« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020/08/26

7月の田んぼ

先日ご覧いただいた 「6月の田んぼ」 から約1ヶ月。

7月19日にまた行ってみました。今回のお目当ては、何年来「合鴨農法」での

稲作が行われている田んぼ。 アイガモの雛ちゃんたちがいるかな~?と期待して

行ってみました。

いました いました。もう結構大きくなった雛たちが、お仕事に勤しんで?いました。

 

 

200719_tanbo_aigamo14

アイガモの雛が離されている田んぼでは

糸が張られ柵で囲まれ 電気も通っている様子

猛禽の形をした凧(?)も風に舞っていました

雛をカラスや猛禽・肉食獣などから守るためでしょうね

 

 

200719_tanbo_aigamo7

しばらく 声はすれど姿は見えず‥でしたが

そのうち姿を見せてくれました

一時もじっとしていなくて 次々移動していましたよ

 

 

200719_tanbo_aigamo3

雛のふわふわの羽毛に 成鳥の羽毛がちょっぴり混ざっている感じ

 

 

200719_tanbo_aigamo4

まだちっちゃな羽を広げて プルプル

可愛い~~♡

 

 

200719_tanbo_aigamo5

鳴き声は ピーピー ピーピー

可愛い~~♡

 

 

200719_tanbo_aigamo12

横顔はだいぶ大人びて

 

 

200719_tanbo_aigamo9

後ろ頭や背中の羽毛が 柔らかそう~

 

 

200719_tanbo_aigamo11

みんなでお仕事中♪

たいてい みんなでかたまって 移動していました

 

 

この田んぼのアイガモちゃんたちが、やがてどうされるのかは知りませんが、

育ったアイガモちゃんたちは、垂れ始めた稲穂に届く(=食べちゃう)ようになる

前に回収され、食肉とされるのが一般的のようです。

(合鴨農法については検索してみてくださいね)

私は鴨さんのお肉がちょっと苦手なので、命の全うに協力できませんけれど。

雛から育った子たちを殺処分するのは辛い面もあるだろうなとも思います 💦

 

ポチッとよろしく!

| | コメント (28)

2020/08/19

6月の田んぼ

8月も半ばを過ぎ、立秋からも10日余が過ぎましたが、梅雨明けも遅かったし

暑さは真っ盛りで、今こそ真夏!の感覚です。 でも、今週末辺りからは天気にも

少し変化が見えてくるとか。いつの間にか日暮れもずい分早くなっていますし、

季節はちゃんと動いているのですね。

ではありますが、当ブログは、いつもながらの季節の振り返りをさせていただきます。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

6月の下旬に入ってすぐのころ、田んぼの方へ行くと、あらかた田植えが終わった

ところで、ほっそりとした稲の苗たちが風にそよいでいました。

(現在はすっかり育って穂が出ているかも。水面も隠れていますね。)

 

200621ta4

  

 

200621ta_yousui

水路には こぽこぽと水が流れ

 

200621ta_segurosekirei1

「セグロセキレイ」が 空を見上げつつ羽を休め

 

200621ta_hakidamegiku

畔には「ハキダメギク」が咲き

 

200621ta_karugamo1

「カルガモ」が 何かをついばみ

 

200621ta_karugamo3

『なにか?』

 

200621ta6

このときばかりは 穏やかで平和な時が流れていました

 

(いずれも 6/21 撮影)

 

 7月の田んぼ に続く~

 

ポチッとよろしく!

| | コメント (28)

2020/08/12

8月の海 七里ヶ浜駐車場より望む

8/1~10で、今年のわが家の夏休みも終わりました。

山口の義父母の元へは今回も行くのを見合わせましたが、遠征しようとしまいと、

いつもながらあっという間でした。遠征が無かった分、疲れは少なめかな。

でも、8/1の記事(→)に書いた食器棚の修理の他、あちこちの片付けやら

掃除やら洗濯やら、春休みに続いてよく働きました。

それなのに、やることはまだたくさん残っています。日頃どれほどのことを後回しに

してきているのやら‥ まぁ、修理など新しく出てくるものもあるのですが(^^;)

終わらないけれど、いくらか進んだことも確かですから、成果ありといたしましょ。

 

“休み中にやりたいことリスト” 中、遊び項目に入っていた「公園歩き」は結局できず

じまいでしたが、もう一つの「ドライブ🚙💨」はできたので、今日はその時のことを。

 

目的地をどうしようか迷った結果、久し振りに国道134号線を走って藤沢~鎌倉に

かけての海を眺めることに決定。 自宅からほぼまっすぐ南下で134号線に出た後、

お昼ご飯をテイクアウトするため、ルート沿いのマックへ寄ったのですが…

店内に入ったら、来店者はどんどん増えるわ、マスク無しの人も結構いるわで、

ドライブスルーで買えばよかったと、緊張&後悔の中順番を待ちました 💦

 

その後、134号線を鎌倉方面へ。車を停めて海を眺めながら食事することができる

「七里ヶ浜駐車場 (¥820/hr こんなに高かったっけ、とビックリ)」に停車したのが

ちょうどお昼過ぎくらいでした。 前座席の左右窓と左右スライドドアを全開放で

風が通り、あまり暑さを感じず、望み通り海を眺めつつ車中で食事ができました。

食事後は、車から降りてカメラ・タイム 📷

晴れているもののもやっていて、江の島方面も稲村ケ崎方面も霞んでいましたが、

8/7 の夏の海の景色をご覧下さいませ。(ちょっと見えづらくてすみません)

 

 

200807sitirigahamatyuusyazyouyori16

「七里ヶ浜」の西方向に 「江の島」が見えます (かなりのズーム撮影)

今年の湘南の海は 海水浴場は開場されていませんが

思い思いに海を楽しむ人々が訪れていました

私達のような 駐車場でランチ組も含めて

 

 

200807sitirigahamatyuusyazyouyori13

稲村ケ崎方面(東方向)を見ると

遠く遠く ヨットの群れ

肉眼では小さな白い点々程度だったのを 目いっぱいズームしてみました

逗子マリーナ から出帆したヨットたちだったのかしら

 

 

200807sitirigahamatyuusyazyouyori19

目の前 少し沖には ウィンド・サーフィンをする人の姿も

この日の海は 少し波が立っていて強風注意報

中級以上の方だったのでしょう

 

 

200807sitirigahamatyuusyazyouyori12

岸壁の上でうずくまり たそがれていた(?) ハト1羽

 上空にはトンビが数羽舞っていて 誰かが食べ物を広げると

降下してきて狙っていました

 

 200807sitirigahamatyuusyazyouyori17

海から振り返れば 国道134号線の向こうに

「江ノ電」が並行して走っています

自動車・電車 どちらの車窓からも海が眺められる区間 👀

 

 

200807sitirigahamatyuusyazyouyori18

色彩が限られる中 見たことのないような「カンナ」の花が

ひときわ鮮やかに 目を引ました

 

 

200807sitirigahamatyuusyazyouyori6

駐車場から見下ろした 波打ち際

寄せては返す波と波音は なぜか無心へと誘います

 

 

200807sitirigahamatyuusyazyouyori21

駐車場から 南東方向を望んで

 

 

1時間強過ごして海の景色と海風を堪能した後、帰路につきました。

 お・し・ま・い

 

ポチッとよろしく!

| | コメント (31)

2020/08/05

涼やかに コヒルガオ

長かった梅雨も、8月に入ってようやく明け(うちの辺りは8/1)、厳しい暑さが

やってきました。今年は7月下旬にも肌寒い日があったりで、体が暑さ慣れ

していないからかきつく感じます(齢をまたひとつ重ねたせいもあるかも~ ^^;)。

そんな暑さが一瞬でも和らぎますように、今回は「暑中お見舞い」代わりに

「コヒルガオ」の花を選びました。

 

初夏のころになると、お隣空き地で、道端の生け垣や植栽の中で、

「ヒルガオ」や「コヒルガオ」が蔓を伸ばしてきて、やがて可愛い花を咲かせます。

日中も花が開いていることから「昼顔・小昼顔」。

私が目にするものは花柄上部に縮れた小さな翼のある「コヒルガオ」がほとんど

のような気がしますが、何となくそう感じるだけで実のところは分かりません。

そうそ、両者の混じった「アイノコヒルガオ」というのもあるそうです。

 

わが家のお隣空き地に咲いた「コヒルガオ」のいくつかをご覧下さいね。

 

 

200531kohirugao3

5月の終わりころから 花を咲かせ始めました (5/31)

小さなアリがたくさん来ていました

 

 

200531kohirugao5

おや ここには小さなクモが潜んでいますよ (5/31)

 

 

200621kohirugao7

透けた感じも綺麗な横顔 (6/21)

 

 

200621kohirugao3

上から見下ろすとこんな感じ (6/21)

お隣空き地で咲く「コヒルガオ」は 淡いピンクと白の優しい花色です

 

  

200621kohirugao8

花の向こうに見えるのは 間もなく咲きそうなつぼみ (6/21)

 

 

200710kohirugao

わが家のフェンスに絡みついて咲いた様子 (7/10)

なんだか籠にでも活けたみたい 雨粒も宿して とてもすてきな雰囲気でした

少し離れたところからパチリ

 

 

地下茎を伸ばしてどんどん増えるようで、畑などでは厄介者なのでしょう。

でも綺麗ですね。毎年、この涼やかな花姿に『ステキ ♡』と見惚れています。

種はまだ見たことがありません。ふつうは自家不和合性のため結実しないけれど、

由来の異なるものが交じると結実するのだそうですよ。

畑を耕す道具をあちらこちらで共用したり、造園の際に土が混ざったり、

といったことで新しい出会いが発生し、種ができることがあるのでしょうね。

 

8月上旬現在花数が減り、たまに ぽつりと 咲いていますが、葉っぱはハムシに

食べられ穴だらけ。7月中までが涼やかな花姿の見頃だったかもしれません。

 

💠 夏休み継続中につき、予約による投稿です。

💠 コメント欄も閉じさせていただいております。

 

ポチッとよろしく!

|

2020/08/01

お知らせ

 

【お知らせ】

 8/1~8/10  夫の夏休み(オリンピック開催予定だった今年はこの期間)に

 合わせ、当ブログの活動も恒例の「夏休み」とさせていただきます。

 その間、皆さまのブログご訪問でのコメントをお休みしますこと、

 いただいたコメントのご返信が遅くなるかもしれませんこと、

 コメント欄を閉じさせていただきますこと、ご了承くださいませ m(_ _)m

 

 でもね、夏休みといっても、新型コロナ感染拡大中のこの状況下、

 Go to キャンペーンに乗る気にもなれず、これといって出かける予定も

 ありませんが、春休み同様に家の作業をあれこれ片付けることといたしましょう。

 何しろ、今週はじめには、長年使用の食器棚の棚板が崩壊するという事故も発生

  (詰め込み過ぎか? はたまた結婚時に買った食器棚がやぐかったのか??

   あ、「やぐい」ってわかりませんよね。「弱い・脆い」といった意味です。

   名古屋辺りの方言らしですが、my 故郷・東三河でも普通に使ってましたゎ。)

 しましたし、まずはその修理からでしょうか。修理するのは夫ですけれど 👤

 梅雨明けして安定した晴天が広がったら洗濯したい大物もありますし。

 

 夏休み期間中にも1つくらい予約投稿で記事アップをしようと思っていますので、

 お気が向かれましたら覗いてみてくださいね。

 きっと、梅雨明けと同時にドカーンとやってくるであろう暑さには 💦

 皆さまどうぞお気を付け下さいませ。私も気を付けます。

 また、通常のブ活を再開しましたら、よろしくお願いいたします  ☕

                                    ポージィ 💕

 

200728yousyuyamagobou2_cut

「ヨウシュヤマゴボウ」 蕾 と 花 と 若い実 (7/28)

なぜかお気に入り ♡ かなり大型の野草です

 

 

|

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »