« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020/07/29

レッドドラゴン

昨夜、寝ようと思って寝室へ行ったら、枕の上に体長10㎝はあろうかという

ムカデがいて、思わず変な悲鳴が出ました。瞬間冷凍するスプレーで凍らせ、

外にポイ!したのですが、やっぱり死んでしまったでしょうか 💦

それにしても、いったいどこから入り込んだのやら。 もっとも、ここへ越して

来てからこの方、毎年1~2匹のムカデと遭遇しているのですが、2階での遭遇は

初めてでした。しかも最高の大きさ。長引く雨と関係あるかしら‥??

 

さて!

これまで何回か登場の「 ペルシカリア・ミクロケファラ ‘レッドドラゴン’ 」に、

今年も登場してもらいましょう。「 ペルシカリア レッドドラゴン 」と略して

呼ばれることも多い、主に葉を楽しむタデ科の植物です。

うちの子は、花レッスン花材として先生がお庭から切ってきてくださったものを、

水に挿していて発根したので庭の隅に植えたものです。(毎度繰り返してすみません)

冬の間は地上部が枯れますから、大丈夫?‥と少し心配になりますが、今年も春には

ちゃんと芽吹いてくれました。

庭の一隅で、増えもせず減りもせず、しかも手間いらず。

 

 

200408persicaria_microcephala_reddragon1

春先の葉は ‘レッドドラゴン’ の名前の通り

赤っぽい色で 硬派なイメージ (´▽`*)

V字状に入った斑が面白いです (4/8)

 

 

200530persicaria_-microcephala_reddragon

季節が進むと 赤みが少なくなり緑色の葉になっていきます (5/30)

 

 

200608persicaria_microcephala_reddragon2

6月に入って 花が咲き始めました (6/8)

3㎜ほどの小さな白い花(花弁に見えるのは萼) 淡い紫色の葯が綺麗

小さなアリが よく歩き回っています

 

 

200705kamakiri1

ある日 まだ翅のない子カマキリが (7/5)

ガラス越しにカメラを向けました

200705kamakiri2

目を離したすきに 何か捕まえた! 食べています~

200705kamakiri3

こちらを見ましたょ

『文句ある~?』と言われたような… ありません(^^;)

捕まえたのは 小さなアリのようでしたが

 

 

200608persicaria_microcephala_reddragon3

花は晩秋まで咲き続けます

大きく育つので 時々切り戻しをするため

そんなにたくさんは咲きませんけれど

こんなに小さな花でも 葉と共に楽しませてくれています

 

 

今年もお付き合いいただきありがとうございました (*'▽'*)

 

ポチッとよろしく!

| | コメント (25)

2020/07/22

今年の夏椿は‥ ~ 2020年 ~

毎年の恒例として見ていただいてきた、わが家の「ナツツバキ(夏椿)」ですが、

昨年から少し異変を感じています。

最初に感じた異変は花。それまでより小さな花がやけにたくさん咲いたこと。

次の異変は夏の終わりころ。細い枝を中心に枯れ枝が複数出てきたこと。

そして今年。やはり芽吹かない枯れ枝が複数、蕾の付かない枝も複数に。

花が咲き始めてみると、昨年同様小さなものがほとんで、どことなく元気のない

感じのするものばかりとなりました。

隣の「ジューンベリー(私が植えた)」のせいで日照が足りなさすぎ?

足元の「ヤツデ(鳥の落とし物から生えた)」のせいで栄養不足・水不足?

はたまた、見えないところでテッポウムシ(カミキリムシの幼虫)にでも蝕まれている?

原因は分かりませんが、心配な状態が続いています。

 

心配しつつカメラを向けた今年の「ナツツバキ」の花、見てやってください。

 

 

200603natutubaki_tubomi2

ころころの可愛い蕾たち 開花も間近 (6/3)

2階ベランダから見下ろして

 

 

200606natutubaki

いちばん花が咲いたのは 昨年と同日 (6/6)

 

 

200613natutubaki5

やや俯きがちに (6/13)

 

 

200613natutubaki7

やや上向きに 蕾とのコラボ (6/13)

 

 

200613natutubaki13

蕾と花のコラボ (6/13)

2階ベランダから見下ろして

 

 200617natutubaki2

晴れた日に (6/17)

 

 

200710natutubaki_mi

花後にできた 若い実 ツンと飛び出ているのはメシベの名残 (7/10)

 

 

毎年、梅雨入りと相前後して咲き始め、梅雨明けの頃までの1ヶ月半余を

楽しませてくれましたが、今年は花付きが少なかったこともあり、6月の内に

咲き終えてしまいました。

写真も、なんだかなーというものしか撮れなくてガッカリ。

ナツツバキに申し訳ない気持ちです。 来年はどうなるかしら…

 

💠 都合によりコメント欄を閉じさせていただいています <(_ _)> 💠


ポチッとよろしく!

|

2020/07/15

アジサイの色付くころ

梅雨どきを彩り、多くの人が愛してやまない花、「アジサイ」。

小さな小さな練り切りの梅の和菓子のような蕾から咲く花は、目立たないながら

実は凛と美しい姿ですね。

鑑賞の対象となるのは、主に様々な色や形で魅せる「萼=ガク」になります。

その萼が色づき始めるころの、暈したような色合い・グラデーションの様子が

何ともいえず好きです♡

今年5月の末に出かけた公園では、ちょうどその頃合いのアジサイたちに出会う

ことができました。 少しだけですが、初々しい色付き始めのころを振り返って下さい。

 

 

200530_15

 ガクアジサイ

200530_12

 

 

200530_22

手毬咲き

 

 

200530_24

カシワバアジサイ 一重

200530_25

 

みんな初々しかったですね

 

 

200530_21

ヤマアジサイ

こちらは咲き進んでいましたが

見下ろす高さに 散りばめたように咲く様が とても可憐で素適でした

 

 

【 お ま け 】

時を同じくして

200530_11

ウツギ や

 

 

200530_29

ノハナショウブ も

咲いていました

 

いずれも 「俣野別邸庭園」にて  5/30 撮影

 

 

これより後は、用事などで出かける際に歩く道々、よそのお宅のお庭などに咲く

アジサイたちを楽しませていただきました。

 

【 お ま け その2 】

後日パチリ 📷

 

200621kasiwabaazisai2
 円熟の美しさとなった 八重の「カシワバアジサイ」 (6/21)

重くてすっかり首を垂れて逆さまに

そんな姿にも 風情を感じます

200621annabelle1

グリーンから白に変わった 「アナベル」 (6/21)

今ごろはまた グリーンに戻ってきていますね

 

ポチッとよろしく!

| | コメント (27)

2020/07/08

散歩道点描 ~ 野の花たち(2)~

九州各地での豪雨による甚大な被害に胸が塞がる思いです。

今日は岐阜や長野でも? 出来得る限りのご用心をなさっていただきたいと思います。

もう梅雨前線は消えてくれないでしょうか。せめて活動が弱まってほしい。

祈ることしかできませんが、災害がこれ以上広がりませんように…

わが家の辺りは、時折ひどく降る以外は雨量はそれ程でもありませんが、

何日も吹き荒れ続ける南からの強風と、80%超の高い湿度に辟易しています。

 

 

さて、今年の春、数年ぶりで歩いた川沿いの堤防で、やっぱり春の野の花好き と

再認識しながら撮った花たちをまとめた2回シリーズ(2)です。

4~6月上旬ころに咲く野の花の一部より。

季節は移ろい、今は7月も上旬、梅雨のど真ん中。

ほとんどが過去の花になってしまいましたが、振り返っていただければ幸いです。

 

 

200502heraoobako

「ヘラオオバコ」 (5/2)

以前より数が増えたなと感じました

昔馴染みの「オオバコ」より だいぶ華やかな印象です

 

 

200502kometubutumekusa3

「コメツブツメクサ」 (5/2)

何年か前に出会った おなじ場所での再会

なんだか嬉しかったなぁ ♪

200502kometubutumekusa1

他に 「シロツメクサ」「アカツメクサ」とも再会しましたよ

 

 

200518haruzion2

「ハルジオン」 (5/18)

2月の終わりから 早々に咲いていた子もいましたが

この子たちは そろそろ咲き終わりの季節に咲いていた極晩生かしら

200518haruzion1

 

 

200526himezyoon

「ヒメジョオン」 (5/26)

「ハルジオン」が咲き終わり近くなるころから 入れ替わるように咲き始めます

200530_2_monsirotyou2

「ヒメジョオン」と「モンシロチョウ」 (5/30)

 

「ハルジオン」と「ヒメジョオン」 よく似ていますが

「ヒメジョオン」の方が頭花が小さい

花弁幅がやや広く数が少ない 葉が茎を巻かない

「ハルジオン」は4~6月頃 ・「ヒメジョオン」は5~8月頃 咲く

「ハルジオン」は柔らかイメージ 「ヒメジョオン」はスッキリ イメージ

などの違いが見られます

ラストのイメージは ポージィの個人的なものですが (≧∇≦)

 

 

200529dokudami2

「ドクダミ」 (5/29)

初夏になると咲き始めるドクダミたち

一重には素朴な可愛さを感じます

好きなんです

葉や茎を傷つけなければ においもしませんし

200530_6

葉の縁取りと茎の赤さが すてきなアクセントの株 (5/30)

200530_7

とんがり頭の蕾も可愛いです (5/30)

 

200602yaedokudami4

「八重ドクダミ」 (6/2)

わが家の鉢植えのもの

昨年は遅くに1輪咲いたきりでしたが 今年は10輪くらい咲きました

200602yaedokudami6

一重の「ドクダミ」とは また違う魅力 (6/2)

200602yaedokudami1

エレガントな可愛さがたまりません (6/2)

ドレスを着て踊る女の子を夢想してしまいます

 

 

これにておしまいです。

珍しいものはなく、多分皆さまにとってもお馴染みさんばかりですよね。

あら、ドクダミ以外はみんな外来種・帰化植物でしたゎ。でも、どの花も可愛いです。

今回もお付き合いいただきありがとうございました (*^▽^*)

 

ポチッとよろしく!

| | コメント (26)

2020/07/01

散歩道点描 ~ 野の花たち (1) ~

今日から7月ですね。今年も1年の半分が過ぎ去ってしまいました。

早いですねぇ… 全てが新型コロナ関連で過ぎていったような気分になります。

そんな中、人間社会の騒ぎと関係なく、ただただ生を受けたその場所で

育ち花咲く野の花たちの健気さや逞しさに、いっそう感動します。

 

一時はそれこそしょっちゅう歩いていた最寄りの川沿いの道(堤防)ですが、

この数年は諸々の事情でほとんど歩いていませんでした。

今年の春、数年ぶりで歩いてみて、やっぱり春の野の花大好き 💕 と

再認識しながら撮った花たちをまとめました。

(『まだ春なんかい』という声が聞こえてきそうですが~ ^^;)

4~5月に咲く野の花の一部より、(1)(2) の2回シリーズです。

皆さんがお好きな野の花は何でしょ?

 

 

200419yagurumagiku1

これは野の花とは言えないかもしれませんが…

「ヤグルマギク」 (4/19)

もとは どなたかのお宅のお庭から はるばる旅してここへたどり着いた?

どなたかがこの場所に 種を蒔いた?

青々茂る 草たちの中でぽつりと 鮮やかでした

 

 

200419kasumagusa_cut

小さな 「カスマグサ」 (4/19)

風に揺れる中 かろうじて撮れた1枚 花が横向き・後ろ向きですが

「カ」ラスノエンドウ と 「ス」ズメノエンドウ の

「間(マ)」の大きさだから 「カスマ グサ」 だそう

 

この川沿いでは 以前は少数派だった「スズメノエンドウ」が

多数派へと 勢力拡大していました

 

 

200502kyuurigusa

「キュウリグサ」 (5/2)

小さな小さな キュウリグサ 大好きです

風のせいで‥ ピンボケながらかろうじての1枚

 

 

200502ookawadisya2

初めましての 「ホナガカワヂシャ??」 (5/2)

ホナガカワヂシャは 在来種カワヂシャと外来種オオカワヂシャの雑種らしい‥

花の径は5㎜ 程でした オオイヌノフグリと共通点ありの花

草丈は低く細く ちょっぴり生えていただけの 初めましての野草

その場でしっかり見なかったので 同定ならずでしたが

この花色と可愛さに 胸キュン

 

 

200502daikon3

「ダイコン」? 「ハマダイコン」?? (5/2)

堤防の法面に点在して たくさん咲いていました

昨年の大雨のとき 上流から種が運ばれてきたのかも

たまに白い花のものもありましたが ほとんどが淡い紫が入っていました

近寄れなかったので 離れたところからズーム撮り

 

 

 

この後は野草ではないので【お ま け】です

200518nigera2

「ニゲラ」蕾と花 (5/18)

楽しい花と果実ですね 好きなんです  とあるカフェの花壇で

風船のように膨らんだ果実 ↓

200518nigera3

 

 

200502ayame1_cut

↑ ご近所の畑に咲いていた「アヤメ」 (5/2)

とっても綺麗でした 

200502ayame2

 

 

というところで、「散歩点描 ~ 野の花たち(1)~」おしまいです。

今回、特に意図したわけではありませんが、青色・紫色系の花がそろいました。

季節が延々と春から動きませんが、次回(2)もご覧頂ければ幸いです (´∀`)

 

ポチッとよろしく!

| | コメント (24)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »