria_-microcephala_reddragon

 花茎 3㎜くらい

190919persicaria_-reddragon4

アリに人気 ♪

こちらが まだ ちょっぴりながら咲き続けています

暖かい日が多かったものね

 

 

  

190928izuminomori8_mizosoba

こちらも タデ科の「ミゾソバ」

9月の終わりに 今年 最初にやっとこさ撮った1枚でした

しっかり花開いたら 花茎 5~6㎜ くらいかな

もうちょっと開いていたらなぁ 開くともっと可愛いですもの

 

 

190923_nira1

少し大きくなって 「ニラ」 花茎1㎝弱 くらい?

もう咲き終わり近くなって 果実ができ始めていました(9月下旬)

でも まだまだ虫たちに人気でしたよ

現在は 完熟した黒い実がこぼれ落ちているかもしれませんね

 

 

  

190923_sennitikou3

「センニチコウ ‘ファイヤーワークス’」 (9月下旬)

「センニチコウ」は 小さな小花が集まって出来た花(頭状花序)

ピンクの部分は苞で 先端にちょこんと顔を出している黄色部分が花ですが

これは 葯?花糸? 小さすぎて見えませぬ

190923_sennitikou2

群れ咲いて とても綺麗でした(花菜ガーデンにて)

 

~ 撮影は いずれも9月中旬から下旬にかけてです ~

 

 

小さな花の可愛らしさに魅せられているのですが、歳を重ねるにつれ、撮影成功率が

下がってきてしまいました。3年ほど前に膝を傷めて以来しゃがむのもちょっと…ですし。

春に咲く野の小さな花たちは特に好きですが、近年は目で楽しむだけのことが

多くなりました。

 

ポチッとよろしく!

| | コメント (20)

2019/11/06

蓋もの

皆さま、こんにちは。

 

山口の義父母訪問から戻っております。

予定通り、義母を半日外出で病院から家に連れ帰り、4人でランチすることが

できました。少しは気晴らしになったかな?

今回2泊3日と短いものでしたが、2泊ともよく眠れず、でも眠れなくても

バリバリと働いてきましたら(家にいる時とは大違い ^^;)、

やっぱり疲れました。元々バイタリティあるタイプじゃないものですから‥

 

明日から3日間はフラワー・アレンジメント関連の所用が続きますので、

もうしばらく休ブログ活動を続けさせていただきますね。

皆さまのブログへのコメントはお休みさせていただき(ご訪問はしても)、

こちらのコメント欄も閉じさせていただいておりますこと、ご了承ください。

 

ココログがまだリニューアルする前に書いたストック記事が残っていました。

今日はそれをアップさせていただきますね。陶芸教室で作った拙い作品。

昨年秋ころと今年初めころ…だいぶ前に作ったものになります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私の土あそび。 拙い作品ながら、粘土をこねこねして形作っている間は他所事は
考えず無心になれ、心の平安のために大切な時間となっているのを実感しています。
自由に作りたいものを自分のペースで作らせてもらえるから、というのが大きいと
思います。
 
昨年後半~、蓋ものをふたつ作ってみました。 何か入れたいものがあってではなくて、
ただ単に作ってみたかった、という理由で Let's Challenge ! 

2016年2月にアップの簡単蓋もの 「カバたん」 に続く2作目・3作目蓋ものです~
 
 
 
    201809112  
 
               エキゾチックな香りする? 楕円の蓋もの
 
                難しかったです かなりいびつです
               蓋に象の飾りを付けたら厚くなりすぎて
                内側にヒビが入ってしまいましたし
                   でも これも勉強ですね
           象はピンクにしましたよ 手のひらに乗る大きさです

           真上から撮った写真がありませんでした(^^;)

              これじゃ 象 とちゃんと分りませんね
 
 
    201809113  
 
 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
          201901161  
 
                       四角の蓋もの
 
              楕円の蓋ものから間をおかずに作ったのと
               四角形ということで 作り易く感じました
            内側を ハッ! とする色にしても良かったかしら?
                     赤とか黄色とか 

                大きさは 10 × 10 × 5 (㎝) くらい
 
 

 

201901162201901166  
 
 
 
 
  冒頭にも書きましたが、粘土をこねこねして形作ることって楽しいです。
  遠い昔、幼児だったころは、粘土をこねこねする機会もたくさんあっただろうと
  思いますが、その頃はいったいどんな物を作っていたのやら??
  残念ながらとんと記憶にございません。 皆さまはいかがですか?
 

 
ポチッとよろしく! 

| | トラックバック (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »