« 点描 ~ 春の草花より ~ | トップページ | ジューンベリー 2020 »

2020/05/20

小鳥たち

新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐために出されていた緊急事態宣言が、

39県で解除となりましたね。ポージィ在住の神奈川県は見送り組のひとつですが、

明日あたりまた何か発表があるやもしれません。

解除組も見送り組も、今後も慎重に行動していかなくてはいけませんが、

このまま収束へと向かっていってくれたらどんなに良いでしょ。

とはいえ、世界的に見れば、収束への道のりはまだまだですね。

 

人類が新しいウィルス感染症との戦いを余儀なくされるのは、自然破壊と

人類の過密社会が関わりがあるとも言われます。近年特に野生の世界との境目が

曖昧になってきたことで、新しいウィルスとの遭遇が続発しているという説も。

(新型コロナウィルスについてではなく、広く一般的な話としてのことです)

いきなり怖い話で始めてしまいましたが、こういう説は今回の新型コロナウィルス

感染症がパンデミックとなるより以前からちょくちょく目にしてきたことで、

そういう面もあるのだろうなと、大方納得の思いでいます。

開発に次ぐ開発で成り立ってきた、社会や経済を見直さなくてはいけないのかも

しれない‥。などと思いつつ、私は現代の文明社会の恩恵に浸る生活から

抜け出せそうにないですし、単純な問題でもないのですけれど。

身近な自然の生き物たちとの出会いに安らぎを貰いながら、

そんなことをぼんやり考えることもしばしばです。

 

今回は、出会いのあった鳥さんたちの姿を記念にアップさせていただきました。

写真は おそまつさま です~

 

 

200215_39_aozi3cut

「アオジ」 初めて撮影! (2/15)

かなり遠くから目いっぱいズーム それでもこのすぐ後に逃げられました

 

 

200317hiyodori1

「ヒヨドリ」 家のくもったガラス越しに目いっぱいズーム (3/17)

お隣空き地のキヅタの実が熟した頃 毎日のように

何羽ものヒヨドリが 食べに来ていました

 

 

200326mukudori_hakusekirei

「ムクドリ」と「ハクセキレイ」 餌探し中 (3/26)

鋤が入ったばかりの田んぼで ハクセキレイとムクドリたちが

互いに絶妙な距離をおきながら せっせと地面をついばんでいました

これも相当遠くから目いっぱいズーム

でもこれ以上距離を詰めると逃げてしまいます

200326mukudori

首を伸ばして こちらをうかがう「ムクドリ」

たとえ石を投げても 絶対に届かない距離なんですけどね

野生社会と人間社会との ソーシャル ディスタンスを教えられている?

 

 

【 お ま け 】

200326nazuna

田んぼの畔の 「ナズナ」 (3/26)

 

200411nazuna2

一面の「ナズナ」のお花畑になった 休耕田?? (4/11)

 

 

200326hotokenoza

田んぼの畔の 「ホトケノザ」 (3/26)

春の陽射しにきらめいて とても綺麗でした

こんな光景も 早や すっかり過去のものとなりました

 

 

お付き合いいただいてごめんなさい 💦 ありがとうございました。

 

ポチッとよろしく!

|

« 点描 ~ 春の草花より ~ | トップページ | ジューンベリー 2020 »

コメント

こんにちは。

世界の空、空気がきれいになったそうですね。経済活動が停止して一方ではこんな変化があってとても皮肉なことです。
>現代の文明社会の恩恵に浸る生活から抜け出せそうにないです・・・同様で、全く分かっていながら自分は不便になるのは嫌です。勝手ですね。毒されちゃいました。
近畿三府県は解除に向かうようですが、北海道や関東一都三県はまだ駄目のようですね。
韓国の4次感染までの現在の様子、ウイルスの感染力がさらに強くなったように思えますが。

アオジも他の鳥も可愛いですね。
鳥や蝶の撮影はこの頃不成功に終わることが多いです。なかなかに敏捷で目で追うだけです。
我が家の方はムクドリが夕方の参集だけでなく昼間の単独行動を多く見ます。雀の方がずっと少ないです。
休耕田のナズナ畑、見事。

投稿: tona | 2020/05/20 09:27

ポージィさんのウィルス感染症のお話、うんうんと頷きながら読みました。アタシも今までの便利な生活を簡単には手放せないです。それを続けたいなら、どうしていけばいいか。その為にはどこかに変化を見出さないといけないのかなぁって思いました。
社会に貢献とか、みんなの為にとか大きなことはできそうにないアタシですが、せめて自分が気分良く暮らして、毒は撒かないようにしたいと思います。(笑)

アオジという鳥さんは、初めましてです。
名前も聞いたことなくて。緑色のぷっくりお腹がなんとも愛らしい💛
鳥さんもわざわざ山に登らなくても、こんなに見れるのですね。アタシ、自分ちの周りに雀とカラスしかいないと思い込んでるかもです。ちょっと気を付けて見てみよう。
ナズナ見させていただいて、ふーっと息が抜けました。
柔らかな春の日差しを思いだせますね。

息子へのお祝いのお言葉、ありがとうございます。
今日入学後、2回目の登校日です。こんな高校生活もありですね。ちょっとそう思える余裕もでてきました。(笑)

投稿: まるかーさ | 2020/05/20 10:41

ポージィさん
こんにちは
コロナは、徐々に終息に向かっているように思いますが
気を抜く訳にはいきませんよね
気を緩めると、二次三次とぶり返すのではないかと心配です
ポージィさんは、野鳥にもご興味をお持ちでしたか
野鳥達は、とても綺麗ですよね
しかし、動きがとても速く、追っかけるのが大変なので
私のような不精者には、無理ですね
ジッとしている花が性に合っています
このナズナ畑は、見事ですね
こんな光景を見るのは初めてです
ホトケノザの群生も美しい!

投稿: フクジイ | 2020/05/20 12:26

こんにちは!

未知のウィルスとの遭遇は避けて通ることができない宿命なのかもしれませんね。今後も何年かに1度はこんなことになるような・・・
人類の英知をもって なんとか克服しなくてはならないですね~
第2波 第3波が怖いです。

アオジ さん 目元の可愛いこと!
ムク さんやセキレイさんは 近所でもよく見かけます。
ナズナの畑! すごいことになっていますね~
ホトケノザも美しいです。

投稿: pole pole | 2020/05/20 12:54

☆ tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
そうそう、世界のあちこちで空気が綺麗になって、何年振りかで
遠くの山々の景色が見えた、なんていうようなニュースがありました。
人間の生活様式を見直す機会にもなっていそうですが、皮肉なことですね。
文明の機器が発達していなかたt時代の生活に戻るのは無理(嫌)ですが、
そうはせずに、もっと安全でクリーンな生活ができるように
新しい発明がドーンと進むと良いなぁと夢見てしまいます。
新型コロナの感染は、仰るように他国の様子を見ても、今後がなお、
というかむしろ一層?心配な気もします。
 
外で見るもの、花も景色も大好きですが、鳥や蝶も大好きです。
見かけると心ワクワク浮き立ちますね。私は撮るのはよほど運良く
という時だけです。飛んでいく蝶も鳥も速いですものね!
tonaさんのご自宅付近では、ムクドリが多くみられるのですね。
うちの辺りは最近では何かしら?何か鳴いているのですけれど姿は見えずです。
 
ナズナの花畑、壮観でした!! (´▽`)
 
 

投稿: ポージィ | 2020/05/20 13:50

☆ まるかーささん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
人間と自然界の生き物たち、うまいこと共存共生していけると
良いのですけど、文明を持つようになったヒトと自然とは線引きは
避けられないものでしょうね。
そして、その線が曖昧になると何かしら問題が起きてきている、
そんな気がします。
開発によってどっぷり文明の利器のお世話になりつつだけど、
まるちゃんが仰るように、せめてできるだけ毒を撒かないよう、
自然への謙虚な気持ちを忘れずにいられたらなと思います(^^)
 
アオジさん、初めてでいらっしゃいますか。私もたまーに会うだけですが、
意外とポピュラーな鳥らしいです。もうちょっとハッキリ見える
写真を撮れたら良かったのですけどね。大きさはスズメより
気持ち大きい程度、ほぼ同じくらいです。可愛いですね。
お近くの30秒公園でも、スズメとカラス以外の鳥さんもいるかも。
木々のある所にはたいてい鳥さんの姿もある気がしますょ。
 
ナズナ畑、穏やかでしょ~、柔らかでしょ~~
柔らかな春の陽射しを思い出してくれてありがとう(*^^*)
 
どんな形であれ、日々がかけがえのないものであるように、
息子君にとってもこの高校生活はかけがえのないもの。
そうですとも、こういう高校生活もありですョ。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/05/20 14:03

☆ フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
このところ、新型コロナの感染者数はぐっと少なくなっていますが、
ステイホーム週間の我慢の結果が現れているのでしょうね。
仰るように、宣言解除後、人の行き来が多くなってきてから
どうなるかが気がかりです。
 
私も写真の主目的は花ですが、鳥がいれば鳥にも、虫がいれば虫にも
気持ちが引かれてワクワク。すぐに撮りたくなります。
たまーにしか撮れませんけれど、これまでにもアップしてきた
鳥や虫たちもそんな感じで撮ったものです。
鳥を撮ろう、虫を撮ろう、ではなく、あくまでたまたま撮れたもの(笑)
 
ナズナの大群生、見応えありますでしょう。壮観!
こんな様子を見るのは久し振りで感動しました。(田んぼですが…;)
 
 

投稿: ポージィ | 2020/05/20 14:13

☆ pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
そう、仰るように、未知なるウィルスとの遭遇は、人類にとっては
宿命なのかもしれません。同時に、警告ともなり得るかしらとも思います。
ウィルスにしても細菌にしても、克服したかに見えてもまた耐性をもって
逆襲してきたりもしますし、難しい問題ですね。
それでも、ワクチン開発が上手くいきますように、
とても心配な第2波、第3波が食い止められますように…と願っています。
 
アオジさんにはなかなか会えないのですが、束の間でも
逃げずにいてくれたおかげで初写真。可愛い小鳥さんですね。
ムクドリやハクセキレイはあちこちで顔を見せてくれますね。
田んぼの方へ行くと、車も人も少なく近くに川もあるので
見かける数がぐんと増えます。
その田んぼのナズナ、すごいでしょ~~
感動的でしたが、田んぼなのでちょっと複雑でもありました。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/05/20 14:22

こんにちは

 昨日39県の緊急事態宣言が解除さrました。
やはりこれ以上の経済混乱は限界と思っての決断だと思います。 
夏の高校野球もとうとう中止になりました。また楽しみがひとつ消えました。

 ところでまだこんなに小鳥たちの姿が見られるのは、自然が残ってる証拠ですね。
羨ましい。
 こちらは前の雑木林があるころはスズメをはじめ、ヒヨドリ、ホオジロ、メジロ、ウグイス
シジュウガラなど庭の植え込みにも来てました。空き地にはムクドリの群れやハト、カラスもいました。
ここに来た初めのころはブッポウソウの声も聴きました。夏には蝉しぐれ、ヒグラシの鳴き声、
カッコウ。秋には虫の鳴き声も聞かれる自然がありました。
今は身近で全く見られなくなりました。宅地の中に残された緑地がいかに小鳥たちの楽園であったかわかります。
でもヒヨドリは来てるのでしょうね。ミカンや木の実が
つつかれています。まだ林も少しは残っていますが家から離れてるのでわかりません。
 ナズナなど雑草はまだ見られます。
コロナの終息と、緑地は少しでも残して欲しいと願うこの頃です。


投稿: 夢閑人 | 2020/05/20 15:53

☆ 夢閑人さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
明日には緊急事態宣言継続中のところについて、また何らかの発表が
ありそうですね。どうなるか分からない中で感染拡大防止と経済との
見極めをするのは大変なことと思います。私たちは解除になってからも
うつさない・うつらないでいられるよう、気を引き締めていかなくて
はいけませんね。
 
今日写真を並べた鳥たちは、自宅にいて撮ったのはヒヨドリだけで、
他は緑の多い公園と田んぼで撮りました。
うちの周辺ではやはりそんなに多くは来ませんね。
以前ご自宅前の林に訪れていたという鳥たちの種類を拝見して
その多さに驚きました。ブッポウソウやカッコウの声まで聞こえたとは。
それこそ自然豊かだったのだとわかります。
そんな林が宅地開発でほとんど消えてしまったことが、
つくづく残念だと改めて思います。失われた林に暮らしていた
鳥たちはどこへ行ったのでしょう。
わが家の周囲でも、これまでに多くの森や林、畑地が消滅しましたから、
行き場を失った動物たちも多いだろうと思います。
 
緑地はずっと長く残されていきますように。
そして新型コロナ感染症は一日も早く終息しますように。
  
 

投稿: ポージィ | 2020/05/20 16:38

アオジ!
素晴らしい!
嵐山で出会うことができたのにどうしても撮ることができなかった野鳥アオジさん。
お粗末なことありますかいな。とても素敵な写真です。

ヒヨドリさん、ちょっと寒い日だったのでしょか、ぷっくらと膨らんで、可愛いです。

ハクセキレイとムクドリ、この距離間がいいんだよね。
掘り起こされた土の上には美味しい食べ物がいっぱいあるけど、
お互い視力はいいもんね。決して油断はしない。

そうそう、雀だって、ムクドリだって、ヒヨドリだっていつでも飛んで逃げられる距離をしっている。
でも鳩は自転車で轢きそうになるぐらい迫っても逃げない。ちょこちょこと歩いてる。仕方がないので人が除ける。それであっても人に掴まりそうな距離にはいない。
野生は本能で恐れを知っているんでしょうね。人類は慢心になりすぎて恐れを忘れてしまったのかも。

堤防の一部にナズナが固まって咲いていることはあるけれど、ナズナのお花畑って見たことないですね。自宅近くに野原がないせいかも。たまにあってもシロツメクサのお花畑だったりする。

随分身長の高いホトケノザですね。春を謳歌してますね。

投稿: あまもり | 2020/05/20 16:44

☆ あまもりさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
アオジ ぅぅぅ‥ありがとうございますっ!(T_T)
緑の多い公園で、珍しく単独で地面をつついておりました。
 
ヒヨドリさんを撮ったのは、お察しのとおりまだ肌寒かったころ。
これまた珍しく、ほとんど枝が被らない状態で見えたのでパチリ。
羽を膨らませたふくらヒヨドリさん、表情も可愛いですね。
 
田んぼのムクドリさんとハクセキレイさん、夢中で地面をつついている
かのように見えて、お互いの距離はちゃんと把握。おまけにはるか彼方で
何か黒いもの持って立ってる人間にも警戒怠りなくでした。
外敵から身を守るために、人の近くで暮らしているスズメだって
人との距離はちゃんと保っていますね。私は大抵の野鳥にすぐに
逃げられる方ですが(怖いこと何もしないのに~)、
駅など人が多い所にいるハトだけはすぐ横を歩いていきます。
人がエサをあげたりすることで距離が縮まったのでしょうね。
『人類は慢心になり過ぎて…』大いにあると思います。
自然は畏れつつ敬い愛でるけれど、慢心してはいけませんよね。
 
広大なナズナのお花畑、すごいでしょ。感動的でしたよ。
ここが田んぼだと思うとちょっと複雑な気分ではありましたけれど。
ホトケノザもそこかしこで春を謳歌しておりました。
モデルになってもらった子たちは、少し土の盛り上がったところで
かたまっていて撮りやすかったのですが、他より背が高く見えますね(^^)
 
ひとつひとつ丁寧に見て下さって嬉しかったです。ありがとうございました♪
 
 

投稿: ポージィ | 2020/05/20 17:27

こんばんは。
横浜港に停泊していたダイヤモンドプリンセス。
あの頃は他人事で、まさか今のこの状態になるとは
思ってもいませんでした。
感染者数が日ごとに増加していく現状に怯え、著名人が亡くなったことで
余計に身近な事として怖さを感じました。
普通の日常の大切さも有難さも身をもって体験したように思います。
でも、マスクが無いといえば皆さん色々工夫された手作りマスクが
ネット上で作り方と共に紹介されたり
家での過ごし方の工夫を色々提案されたり・・
違った意味での人の逞しさも感じています。
でもやはり、一日でも早い収束と終息を願ってはいますが。
そんな時に小鳥たちの様子にはホッ♡と和ませていただきました^^
アオジって可愛いですね。
「おまけ」のナズナのお花畑、好きです。
このような光景を見ていると優しい気分になりますね。
最後のホトケノザがピリリと色を添えて鮮やかです。
いつも私が見るものより綺麗✨

投稿: えぷろん | 2020/05/20 21:03

☆ えぷろんさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
そうですよね、ダイヤモンドプリンセスで次々に感染者が出ていた頃も、
まだ遠い感じでいましたが、志村さんが発症からあっという間に
亡くなられた辺りから、この感染症の本当の怖さをぐっと身近なものとして
感じるようになったのは私も同じです。
まさかこんなことが、という気持ちと同時に、心の一部では起こりうる
事だったと思い出させられたような、そんな気持でもありました。
私達の暮らしている社会の様々な面、繋がり、もろさを感じると同時に、
仰るように逞しさもまた感じますね。
人類の歴史上、ウィルスとの戦いを強いられた後の社会では、
大きな変化も生まれてきたそうですし。
一日も早く終息すると同時に、よりよい社会へと変わることも
できると良いですね。
 
人間は自然に傷めつけられると同時に心和み励まされてもきました。
拙い小鳥写真ですけれど、ホッ♡としていただけて、
ナズナのお花畑の光景も好きと言っていただけて、嬉しいです。
ナズナのお花畑、私も好きです。
ホトケノザがいつもより綺麗にお見えになったのは、きっと春の陽射しに
キラキラ輝いてホトケノザのお花たちが笑っていたから (´∀`*)
 
 

投稿: ポージィ | 2020/05/20 22:58

おはようございます。
今日は朝から小雨模様で、久々に寒い!と感じます。

ウイルスは昔から人類のすぐ横にいたんでしょうね。
以前は今ほど地球規模での移動が無かったから、地域限定で終わっていたものも多数有ったんだと思います。
今回の事で一極集中では無く、地方に住む人が増えてくれると良いなと思います。
それとも喉元過ぎれば・・・に、なっちゃうのかな?

「ムクドリ」と「ハクセキレイ」「スズメ」「ヒヨドリ」「カラス」「モズ」「ツバメ」家の周りに来る鳥はそんなところでしょうか。
里山へ出かけると下ばかり(山菜)見ていて・・・全くという程意識していませんでした。
今春はヒワ(マヒワ)と言う小鳥を見せてもらいましたが・・・
(これは鳥獣保護法に違反して捕まえたものだと、でも言えなかった トホホ・・・)

投稿: ロココ | 2020/05/21 08:56

☆ ロココさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
こちらもドヨ~ンとした重たい空に、時折雨も降る昨日今日。
そして寒いです~ 4月上旬ころの気温かな?暖房つけてます。
 
そうそう、仰るとおりだと思います。
ウィルスも生きていくためには宿主?が必要なわけで、
大昔から隣り合わせだったり、いつしか共生したりという存在で
きたのでしょうね。グローバルな社会になってこれまで出会っていなかった
ウィルスと出会ってしまう機会も増え、広まっていく速度もアップ。
今回の新型コロナ感染症の広がりは、現代社会の反映ですねー
終息(束)後、落ち着いてきたらどんな社会に変化しているかしら。
一極集中も分散しているといいですね。良い方への変化が生まれると
良いなぁと思います。人同士が攻め合いギスギスするんじゃなく。
 
ロココさんのお宅周りに来る野鳥たちもうちの近くと似てますけど、
モズは来ないなぁ。ツバメも以前より見かける数が減ってしまいました。
モズもツバメも好きなんですけれど。
うふふ 里山では、山菜採りに没頭されるロココさんの頭上から、
色んな鳥たちが見下ろしていたかもしれませんね。
マヒワを捕まえちゃった方がいらっしゃるんですか?
姿を知らなかったので検索して見てきました。
スズメよりも小さくて、雄は黄色が綺麗な小鳥なのですね。
ちゃんと逃がしてあげてますように…
 
 

投稿: ポージィ | 2020/05/21 10:08

ご無沙汰です、
おかげさまで元気です。
今日が素晴らしい日でありますように。
また再開したら仲良くしてください。
コロナで心も体も「コロすナ」です

投稿: まほ | 2020/05/21 15:13

☆ まほさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
近況をお伝えくださってありがとうございます(*´▽`*)
お元気にしていらっしゃるとのこと嬉しいです。
お休み中に、新型コロナで社会は大きく変化しましたが、
仰るとおり心も体もコロすナですね。
これから暑い季節を迎えますから、ご自愛ください。
夏の終わりころ?秋口のころ?
再開されることを楽しみにお待ちしています♪
 
 

投稿: ポージィ | 2020/05/21 16:19

 今晩は~。

 鳥たち、ナカナカ姿と名前が・・・💦
最初のアオジ、?というんですね。
それにしても見事に保護色!カモフラージュしている。

 ヒヨドリ:来年は古いポストを本格的に、巣箱仕様にしようかと・・・。
さあ・来て欲しいのですが ♪

 私はやっぱり花たち!
例えしっかりした?野草でも。
我が家はれっきとした花たちで~す。
 ナズナはここ1・2年、あまりの繁茂で、思い切って処理。
すると今年はチョットだけに・・・。
 ホトケノザは今年も沢山咲いてくれました。
ですので、3株を残しての処分でした~。
 ブログ、今年はパス・としま~す(笑)。
  ヒロでした

投稿: ヒロ‥の日々(もんたの一年): | 2020/05/21 19:45

☆ ヒロ‥の日々(もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
鳥や虫たち、動くものはなかなか撮れませんが、撮れそうなチャンスが
あったら、やっぱりカメラを向けたくなります。
自然界の生き物たちは、見事なカモフラージュを見せてくれるものが
けっこういますね。アオジさんもしかり、でした。
 
旧ポストを本格的に巣箱に改造してみようとお考えですか。
玄関前の金属製のポストにシジュウカラが巣を作ったという
例もあるようですから、希望は持てますね。
 
花たちは私にとってもメインですね。
ヒロさんのお庭は、山野草と園芸植物と野草とが仲良く入り混じることを
テーマにしていらっしゃるのでしょうか。
ナズナもホトケノザも仲間入りさせてもらって幸せな子たちです。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/05/21 22:51

おはようございます。
これは珍しい!!ポージィさんの鳥写真!!
鳥写真を撮ってると、つい見逃してしまう身近な鳥たち。
こうして改めて見ると、それぞれ特徴があって可愛いものですね。

コロナ騒ぎも今月中にはひと段落付きそうな気配ですが、油断は禁物!!
コロナウィルスの方がこれから先、変異してさらに強力にならないか心配ですが、秋口からインフル+コロナのダブルパンチにならないといいのですが・・・・
もともとウィルスは人間様よりはるか以前に地球に存在していた生き物ですよね。
上手く共存して来ても、たまにこうしてコロナのような暴れ者が出てきて、人間との戦いが始まる。
何だか、時によって、自然が人間に警鐘を与えてるような気がします。

投稿: ソングバード | 2020/05/23 06:34

☆ ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ウフッフ(*^^*) 珍しいですよね、私の鳥写真。
たまーに 年に2~3回アップすればいい方かも。
家の窓から、散歩中に出会ったなかから、曲がりなりにも撮れた子たち。
高倍率ズームのカメラを使っているので、あ、いるなーと思うと
一応びゅーんとズームして試してみたくなります。
鳥撮りをメインにしていらっしゃると、だんだんターゲットから
外れていくような鳥さんたち。でもやっぱり可愛いですね♪
 
週明けには、最後まで残った1都3県も宣言解除になりそうですが、
解除から2週間後くらいが心配です。
それに、ウィルスが無くなったわけじゃないですし、ソングバードさんが
仰ってるような心配もあって、まだまだ気は許せませんね。
未知なるウィルスと、旧知のものでも変異したウィルスと、
人類の遭遇と戦いは、これまでもこの先もずっと続いていくもの
なのかもしれませんね。
お言葉のように、ウィルスも災害も、驕り高ぶる人間への
自然からの警鐘のように思えます。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/05/23 11:38

こんばんは!
えぇ、もう明日は大解放ですか??
こちらでも、今日、首都圏の一都三県からの車が結構に来ていますよ!
大事にならないように。。
(私はここ3か月はほぼ引きこもりです)

投稿: ふくやぎ | 2020/05/24 22:06

☆ ふくやぎさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
おはようございます
報道見ていると、14日以降、政府も経済界も一般人も、解除に
前のめりって感じがしていましたよ。実際、人々の動向も…
今日から大解放になりそうですね(^_^;)
大事になって、これまでよりもっと厳しいことになりませんようにと
祈るばかりです。ウィルスが無くなったわけじゃなし、
ワクチンが完成したわけでもなし、ですものね。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/05/25 09:48

初めましてローリングウエストと申します。新潟県柏崎生れ川崎市在住の62歳・中年オヤジ(山好き・旅好き・歴史好き・洋楽ロック・サッカー好き)でございます。365連休の日々Tonaさんのブログメイトですが、こちらのコメントから記事を見せて頂き訪問させて頂きました。同じ神奈川県の方でしょうか?掛川の記事がよく登場しますが、小生も15年ほど前に静岡で3年間勤務しておりましたので県内は殆ど巡りました。静岡東部・中部紹介シリーズのレポートは終えたので、次回は浜松などの西部特集を企画したいなと考えております。よろしければお立ち寄りください。

投稿: ポージィの花 | 2020/05/27 06:32

失礼しました。URLの貼り付けを間違えてしまいました。アドレス再投稿します。

投稿: ローリングウエスト | 2020/05/27 06:34

☆ ローリングウェストさん、はじめまして ♪
 
おはようございます。tonaさん経由でのご訪問、感謝いたします。
tonaさんとはもう長年のブログ友にしていただいております。
ローリングウェストさんは、アウトドアもスポーツも音楽もお好きな、
アクティブな方でいらっしゃいますね。
人生の先輩であるtonaさんもとてもアクティブでいらっしゃって、
国内外お出かけになった先の記事や美術鑑賞、読書感想などなど
楽しく拝見しています。
 
お察しのとおり、私も神奈川在住ですが、自然は好きだけれど
あんまり出かけないという、インドアな時間がほとんどの生活です。
今年の春は掛川の記事をいくつか書きましたが、故郷・愛知県(豊川)へ
出かけた帰りにたまたま寄れましたので、普段の「花」以外の記事を
書くことができました。
ローリングウェストさんは静岡でのご勤務時代にほぼ全県制覇されたとは!
私は故郷・愛知もお隣だった静岡も知らないままのところだらけです。
 
後ほどご訪問させていただきたいと思います。
アドレスの再投稿ともども、ありがとうございました。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/05/27 09:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 点描 ~ 春の草花より ~ | トップページ | ジューンベリー 2020 »