« 7月の田んぼ | トップページ | 鬼つながり アメリカオニアザミ »

2020/09/02

鬼さん こちら

昨日から、はや9月。こちら南関東の9月初日は秋を感じる風が吹きました。

その風を引き寄せたのは遠く西にある台風9号かしら?と、気持ちは複雑でしたが、

久し振りに冷房なしで一日を過ごしました。

梅雨が明けた後の8月は、猛暑に次ぐ猛暑だったとはいえ、梅雨明けが遅かった分、

夏がずいぶん短く感じられてもいます。

そして台風シーズン到来ですね。今回の9号もですが、発生したばかりの10号も

とても心配です。南の海面温度がとても高く、発達しやすい状況なのだそうです。

災害被害に繋がりませんようにと祈るばかりですが、しっかり用心いたしましょう。

 

さて、今回は、わが家に咲く2種のユリのうちの一つ、一粒のムカゴから殖やした

「オニユリ」たちです。といっても、花はとうに咲き終わっての振り返りです。

 

今年もあっちの鉢・こっちの鉢で咲いてくれました。 いちばんの古株には

7輪の花が咲きましたよ。毎年1輪ずつ増え続けているみたい。

けっこう茎が背高く伸び、一時、連日強風が吹き荒れたときには、

咲く前に折れてしまわないかとハラハラしましたが持ちこたえました。

そして開花は梅雨の最中。それでもすべての蕾が無事花咲かせました。

暗い空の下での写真ばかりですが、今年の鬼さんの様子を見てやってください。

 

 

200621oniyuri1

身を寄せ合うように出てきた蕾たち (6/21)

 

200621oniyuri2

茎が伸びるにつれ 蕾たちは離れていきます

 

 

200628oniyuri_tubomi3

バラバラになった蕾たちは 下のものから俯いていき‥ (6/28)

 

 

200708oniyuri_tubomi2

下側の蕾から 大きくなり色付いてきます

この時期になると 毎回「蝶の蛹」を思い起こしますよ (7/8)

 

 

200710oniyuri2

いちばん花 開花~  朝 窓の外をのぞいたら咲いていました (7/10)

 

 

200710oniyuri3

いちばん花(奥)と スタンバイOKの次に咲く蕾  (7/10)

オニユリは 強く反り返って咲きますが

咲く直前の蕾は 上向きに反ってきます

最初にクルリンと反り返るのは 上側の外花被からかしら??

 

 

200715oniyuri2

グッと花に寄って アップで (7/15)

 

 

200719oniyuri1

強く反り返った花被は完全に反転 風ぐるま みたい (7/19)

 

 

200715oniyuri5

(7/15)

 

 

200715oniyuri6

(7/15)

 

写真の中 ところどころ葉の付け根に暗紫色の粒が見えると思います

それが「ムカゴ」 オニユリは結実せずムカゴで殖えます

わが家では ムカゴから3~4年で花を咲かせ始めました

まだ株が花を咲かせるまで育たない内から ムカゴは付け始めるんですよ

結実しないオニユリの花は 何のために咲くのでしょ??

かっては結実していたけれど 進化途中でムカゴでの繁殖を選んだの?

もちろん 私達は花を楽しませてもらえて嬉しいですけれど

ちょっと不思議にも感じています

 

 

たくさんご覧いただきありがとうございました (*'▽'*)

 

ポチッとよろしく!

|

« 7月の田んぼ | トップページ | 鬼つながり アメリカオニアザミ »

コメント

こんにちは!

ご自宅のオニユリを小さな蕾のころから観察されて 花が咲く様子がよくわかります。
我が家のオニユリは 2鉢あるのですが 大きい方は毎年花の数が増えていたものの去年の風で倒れてからは あまり花をつけなくなってしまったような・・・

上から撮られたお花はおっしゃるように風車ですね~
天蓋百合というのも納得できますが・・・

そそ! 花が咲くずっと前の小さな苗にもムカゴはびっしりとついているのですよね。
ムカゴでしか増えないというのも不思議ですね。
3倍体だからだそうですが。

楽しませていただきました。

投稿: pole pole | 2020/09/02 12:10

毎年自分の家でもたくさん見ているオニユリですが、ポージィさんにまたまたたくさんの事を教えていただきました。
蕾の段階では団栗の背比べみたいに同じ立ち位置で、蕾がだんだん離れていくのですね。気が付かなかった!!
そういえば下から順番に咲いていましたね。
そして風ぐるま状態、本当にそっくりです。
こういうのを鑑賞するのもいいです。
お花からムカゴを作るわけでなく面白いです。
産毛が多いのですね。

投稿: tona | 2020/09/02 13:14

☆ pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは!
 
自宅に咲くものはずーっと段階を追って見られるのが面白いですね。
ブログ夏休み中にpole poleさんがアップなさったオニユリも楽しく
拝見しました。やはり鉢植えで育てていらっしゃるのですね。
ひとつは風で倒れてダメージを?来年はまた調子が戻ってくることを
期待いたしましょう。今年は天候もおかしかったですし。
 
そうそう、天蓋百合ともいうのでしたね♪
風車に見えるとき、風が吹いたらくるくる回りそうな気がしてしまいます。
 
種はできないけれど、ムカゴの数はすごいですよね。
三倍体は不稔性で、人為的に三倍体にして作られたものが種なしの果物や野菜
とは聞きますが、この三倍体がいまひとつよく理解できずにいます~(^^;)
ムカゴはこんなにたくさん作るのに。不思議ですね~(^^)
 
わが家のも楽しんでくださってありがとうございました。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/02 13:21

☆ tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
tonaさんにもご自宅のに次いでわが家のも見ていただきありがとうございます。
最初に顔を出す蕾たち、皆で寄り添って外の世界をそっと覗いている
かのようで可愛いですよね。そうそう、蕾や伸び始めたばかりの
茎には産毛も多いですね。赤ちゃんぽいイメージです。
私も撮っているときは何も考えず気付かずただ撮っていただけなのですが、
後から日を追って並べてみて色々気づくときがあります。
風車に見えたときは、棒にピンで留めたら本当に回るかしら?と妄想も(笑)
玄関ドアのすぐ外側に置いてあるので、蕾が見え始めてからは
毎日のようにカメラを持って見に行っていました。
不稔性で種は作らないのにムカゴは一杯という殖え方、面白くも
不思議でもありますね。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/02 13:40

ポージィさん
こんにちは
今年も、綺麗なオニユリを見せていただきました
私は、ヤマユリとタカサゴユリ(多分?)を見ただけ
オニユリを撮りに行きたいと思いながら
暑さの中、出掛ける気力もなかったです
ところで、ツボミって段々に付くのではないのですね
最初は、押しくらまんじゅうで出てきて
茎が伸びるにつれて離れ、バラバラになってしまう
そして、順番に下から咲いていくのですね
面白いものを見せていただきました

投稿: フクジイ | 2020/09/02 14:04

こんな鬼さんならどんどん来てほしいわ♪
こんなじっくり見たことなかったので咲いていく様子がよく分かりました。
結構毛深いのねって事も初めて知りました。
反り返った上からの様子も面白いですね。
風車みたいだし、このままプレゼントのリボン代わりにしても良さげ。
散歩道に咲いてたのを記憶してるんだけど何処だったか思い出せなくて。。。
運良く見つけたらムカゴをちょっくら頂いちゃおっかな。

投稿: ちょびママ | 2020/09/02 14:23

☆ フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
今年も見てやって下さってありがとうございます。
フクジイさんには私の中でトップのユリ、ヤマユリを見せていただき
ましたもの~ お会いになれたことが羨ましいですョ。
私が撮ったもうひとつもタカサゴユリ(新鉄砲百合かも?)です。
この二つが毎年の恒例ですね(^^;)
蕾の登場の仕方、面白いですよね。最初はみんな一緒でした。
巣の中から揃って顔を覗かせた雛鳥みたい、と思いましたよ。
それから伸びるにつれてだんだんばらけていって下から順に。
玄関の目の前に置いてあればこその気づきでした。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/02 15:01

☆ ちょびママさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ですよね、こんな鬼さんは歓迎♪と、おいでおいでしてしまいました。
おかげで玄関の真ん前に置いているので、生長していく様子もじっくり。
そう、意外と毛深いなんてことも。やわやわのにこげですけれどね。
思いっきり反り返るのも特徴で、先端同士が重なり合ってしまうのですよね。
仰るようにループをいっぱい重ねたリボンのようでもありますね。
もしお会いになる機会があったらムカゴをちょこっといただいちゃいましょ。
今はもう花が終わっていて見つけ難いかもですけれど。
いただけたら、最初は単子葉らしい1枚葉から始まって、
2年くらいは花無しですが根気よく待ってあげてくださいね。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/02 15:09

こんにちは。
 
今年も咲いたのですね。
ポージィさんのオニユリを見ると 我が実家の庭を思い出します。
そして、我が実家のオニユリに比べて 何と大事にされていることか!
秋の頃に、庭の整理をしていると ムカゴがたくさん落ちていますし、
そこから生えたオニユリも たくさん。
放っておくと大変なことになるので
ムカゴは出来る限り拾い(時にスコップで一気に)、若いオニユリたちは抜いておりました。
 
オニユリの花の意味、花mameも同じ疑問が…。
彼岸花のように三倍体の植物でしたでしょうかね。
花を咲かせるのは、ある意味 人間に守られたいと言う、
オニユリのしたたかな戦術やもしれませぬ。
 
昨日は過ごしやすかったのに、今日は湿気がありますね。
台風のせいでしょうか。
先程、ゲリラ豪雨のように ものすごい雨が降りました。
どこかに落雷があったのか、一時停電にもなりました。
 
台風が来ると、一時、なんてことではなく 大変な状況になるのてしょうから
出来るだけ近づかないでもらいたいですね。

投稿: 花mame | 2020/09/02 15:41

☆ 花mameさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
この何年か、オニユリの記事も毎年の恒例になりました。
今年も見て下さってありがとうございます。
ご実家のお庭でのオニユリ達の処遇はこれはこれで仕方の無いこと。
埋め尽くされるわけにもいきませんものね。それにしても、時にスコップで一気に
救いとるほどのムカゴが落ちるとは…恐るべしオニユリの繁殖作戦。
わが家でも新しくできたムカゴはポイポイお隣の空き地へ投げ込んでいます。
あまりに草深いからか、あちらでは一向に育ってきませんけれど。
 
実を付けないオニユリがそれでも花咲かせる意味、
花mameさんも疑問にお感じになりますか。
そうそう、ヒガンバナなどと同じく三倍体だそうです。
人に百合根を利用されてきたことから、人家近くに多く見られるそうですから、
仰るように人に守られようとの戦術やもしれませんね。
 
過ごしやすかったのは昨日だけでしたね。今日は蒸し暑い~
湿度の高さはやはり台風の影響と思われます。
まばらに雨雲もやってきていますね。まぁゲリラ豪雨の様な雨に停電まで!?
もう復活したのですよね。被害はなかったでしょうか。
非常に強く大型の台風だけに、離れていても影響が及びますね。
次なる台風10号はさらに発達しそうとか、まともに上陸する進路を
とりそうとか、恐ろしい予想がされています。
ほんとうに、発達せず近づかないでもらいたいものですね。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/02 16:03

こんにちは。
オニユリは開花中か咲き終わりを見るだけの私にとって
蕾の様子はとっても興味深かったです。
身を寄せ合うようにしていた蕾が生長と共に独り立ち(笑)
していく様子はグッときました。
下側から色づいて開花していく様子も丁寧に観察されていて
素晴らしいです。
『蝶の蛹を思い起こす』と仰るのがわかります(*^^)v
自分が幼かった頃の授業の植物の観察ってあまり好きでは
ありませんでした。
でも、今こうして拝見しているとワクワクしてきます。
あの頃にもこうした気持ちがあれば・・とふと思ってしまいました(≧▽≦)
お庭で育てられているからこその楽しい様子を
こうして楽しませていただき凄く嬉しく思います。

投稿: えぷろん | 2020/09/02 16:15

☆ えぷろんさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
顔を覗かせたばかりのとき身を寄せ合っていた蕾たちが、
だんだんばらけていく様子は、まさしく独り立ちしていくかのようですね。
色づいてきた蕾にはチョウの蛹、蕾がばらけていく様子には
鳥のヒナの巣立ちが重なります。
玄関の目の前に置いていることや、うちでは見るものが限られていることで
丁寧に観ることに繋がりました。
でも、実は私も小学校の時の理科の植物観察は全然面白く感じない
子どもだったんですょ~ 何を見たらいいのか分からなかったといいますか‥
学習指導要領が自分と合っていなかったのかも~とも思ったりします。
今ではえぷろんさんと同じくワクワク。
勉強や研究といった縛りが無く、その時々興味が湧いたら、という
自由さもいいのかもしれませんね。
楽しんでいただけて、私もとても嬉しいです、ありがとうございます(*^.^*)
 
  

投稿: ポージィ | 2020/09/02 17:42

おはようございます☂☁☼
オニユリ…好きな花です♡。
むかごから咲かせるなんてすごい!!
球根を植えても2年目は開花させられなかったりの私は👀♡尊敬のまなざしです👀♡👀♡♪。

晴れ間も見える今日は鉢の移動などです。
無事に通過してほしいですネ♡。

投稿: 草もみじ | 2020/09/03 07:53

おはようございます。
朝晩、やっと涼しくなってきたかと思うと、大型台風!!
台風も、年々大型化して、被害も大きくなる傾向が強くなってきましたね。10号も心配です。!!

今年もオニユリの花が綺麗に咲いたんですね。
蕾は蝶の蛹のように見えますが、私には、オレンジ色のししとう?(笑)
開花までの様子がよくわかります。
満開の様子は、まさに赤鬼!! 
綺麗な花のに、鬼とは・・・・ちょっとかわいそうですね。
今年のムカゴはどうなるのかな??

投稿: ソングバード | 2020/09/03 07:56

☆ 草もみじさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます、不安定なお天気ですね。
 
オニユリ、お好きな花でいらっしゃいますか(*^▽^*)
私も、見るも難しいヤマユリと共に好きなユリです~
ワイルド感が好き♡
ムカゴから「咲かせた」というより「咲いた」が当たりです。
たまたま持ち帰ったムカゴが、強い生命力持っていたのでしょうね。
新たにできたムカゴを土の上に落としたり埋めておいても
育ってくるのは僅かですし、お隣空き地にポイポイ投げ込んだものは
一向に育ってくる気配なしですから~(^^;)
元々植物を植えてある鉢に突っ込んだので、引き離すことも出来ず
根を絡ませ合って一蓮托生で生きていますが、毎年勝手に伸びてきて
咲いてくれることに感謝です。いつまでも続きますように。
 
台風9号は去って、次はさらに脅威が大きそうな10号です。
ほんと、無事に通過してほしいです。
鉢移動の作業、腰や膝にお気を付け下さいね。 
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/03 10:11

☆ ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
今日はまた湿度高く蒸し暑さが戻ってしまいました。台風のせいですね。
9号は去りましたが、次の10号はまた恐ろしいことになりそうです。
ほんと、年々大型化・強勢力化の傾向で被害が大きいですね。
無事通過を祈るばかりです。
 
オニユリの花、今年も無事咲いてくれました。
オレンジ色が透けてきた蕾が蝶の蛹のように思えたのですが、
ソングバードさんにはシシトウにお見えになりましたか~(´∀`)
確かにこの反り具合とか似てますね♪
玄関の目の前に置いてますので、毎日生長を見つめていました。
この色ですから、たくさん咲くと赤鬼にも見えますね。
ワイルド感からの鬼の名前でしょうか~
今年のムカゴは、例年通りお隣空き地にポイポイ。大きく元気そうなのを
2~3個また鉢に埋めてみましたが、どうも育たなそうです。
最初にたった一粒のムカゴから育ったのは超ラッキーだったのでしょうね。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/03 10:20

こんにちは。
オニユリの花が咲くまでをじっくり見たことがありませんでした。
花柄が延びるに従って蕾が下を向いていくのですね。
咲きそうになると蕾も反って、花全体が反っくり返る準備をしているのでしょうか。
風車みたいになっている写真、面白いです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2020/09/03 11:28

もうこの方が咲く時期だったんですね。
早いなぁ。
このヒョウ柄にも似たお姿。大好きですよ。

コメントにあった「3倍体」ってなんだろうと思って、
オニユリちゃんのことググってみました。
しらないことだらけでした。(笑)
もっとちゃんと理科勉強しておけばよかったです。
今からでも遅くないか!!

きれいだな~と、愛でるだけもよし、
きれいだから色々知りたいな~と調べてみるもよし。
知ってても知らなくても、アタシこの方が大好きです。

投稿: まるかーさ | 2020/09/03 12:03

☆ 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
目の前にないとなかなか順を追ってみることはできませんよね。
私も庭にあるもの以外はじっくり見たことのないものばかりです。
最初に蕾が顔を出すときは、みんな揃っているのに、そこから伸びるにつれ
ばらけていく様子が、雛の巣立ちのように感じられましたよ。
咲く前に蕾が向きを変えるのも不思議ですね。
咲く直前に蕾全体に反りが出てきたのは、今夏初めて気づきました。
鉄砲百合のようにちょぼっとしか開かないのもあれば、風車のように
なるまで反転するものもあり、同じ百合でも個性は大いに違いますね。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/03 13:30

☆ まるかーささん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
「オニ~のパンツは いいパンツ~」 とブログで歌った?のを
思い出すオニユリ、今年も咲きました(*^^*)
黒い点々にヒョウ柄も思い出しますね。野性味いっぱい!
大好きといっていただけて嬉しいです♡
 
三倍体のこと調べてみてくださったのですね。
私もググってみたのですが、なんだか難しくてギブアップ。
少なくとも小中学校の「理科」には出てこなかったような。
高校の「生物」でも覚えがないわぁ(^^;)
でも、人為的に三倍体にしたものが種なしのスイカやブドウ、柿なんだと
いうことは分かりました。
 
そうそう、まるちゃんが書いてくれた
>きれいだな~と、愛でるだけもよし、
>きれいだから色々知りたいな~と調べてみるもよし。
このこと、全く同感です♪
無理して嫌いになっちゃ元も子もなし、よね。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/03 13:39

こんばんは♪

今日の新潟、めちゃ気温が高くなり、おまけに南風が吹いて・・・
人も植物も、もうメチャメチャ弱ってしまいました(笑)

オニユリ、ポージィさん家のは待遇が良くて幸せですね。
我が家はこれ以上増えたら困るので、花が咲き終わったら
ムカゴが落ちないうちにクキごと切ってしまいます。
ただ、下の方の葉は残すようにしていますが。
よく似たコオニユリはムカゴを作らず、種が出来るのに・・・
オニユリはムカゴを付けて、種が出来無い・・・本当に不思議ですね。

投稿: ロココ | 2020/09/03 22:14

☆ ロココさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
昨日は40℃超を記録したところもありましたものね。
ロココさんの地域も近かったのではないですか?
そんな高い気温、人も植物もぐったりですよねぇ(-_-;;)
台風9号がもたらした異常高温、次の10号でも起きそうだとか。
台風の影響って、直接の暴風雨以外にも広範囲に及びますね。
 
オニユリ、わが家も庭育ちだったら増え過ぎないように対策が必要でしょうね。
鉢育ちなもので枯れないか絶えないかの不安の方が大きくなっています。
お隣の空き地にポイポイ放り込んでいるムカゴは条件が悪すぎるらしく
一向に生長してきたものがないんですよ。ロココさんのお庭は
やっぱり居心地よく生長しやすい環境なのだなぁと思います。
仰るように、似た者同士なのにコオニユリはムカゴ無しで種ができ、
オニユリはムカゴありで種ができない。
この分かれ目は何だったのでしょうね。不思議です~~
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/04 09:52

 こんにちは・ポージーさん

 そうオニユリ、この時期に拝見するのもまたいいですね~。
 毎年一輪ずつ増える、これも楽しみで・・・。
そしてムカゴも・・・♪
 そういえばコオニユリ、こちらはムカゴはありませんでしたね。
 
 我が家、8月にもユリを植えました。
既に10センチ程に伸びたのを購入でした。
現在蕾が出始めましたので、2週間後?位でしょうか。
 報告いたしま~す。
  ヒロ・・でした。

投稿: ヒロ‥の日々(もんたの一年) | 2020/09/04 11:17

☆ ヒロ‥の日々(もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
わが家に咲く百合は、このオニユリとタカサゴユリだけですが、
今年はどちらも早めに咲き始め咲き終わりました。
でもオニユリのこの花色は、暑いうちはいつでもお似合いな感じですね。
他の植物と同居のいちばんの古株、鉢の中は窮屈でしょうに、
このところ一輪ずつ花数が増えてきています。
一つの鱗茎から何シーズンくらい咲き続けるものなのでしょうね。
ムカゴはもう大量に! 育てきれないのでお隣空き地にポイポイ。
でもあちらは一向に育ちません。
そのムカゴ、コオニユリには出来なくて、見分けポイントになっていますね。
 
ヒロさんのお庭には、この8月に新たなユリのお仲間が増えたのですか?
え~これからの時期に咲くんですね。10㎝ほど伸びた苗をお買い求め
だったのでしたら、そういうことも有りなのですね。
どんな百合か楽しみにしています。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/04 13:44

「こんにちは」
鬼は見たことがありません、鬼百合は見ました。
雷鳴は「鬼が太鼓をたたいている」とか?
鬼の衣装と鬼百合の花、名付け親はポージィさん?

投稿: アットマン | 2020/09/05 16:49

☆ アットマンさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
同じく、鬼は私も見たことがありませんが、
鬼百合は今夏もしばらく毎日のように眺めていました。
雷神の絵では鬼(?)が太鼓をたたいていますね。
雷神風神、どちらも何とも言えない表情で。
鬼の衣装も鬼百合の花も私の考案じゃありませんが、
ぴったり感がありますね。
私にはそういう才はなさそうです~
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/05 20:29

毎日お出でいただいているのにこちらからはいつもご無沙汰ばかりで申し訳ございません。
鬼百合のご立派な姿に圧倒されますね、凛々しくどんどん成長していく逞しさと美しさ兼ね備えていて
人生もこうありたいものと思いたくなります。
私と云えばポージィさんのお人柄ゆえ沢山のコメントに圧倒されて
近寄り辛いか弱いところもあり ご容赦くださいね。
お写真が綺麗ないいアングルはいつも尊敬です。
いつもコメントに勇気を頂いている玲であります。
ありがとうございます。

投稿: | 2020/09/06 16:33

☆ 玲さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
ようこそいらっしゃいませ~ お返事が遅くなり申し訳ありません。
 
わが家のオニユリ達を愛でていただき嬉しいです。
わが家のは全部住宅難の鉢植えなので、よその地植えのものと比べると
どれも華奢なのですが、それでも年々生長し続けている様子には感動します。
この花の野性味あふれる姿と、逞しい生命力には、仰るように、
人生もかくありたいと思います。
はっきりと意識していなくても、目にするだけで、植物たちは
自然と癒しと励ましと力を与えてくれていると感じます。
 
写真は内容も撮り方も進歩なくマンネリの観、しかも過ぎ去ってからの
振り返りも常ですが、まぁいっか~のお気楽精神でいます♪
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/09/07 10:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月の田んぼ | トップページ | 鬼つながり アメリカオニアザミ »