« 鬼つながり アメリカオニアザミ | トップページ | ランタナ »

2020/09/16

庭に咲く タカサゴユリ

ここ数日、朝晩を中心に涼しい日が続いています。 空は雲が多く秋晴れとは

いかないながらも、ついに秋が来たか…と感じます。ですが、週末は前線が再び

北上して暑さの戻りがあるのだとか。季節の変わり目はそんなものですね。

暑さの疲れもある今、体調を崩さないよう気を付けることといたしましょ。

 

さて、先日はわが家で咲いた「オニユリ」をご覧いただきましたが、

今回は「タカサゴユリ」です。(記事にするのがずいぶん遅くなりました 💦)

わが家で咲くユリは、「オニユリ」と「タカサゴユリ」の2種です。

「オニユリ」はムカゴを採ってきての鉢育ちで、水遣りもしていますから、

"一応" 手をかけていますが、「タカサゴユリ」はどこからともなく舞い込んできて

勝手に生えてきた野生の子たち。 でも、ご近所に(お隣空き地も含め)繁殖を

広げる様子もないので、よほど邪魔でない限り庭では自由に咲かせています。

どのみち日当たりがいまひとつの庭では、園芸草花はうまく育ちませんし ('∀';)

 

「オニユリ」が咲き終わってしばらくすると、今度は「タカサゴユリ」の花期が

やってきます。 今夏、庭に咲いた「タカサゴユリ」たちを見てやってください。

 (撮影の日付は前後しているものもあります)

 

 

200705takasagoyuri

細い葉がたくさんの タカサゴユリ (7/5撮影)

ググっと茎をのばしてきて 先端に蕾がちょこんと見え始めます

 

 

200731takasagoyuri2

わが家で咲くタカサゴユリは 毎年 1株につき1~2輪

上を向いて顔を出してきた蕾は やがて下を向き始めます (7/31撮影)

 

 

200813takasagoyuri4

咲くのはこんな角度で やや下向き加減

手前と奥の蕾は 開き始めています (8/13撮影)

 

 

200808takasagoyuri1

家の脇で お隣空き地に向かって咲いたもの

後ろ姿を愛でさせてもらいました (8/8撮影)

 

 

200813takasagoyuri2

咲いて間もない初々しい様子 ほっそりさんです (8/13撮影)

ほっそりといえば‥ タカサゴユリは 細い葉がたくさんという特徴がありますね

 

 

200817takasagoyuri

咲いたばかりの初々しい花の シベ部分をアップで

まだ一粒の花粉もこぼれていません

 

 

200814takasagoyuri3

朝日をいっぱいに浴びていた1輪

俯きがちに咲いた花の中に 花被越しの光 (8/14撮影)

 

 

200813takasagoyuri5

花開いてから数日たった花 少し萎れ始めた後ろ姿に

ちょっぴり哀愁を感じたのでした (8/13撮影)

 

 

今年は全部で何株咲いたのかしら。1株につき1輪たまに2輪が順に咲いていき、

8/25に最後の花が落ちて、すべて咲き終わりとなりました。

もう少し遅い時期に咲いた年もあって、今年は気持ち早めだったように感じました。

よそで自生しているタカサゴユリたちを見ていると、中にはすごく晩生さんもいて、

クリスマスのころ咲くのを見ることもありますょ。

 

ご覧いただいた「オニユリ」と「タカサゴユリ」、どちらもそれぞれの個性的な

美しさに見惚れてしまいます。 お付き合いいただきありがとうございました (^^)♪

 

✨✨ 19日~22日 皆さまのブログご訪問をお休みさせていただきます ✨✨
 

ポチッとよろしく!

|

« 鬼つながり アメリカオニアザミ | トップページ | ランタナ »

コメント

おはようございます!

楚々として咲くタカサゴユリはオニユリとは違った趣ですね~
そのタカサゴユリを前から後ろから丁寧に撮ってあげて さぞかしユリ さんも満足のことでしょう。
葉っぱの細さと花の咲き方も細いからスマート さんですよね。
白というのもまたいいです。
我が家にはないので 楽しませていただきました。

投稿: pole pole | 2020/09/16 11:15

ポージィさん
こんにちは
ツボミから萎れ始めた後ろ姿まで、シッカリと記録され
タカサゴユリも喜んでいることでしょう
約1ヶ月半位ですね
このような経過観察って、楽しいですね
また、その間に色んな発見もあったのではないでしょうか
葉っぱは、薄い緑から濃い緑に変わっているように思いますね
シベのアップや逆光の写真がとても綺麗です

投稿: フクジイ | 2020/09/16 12:50

☆ pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは!
 
オニユリの野性味ある姿の魅力ともまた違う魅力。
どちらにも惹かれる自分がいます~
 
今年、窓から花顔を眺められるような向きに咲くものが少なくて…
それでかえって後ろからの姿も撮れたということになるかも(^^;)
 
外側に暗赤色の筋の入るタイプに対して、入らないタイプは
いっそう清楚感がありますね。
ネット上の写真では、たくさん花をつけた逞しいタカサゴユリも
見たことがありますが、うちのはスマートさんばかりなことも、
清楚感と合わせて保護欲に繋がっているかもしれません~
楽しんでくださってありがとうございます♪
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/16 13:19

☆ フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
家の敷地内に何株か咲くので、色んな姿を撮ることができました。
でも、今年は、あっち向いてホイ!の子が多かったのですよ~(^^;)
蕾が見え隠れし始めてから最後の花が散るまで、そうですね、
約1ヶ月半ほど楽しませてもらったでしょうか。
毎日窓の外に『今日はどんな感じかな?』と気になる存在がある
というのは楽しいものですね。これがいちいち出掛けないと見られない
となると、出不精の身にはすごく億劫なことになってしまいますから、
ありがたいことです。
葉っぱの色、やっぱり夏の強い光を浴びる前の方が、柔らかな
明るい色をしていますね。
シベのアップや逆光の写真、ありがとうございます。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/16 13:27

こんばんは。
どこからともなくやってきた野生の子なのに
控えめな美しさに見惚れてしまいますね。
後ろ姿もなんて魅力的なのでしょう。
繊細で儚げな細身の姿をもちながら芯は強い・・
なんだかそのような人、いますよね(笑)
私は6枚目の初々しいシベ部分アップの写真が好きです。
とっても可愛いです^^
やはり晩生さんっているのですね。
冬の寒い時期にポツンと咲いているタカサゴユリを
見かけたことがありました。

投稿: えぷろん | 2020/09/16 21:30

こんばんは。
遅くにお邪魔します。
日光街道より先ほど帰ってきました。

このタカサゴユリの葉を見ていますと、とても栄養状態が良いように見えます。
蕊をしっかりときれいにお撮りになりましたね。
お隣の空き地もいわゆる雑草でなく、きれいな花が沢山咲いた空き地のようで珍しいです。
確かに後ろ姿に哀愁が!
春にお墓参りに行かれなかったのですが、今度は神奈川県に行ってもいいようですので行かなくてはと思っています。

投稿: tona | 2020/09/16 22:37

☆ えぷろんさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
タカサゴユリを検索すると、たくさん繁殖して閉口しているといった感じの
記述を多く見かけますが、仰るように控えめな美しさに見惚れて
大切にしてあげたくなります。
後ろ姿もシュッとして素適ですよね。
あ、たしかに~ 繊細で儚げなのに芯が強い人、いらっしゃいます。
人も植物も共通する点があるようで(^^)
シベのアップ、ありがとうございます。
生まれたての赤ちゃんの様な可愛さですね♪
そして、えぷろんさんも冬にぽつんと咲いているタカサゴユリを
ご覧になったことがおありなのですね。
初めてそんな姿を見かけたとき、思わず2度見してしまいましたョ(笑)
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/16 22:52

☆ tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
まぁ 日光街道歩きをされてきたのですね。
お疲れでしょうに、ご訪問いただき恐縮です。
 
うちの庭で咲くタカサゴユリさんたち、みんなほっそりした茎ですが
栄養状態良さそうに見えますか? 肥料は木の根元に撒くものが
程よく流れているかもしれません~
シベのアップは、たまたま一粒の花粉もこぼれていない、
とても初々しい状態を見ることができてラッキーに感じました。
 
百合の花の向こうのお隣空き地に咲いている花はオシロイバナの群生
なんですよ。暖冬だった関係か、今年はよく茂りました。
あの子たちも野生です。
最近はクズが勢いを増して伸びてきて、覆われそうになっています。
シュッと美しく咲いたタカサゴユリも、少し萎びかけてきた後ろ姿には
哀愁が漂いますよね。
 
Go to トラベルが東京も含まれることになりそうですね。
秋のお彼岸ですものね。お墓参り、お気をつけていらしてください。
お天気が良くなさそうなのと、気温差が大きそうなのでお気を付け下さいね。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/16 23:02

おはようございます。
やっと涼しくなってきました。

タカサゴユリ、さすがに蕾が膨らんでくると、先っぽが重そうですね。
テッポウユリにそっくりですが、同じ仲間なのでしょうか?
鬼百合と比べてスマートで清楚な姿、管楽器を思わせますよね。
オニユリとタカサゴユリが競い合って咲く様子が見れるなんて贅沢ですよ!!
たくさん株が増えてユリの園!! 憧れます!!

投稿: ソングバード | 2020/09/17 06:30

☆ ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
やっと涼しくなりましたね~
でも、明日は気温が跳ね上がるそうですよ。そして日曜に向け急降下。
用心いたしましょう。
 
膨らんできた蕾が重そうに見えますか?
そうですね、長細いだけに。支えている花柄が人知れずプルプル
していたりして (´艸`)
たしかに、この細長さに花の開き具合はまさしく管楽器!ですね。
そして、テッポウユリそっくりですよね。近縁種で、もしかするとうちのは
タカサゴユリと鉄砲百合の交雑種、シンテッポウユリかもしれません。
残念ながら、オニユリとタカサゴユリは少し花期がずれているため、
競い合っての合奏は見られないのです。
その代わりに、オニユリの季節からタカサゴユリの季節まで長い期間
ユリの花を見られる楽しさがありますね♪
ユリの園ですか? 傍から見ると雑然と咲いていて荒れ園でございます(^m^)
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/17 11:00

こんにちは。タカサゴ百合さん、なんて清らかなお姿!!
何でも見るだけではなく、匂いを嗅いで、触っての私ですが(お花には迷惑千万でしょうが・・)
後姿をしっかり見る事は無かったです。

鬼百合の匂いを嗅いで、鼻と鼻の下辺りが
蕊の花粉でペイントされてしまったのに気付かず
恥かしい思いをした事、思い出しました(*ノωノ)

投稿: むう | 2020/09/17 11:59

☆ むうさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
帰化植物で繁殖力強し!と白い目で見られることも少なくない
タカサゴユリさんですが、こんな清楚な姿で咲かれたら
大切にせずにはいられません。
見るだけでなく、嗅いで触れてのむうさん、お花にとって
迷惑ということはないと思いますョ。時には虫の代わりに
受粉に協力されることもおありかもしれません(^^)
オニユリの花粉がお顔についてしまわれたことも?
あらら オニユリにいたずらされちゃいましたね。
ユリの花粉は服に付いても取れ難いですし、要注意ですね。

私は撮ることにばかり必死で嗅ぐことすら忘れることが多く、
後で しまった! と思うことしばしばです。
後ろ姿も見忘れること多々。今回はユリさんの方から後ろも見て~と
言われたような気がします。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/17 12:10

どこからか現れて、花を咲かせる。
に、しては、立派で見ごたえありますよね。
得した気分。(笑)
タカサゴユリ、今年よくみかけました。
高速道路に乗って、山の間走ってたときですね。

咲いたばかりの頃の花の中心部の色が好きだなぁ。
ほんのり緑色。緑→白っていう変わり方が、
何とも言えずホワワ~ンとした気持ちになります。
シベ部分アップのお写真みてたら、リラックスしちゃいますよ。

同じユリでもオニユリちゃんとは違いますね。
それぞれ素敵な子達です。

投稿: まるかーさ | 2020/09/17 13:38

☆ まるかーささん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは~
 
>得した気分
まさしくです~ (*´艸`*)
同じ『どこからか現れて』でも、クズに対してとタカサゴユリに
対してでは、気分も扱いも随分違います。(クズはお隣からと分かってますが)
わ~ 思い切り差別してる~、私(^^;)
 
まるちゃん、今年はタカサゴユリをよくお見かけになったんですね。
高速道路の山間部などでたくさん咲いていましたか。
人の手があまり入らないような所での方が生息数が多いのかな。
うちの近所ではぽつりぽつりくらい。決して多くはない感じです。
 
咲いたばかりのころの、グリーン~白のグラデーション、
まるちゃんもお好きですか?嬉しいな、私もこの色合い大好きです。
融け込んでいきたくなっちゃいます。この感覚もリラックスなのかしら。
 
タカサゴユリのシュッとしたスマートさと、オニユリのワイルドさ、色、
全然違いますよね。でも、そう、それぞれ素敵♪
みんな違ってみんなイイ、ですね。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/17 14:15

 哀愁を・・、秋ですね~
今晩は~

 トランペットさん、沢山咲いてポージーさんを癒してあげて下さいね♪
 我が家、数年前に突然2年間咲いてくれましたが、その後は・・・。
※そうですね、それぞれ個性があって、いいですね~♪
  ヒロ・・でした。

投稿: ヒロ‥の日々(もんたの一年) | 2020/09/17 22:42

☆ ヒロ‥の日々(もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
今日は暑さがぶり返し、暑い南風が吹き荒れております。
哀愁も吹っ飛びました(笑)
 
ほっそりしたトランペットさんたち。おかげさまで、今年もそれなりに
咲いて楽しませてくれましたよ。
ヒロさんのお庭では突然2年間咲いてくれた後は消滅してしまいましたか。
お庭の改造が着々と進むヒロさん宅ですから、そうと知らずに
処分されたのかもしれませんね。
 
ユリ という同じ仲間でも、品種によって個性は豊かですね♪
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/18 12:06

こんにちは♪
そちらの今日の気温、かなり高くなっているのでは?
反対にこちらは雨模様+涼しい~~~です。

タカサゴユリって、かなり気まぐれなユリでは有りませんか?
何処からかやって来て、いつの間にかいなくなってしまう?
我が家、今の場所に引っ越した頃、2~3年くらい庭でも咲いていました。
それが隣の空き地でも咲き出し、さらに3年くらいしたら居なくなりました。
ふしぎな花ですよね~。
今夏、かかりつけの歯医者さんに飾ってあったユリ
涼しげな色とシュッとした花姿でステキでした。

投稿: ロココ | 2020/09/18 14:32

☆ ロココさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは♪
ご明察~ 強い南風が吹いて気温上昇。夜中に雨が降ったこともあって
蒸し暑いことこの上なしでありまする ('∀';)
ロココさん地方は涼しい雨模様なんですね~
前線の位置次第で気温も下がったり上がったり、季節の変わり目ですね。
 
タカサゴユリは気まぐれ。そういう面もあるかもしれませんね。
2~3年咲いたらいなくなってしまっていますか。
確かに、ものすごく繁茂していたと思ったらフッと消えてしまった
というような話を読んだことがあります。
うちは十数年(もっとかも?)咲き続けていますが…
といっても、毎年ほっそりさんで1~2輪しか咲かないところを見ると、
次々に株が更新されているのかもしれませんね。
チョロンと1枚だけ出てきた新芽を、あまり抜かずにおいて
育つのを待っていますから(笑)
 
歯医者さんでご覧になったシュッとした涼し気なユリは
何ユリだったのでしょうね♪
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/18 15:09

こんにちは☼。
タカサゴユリもこんなに素敵に写してもらえて嬉しいでしょうネ♪。
空き地で咲いているのとは別物です。
愛情いっぱいで育てていらっしゃるのがよくわかり、なんだか嬉しくなりました♡。
私もガンバロ~(笑)です。

投稿: 草もみじ | 2020/09/19 16:08

☆ 草もみじさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは~ ぃゃ こんばんは! かな。

 
空き地に咲いているタカサゴユリの方が逞しいでしょうか。
うちはのは、日当たりが悪いせいか、みんなほっそりでちょっと儚げな
雰囲気まとってます~ 守ってあげたくなる雰囲気。
でも、愛情は気持ち(思い)しか注いでいなくて、他は水遣りも
なーんにもしていないので、愛情いっぱいで育てているなんて
言っていただくとコソコソと隠れたくなりますです (≧∇≦)
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/19 17:51

百合は原種、園芸種を含めかなりの種類があり、花形も色も様々。
でも白が清楚でいいですね。
日本古来のヤマユリ、カノコユリ、オニユリの色も形も特徴があって素朴でいいです。
それが欧米に渡って沢山の園芸種が生まれる。今は多種多様になりました。
花はテッポウユリに似てますね。

投稿: 夢閑人 | 2020/09/22 16:42

☆ 夢閑人さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
白い花は百合に限らず大好きですが、百合の白花は格別かもしれませんね♪
日本来の百合達も素適ですね。ヤマユリは海外に渡ってカサブランカなどの
親になったのですものね。それを知ったときはとても嬉しくなりました。
 
タカサゴユリは台湾原産だそうですよ。
わが家のテッポウユリによく似たタイプは、もしかすると、
鉄砲百合との交雑種の、新鉄砲百合かもしれません(^^)
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/22 17:30

こんにちは♪
 
タカサゴユリさん、最初の細い葉の美しさに魅せられ、最後の二輪咲く後ろ姿にも魅せられ…。
二輪が二人の後ろ姿にも見え、
何を語り合っているのだろう、なんて思いながら見てしまいましたよ。
 
あ、もちろん、咲いた姿もとても美しいです(´ー`)
 
台風が上陸せず過ぎて良かったですが
晩秋のようだなぁと、しみじみ思う肌寒い日となりました。

投稿: 花mame | 2020/09/25 15:45

☆ 花mameさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
タカサゴユリさんの、正面からの花姿以外に、こんな風に美しさや
物語を見て下さって、嬉しいです~
何枚も綺麗な弧を描いて広がる細い葉っぱはタカサゴユリならではですよね。
花の後ろ姿はついつい見忘れがちだけれど、今年は自ら後ろを
見せて咲く花が多かったです。お忘れなく~って言われちゃったかしら。
後ろ姿(背中)って想像をかき立てられるものでもありますね。
 
台風12号、大きな影響なく過ぎてくれてホッとしましたね。
けれど、一気に下がった気温に私も震え上がりました。
最高気温20℃そこそこは10月か11月の気温ですよね~
今後はもう少し上がりそうですが、着るものなどこまめに
調整せねばですね。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/25 16:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鬼つながり アメリカオニアザミ | トップページ | ランタナ »