« お知らせ | トップページ | 8月の海 七里ヶ浜駐車場より望む »

2020/08/05

涼やかに コヒルガオ

長かった梅雨も、8月に入ってようやく明け(うちの辺りは8/1)、厳しい暑さが

やってきました。今年は7月下旬にも肌寒い日があったりで、体が暑さ慣れ

していないからかきつく感じます(齢をまたひとつ重ねたせいもあるかも~ ^^;)。

そんな暑さが一瞬でも和らぎますように、今回は「暑中お見舞い」代わりに

「コヒルガオ」の花を選びました。

 

初夏のころになると、お隣空き地で、道端の生け垣や植栽の中で、

「ヒルガオ」や「コヒルガオ」が蔓を伸ばしてきて、やがて可愛い花を咲かせます。

日中も花が開いていることから「昼顔・小昼顔」。

私が目にするものは花柄上部に縮れた小さな翼のある「コヒルガオ」がほとんど

のような気がしますが、何となくそう感じるだけで実のところは分かりません。

そうそ、両者の混じった「アイノコヒルガオ」というのもあるそうです。

 

わが家のお隣空き地に咲いた「コヒルガオ」のいくつかをご覧下さいね。

 

 

200531kohirugao3

5月の終わりころから 花を咲かせ始めました (5/31)

小さなアリがたくさん来ていました

 

 

200531kohirugao5

おや ここには小さなクモが潜んでいますよ (5/31)

 

 

200621kohirugao7

透けた感じも綺麗な横顔 (6/21)

 

 

200621kohirugao3

上から見下ろすとこんな感じ (6/21)

お隣空き地で咲く「コヒルガオ」は 淡いピンクと白の優しい花色です

 

  

200621kohirugao8

花の向こうに見えるのは 間もなく咲きそうなつぼみ (6/21)

 

 

200710kohirugao

わが家のフェンスに絡みついて咲いた様子 (7/10)

なんだか籠にでも活けたみたい 雨粒も宿して とてもすてきな雰囲気でした

少し離れたところからパチリ

 

 

地下茎を伸ばしてどんどん増えるようで、畑などでは厄介者なのでしょう。

でも綺麗ですね。毎年、この涼やかな花姿に『ステキ ♡』と見惚れています。

種はまだ見たことがありません。ふつうは自家不和合性のため結実しないけれど、

由来の異なるものが交じると結実するのだそうですよ。

畑を耕す道具をあちらこちらで共用したり、造園の際に土が混ざったり、

といったことで新しい出会いが発生し、種ができることがあるのでしょうね。

 

8月上旬現在花数が減り、たまに ぽつりと 咲いていますが、葉っぱはハムシに

食べられ穴だらけ。7月中までが涼やかな花姿の見頃だったかもしれません。

 

💠 夏休み継続中につき、予約による投稿です。

💠 コメント欄も閉じさせていただいております。

 

ポチッとよろしく!

|

« お知らせ | トップページ | 8月の海 七里ヶ浜駐車場より望む »