« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020/10/28

箱根西麓 ~ 三島スカイウォーク ~

さかのぼることひと月半弱、9月の連休最終日 9/22(月)に、静岡県三島市の

「三島スカイウォーク」へ、ドライブに行ってきました。

(詳細は   リンク先HPをご覧ください。素晴らしい景観の写真も!)

以前どなたかのブログで拝見、景観が良く気持ちよさそう・行ってみたいな~と

思った場所でした。やっと行くことができたのですが…お天気は下り坂。

家を出るときは見えていた青空も、目的地に着くころには雲に覆われてしまい、

期待していた景観は望むべくもありませんでしたが、それでも楽しかったです。

(ものすごい数の人出にビビリましたが、屋外施設で風も強めだったので

 ヨシとしました ^^;)

 

ちょっと写真の数が多くなりましたが、よかったらご覧くださいませ。

 

 

200922mishima_skywalk4

全長400mの大吊端

正式名称:「箱根西麓・三島大吊橋」 愛称:「三島スカイウォーク」

大勢の人が同時に渡るため 意に反した横揺れがあって

歩き難かったけれど しっかりした作りで怖さは感じませんでした

200922mishima_skywalk7

橋の上から見下ろした谷底には 渓流が流れているのが見えました

 

 

200922mishima_skywalk3

曇り空の下での景観は この程度でしたが

(この後も雲は厚くなり 景色は霞む一方)

吊り橋の上を吹き抜ける風が 心地よかったですよ

200922mishima_skywalk10

ズームした富士山 ぼんやりしたシルエットです

ちなみに 左端のシルエットは 偶然映り込んだトンボ♪

 

 

以下は 近くで出会った 秋の花や実をご紹介させていただきますね

 

200922mishima_skywalk12

ぱっかり割れて種が顔を出した 「ゴンズイ」の実

赤と黒のコントラストが とても鮮やかです

 

 

200922mishima_skywalk27

場所は 箱根峠からもそう遠くない 箱根西麓の山中

「ススキ」の穂がいっぱいでした

200922mishima_skywalk26

かろうじて写っていた ススキの花

ピロピロ出ているのは オシベの葯です

 

 

200922mishima_skywalk28

「ヨモギ」 も 花盛りでした  もう少し拡大すると↓こんな感じ

200922mishima_skywalk28_cut

「ススキ」の花粉も 「ヨモギ」の花粉も

花粉症のアレルゲンに数えられていますね(^^;)

 

 

200922mishima_skywalk29

こんな花も咲いていました 「ツルフジバカマ」 たぶん‥

初めまして! です

200922mishima_skywalk29_cut

マメ科 の植物です

(秋の七草の「フジバカマ」はキク科)

200922mishima_skywalk31

こんなお豆さん(豆果 )が 生っていましたよ

 

 

200922mishima_skywalk19

こちらも 初めまして!

やっと会えた見られた「コマツナギ」だ~ と 興奮したのですが

「トウコマツナギ」かも??

200922mishima_skywalk20

200922mishima_skywalk21_cut

こんな風に すっくと立ちあがっている花穂の様子は

とても端正に感じました

「コマツナギ」は 蔓性の草本と思っていましたら 木本だそう‥

 

 

以上で おしまいです

(いずれも 9/22 撮影)

 

 

3時にもならない内に帰路についたのですが、山の上ではすでにぽつぽつと

雨粒が落ち始めていました。 そして山を下る道路は渋滞~ 🚗🚙🚌🚙🚗🚙🚗🚌

でも、久し振りの「お出かけ」を楽しめました。

‥‥‥‥‥‥‥

【お知らせ】

 明日・明後日で、山口へ行ってくることになりました。

 17日~義父が腸閉塞に肺炎を併発して入院中でして(入院の際は親戚の方が

 付き添ってくれました)、義父にも長期療養入院中の義母にも面会は

 できませんが、家の様子を確かめ支払いなど済ませてくる予定です。

 そんなわけで、帰宅後の週末も含め、ご訪問コメント等しばしお休みさせて

 いただきます。再開しましたらまたよろしくお願いします (*^_^*) 

‥‥‥‥‥‥‥

今回もありがとうございました。

 

ポチッとよろしく!

| |

2020/10/21

夏と秋のあいだに (8月末の公園にて)

*‥‥‥‥‥‥‥

この記事を書いている今日は10月8日、九州の南にいる台風15号の余波で

吹き込む北からの風のせいで、最高気温が15℃(11月下旬の気温だそう)程度、

前線が刺激されての冷たい雨の日となっています。

 

今回は8月の終わりの公園で見て感じた「夏と秋のあいだ」の振り返りですが、

あの日から早や1ヶ月半近くが経とうとしていることに驚いています。

記事をアップするころにはさらに日が経っているはずで、どんな気持ちでいる

のかしら‥などと思いを馳せながらの、記事書き起こしです。

*‥‥‥‥‥‥‥
 

前置きが長くなりました。

8月末、とある公園歩きの点描で「夏と秋のあいだ」を振り返ります。

 

 

200829_1

花壇では 夏の盛りから咲き続けていたであろう

「ジニア」は変わらずに元気に咲き続け

 

200829_2

水辺には 「シオカラトンボ」 や

「コシアキトンボ」↓ が 翅を休めていました

200829_9

 

 

日差しも強く まだまだ 夏の気分を味わっていましたが

200829_10

歩を進めると そこには「コスモス」が

『だいぶ前から咲いていたのよ』 と微笑みかけ

200829_12

 

200829_18

遠くから  きれい♡

 

200829_19cut

ポージィが暮らす南関東では 秋になってきてから

見かけることが多くなる(と 感じています)

「ヒメアカタテハ」 が 吸蜜に来ていました

小振りで綺麗な蝶  可愛いね♡

 

 

200829_13

「コスモス」 の近くでは 「キンミズヒキ」も

咲き進んでいましたよ

夏~秋(7~10月)に 小さな黄色の花が咲く バラ科の植物です

もう若い果実も見えます 引っ付き虫になりますよ 

200829_15_cut1

 

 

200829_32

引っ付き虫 といえば 「ヌスビトハギ」も

花はほとんど咲き終わり こんな果実を付けていました

 

 

200829_28

湿り気のある 薄暗い場所では

「キツリフネ」が 咲き始めたところでした

2輪 見つけたうちの 1輪がこれ

「キツリフネ」のこの辺りの花期は 9~10月ころだそう

 

 

(いずれも 8/29 撮影)

 

 

他にも、「ススキ」が穂を盛んに出して一部花が咲き始めていたり、

『 あぁ 秋が来ているなぁ… 』 と、ちょっぴりセンチになりながらの

公園歩き点描となったのでした。

 

でも、8月末から1ヶ月半余が経った今日(10/21)現在、

「コスモス」はまだまだ綺麗に咲き、「ジニア」だって元気いっぱい。

通り過ぎて行った「ヒガンバナ」など、確実に変化していく季節の中でも、

ゆったりとした時を過ごしている植物たちもあることに、

少しホッとしています(^^)♪

 

ポチッとよろしく!

| | | コメント (26)

2020/10/14

クズ 花盛り~実盛り

いつの間にやらお隣空き地で隆盛を誇るようになった「クズ(葛)」。

かっては、空き地全体がクズに覆われ、『クズの海』と呼んでいたことも(^^;)

ここ何年かは、芽吹きの季節を迎える前に、できるだけ根元から蔓を切ることに

しています。地中に太い「葛根(かっこん)」を持つ「クズ」ですから、焼け石に水

ではありますが、何にもしないより、ほんの少しは伸びるのを抑えられるかと…。

(「フヨウ」の花もたくさん見られましたから、効果あったということにしましょ)

今年も3月のうちに、手の届く範囲、見える蔓という蔓を切り取っておき、

草深くなる5月頃までは、伸びてきた蔓も見つけるたび切り取っておきました。

でも「クズ」の生命力は実に逞しい! 届かない場所で残った蔓がどんどん伸び、

木に這い上って今年もたくさんの花を咲かせました。

というわけで、例年のごとく2階の窓から目いっぱいズームで記念撮影です。

ピン甘ですが、『秋の七草』の一つ「クズ」の花をご覧くださいませ。

 

 

200821kuzu3_cut

早いものは 7月にも咲いていましたが

8月に半ばから本格的な花期に入りました (8/21 撮影)

8月下旬ころ~9月上旬ころが ピークだったようです

 

 

200909kuzu1

葉の間から たくさんの花穂が見え隠れし

2階の窓にも ほんわか甘い香りが届いていました (9/9 撮影)

200909kuzu3

 

 

200909kuzu7

花は 虫たちの人気者 (9/9 撮影)

見えづらいですが・・・ イチモンジセセリ  (多分)

ハチ か アブ の仲間 

200909kuzu15

 

 

200909kuzu11

葉の間から伸びる花穂たち (9/9 撮影)

花は 下から上へと咲き進みます

 

 

200909kuzu8

クズの蔓は10m以上にも伸びるそうで

2階からですら はるか見上げる位置に咲く花もあります (9/9 撮影)

 

 

200930kuzu_mi3

花後には 褐色の毛に覆われた莢に入ったお豆さんが実ります

たくさん咲いて 虫たちにも人気となると

当然ながら 千生り状態です~ (9/30 撮影)

200930kuzu_mi1

初冬の頃までに 熟してカラカラに乾くと

風が吹くたび 莢ごと落ちてきます

 

 

今年は、うちの敷地内でも10以上の新たなクズの芽吹きを見つけて引っこ抜きました。

クズは地下に根を張ってしまうと根絶が困難ですから、庭や畑で見つけたら小さな内に

除いてしまうのがベストかと思います。

とはいえ、葉も蔓も根も有用な植物ですから(葛粉や葛根は有名ですね♪)、

もっと楽に、どんどん活用できるようになるといいなと思っています。

 

ポチッとよろしく!

| | | コメント (24)

2020/10/07

「フヨウ」 空き地に咲く

隣接した土地が、畑から空き地になってから、どのくらいの歳月が過ぎたでしょう。

少しずつ変化する間に気付かない内に生えてきていて、『あれ?そういえば

以前はあれもこれも生えてはいなかったよ。』というものがたくさんあります。

 

このところ毎年の恒例でアップしてきた「フヨウ(芙蓉)」もその一つ。

同じくいつの間にか盛んに茂るようになった「クズ」に覆い被さられても、

負けじとその間から枝を伸ばして花咲かせる様子を見ていただいてきました。

今年は、藪が深くなるまでの間、クズの蔓を切り続けたのが功を奏してか

覆い被さられずにたくさんの花を咲かせましたよ。

 

私の観察&撮影場所は、例年と同じく2階の窓から。窓枠に体を密着させて

目いっぱいズームで楽しませてもらいました。お付き合いくださいませ 👀

 

 

200810fuyou5

咲き始めたのは 8月のあたまの頃から

まだ小さな蕾がいっぱい

先端が赤く見えるのは 間もなく咲く蕾です (8/10 撮影)

 

 

200812fuyou6

「フヨウ」は一日花

咲き始めて間がなかったころは 同時に咲くことが少なく

やっと2輪一緒に撮れたときのもの (8/12 撮影)

 

 

200812fuyou9

昆虫にも人気です (8/12 撮影)

ハチ(種類は?)の仲間が 花粉まみれで夢中

 

200812fuyou10

上 ↑ の写真と同じハチです

夢中になっていたのが ふと我に返って一休み

この後 眼の辺りを前脚で拭ってました(^▽^)

 

 

200814fuyou15

チャバネセセリ(かな?) も吸蜜に夢中 (8/14 撮影)

 

200814fuyou4

そして 一休み~ (*´艸`*)

 

 

200814fuyou20

綺麗です (8/14 撮影)

 

 

200821fuyou4

美しいですね (8/21 撮影)

お気づきと思いますが 日光の当たり加減によって

花のピンク色が 青みがかったりオレンジ色がかったり 違って見えます

 

 

200821fuyou1

このフヨウの株を引きで見ると こんな様子 (8/21 撮影)

この頃が 花の最盛期だったようで 毎日たくさん咲いていました

全面的にクズに覆い被さられていた昨年までと違って

今年は ほんと伸び伸びと気持ち良さそうです

右端の方は 隣に生えている「ミズキ」の枝と重なっています

200821fuyou2

 9月に入ると咲く花がぐんと減り

半ばには咲き終わったかのようにみえましたが

また新たな蕾が上がってきて

9月下旬から一回り小振りの花を咲かせ始めています

 

 

200930fuyou_mi2

先に咲き終わったものたちは

 つぎつぎと果実へ (9/30 撮影)

 

 

昨年以前に実った種が地面(わが家の敷地内も含め)に落ちたものも

たくさん芽吹いてきていますが

この場所でそんなにたくさん育っても…と 整理させてもらっています

 

ポチッとよろしく!

| | | コメント (26)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »