« 散歩道点描 ~ 野の花たち (1) ~ | トップページ | アジサイの色付くころ »

2020/07/08

散歩道点描 ~ 野の花たち(2)~

九州各地での豪雨による甚大な被害に胸が塞がる思いです。

今日は岐阜や長野でも? 出来得る限りのご用心をなさっていただきたいと思います。

もう梅雨前線は消えてくれないでしょうか。せめて活動が弱まってほしい。

祈ることしかできませんが、災害がこれ以上広がりませんように…

わが家の辺りは、時折ひどく降る以外は雨量はそれ程でもありませんが、

何日も吹き荒れ続ける南からの強風と、80%超の高い湿度に辟易しています。

 

 

さて、今年の春、数年ぶりで歩いた川沿いの堤防で、やっぱり春の野の花好き と

再認識しながら撮った花たちをまとめた2回シリーズ(2)です。

4~6月上旬ころに咲く野の花の一部より。

季節は移ろい、今は7月も上旬、梅雨のど真ん中。

ほとんどが過去の花になってしまいましたが、振り返っていただければ幸いです。

 

 

200502heraoobako

「ヘラオオバコ」 (5/2)

以前より数が増えたなと感じました

昔馴染みの「オオバコ」より だいぶ華やかな印象です

 

 

200502kometubutumekusa3

「コメツブツメクサ」 (5/2)

何年か前に出会った おなじ場所での再会

なんだか嬉しかったなぁ ♪

200502kometubutumekusa1

他に 「シロツメクサ」「アカツメクサ」とも再会しましたよ

 

 

200518haruzion2

「ハルジオン」 (5/18)

2月の終わりから 早々に咲いていた子もいましたが

この子たちは そろそろ咲き終わりの季節に咲いていた極晩生かしら

200518haruzion1

 

 

200526himezyoon

「ヒメジョオン」 (5/26)

「ハルジオン」が咲き終わり近くなるころから 入れ替わるように咲き始めます

200530_2_monsirotyou2

「ヒメジョオン」と「モンシロチョウ」 (5/30)

 

「ハルジオン」と「ヒメジョオン」 よく似ていますが

「ヒメジョオン」の方が頭花が小さい

花弁幅がやや広く数が少ない 葉が茎を巻かない

「ハルジオン」は4~6月頃 ・「ヒメジョオン」は5~8月頃 咲く

「ハルジオン」は柔らかイメージ 「ヒメジョオン」はスッキリ イメージ

などの違いが見られます

ラストのイメージは ポージィの個人的なものですが (≧∇≦)

 

 

200529dokudami2

「ドクダミ」 (5/29)

初夏になると咲き始めるドクダミたち

一重には素朴な可愛さを感じます

好きなんです

葉や茎を傷つけなければ においもしませんし

200530_6

葉の縁取りと茎の赤さが すてきなアクセントの株 (5/30)

200530_7

とんがり頭の蕾も可愛いです (5/30)

 

200602yaedokudami4

「八重ドクダミ」 (6/2)

わが家の鉢植えのもの

昨年は遅くに1輪咲いたきりでしたが 今年は10輪くらい咲きました

200602yaedokudami6

一重の「ドクダミ」とは また違う魅力 (6/2)

200602yaedokudami1

エレガントな可愛さがたまりません (6/2)

ドレスを着て踊る女の子を夢想してしまいます

 

 

これにておしまいです。

珍しいものはなく、多分皆さまにとってもお馴染みさんばかりですよね。

あら、ドクダミ以外はみんな外来種・帰化植物でしたゎ。でも、どの花も可愛いです。

今回もお付き合いいただきありがとうございました (*^▽^*)

 

ポチッとよろしく!

|

« 散歩道点描 ~ 野の花たち (1) ~ | トップページ | アジサイの色付くころ »

コメント

ポージィさん
こんにちは
どれも綺麗に撮られていますね
ハルジオンにはヒラタアブが、ヒメジョオンにはモンシロチョウが吸蜜に、のどかです
それぞれの花は、開花したばかりのようで
とても美しく新鮮に感じました
この中では、唯一八重ドクダミに出会えていませんが
この真っ白の透き通るような苞片が、美しいですね
八重ドクダミは、数年前から見られなくて残念でしたが
こちらで、見られて嬉しかったです

投稿: フクジイ | 2020/07/08 10:11

おはようございます!

どれも可愛らしく 足元を明るくしてくれる花たちですね~
ドクダミの葉の周囲の赤紫色のトリミングが大好きです。
日向ならではなのでしょうね。
ポージィ家の八重は 日陰に咲いていたのでしょうかね。
我が家のも日陰の鉢植えですが 日向の群生はすごかったです~~葉の縁取りもくっきりと!
ヒメジョオン 今たくさん咲いていますね。
どちらかというとハルジオンの方が好きです。

今 南風が大暴れしていて風の音がすごいです。
九州や岐阜 長野の災害の爪痕を映像で見ると 自然の凄まじさに驚くばかりです。山の裾野や川の両岸に家を建てることの怖さを感じ こういう場所に老人ホームなどを立てるべきではないし(土地が安いのかもしれませんが)建築許可を出すべきではないように思ってしまいます~~
人類の知恵を絞ってなんとか対策してほしいです。

投稿: pole pole | 2020/07/08 10:43

☆ フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
今現在これらの写真を見ると、フクジイさんも仰っているように
のどか~に感じます。花も虫たちも平和に花を楽しんでいますよね。
それぞれの花、いずれも新鮮な時に出会えたのはラッキーでした。
八重ドクダミにはまだお会いになる機会がありませんか。
私も自分の家以外では見たことないように思います。
この鉢植えのものも、昨年は1輪きりでしたから、このまま絶えて
しまうのかとひやひやものでした。今年は花数が増え、
こうして見ていただくこともできホッとしています。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/07/08 11:26

☆ pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ほんとうに、お言葉通りみんな足元を明るくしてくれますね。
ドクダミの葉の周囲の赤紫のトリミング、pole poleさんもお好きなんですね♪
やはり日向のものならではでしょうか。
うちは全体的に日当たり悪しで、ドクダミには、より日照少なめの
ところで我慢してもらっています。
だからなんですね、全体にひょろっとして葉の縁取りも
現れません~
今はすっかりヒメジョオンになりましたね。
実は私も、どちらかというとハルジオンの方が好きです。
なぜかしら?ハルジオンの柔らかな感じに惹かれるのかもしれません。
 
今少しおさまりましたが、今朝の南風は一段とすごくてちょっとした
台風のようでしたね。
このところの、毎年繰り返される自然の威力の凄まじさには
打ちのめされます。同じく、山裾や川や海のすぐ近く、低い土地に
暮らす怖さを感じています。お年寄りの施設が必ず被害に遭うという話、
わが家でもしたばかりです。土地が手に入りやすいのでしょうねぇ。
そういう所にしか建てられないのだとしたら大問題です。
変わってきてしまった気候とどううまく共存していくのか、
これまでとは違う観点での対策が求められますね。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/07/08 11:39

「こんにちは」
人は 長雨を嫌うけれど,自然界は 寛容に受け止めている。
野の花は可憐でカワユイ、昆虫たちも恵みにありついている。
八重ドクダミ、お初にお目にかかります。
ドクダミの根は 庭においては あとを絶たない。
自然界なら、ご自由に 闊歩してください。

投稿: アットマン | 2020/07/08 12:48

こんにちは。

九州全土と被害が広がり、下呂温泉や高山、松本と川の氾濫が勢いを増し、山から流れ出た水がどんどん増水して怖いようです。被害に遭われた人たちはコロナの心配も重なって避難しこれからどうしようと途方に暮れている姿が痛ましいです。

ヘラオオバコの花はめったに見られなくなりました。
コメツブツメクサ、もう懐かしく拝見しました。今年初めての出会いでしたから。
「ハルジオン」と「ヒメジョオン」の違いを何度も行ったり来たりして確認したのですが、実際に見ると難しいです。季節の違いだけかと思っていましたが、5月6月は重なっているのですし、花弁とか葉の様子など違うのですね。少しは覚えたいです。
八重のドクダミが今年はたくさん咲いて良かったですね。来年はもっと増えるのでしょう。

投稿: tona | 2020/07/08 13:24

☆ アットマンさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
人は水の大切さも重々分かってはいますが、長雨も豪雨も嫌いですね。
近年の気候変動による豪雨とそれによる水害の多さには
恐ろしさを感じるばかりです。人が招いた可能性が高いのですし。
 
八重ドクダミは初めてでいらっしゃいましたか。
一重の変種なのか、園芸種なのか定かではないとか。
わが家のは、花の師匠から頂いて、鉢植えにしています。
地下茎でどんどん増えることは分かっていましたから、
可愛いからと言って狭い庭を八重ドクダミに明け渡すわけにはいかず。
でも、八重ドクダミに明け渡さずとも、一重のドクダミが
どこからともなくやってきて生えるようになってきました。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/07/08 14:25

☆ tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
本当に恐ろしいことですし、気の毒でなりません。
昨年の台風の時の、同時多発的広範囲に渡った水害を思い出します。
近年毎年このような災害が複数起きていますね。
コロナも終息していない中、これからまだ台風シーズンもやってくる
ことを考えると暗澹たる思いです。
 
ヘラオオバコは、tonaさんのお宅付近では減りつつありますか。
こちらでは逆に少しずつ増えている途中に感じました。
コメツブツメクサは、初めての出会いを見せていただいたこと、
よく覚えています。
ハルジオンとヒメジョオンは、それぞれ単独で見ると、んん?っと
なることもありますね。でも、見た目の雰囲気で何となくわかるように
なりました。tonaさんもそのうちに‥(^^)
八重ドクダミは、昨年はもう絶えてしまうのかしらと心配しましたが、
今年はまた少し復活してくれてホッとしました。
でも、対して大きくもない鉢植えの限られた中で暮らしてもらっていますから、
これ以上増えられない、窮屈だよ~と泣いているかもしれません。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/07/08 14:35

こんにちは☂。
庭いっぱいに咲いたハルジョオン…昔そんな歌をうっとり聞いていました(笑)。花世話するようになって、え?
あの歌を作った方は、ほんとにハルジョオンを知ってたのかなぁ?と思ったりしました(笑)。

ドクダミ一重も八重も好きです♪
毎年必ず、花瓶に挿して楽しみます♪可愛いですよね♡。

投稿: 草もみじ | 2020/07/08 15:50

☆ 草もみじさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
庭いっぱいに咲いたハルジョオン…♪ ですか。知らないかも…
ハルジオンじゃなくハルジョオンと歌われていたのですね。
ハルジオンやヒメジョオンを検索しながら、ユーミンの曲に
「ハルジョオン・ヒメジョオン」というのがあることを、知りました。
知らなかったのですが、歌詞を読んでみると、登場するのはヒメジョオンだけ。
それで、歌われている思い出の季節は夏かな?と思いましたが、
なぜこのタイトルになったのかは疑問のままでした。
あくまで情景を表すためであって、植物たちのことは
そんなに深く追求してなかったのかもですね。
 
今年は草もみじさんのお庭に咲くドクダミを、一重も八重も
見せていただいたこと、覚えていますよ~
ドクダミはあのにおいと繁殖力から嫌い・苦手という方も
少なくありませんが、好きという方がいらっしゃるととっても嬉しいです♪
ハイ! 可愛いですよね♡♡♡ (*^.^*)
 
 

投稿: ポージィ | 2020/07/08 17:20

こんばんは♪

雨、また次がやって来るようですね・・・
我が市でもちょうど25年前に水害で川が決壊して
近くの町内等で家が流されました。
さらに河川近くの鉄塔が倒れ、停電が一週間くらい続いて・・・
その頃我が家は県営住宅の5階に住んでいましたので
停電だと水が屋上のタンクに上げられず断水も!のダブルパンチでした。
その時大規模な河川改修が行われ、当時はこれで100年は大丈夫と言われましたが
地球温暖化で、それも怪しくなった・・・かも。
すみません前置きが長くなりました。

「ヘラオオバコ」普通にその辺で見られるようになったのはいつ頃だったでしょう?
最初の頃は珍しく庭に植えてみようかな?なんて思った時もありました(苦笑)
今や植物の在来種と帰化植物の割合は、逆転しそうなほどだとか・・・(ビックリ!ですよね)
そのほか一番ビックリだったのが、モンシロチョウも外来種だったことです、思わず「うそ~」って。
ドクダミが好きな人は結構いらっしゃいますねぇ・・・
絵になる花ですものね、私もモデルとしてのドクダミは好きですよ・・・
でも庭に入ったら、ちょっとやっかいな植物であるのも確かで
我が家の庭では北花だんに、た~くさ~ん!一度根絶を試みましたが・・・無理!と。

投稿: ロココ | 2020/07/08 21:01

こんばんは。
シトシトじゃなくて大量に長い時間降り続ける・・・これは梅雨ではありませんよね。
今年は災難ばかりの気がします。少しでも早く明るさを取り戻せる何かがあることを期待します。

前に歩いたところを久しぶりに訪ねて、お馴染みの花が変わらず咲いているのを見ると嬉しいですね。
八重のドクダミ見せていただいて楽しみました。10輪は凄いですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2020/07/08 21:28

☆ ロココさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
うわぁ ロココさんも水害の被害に遭われたご経験がおありなのですね。
直接家が飲み込まれなくても、停電と断水が長いこと…
どんなにか大変な思いをされたかとお察しします。
想像するだけでも辛いです。その決壊した川が、よくお写真で
見せていただいている、あの川でしょうか。
改修して100年は大丈夫とされた元のデータが、ことごとく
ひっくり返される状況になっている近年ですから、不気味ですね…
 
ヘラオオバコ、私が初めて直に見たのはいつだったかしら??
よく覚えていませんが10年以上は前だったと思います。
ちょっと魅力もある姿してますものね。お庭に植えてみようか‥と
思われても不思議ないかなと思います。
史前帰化植物なんて言うのもありますから、今や外来種の数の方が
多くなっているかもしれないというのも、信じがたい話じゃないですね。
でもモンシロチョウが外来種というお話は初めて知りました。
へぇぇぇ~ びっくり! いったい、いつ頃どうやってやってきたのでしょ。
あ、アサギマダラのように、はるか彼方から旅してくる蝶もいるのですから、
自力で渡ってきた可能性もありますね。だとしたら壮大なお話ですが。
海流に乗って流れ着いた植物というのも、風や渡り鳥によって運ばれてきた
植物というのもありそうですし、大きく大きく見たら、同じ地球上の
話と見ることもできるのかなとも、ちょっと思います。
でもそのせいで消滅する植物が出てくるのはすごく残念な事でもありますね。
 
ドクダミは好きな人もいれば苦手・嫌いという人も、ですね。
地下茎でぐんぐん増える性質上、お庭には遠慮願いたいですね。
うちの狭い庭にも一昨年くらいから少しずつ入ってきてます。
八重ドクダミは小さな鉢植えで窮屈に暮らしてもらって、
一重のドクダミはちょいちょい抜いてます。といっても地上部を
ちょん切ってるだけですが。地上部の数調整しながらうまく同居できるかしら?
 
 

投稿: ポージィ | 2020/07/08 22:20

☆ 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
大量に長時間振り続ける線状降水帯とやらが、こんなに頻繁に出現するなんて、
ほんとに、従来の梅雨の概念が完全にひっくり返りますね。
本当に災害続きです。新型コロナも水害も地震も突風も…
年初はこんな年になるとは想像していませんでした。
梅雨明けまでまだ間がありますし、その後は台風シーズンも待っています。
いったいどこまでズタズタになるのかと空恐ろしい思いでいます。
少しでも早く日常が取り戻せる日が来ることを祈るばかりですね。
 
しばらく行かれなかった場所で、以前と同じ植物との再会があると
妙に嬉しくなるものですね。変化が速くなっている昨今ですから
余計に変わらないということが嬉しいのかもしれません。
絶滅も覚悟した八重ドクダミの花の復活も、とても嬉しかったです。
おーちゃんにも楽しんでいただけて幸いです。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/07/08 22:29

野の花たち、いいですねぇ
コメツブツメクサ、好きです。
しゃがんで一生懸命撮ってると通行く人に「珍しいの?それ」って話しかけられて返事に困ります。
野の花を撮るのって人がいるとちょっと勇気がいります。
可愛いから片っ端から撮りたいのに。
ドクダミって赤い縁取りがあるんですねぇ
知りませんでした。
一枚目の川面のキラキラをバックにしたヘラオオバコの写真、素敵です。
部屋に飾りたい!

投稿: ちょびママ | 2020/07/08 23:13

☆ ちょびママさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
現在は、もうすっかり夏の勢いのいい草たちに取って代わってしまって、
野の花を見つける楽しみもひとまずお預けって感じになりました。
雨ばかりで散歩もままならず、花の数も春より減りましたし。
コメツブツメクサお好きなんですね♪
私の場合、しゃがみができず(膝が怖い~)、この背の低い草を
撮るのはすごいカッコウで、になります。
あの格好には声をかけるのも躊躇われるだろうな‥ワハハ
以前より撮ること減っちゃいました。やっぱり自分の方も躊躇いがね。
珍しいの?って聞かれたら答えに困ることありますね。
ある所にはあるけど、ない所にはないっていうのも多いですし(^^;)
ドクダミの赤い縁取りはあるのとないのと。日照の多少によるのかもですよ。
あるのは、キリリとカッコイイ感じになりますね。
ヘラオオバコの写真にお褒めのお言葉ありがとうございます。
照れつつも嬉しいです。お互いキラキラ好きですね♡
 
 

投稿: ポージィ | 2020/07/09 10:01

 おはようございます。

・ヘラオオバコ、今勤めている道すがらに・・・。
※へ~、・・ツメグサ各種、可愛いですね。
 黄色なのも・・・♪

 はい、ハルジョン、ヒメジョンで覚えて・・・。
 何れも、単体で見ると何だか増加のような感じがまた・・・。
 この切りそろえたような花びらたち!

※そうですドクダミさん、一枚目で・・・。
まだ見ないうちに、八重の花を思い出しましたよ~。
 これが不思議なんだな~
最後から2番目の、ご様子!
どんなもんだ・い、と言っているような~(笑)。
 ヒロでした~

投稿: ヒロ‥の日々(もんたの一年): | 2020/07/09 10:30

☆ ヒロ‥の日々(もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ヘラオオバコはお仕事の行き帰りにご覧になっているのですね。
○○ツメクサ、大きさは色々ですが、球形の花序が可愛いですね。
黄色のコメツブツメクサには、似たものとしてクスダマツメクサ、
テマリツメクサ、コメツブウマゴヤシ、なんていうのもあるそうですよ。
出会ったことはありませんが~多分。
 
ハルジオンとヒメジョオン、ヒロさんの地域では数が増えている感じですか?
うちの辺りはそう変わらずと思います。お隣空き地にはハルジオンが少々。 
 
ドクダミ一重とセットで八重も思い出してくださいましたね。
白い部分は花びらではなく総苞だそうですが、でもなぜ八重のものが
生まれたのか不思議ですよね。
写真は実物よりかなり大きく、実際は直径2㎝程度ですから、
直に見ると、どんなもんだい、といった感じはなく、むしろ儚げです~
 
 

投稿: ポージィ | 2020/07/09 13:34

こんにちは。
コメツブツメクサ、図鑑では毎度お馴染み♪なのですが
私は実物を見たことがありません。
見逃しているのかな・・
可愛いですね。そして○○ツメクサにも色々な種類があるとは・・
植物の世界は広いのだな・・・って感心しています。
前後しましたが、一枚目のきらきら光る水辺のヘラオオバコ
とっても綺麗✨思わず見惚れてしまいました。
ハルジオンもヒメジョオンも、幼いころから見慣れていたけれど
この年齢になって改めて綺麗だな・・可愛いな・・って
思うようになったのです。
歳を重ねてものの見方も変化してきたからかなとも思いますが
受け取り方の変化もなんだか楽しいな♪と思うようになりました^^

投稿: えぷろん | 2020/07/09 16:20

☆ えぷろんさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
コメツブツメクサ、図鑑でのお馴染みさんなのですね。
私も何年か前に初めて出会うまでは見たことなかったのですよ。
その後別の小さな公園でも見つけましたが、今のところ2か所でだけ。
珍しくない全国各地で見られる、と書かれている植物でも、
ある所にはあるけど、ない所にはさっぱりということ、ままありますね。
〇〇ツメクサ達、渡来組さんたちですが色々あって可愛いですね♪
ヘラオオバコの写真、ありがとうございます。
キラキラは写真の強い味方かも。カッコよく見せてくれますね(*´艸`*)
 
年齢と共に見方が変化してくること、私も面白く感じています。
花もしかり。子供のころや若い頃は目も留めなかったような花が
シックで素敵!になったり、愛おしく感じるようになったり。
大まかにみて受け入れる範囲が広くなったような気もしています。
歳とって頑固・頑なになっていくのではなく、柔軟でありたいなぁと
思っています。覚えられない・忘れちゃう、はいたしかたないにしても(^^;)
 
 

投稿: ポージィ | 2020/07/09 16:55

こんばんは!
確かに湿度が高く参りますね~
でもここで素敵なお花を見せていただき嬉しいです~
一枚目の水面の背景も良いです。

えぇ、今夜は頑張って休肝日。
明日は、、、自信がありません!

投稿: ふくやぎ | 2020/07/10 23:40

ご無沙汰してます。
この時期の野草は種類が多いですね!

パソコンがまだ戻ってきそうにないため、やむなくスマホからお邪魔しました。
幸いポ−ジィさんがコメント欄にURLを入れていただいていたので、なんとかスマホから····😚
来週後半には、もとのPC生活に戻れそうです。

投稿: ソングバ−ド | 2020/07/11 09:33

☆ ふくやぎさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
今日も今日とて強風&高湿度。
でも、豪雨に延々と降られ続けていることと比べたら文句言えませんね。
春先~初夏のころの野の花は、ほんとに優しく可愛いものが多いですね。
1枚目は川面のきらきらが演出に一役買ってくれました~
 
ん? 昨夜はお酒無しの夜をお過ごしだったのですね。
今日は自信なしですか? がんばって~ (*´艸`*)
 
  

投稿: ポージィ | 2020/07/11 14:24

☆ ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
お久し振りです~
ついにPCが戻ってきたのかなと思いましたら、まだでしたか。
でも、もうあと少しの辛抱なのですね。すっかり元気になって戻ってきて
サクサク気持ちよく動いてくれますように!
 
スマホからは記事をご覧になるのもコメントも
なかなか大変ですのに、恐縮です。
春先から↑この写真を撮った頃までの野の花がいちばん好きです。
いま川辺ではクズとアレチマツヨイグサと笹と…大型の草たちが
生い茂って川面も見えないほどになっています(^^;)
 
 

投稿: ポージィ | 2020/07/11 14:35

夏の象徴花が華やかですね~!毎日続く雨模様の天気、豪雨被災エリアの惨状、東京のコロナ感染は依然収まらず・・、何とも心憂鬱な7月前半でした。しかしあと1週間もすれば、いよいよ本格的な青空が見られる梅雨明けの足跡が聞こえて参りました!7月下旬の4連休はコロナ感染に気をつけながら気持ちよくサマーアウトドアを楽しみたいです!受け入れる観光地の方々のお気持ちを考えてコロナ感染防止をお互いに気を付けながら・・。

投稿: ローリングウエスト | 2020/07/15 09:13

☆ ローリングウエストさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ヒメジョオンはまだまだ咲いていますが、もう咲き終わってしまった花も。
今、家では、ムカゴから育った鉢植えのオニユリが、順に咲いてきています。
いよいよ盛夏到来も近いなという時期ですが、その前に、梅雨が明けねば。
気象予報士さんまで梅雨明けの時期が見通せないと言ってみえましたが、
例年どおり来週あたりには明けてくれるでしょうか。
それにしても、酷い爪痕をたくさん残す酷い梅雨です。
来週22日からは Go toキャンペーン が予定通り実施されるようですね。
わが家は今のところ何も予定を立てていませんが、ローリングウエストさんは
ご計画がおありでしょうか。コロナ感染をしない・させないを
徹底しながら楽しんでいけると良いですね。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/07/15 11:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 散歩道点描 ~ 野の花たち (1) ~ | トップページ | アジサイの色付くころ »