« 秋点描 ~ 初秋から中秋 花編 ~ | トップページ | 秋点描 ~ 初秋から中秋 実り ~ »

2019/11/27

秋点描 ~ 初秋から中秋 情景 ~

季節を振り返っての秋点描シリーズ(2019 初秋~中秋)。

今回は、ふと目にとめて切り取った「風景」を集めてみました。

「情景」「風景」「光景」どの言葉がぴったりくるのか悩ましいところですが、

心動かされふと目にとめたことから「情景」としました。

拙い写真では、心動かされた感動をお伝えしきれていないとは思いますが。

皆さまは、どのような景色や光景をご覧になったとき、感動されるでしょうか。

  (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます)

 

 

190923_pampas_grass_cut

9/23 撮影

ずーっと 向こうの方で

パンパスグラスの穂の輝きと 手前のカラーリーフ・カンナの葉の色

そして奥の日の光に輝くグリーンの葉

さらには 細かな穂をつけているイネ科の草

そんな組み合わせに秋を感じたのですが… うまく切り取れずに

しっぽがニョキニョキ立っているような写真に

 

 

190924sky1

9/24 撮影

ベランダから見上げた空

ご近所さんののパラボラアンテナは わざと入れてみました

鰯雲 こと 巻積雲(けんせきうん)  秋に見られる代表的な雲ですが

今秋は これぞ!という鰯雲には ほとんど会えませんでした

 

 

190923_enokorogusa

9/23 撮影

これは大きめ写真の方が良く見えます(笑) 雨の中のエノコログサ

エノコログサ か アキノエノコログサ か ?

撮影は9月下旬だけれど 穂は小振りでした

 

 

190928izuminomori1_higanbana1

9/28 撮影

ヒガンバナ 水面に映ったものとセットで楽しみました

 

 

191020fureainomori6_susuki

10/20 撮影

ススキ この穂を見ると 反射的に秋だなぁ‥と感じます

もっとフワフワになって 逆光に白く輝く群生も見かけたんですョ

すれはもうステキで しばらく目が釘付けでしたが

走る車の助手席から見かけたので 残念ながら撮れませんでした

 

 

191026sikinomorikouen11

10/26 撮影

野菊 も 見かけると 反射的に秋だなぁ‥と感じます(笑)

種類は何でしょ

見分けられなかったら「野菊」と呼んでいます

 

 

191020fureainomori5seitakaawadatisou_ike

10/20 撮影

セイタカアワダチソウ

水面に映り込んだ花姿が新鮮でした

11月の初旬に山口へ行った時は 道路わきの空き地に

あまり背高ではなかったけれど 群生して咲いている様子を

よく見かけました

 

 

感動を覚えて目をとめた、などと言いつつ、こうして改めて写真を見てみると、どれも

イマイチの写真でがっかりです。拙さは皆さんの想像力で補ってくださいね。

次回の「秋点描 初秋~中秋」は、たまたま見つけた「実り」を見ていただこうと

思います。

 

ポチッとよろしく!

|

« 秋点描 ~ 初秋から中秋 花編 ~ | トップページ | 秋点描 ~ 初秋から中秋 実り ~ »

コメント

ポージィさん、こんにちは。
まるかーさ こと まる です。また名前変えました。(笑)
まる と呼んでいただいて結構です。^^

写真、どれも素敵ですよ。
ポージィさんは自分の目でご覧になった情景なので、
写真にすると拙く感じてしまわれるのかなぁ。
全然拙くないです!
実際に目にしてないけど、ポージィさんのお写真が
アタシの「情景」となってますよ。

鰯雲、アタシもほとんど見なかったんです。
なんでしょうね。最近の気候も関係あるのでしょうか。
水面のヒガンバナ、野菊。可愛らしいです。

1枚目のカラーリーフカンナの色の組み合わせ!
アタシが秋口に気に入って買ったスカートに似てます~。

投稿: まるかーさ | 2019/11/27 12:14

☆ まるかーささんこと、まるちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは!
元気にしてましたか?どうされたかなーって思ってました。
来てくださって嬉しいです。お名前変えられたのね。
まるかーさ ちょっと不思議な響き。どんな意味や願いが
込められているのかな?
ありがとう、引き続きまるちゃんって呼ばせていただきますね。
 
まるちゃんは、私の写真からでも、ほんとに感性豊かに
いろんなものを読みとって下さいますものね。
ここに載せる写真がまるちゃんの情景になっているという
お言葉、嬉しく、ありがとうの思いで受け取らせていただきますね。
見たままの感動をもっと伝えたい、という思いが強いと
写真家になるのかな。
私はそこまでの強い思いは足りないので、趣味にとどまっています(笑)
 
鰯雲、まるちゃんもあまり見ませんでしたか。
やっぱり今年の秋の気候の関係かしらね。
こちらは雨がとても多い秋でした。11月に入ってやっと晴れが続く
と思っていたら、先週金曜から雨や曇り続き。明日で1週間だぁ。
 
カラーリーフカンナの色合い、まるちゃんが買われたスカートと
似ているんですね。からし色がベースの秋色の雰囲気?
今年の秋はからし色がトレンディとどこかで聞きましたよ(^^)v
 

投稿: ポージィ | 2019/11/27 15:42

こんにちは。

1枚目のカラーリーフカンナの色合いが素敵です。
ちょっと小出しの所がいいのかもしれませんね。想像力を掻き立てて。
秋の空好きですが、確かに鰯雲が見られませんでしたが、これはかなり密でいいですね。
ヒガン花、セイタカアワダチソウの水に映っているのが斬新です。水に映った植物は木が多いですので。
こういう写真撮りたいです。

ススキは秋の楽しみですね。もうすっかりお月見の行事はしませんが、ススキが近くにないことも一因で寂しいです。ですから道端や山で見かけるとはっとします。
いよいよ晩秋で紅葉が目立ってきました。落ち葉を掃くのが大変ではありますが。
こちらで最近建てた家に1本も木がなく、コンクリートだけか人工芝だけ。お花も植木鉢一つない家が数軒あるのです。働いていてよほど忙しいのか、お掃除が嫌なのか、植物に全く興味のない恐ろしい人がいるのか想像します。
しかし年寄り向きであることを実感しています。複雑な気持ちです。

投稿: tona | 2019/11/27 16:29

ポージィさん

こんにちは
おぉ~、今日は写り込みの写真が多いですね
とても良いですね
このような写真、大好きです
今年は、パンパスグラスではないですが、ススキにちょっと感動しましたよ
ススキを逆光で見ると、キラキラ輝いてスゴク綺麗ですね
ポージィさんが撮られたのも逆光でしょう
私も逆光でしたが、もっとアップで撮ってみました
今まで、余り気にしていなかったのが残念に思っています

ポージィさんは、いつもこのようにして言葉を選ばれていますか?
だから、いつも伝わる文章で、的確に表現されているのですね
見習わなくてはと、思っています

投稿: フクジイ | 2019/11/27 17:24

☆ tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
カラーリーフカンナの色合いは現代アートのような雰囲気がありますね。
どうもうまく切り取れなくて、カンナの部分は小出しになりましたが、
それがかえってアクセントとしてよかったかもですね。
 
鰯雲の秋らしい空を見る機会が少なかったと感じます。
tonaさんもですか?やはり雨が多かったせいでしょうかね。
こんな↑のを見られたのはせいぜい2~3回だったように思います。
 
水に映り込んだ場面にはなぜか心惹かれます。どうしてなんでしょ?
心のどこかで、別世界と繋がっているような想像を掻き立てられる
のでしょうか??今回2つも見られてワクワクしました(笑)
 
ススキは秋の楽しみですよね~ 私も飾りはしないのですが、
外で見かけるとじーっと見つめちゃいます。
枯葉散る~の季節になりましたね。落ち葉掃きも秋を感じられるひととき
と思うと少し気持ちが楽になるかしら。
そのまま土に還してあげられたらいちばん良いのですけれど。
 
ご近所に建ったお家には土のお庭も植木鉢もないお宅が数軒もあるのですか。
えー ちょっと驚きです。人によって事情も考え方も様々とはいえ、
そこまで無機質で植物が全くないのは寂しくないのかしら、と思います。
「自然」にも無関心なのでないことを祈ります。
 

投稿: ポージィ | 2019/11/27 17:29

☆ フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
映り込みの情景、この秋はたまたま2つに出会ってパチリでした。
水面への映り込みって、なぜか惹かれますね。
フクジイさんにも気に入っていただけて嬉しいです。ありがとうございます。
 
ススキの穂の逆光、大好きです~~ 季節の贈り物の様ですよね。
もう何年も前になりますが、そんな写真も撮ったことがあります。
これ↑はもう日も暮れかかっていて日光は当たっていなかったんです。
でも、車の中から見たのは光輝いていてほんとにステキでした。
フクジイさんも逆光の輝くススキに感動されたのですね♪
これからは逆光のススキに注目ですね。
 
私の言葉の選び方ですか? 的確にお伝えできているか分かりませんが
何かいい言葉が無いか探すことはよくしますね。
でも、後で読んで、自分で自分にがっかりすることも多いです。
 

投稿: ポージィ | 2019/11/27 17:37

こんばんは。
秋のさまざまな風景を見せていただきました。
いろんな切り取り方、風や光を感じられたり、水面に映ったり、工夫が楽しいですね。
なるほど「情景」と題するのが良いのだと思いました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2019/11/27 19:49

こんばんは。
パンパスグラス、好きな植物です。
しっぽニョキニョキ♪は、穂の豊かさを感じますし
“しっぽ”という言葉が好きなもので、1枚目の写真好きです。
私はイネ科の植物に何故か惹かれます。
エノコログサ、大きくして拝見しましたよ(*^^)v
こんなに魅力的に撮って貰えて幸せと思います。
水鏡という素敵な言葉がぴったりくるかのような2枚の写真も
とってもイイ感じですね。
セイタカアワダチソウの魅力に気づいたのは最近なのです。
若い頃とは違った見方ができるようになったせいで
好きな植物も増えて、年齢を重ねるのも悪くない・・と
良い方に楽観的に思うこのごろです(笑)

投稿: えぷろん | 2019/11/27 20:56

☆ 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
秋になってから、3回ほど公園等に出かけたときに
切り取った秋の風景をまとめました。
そうですね、風や光、水面も光のひとつとなるでしょうか。
そして雨…
あぁ、やっぱり自然の生み出す様々な風景が好きだ、と感じます。
「情景」ご支持いただきありがとうございます(^^)
 

投稿: ポージィ | 2019/11/27 21:03

☆ えぷろんさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
パンパスグラスを含むイネ科の植物がお好きでいらっしゃるのですね。
やっぱりどこかしっぽが連想されるからでしょうか。
パンパスグラスの、大きな空の下ですっくと立ちあがっている姿は
清々しくも感じますね。故郷で立派な穂を風になびかせている様子が
目に浮かびます。うふっ ふさふさの穂は、ピュッと立ち上げてる、
長毛種のニャンコさんのしっぽにも見えなくもないですね (*´艸`*)
イネ科の植物で私が好きなのは、一部限定かなぁ。
ススキ、パンパスグラス、エノコログサ、ラグラス、チガヤ、メヒシバ、
あたりが好きかしら。あ、ムギもかな。
エノコログサの写真、大きめも見て下さってありがとうございます。
今日アップの中で、実はいちばんお気に入りなんです ^^
 
水鏡 水面(みなも)、そこに実際に映り込んだもの、
これらにはなぜか心惹かれます。心の中のロマンチストの部分や
ファンタジー好きの部分が刺激されるのかもしれません。
セイタカアワダチソウは、眉をひそめられることも多いですが、
今や秋の風物詩ですね。群生の魅力や、咲き始めの初々しい魅力など
色々な魅力がありますね。えぷろんさんはどんな魅力を感じて
いらっしゃるでしょうか。そうそう、虫たちにも大人気です。
 
年齢を重ねて好きな植物が増えてきたと、私も同じです。
子どものころ、若いころには見向きもしなかったものでも、
今は大好きというものもありますし、仰るように年齢を重ねるのも
悪い事ばかりじゃありませんよね(^^)d
(えぷろんさんの方がお姉さまですが、大した差はないと思います~)

投稿: ポージィ | 2019/11/27 21:27

ポージィさん、おはようございます。

初秋頃よく見られる雲(鰯雲・うろこ雲・羊雲)今年はどれも少なかったような気がします。
これも気象の変化のせいかな~悲しい!
パンパスグラス、長野のバラ園に行く途中、道路脇の緩やかな斜面イッパイに
パンパグラスが植えられている所が有って、惚れ込んでしまいました。
私も一時、庭に入れたいと思った事があったんですが・・・あまりの大きさに諦めました。
エノコログサ・ヒガンバナ・ススキ・野菊・セイタカアワダチソウ・・・
冬の入口に来た妙高のこの頃、どれも懐かしい花になっちゃいました。
逆さヒガンバナの写真は、中々ステキな写真になったと思うのですが・・・
私、何年経っても本当に納得のいく写真を撮れることは少ないです。

今日の妙高、朝9℃からだんだん気温が下がって
日中は5℃そして夕方からは雪になりそうです。
いよいよ・・・覚悟を決めなくっちゃいけません(ブルブル・・・)

投稿: 雪ん子 | 2019/11/28 09:05

☆ 雪ん子さん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
秋の空ならではの鰯雲等々、雪ん子さん地方でもあまり見られませんでしたか‥
こちらはやたら雨が多い秋で、あきらかに気候の変化のせいだろうと
思っていましたが、そういう変化が悲しいですよね。
 
え~~っ そんなパンパスグラスの斜面があるのですか。
壮観でしょうね!それこそ秋の澄んだ青空が似合いそう。
ただ、仰るように何といっても大型ですものね。
パンパスグラスの故郷のような広ーーーい草原がお似合いかもです。
 
この記事でアップの色々な草花たち、もうみんな懐かしいものに‥
そうですよね。うちの辺りですら、セイタカアワダチソウもすっかり
くたびれた姿に変わっています。
逆さヒガンバナ(^.^)ありがとうございます。
目で見て肌で感じる感動は、小さな写真の中にはなかなか収まらない
ということかもしれませんね。もっと大きなパネルのような写真だと
また違ってくるのかもしれません。雪ん子さんの雄大な自然の
お写真なんて、それこそ大判写真が合いそう。
でも、いつもパソコンの前で深呼吸しちゃっていますよヽ(^o^)丿
 
今日の気温、東京も同じような経過を辿りそうな予報でした。
うちの辺りはもう少し高めで、明朝が5℃の予報です。
北から寒気が降りてきていますものね。雪ん子さん地方はついに雪ですか。
いちばんの冷え込みになりそう…(;_;)
 

投稿: ポージィ | 2019/11/28 09:34

 今晩は~

 はい私は9月23日の「秋のエノコログサ」で~す。
理由1:秋ですので
〃 2:雰囲気で、情景で・・・、
 そして今頃は黄色く(黄金色に)なっているのだろうな~。
 こんなところにゴロンと、横になって・ぽか~ん・と。
してていたら[無]の境地!でしょうか。
 他の皆さんも・・・♪
川辺の野菊さん?たちも・・・、みんなステキで~す。
 しばしの、癒し、でした~
 ホッ・としている・ヒロ

投稿: ヒロ‥の日々(もんたの一年): | 2019/11/28 19:33

☆ ヒロ‥の日々(もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
エノコログサは「アキノエノコログサ」の方と思われますか?
えぇ、確かに秋に撮っていますものね。
他の理由、雰囲気で、今現在の姿の想像で、ふふっ 納得です。
草むらでゴロンと横になって澄んだ青空を眺めて無の境地。
良いですね。晩秋・初冬となって、そういうことするには
寒い季節になってしまったのがちょっと残念な今日この頃です。
 
他の植物たちのことも愛で、癒しを感じていただき幸いです♪
 

投稿: ポージィ | 2019/11/28 20:55

こんばんは ポージイさん !

コメントに気が付くのが遅くなり申し訳ありません。(ノ_-。)

ことしもメッキリ寒くなり、もはや冬の訪れの気配ですね。今回のお花の写真も
季節の移ろいの中のお花、色んな組み合わせが見られますね。(*^o^)

お花は何のために咲くのだろうかとふと思いますが、置かれた環境の中で、
精一杯咲こうをしているように、どの写真からも感じられて素敵な写真に
なっていますね。(o^-^o)

嫌われものにされがちなセイタカアワダチソウもヒガンバナも、かわいそうですね。
アフリカのケニアでも、荒れ地に咲くグロリオーサはまさに、日本のヒガンバナの
待遇を受けていましたね。(゚ー゚)

投稿: プロフユキ | 2019/11/28 23:39

☆ プロフユキさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
いえいえ、とんでもありません。たまーに気まぐれのようなコメントですもの。
こちらこそ読み逃げ?ばかりで申し訳ありません。
 
急に寒くなってきましたね。今朝は震え上がりましたが、
それでも1週間ぶりの雨の降らない晴れの一日になりそうで嬉しいです。
 
花は何のために咲くのか… 人間のためでないことは確かですね。
それでも、人間はその美しさや可憐さ懸命さなどに大きな
恩恵をいただいています。改めて考えると不思議な関係ですね。
置かれた場所で精一杯咲く姿は本当に美しいと思います(^^)
そのような様子もこの写真から感じて下さるのはプロフユキさん
ならではと思います。
 
セイタカアワダチソウもヒガンバナも、ずいぶん嫌われた時代が
ありましたね。このごろでは特にヒガンバナの待遇はだいぶ変わって
きましたけれど。
まぁ!グロリオサは故郷のアフリカではヒガンバナと同じような
待遇を受けていたのですか? 日本では大事に栽培されていますし、
けっしてお安い花でもありませんよね。
ちょっとびっくりです。ところ変われば、なのですねぇ。
 
 

投稿: ポージィ | 2019/11/29 10:11

おはようございます。
狐のしっぽが生えてる??
最近パンパスグラスが多くなりましたよね。
高い空に彼岸花やセイタカアワダチソウ、初秋の典型的な風景ですね。
私は10月生まれのせいか、このころの季節が一番自分に馴染んでるみたいです。
気分的には春の方が好きなのですが・・・・
秋が進むにつれて、花の形や葉の色が変わって、季節の移ろいが一番わかりやすい頃ですね。

投稿: ソングバード | 2019/11/30 07:51

☆ ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
あはは 狐のしっぽ見たいですよね~ (´∀`)
パンパスグラスが植えられていること、多くなりましたね。
広い空間のある場所にはよく似合いますものね。白い大きな穂が
風になびく感じも壮大でカッコイイですし。
 
ソングバードさんは10月生まれでいらっしゃいますか。
やはり自分の生まれ月には親近感もありますし、季節の様子も
馴染む感じがするものですね。私(5月生まれ)も同感です。
私の場合、気分的にも春が好きで、馴染む感じと気持ちと一致するのは
とてもラッキーと言えそうですね。
初秋から中秋へ、そして晩秋へ。仰るように季節の移ろいを
とてもよく感じる季節です。霜が降りるようになると、
また一気に季節が進みますね。
 

投稿: ポージィ | 2019/11/30 17:19

今年も師走になりました。季節は初冬。相変わらず気温変動の大きな日が続いています。
 秋といえばススキ。阿蘇高原の国道沿いの夕日に輝くススキ原はきれいでした。
 パンパスグラス、近くのお宅が前の林の端に植えていました。狐のしっぽみたいにふわふわした穂。林が消えると同時に見られなくなりました。
 セイタカアワダチソウも沢山ありました。これもなくなりました。秋を偲ぶ草木もなくなりました。
残った林に僅かな秋を感じています。

投稿: 夢閑人 | 2019/12/02 16:45

☆ 夢閑人さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
師走に入りましたが、仰るように相変わらず気温変動の大きい
気候が続いていますね。そのなかで季節がズン‥ズン‥と進んでいます。
南関東もすっかり晩秋から初冬の景色に変わってきましたが、
まだ青い葉のモミジや、初々しいススキの穂も時折見かけますし、
季節を勘違いして咲いてしまった花を見かけることもあります。
 
パンパスグラスはいまは宅地に変わった林の端で見られたのですね。
セイタカアワダチソウとともに秋の風物詩となっていたことでしょう。
どれもみな宅地に取って代わってしまって、やはり寂しさが募りますね。
草木など自然のものが無かったら、季節の移ろいを何で知るのでしょうか。
ひどく味気ないものになるだろうという気がします。
残っている林は、できればそのままずっと残っていてほしいですね。
 

投稿: ポージィ | 2019/12/02 20:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋点描 ~ 初秋から中秋 花編 ~ | トップページ | 秋点描 ~ 初秋から中秋 実り ~ »