« 山口・宇部にて 2020/10末 | トップページ | ミズキの観察 ~集う虫たち~  »

2020/11/11

ミズキの観察 ~ 花と実 ~

今回と次回、春~夏に観察して記事に起こし、そのままになっていた

「ミズキ」をアップさせていただくことにしました。

「ミズキ」と言ってもなかなか ピン! とは来ないかもしれませんね。

国内の低山や原野に広く自生している落葉樹で、春に花で木全体が白っぽく

見える様子をご覧になったことがあるかもしれません。

公園や街路樹として、また庭に植えられることもあるようですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

わが家のお隣空き地には、いつからか「ミズキ」が生えています。

気付いた時にはもう結構大きくなっていて、それでも夏は毎年のように「クズ」の

海に沈むため生長を妨げられていました。

冬の間に、這い上ったクズの蔓をできる限り取り払っておいたところ、

今年は伸びやかに枝を伸ばしまして、たくさんの花を咲かせましたよ。

まぁ、わが家としては、ミズキは大木になるだけに複雑な気持ちでもありますが、

今年のところは2階の窓から、目いっぱいズームのカメラで楽しむことにしました。

ミズキを見下ろす機会なんてなかなかありませんから。

~花と実~ ~集う虫たち~ の2回シリーズでアップさせていただきますね。

 

 

200406mizuki_tubomi2

枝先に蕾が見えてきたのは4月のはじめころ (4/6 撮影)

 

 

200424mizuki3

蕾が横に広がり数も増え 咲き始めました (4/24 撮影)

早速虫がやってきています

 

 

200428mizuki5

ひとつの固まりをズーム (4/28 撮影)

ハート♡ のような形をしていましたよ

ひとつひとつの蕾は 米粒くらいの大きさと形でしょうか

花弁4枚 雄シベ4本 雌シベ1本

 

 

200430mizuki1

だいぶ咲き進んでいます (4/30 撮影)

まだ淡いグリーンがかっていて初々しいですね

この枝のいちばん下の固まりが ひとつ前の♡

 

 

200430mizuki5

さらに引きで見ると こんな感じ (4/30 撮影)

参照させていただいた樹木のHPでは

「扇状の枝が階段のように生じる姿は特徴的」 と書かれていました

 

 

200504mizuki1

咲き進むと 花の白さが増してきました (5/4 撮影)

 

 

200504mizuki2

シベをアップで見てみたくて… (5/4 撮影)

これが目いっぱいズーム ピントが合わなくて苦労しました

雌シベの根元には ぷっくりグリーンの子房が見えました

 

 

200603mizuki_mi

花後 子房が膨らんで まぁるくぷっくり 緑の実になりました

ツンツンと 雌シベの名残がついていますね (6/3 撮影)

 

 

200713mizuki_mi3

7月に入ってからの実の様子です (7/13 撮影)

落果してしまったものもあるようですが

だんだんと 紫っぽく色づいてきていました

 

 

ところが その後 紫っぽく色づく実が一向に増えないばかりか

どんどん実の数が減っていっていることに気づきました

そしてある日 訳が分かりましたよ

 

 

200725hiyodori_hina3

ジャーン 巣立ったばかりらしい ヒヨドリの雛です (7/25 撮影)

近くの木に止まっていた雛に 親鳥が紫っぽく色づいた実を

食べさせるのを目撃しました

まだ完熟してなさそうな実だったけど お腹壊さなかったかしら?

 

以後は ヒヨドリの成鳥がついばんで食べるのも何度か

メジロがついばむのを見たことも有りました

 

そうこうするうちに 8月一杯で ほぼすべての実が姿を消しましたとさ

 

 

蕾から実まで、ヒヨドリの雛のおまけつきで、~花と実~ 編 は、これにておしまい。

お付き合いいただきありがとうございました。

次回の ~集う虫たち~ 編 は、虫が苦手な方はスルーしてくださいね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ココログの記事にも「いいね」ボタンが付けられるようになりました。

記事の下の、投稿者や投稿日時が並んでいる場所にある、小さな「♡」がそれです。

よかったらポチッとしてくださいね。小さくてカーソル合わせに苦労しそうですが。

それにしても小さくて目立たないゎ~ (^^;)

 

ポチッとよろしく!

| |

« 山口・宇部にて 2020/10末 | トップページ | ミズキの観察 ~集う虫たち~  »

コメント

ミズキって、いうんですね。
花が咲いてるのをお目にかかったことある~。
どんどん変化していく様が楽しい!

雌しべの根本にある時の子房の色がいいな~。
透明感のある感じが初々しくていいな~。
花が終わったあとの子房のツンツン。
これはゲームに出てくるスライムだ~。(笑)
7月に入ってからの実のお写真、いいですね。
実がついてる茎(?!)が、カクカク感をだしてて
なんだか好きです。(笑)
星座みたいにも見えます~。

実ったものの、ひよどりさんのお腹におさまりましたか。ひよどりさんにとっては、ごちそうの木だったんでしょうね。

時間の流れを感じながら、楽しく拝見させていただきましたよ。
ここ何日かでグッと気温が下がってきて、寒い冬もやってくるけどまたこんな緑の眩しい日々もやってくる~って、元気もらえました。^^

投稿: まるかーさ | 2020/11/11 10:29

こんにちは。
ミズキって高速道などからも低山の山に見えてとても目だつ木ですね。
それがお隣にあるのですか。
そのおかげでお花までたっぷり拝見できました。
このような花は他にも似ているのがありますね。
樹形ですが、「扇状の枝が階段のように生じる姿は特徴的」。これを友人に教えてもらって遠くから見てわかるようになりました。この表現の仕方で大いに納得です。
ヒヨドリ赤ちゃん可愛いですね。ヒヨドリと言えば、他の鳥を蹴散らしてどん欲に食べる印象です。我が家も千両の実をどんどん食べられます。でも赤ちゃんを見たことがなくて見ることが出来ました。

投稿: tona | 2020/11/11 10:34

おはようございます!

ミズキ 好きなんです~
大きな樹に階段状にたくさんの花や果実を蓄えている姿が何とも言えません。
お隣にあるなんて 素敵ですね。
お見受けしたところだいぶ大きくなってきているようですね~
我が家は庭が狭いので 大きな樹は成長すると強剪定してしまいます~~

ヒヨちゃんのヒナが果実をいただいていたんですね~
可愛い!

いいね! をポチっとさせていただきました。


投稿: pole pole | 2020/11/11 11:01

☆ まるかーささん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
花が咲いてるミズキ、見かけられたことありましたか。よかった~♪
 
とうに過ぎ去ってしまった季節の様子だけれど、
変わっていく様子を楽しんで見ていただけて嬉しいです。
それぞれを大事に見て下さってありがとう!!
雌しべの根元の若い子房、初々しい出うよね。色も大きさも。
大きくなってきたのは、ほんとだ~ スライムね♪
 
7月になってからの実の様子、花の数に対して見の数の少なくなったこと。
だからこそ、カクカクした様子もみえるのですね。
それを星座みたいと思ってくださったまるちゃん、やっぱりステキ。
 
ヒヨちゃんの親鳥が、若い実を雛に食べさせていたの。
うちの近辺で見かけるヒヨちゃんは、うちのジューンベリーといい、
このミズキといい、まだ未熟な若い実を食べちゃいます。
熟してからの方が美味しいでしょうに。競争激しいのかしらね。
 
グッと冷え込んできましたね。いよいよ冬かぁ…じゃなくて、
またこんな風な明るい日がやってくる、ですね(^^)♪
 
 

投稿: ポージィ | 2020/11/11 12:16

☆ tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
花がいっぱい咲いている時期のミズキは遠目にもよく目立ちますね。
tonaさんもご覧になったことがおありでしたね。
少し遅れて咲くクマノミズキもとってもよく似た雰囲気ですし、
他にも似た雰囲気の木はありますね。
 
そうなんですよ、これがいつの間にかお隣空き地に。
この2年くらいはすくすく育ちまして、今年は花をいっぱい咲かせました。
枝ぶりが階段のように段々になっているのもよく分かりました。
この特徴的な枝ぶりをご友人に教えていただいたのですね。
 
ヒヨドリは食いしん坊のイメージの強い鳥。木の実以外にも、
花も野菜も食べますものね。
わが家のジューンベリーの実も、このミズキの実も、未熟な内から
パクパク。雛にも食べさせて、きっとこの雛も未熟な内から
ついばむようになるのでしょう。完熟した方が美味しいでしょうに。
みんな生き残るために一生懸命なのでしょうね。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/11/11 12:23

☆ pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ミズキお好きでいらっしゃいますか。
そうでしたか、遅くればせながらでもアップして良かった、と
思えました。ありがとうございます。
 
お隣空き地にいつの間にか生えていて、この2年ほどスクスク生長しました。
いま程度の高さで止まってくれたらいいのですが、もはや剪定には
梯子が要りそうです。足場が悪いしどうしたものか…と、
よその土地のものなのに、またまた思案しています~(^^;)
 
実が熟さない内にどんどん減る…と思っていたら、ヒヨちゃんの雛や
親鳥のお腹に入っていたのでした。
たまたま雛を見られてラッキー。まだまだおぼこくて可愛いですね。
 
いいね♡のポチ、ありがとうございます。
何だか、ちゃんと反映されていないような??
ココログのポチ♡もまだ機能が未熟なのかもしれません~
 
 

投稿: ポージィ | 2020/11/11 12:30

ポージィさん
こんにちは
ミズキって、こんな花でしたか
この花は、コウゾの花を見に行った公演で咲いているのを見ました
しかし、大木だったので、ただ白い花と言うことしか分らず
チラチラと眺めていた次第です
アップで見せていただくと、とても上品な綺麗な花ですね
どんな花か、良く分りました

投稿: フクジイ | 2020/11/11 15:14

こんにちは。
ミズキの実には野鳥がたくさんやって来るので、いつも気を付けて見てるのですが、花の時期はいつもパス!!
こうしてじっくり花を拝見するのは初めてです。
アップの写真を拝見すると、それぞれ可愛い形してるんですね。
来年はよく気を付けて見てみますね。

ココログも、今度は「いいね」ボタンが付いたんですね。
ココログ以外の人でもポチッと出来るのでいいですね。
さっそく「ポチっ!」

投稿: ソングバード | 2020/11/11 15:27

こんばんは。
クズの蔦を整理された効果がてきめんで、ミズキを蕾から花や実の移り変わりまで観察できて良かったですね。
ヒヨドリの雛まで観察されたのはびっくりです。
親は雛にナマの実を上げるのですか。色づいて熟していそうなのを選んでいるのですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2020/11/11 16:30

☆ フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは 
 
ミズキの木は大きく育っていることが多いうえに、花は小さいですから、
白いことは分かっても、形まではなかなか見えませんよね。
2階から見下ろせること、カメラのズーム機能でぎりぎり見られたことで、
ご披露できました。
すっきりした綺麗な花ですよね。
虫たちにも人気がありましたよ~
 
 

投稿: ポージィ | 2020/11/11 17:15

☆ ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
鳥撮りさんのソングバードさんとしては、実の時期こそミズキに
ご注目でいらっしゃいますね(^^)
私も花をしっかりアップで見たのは初めてですが、小さな可愛い花が
密集して咲きます。花は虫たちに大人気でしたよ。
実は鳥に人気ですね。このミズキの木に来ていたヒヨドリは
熟すのが待てないとみえて、ちょっと色付いた程度のを食べ、
雛にも与えていましたけれど。
 
はい、ココログにも小さないいねボタン♡がつきました。
どなたにも押していただけますが、どなたが押してくださったか
知ることはできません。
早速、ポチッとしてくださってありがとうございます♪
 
 

投稿: ポージィ | 2020/11/11 17:21

☆ 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
毎年クズに覆われた下で枝を枯らしながらも生きていましたが、
クズを取り除いたらすくすくと生長し始めました。
おかげで、花や実の様子の観察も出来たのは嬉しかったです。
ヒヨちゃんが雛に実を与えるところを目撃できたのは、
自然界からのプレゼントだったと思っています。
でもね、色が着いてきたかな?程度で、まだ全然熟していない実を
雛にも与え自分も食べていましたよ。
うちの近くのヒヨちゃんは、ジューンベリーの実も未熟なものを
食べていきますから、よほど競争が激しいのかもしれません。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/11/11 17:25

こんばんは。
遠目からこの白い花を見たことはありますが
こんなに色々変化しているなんて知りません、というか
気づきませんでした。
花のかたまりのハートの形もやさし気で、ツンツンと賑やかなシベから
グリーンの1本角を持った小鬼軍団(笑)そして色づきの変化も楽しい
丸い実へとの変化がとっても楽しくて、
ポージィさんのおかげで今まで知らなかったミズキの
様子がよ~くわかりました。感謝です♡
最後は可愛い鳥さん登場で・・・実が無くなるのは残念ですが
ヒヨドリさんのお食事になってしまうのもこれまた
自然の流れですものね。
それにしてもヒナのなんと可愛い事でしょう。
よく撮られましたね(*^^)v
「いいね」、ポチッ♪しましたよ^^

投稿: えぷろん | 2020/11/11 21:01

☆ えぷろんさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
遠くからご覧になったこと、おありでしたか。
でも、高い所で咲く小さな花ですから、細かなところまでは見えませんし、
何度も見に行くことも難しいですよね。
お隣空き地で、2階から見下ろせる高さ、なんとかカメラのズームで見える距離、
という条件が揃ったおかげで、観察することができました。
変化していく様子を楽しんでいただけてとても嬉しいです♡
1本角の小鬼軍団(^^)はとても賑やかだったのに、色づき始めてからの
実はすっかり寂しくなってしまって??だったのが、ヒヨちゃんを目撃して
納得がいきました。ヒナはほんとにたまたま。可愛いですよね~
こういうのは、たま~に届く自然からの贈り物、と思っています。
親鳥が、(未熟な)実を雛に与える瞬間を撮れたら最高でしたが、
狙っていたわけでもないのにそれでは出来すぎ、望みすぎですね。
 
いいね♡ ポチもありがとうございました (*´艸`*)
 
 

投稿: ポージィ | 2020/11/11 22:54

 今日は。
最近まで、ミズキの花と名前を知りませんでした。
運よく剪定している方に訊いて知ったのです♪♪
木の下の植え込みには白花シモツケが咲いて
ガマズミが咲いて(匂いは悪いけど)
とても素敵な一角です。
白い小花の密生・・この手の花に弱いんです・・
ミズキの高木が水平に枝を伸ばす姿にうっとりします。
赤い幼枝も可愛い。

ヒヨのヒナは嘴がまだ黄色??
少しオトナになったかな。

投稿: むう | 2020/11/13 13:48

☆ むうさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ミズキの剪定をしていらっしゃるところに行き合わせられて、
ミズキの名前を知るきっかけになられたとは、素適な縁でしたね。
足元にシモツケにガマズミが咲いて… 広いお庭の一角でしょうか。
白い小花の密生、お好きなのですね。春のユキヤナギやコデマリなども
好きかしら?
ミズキの高木は実に伸びやかな感じがして、遠くからでも見かけると
何といいますかスーッと心地よさを感じます。
ミズキが咲いて、しばらくすると、クマのミズキも咲きますね。
 
ヒヨちゃんの雛のくちばしは黄色かったですョ。
実を持ってきた親鳥に大きくお口を開けたときはっきりと見えました。
今はすっかり若鳥になって独り立ちしていることでしょうね。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/11/13 14:44

ポージィさん、汚します。
本メールが壊れてわからず、ここに書くことお許しください。
ブログ閉鎖にコメントありがとうございました。
本当に長きにわたって温かく見守ってくださり感謝です。

自分は更新はしませんが、元気な限り何も変わりません。
ちょっと気持ちが上機嫌で過ごせるかなって思います。

寒くなりました。どうぞお体を大切になさってくださいね。
いろんな人の感じ方学んでいます。
今は不機嫌にならない思い方で、無理に自分を押さえつけず、
腹立てて怒ったり、ま、いいかと思ったり。
人生100年時代。体力つけねば。。。

まほっち

投稿: まほ | 2020/11/14 11:24

クックちゃんももう11年たたれたんですね。
エキサイトブログ始めた年でほぼ同じだったのですね。
いつも見守ってくださっていますね。合掌

投稿: まほ | 2020/11/14 13:20

前の雑木林のあるころ窓から見えていました。
白い花をいっぱい咲かせていました。
何と言う花だろうと思っていました。
実が生ると小鳥たちが着てついばんでいました。
ミヅキと言うのですね。
今はもうありません。心に残っています。

投稿: 夢閑人 | 2020/11/14 16:53

☆ まほさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
こちらにコメントくださってありがとうございます。
汚し? とんでもないです、感謝です。
昨今の世の中、今の新型コロナについてもそうですが、
心無い中傷誹謗や非難が至る所に見られるのが悲しいですね。
まほさんも、そういうことのせいでいったい何度、どれほど
傷つかれたことかと、お気持ちお察しいたします。
きっぱりと終止符うたれたことで、そうしたことからは
解放されますね。そのことは精神衛生上おおいに歓迎できる
ことだとも思っています。
 
そうです、仰るとおり人生100年時代、体力つけて無理せず
生きてまいりましょうね。
こちらこそ有難うございました。安らぎのある豊かな日々を
お祈りしています。
 
クックのこと、覚えていてくださって嬉しいです♡
亡くなって11年過ぎました。月日の経つのは速いですね!
その間に、老眼にはなるわ膝が不調になるわ白髪は増えるわ…
自分自身の変化もいっぱいありました(^^;)
 
 

投稿: ポージィ | 2020/11/14 18:34

☆ 夢閑人さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
夢閑人さんのお宅の前にあった雑木林に、ミズキもあったのですね。
ちょうど窓から見える場所に! そうでしたか。
花も、実をついばむ小鳥たちも、秋の落葉もご覧になっていたのですねぇ。
ミズキは水木と書きます。春の芽出しの頃にはすごくたくさんの水を
吸い上げるのだそうですよ。
雑木林のミズキは失われましたが、来春も夢閑人さんの思い出の中で、
白い小さな花を枝いっぱいに咲かせてあげてください。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/11/14 18:38

ミズキの花もこれだけ1年中優しく見つめてもらって嬉しいことでしょう!まさにポージィの花ですね!10月下旬から11月上旬は本当に気持ちのいい快晴が続き秋らしい日々が続いていますね!GOTOキャンペーンを利用してカミさんと出雲の旅に出かけてきました。快晴のいい日に恵まれて、日本神話の各史跡を巡り古代ロマンを感じて参りました。

投稿: ローリングウエスト | 2020/11/15 16:16

☆ ローリングウェストさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ローリングウェストさんの、立山のパワースポット探訪の記事を
拝見しつつも、コメントお休みしてしまって失礼いたしました<(_ _)>
 
ミズキの観察、たまたま見下ろせる位置なので、今年はしっかりと
見させてもらいました。虫の訪花も多く、豊かな自然を感じましたよ。
 
ほんとうに、10月下旬からは、やっと秋晴れの日も続くようになり、
気持ちがいいですね。ローリングウェストさんは出雲の旅を
楽しまれましたか。秋晴れの下、素適な旅をされたご様子、良かったですね♪
 
 

投稿: ポージィ | 2020/11/15 16:31

 今晩は~。
少々ご無沙汰気味でして・・・💦
 そうですかミズキ。
我が家の近くにあるミズキ、街路樹で沢山あります。
 白もいいですし、ピンク・こちらもまたほんのりといいですね。
 この花の付き方、大勢してド~ンと咲く♪
さあ・次回が楽しみで~す。

 実は今夏、ある所に一本・植えて上げました~。
来年が楽しみで~す。
 ヒロ・・でした。

投稿: ヒロ‥の日々(もんたの一年) | 2020/11/15 19:40

☆ ヒロ‥の日々(もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
今日は暖かくなるようですね!
 
ご近所で並木として植えられているミズキとは… 「ハナミズキ」のことですか?
植えて差し上げたというのも?? 来年、楽しみですね。
 
「○○○ミズキ」と名の付く樹はあれこれありますが、

記事にしたのは○○○の付かない「ミズキ」となります。
すくすく育つと樹高10mほどの大木になるそうです~
小さな花が密集して咲きますよ。虫たちにも大人気の花でした。
 
  

投稿: ポージィ | 2020/11/16 10:24

こんばんは♪

記事は早くに読ませていたんですが・・・コメ遅くなりまして・・・m(_ _)m
ここのところ連日温かいので、朝から晩まで庭にいるので・・・
夕ご飯が終わってこたつに入ると、そのままZZZZ~~~寝落ちでした。

さて、ミズキですね。この木は私が良く行く大毛無山にたくさん有り
花の時期には山が白くなる?ほどです、秋には沢山の実が鳥たちのごちそうに。
名前は木に水が多く、春先に枝を折ると水が出る所から来ているそうですね。
当地では小正月に、この木の枝先に餅を丸めて付け、飾る風習がありました。
今は・・・ほとんど行われなくなりました。

投稿: ロココ | 2020/11/17 17:08

☆ ロココさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
このところの小春日和は貴重ですものね。お庭の冬支度も、
大根干しも、することたくさんおありですもの。
夕飯済んだら、いっぱい働かれた一日の疲れが出るのも当然です。
気になさらないで下さいね。
 
おぉ♪ 大毛無山にたくさん生えているんですね。
山が白くなるほどの花の時季、沢山の実が鳥たちのご馳走になる様子、
目に浮かぶようです。黄葉もしますよね。(お隣のはまだですが)
そのミズキの枝にお餅を付けて飾られたんですか。
それくらい、ミズキが身近な木だったということなのかな。
餅花 とか 花餅 といわれるものですね。
私の故郷ではしませんでしたが、今でも行われている
地域もありますね。
ロココさんの地域ではほとんど行われなくなりましたか。
枝の準備も、後で外してかき餅などにするのも大変なのかもしれませんね。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/11/17 17:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山口・宇部にて 2020/10末 | トップページ | ミズキの観察 ~集う虫たち~  »