« ミズキの観察 ~集う虫たち~  | トップページ | 秋半ばの公園で(1) »

2020/11/25

初秋のお散歩点描

先週は1週間、夫だけが山口へ飛び(テレワーク用機器一式担いで)、

両親入院中の病院スタッフと話したり、両親との面会もしてきました。

コロナ禍もあり、こちらの生活もありで致し方ないのですが、つきまとう

申訳なさが夫のストレスになっているようです。 両親のこともそうですが、

自分たちの老後のことも含め、様々な事が頭の中をぐるぐる巡り続けています。

 

さて! 11月も残り1週間を切り、現実の季節と当ブログ記事の季節が

ますます離れていきますが、これからも季節振り返りにお付き合い

いただければと思います。

思い起こせば、年が明けてから紅葉の記事をアップしたこともあったワタクシ。

このスタイルがすっかり定着しているということですね。

なのについつい、言い訳してしまいます (´ー`)ゞ

..................................... 

 

今回の記事の季節は、2ヶ月余さかのぼります。

10月に入ってから、やっと秋らしい気温を感じる日が多くなりましたが、

9月はまだまだ気温高く、梅雨明けが8月に入ってからだったこともあって、

夏の延長という気持ちが続いていました。

そんな9月の半ばころ、川沿いを歩きながら見た光景の振り返りです。

気分は夏の延長でも、ちゃんと秋がやってきていたのでした。

 

 

200914hikizigawasinsuikouen3_tumagurohyo

その川沿いでは まだ「ムラサキツメクサ」が咲き

「ツマグロヒョウモン」 や 「モンキチョウ(かな?)」 が

蜜を吸っていました  夏の名残を感じる光景

200914hikizigawasinsuikouen5_kitakityou

 

 

 

200914hikizigawasinsuikouen14

でも 目を転じれば 川の中州では 「キクイモ」が群れ咲いていて

200914hikizigawasinsuikouen12

目いっぱいズーム

(「キクイモ」で 合っているかしら?)

200914hikizigawasinsuikouen8

こっくりとした深みのある花色に『秋』を感じました

(「キクイモ」の花期:9~10月ころ)

 

 

そして 近くの田んぼでは

200914hikizigawasinsuikouen15

稲穂が首を垂れ 実りの時季を待っていました

200914hikizigawasinsuikouen19

 

200914hikizigawasinsuikouen22

田んぼの隅には 「タカサブロウ」も咲いていましたよ

(「タカサブロウ」の花期:8~9月ころ)

 

 

200914hikizigawasinsuikouen23

駐車場のすぐ脇では 「カクレミノ」に青い実がいっぱい!

晩秋のころには 黒紫色に熟すことでしょう

 

(いずれも 9/14 撮影)

 

 

この日の散歩から、早いもので2ヶ月以上が経ちました。

キクイモはすっかり終わり、稲穂は全草が黄金色に輝く時期を経て刈り取られ、

タカサブロウも種を落として来年へと命を繋いだでしょう。

カクレミノの実も、すっかり黒熟していることと思います。

 

今回も振り返りにお付き合いいただきありがとうございました。

皆さんが目にされた初秋と似た光景があったでしょうか。

 

ポチッとよろしく!

| |

« ミズキの観察 ~集う虫たち~  | トップページ | 秋半ばの公園で(1) »

コメント

おはようございます!

私も先頃はブログのアップをとんとご無沙汰いたしておりますので 2か月前の画像でも何の違和感なく拝読させていただいております~~

チョウチョの写真もたくさん持っているのですが・・・
そのうちにアップしようかと・・・

今日は冷たい雨が降り 気温も低く冬がやってきた~って感じですね。

遠く離れたご両親のご看病はおたいへんだと思います。
お二人ともお体には充分にお気をつけくださいね。

投稿: pole pole | 2020/11/25 11:26

そうだった!梅雨明けが遅かったんだ!
当時はあんなに嫌がってたのに、忘れている・・・。
いい加減なもんだな~、アタシ。(笑)


お写真みてたら、優しくて暖かい日差しを感じました。
リラックスできるお日様。
稲も実ってたなぁ。「もうすぐ新米だ~」って言ってた自分を思い出しました。
カクレミノは、初めましてかもです。
すごい量の実がなるんですね。

みんなみんな冬支度始めたんでしょうね。
アタシもヒートテックにタイツと、すっかり冬支度です。

投稿: まるかーさ | 2020/11/25 12:26

ポージィさん
こんにちは
季節の振り返りは、全く気にせず拝見しています
多少の遅れがあっても、その時期の旬の姿を見せていただいているので
スゴク参考になっています
私も1ヶ月遅れなどの画像は、恒例になっております

キクイモって、綺麗ですね
名前は、良く耳にしていますが
いつも素通りしていて、アップで見たことがありません
野草の美しさを教えていただきました

投稿: フクジイ | 2020/11/25 12:57

☆ pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは!
 
2か月前でも違和感ないとのお優しいお言葉いただいてホッとしています。
何度も同じような言い訳繰り返してスミマセン!
この頃はpole poleさんもマイペースでアップされていることにも
力づけられています。追われるのではなく、の~んびりも良いですよね。
 
先週の季節外れの暖かさから一転、気温が下がりましたね。
こうして上がったり下がったりしながら本格的な冬へ向かっていくのですね。
寒くなると体の節々が硬くなったり風邪をひきやすくなったり、
体にしっかり気を配っていかなくてはと思っています。
義両親に関してもお気遣いいただきありがとうございます。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/11/25 13:41

☆ まるかーささん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
そうなのよー 梅雨明け遅くて、8月と11月以外はやたらと雨が多くて…
暮らし辛い日々でも、あーっという間に過ぎ去っていって、
振り返れば遠い日々。
初めて習った子どもの頃には、全くピンとこなかった
『光陰矢の如し』を実感する昨今になっています~~💦
 
写真から優しい日差しを感じて下さいました? まさしく!嬉しいなぁ。
歩くと少し汗ばむくらいの、穏やかな日だったと記憶していますょ。
 
稲刈りもとうに終わって、新米がお口に入る時期ですね。
うちは、以前何かで当たったお米を食べ終わらなくて、まだ新米食べていないの。
早くしないと新米じゃなくなっちゃうね(笑)
カクレミノの実、すごいでしょ。私もビックリでした。
こんなにたくさん生っているけれど、未熟な内に落ちた実も
足元にたくさん散らばっていましたよ。
来年は花も見てみたいなぁと思っています。ご縁があれば。
 
先週の暖かさはどこへやら。寒くなりましたね~
私もヒートテック着てます。ボアフリースも!(*´艸`*)
 
 

投稿: ポージィ | 2020/11/25 13:50

☆ フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
季節の振り返り、気にならずに見ていただけて嬉しいです~
足早に通り過ぎて行ってしまう季節を、後追いでゆっくり振り返るのも
愛おしめていいですよね。フクジイさんのお言葉に勇気百倍以♪
 
キクイモはなかなか綺麗ですよね。深みのある黄色の花がゆらりゆらり
揺れている光景、結構好きですよ。あまり見かける機会は無いのですが。
これ↑は川の中州で咲いていたので、遠~くから目いっぱいズーム撮り
でしたが、野草ならではのナチュラル感がすてきでした。
来年はフクジイさんも素通りされずに足を止められる…かしら?(^^)
 
 

投稿: ポージィ | 2020/11/25 13:56

こんにちは。
ご両親のお見舞いにもテレワーク機器を持参されたのですか。便利な時代とも大変な時代とも言えそうですね。
キクイモはこんなんにも群生していて見事です。
今日あたりは冷たい雨も降って、秋の草花が懐かしいです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2020/11/25 15:58

こんにちは。
そうでしたね、今年は梅雨明けも遅く9月は暑さが続き
今年の秋はどうなるのかな・・と不安になった事を思い出しました。
でも季節はちゃんと巡ってきてくれました(笑)
秋の気配を感じた時にはなんだかホッとしたものです^^
田んぼの稲穂は、こうべを垂れた様子も、
黄金色に輝く様子も、見ていて心が和みます。
「タカサブロウ」の名を初めてよそのブログで見かけた時に
人の名前、それもなんだか役者さんのような響きで
妙に印象に残ったのを覚えています。
山野草の図鑑でまじまじとその姿を見たのですが
私、実物にはまだ出会っていないと思います。
カクレミノの実がたくさん♪
こうした季節の振り返りも楽しいなって、確か以前にも
コメントした記憶がありますが、再度思います(^^♪

投稿: えぷろん | 2020/11/25 16:27

☆ 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
はい、テレワーク機器持参で山口へ。日曜と土曜を移動日として
利用したので、年休をとったのは面談のあった1日で済みました。
コロナ禍の時代にならなかったらできなかったことですね。
東京から他の町へ移住希望の人が増えたのも納得です。
 
ここは、引地川親水公園の川べりです。その中州にキクイモがたくさん。
見事ですね。私もこれだけの群生を見たのは初めてでした。
春にはカラシナ(?)で黄色く染まり、秋はいつの間にかキクイモで黄色に。
冷たい雨も降って、いよいよ花の少ない緑の色もくすんだ季節に移って
いこうとしていますね。秋の花を懐かしく見て下さってありがとうございます。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/11/25 17:31

☆ えぷろんさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
ちょっと振り返ると色々なことが思い起こされますね。
今年も、おかしな気候に大丈夫かしら?と心配することが多々ありましたが、
季節はちゃんと巡ってきてくれました(^^) (今のところ?)
 
「タカサブロウ」は面白い名前ですよね♪
何年も前にも1度記事にしたことがあるのですが、そのとき調べた
限りでは、はっきりした由来は分からないようなことでした。
タカサブロウさんという人が、この草の汁で字を書いて勉強したという
説はあるようですが、ちょっと信憑性に欠けるかな、と思ったのを覚えています。
アメリカタカサブロウとの見分けが難しそうですが、水田の中に
生えていたので、タカサブロウとしました。
もし、来年水田へ行かれる機会がおありになったら、もしかすると
お会いになれるかも!
 
季節遅れの記事を、くどくどと言い訳重ねてしまってお恥ずかしいですが、
えぷろんさんに振り返りも楽しいと言っていただけて安心しています。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/11/25 17:45

 今晩は。
ツマグロヒョウモン、黄蝶、菊芋
タカサブロウ、可愛らしいものばかり!!

未明、凩一番が吹いたという11月4日、
ウチのツマグロが羽化してしまいました。
でもお昼は23度まで気温が上がり、
黄蝶も、ホウジャクも飛んでいました。
羽化しても次の世代には繋げなかったと思うけど
せめて、美味しい蜜吸ってくれたかな・・
放したら、一度飼育箱に戻ってくれて感動。
画像で思い出しちゃった(ノД`)・゜・。

浄らかな白い花、どうしてタカサブロウの名が
ついたのでしょう。
縄文遺跡から痩果が見つかった有名なタカサブロウ。
鱧腸の名もありますけど意味不明。
名前は体を表すものにして欲しい~

画像見たらどうしてももう一度、ツマグロヒョウモンに
会いたくなりました。
スミレを植えます(^^;
10月に車も通る危ない道を横断していた終齢虫を
拉致しちゃったんです。
今度は卵から!!

投稿: むう | 2020/11/25 18:42

こんばんは。
キクイモが見事ですね。
先日道の駅でキクイモの実を売っていました。
とても小さくて処理が大変そうで買うのをやめました。
我が家にはイヌキクイモがありますが花がそっくりですが、こんなに見事に花をつけないのです。
ツマグロヒョウモンはすっかりこの辺りにも定着しました。今年も黒アゲハと一緒に飛び回っていました。
カクレミノの青い実見事ですね。
ご両親様にご主人様がお会いできて良かったですね。
うちの娘が同じ状態になると気の毒になります。
夫が持病悪化でばたばたした私です、慣れていかなくてはです。

投稿: tona | 2020/11/25 18:48

☆ むうさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
むうさんは本当に自然界の生き物たちがお好きなのですね♪
弾むようなお気持ちが伝わってきて、私もうきうき嬉しくなりました。
この秋は全体として暖かな晴れの日も多かったですから、
虫たちもまだまだ活発に活動していたのですね。
11/4に大事に保護されていたツマグロヒョウモンが羽化したのですね。
放したら一度飼育箱に戻ってきたのですか?
うゎ~これは泣けちゃいますね。先週のようなポッカポカの日も
あったことですし、旅立ったツマグロちゃん、きっと美味しい蜜を吸って
命をまっとう出来たと思います。
 
タカサブロウは名前の由来がはっきりしないようですね。
高三郎という人が…云々説は物語性に富んでますが、
ちょっと怪しく感じます(笑)
古名のタタラビソウが転訛したものという説は…どうかなぁ??
鱧腸は漢名ですか。訓読みしたら、はもわた???意味不明ですね。
自然帰化植物と考えられているとのことですが、そうですか、
縄文遺跡から見つかったのですね。
仰るように名は体を表してほしいです~
 
スミレを植えられて(パンジーでもビオラでもOKですね)
ツマグロちゃんを卵から。良いですね。来年いっぱい来てくれますように♪
 
 

投稿: ポージィ | 2020/11/25 20:01

☆ tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
こんな大群生のキクイモを見るのは初めてでした。見事でした~
 
私もキクイモの「芋」に出会って買ったことがありますよ。
ご飯に炊き込んで食べましたが、可もなく不可もなく、癖のないお味でした。
処理も大変ではありませんでした。次の機会にはお試しください。
お庭にはイヌキクイモが咲くのですね。花の黄色の色味が秋らしいと
感じてしまいますが、秋に咲くからそう思うのかもしれません。
 
ツマグロヒョウモンは、温暖化もあって関東でもすっかり定着の感ですね。
綺麗な蝶で見るのは楽しいですけれど。
 
おかげさまで、病院の配慮で両親と夫が顔を合わせることができました。
ご主人さま、ご病気が悪化されたのですか?(義父と同じ持病でしたね)
ご本人もご家族も皆さんお辛いですね。
でも、日常的に酸素吸入しながら暮らせている方もいますから
上手にコントロールお出来になると良いですね。お大事になさって下さい。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/11/25 20:10

こんにちは♪

コロナ下、遠くに病気のご両親を残されて、ご主人もお辛いでしょうねぇ。
でも、ご両親と面会も出来て本当に良かったですね。

さて、ポージィさんのいつもの振り返り(笑)
キクイモ、稲穂、花に集まるチョウ達・・・どれも懐かしい?
今日の妙高はブルブルの寒さで雨模様・・・。
出来る事なら、時間を戻したいくらいに寒い!です。
ところで、キクイモですが、私が9月にUPしたものと
心なしか花びらの感じが違う?個体差なのか地域差なのか
わかりませんが、おもしろいですね。

投稿: ロココ | 2020/11/26 11:44

☆ ロココさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは!
 
コロナ禍で遠くて‥難儀です。
でも、コロナ禍でテレワークになったことが幸いしての、
今回の夫の山口行き実現でもありました。日曜に行き土曜に戻ってきたので、
面談の日だけ年休で済みました。
 
はい、私のいつもの振り返り(^▽^)、今回もお付き合いいただき
有難うございます。2か月前はまだ夏の名残も感じられる陽気でしたよ。
小春日和も昨日までと、記事に書いていらっしゃいましたものね。
今日は冷たい雨なんですね。ブルブル
こちらは昨日が冷たい雨で最高気温13℃程度でした。
妙高地方はさらに低そうですね。
 
実は、キクイモやその仲間は見分けに全然自信なしです。
キクイモもどきだのイヌキクイモだの何だか似たのが多くて…
今回、えいやっ!とキクイモということにしましたが、違っていたらごめんなさいです。
個体差・地域差などもあるやもしれませんね。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/11/26 12:24

おはようございます。
ご主人は、ご長男?
私は長男なので、大阪の実家の父母が年老いてきた頃はいろいろ悩みました。
家のこと、お墓の事、親戚付き合いなど・・・・・我が家の実生活が関東だけにね。
幸い近くに妹夫婦がいてくれたので、助かりましたが・・・・

月日が経つのは早いですね。
もうすぐ12月、あっという間でした。
晩夏から初秋にかけて、思い出はいっぱいですが、ほんの2か月前だというのに、懐かしさが・・・・・
人間って案外忘れやすい動物なんですね。歳のせいかな?(笑)

投稿: ソングバード | 2020/11/27 07:06

 おはようございます ポージーさ~ん

 ツマグロ・・さんに、モンキ・・さんいいですね~♪
何だか・ほっ・としま~す。
・へ~、キクイモというのですね。
キクとイモ?そんなんじゃないですよね(笑)。
こんな花の中にポツンと一人で・・、いいでしょうね~。

 そう・・首を垂れる・・秋の始まり・・・。
へ~・タカサブロウ、というのですね。
何だか人の名前みたいな!
何か・いわれ・でもあるのでしょうか~。
  ヒロ・・でした

投稿: ヒロ‥の日々(もんたの一年) | 2020/11/27 10:20

☆ ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
夫は一人っ子の長男です~(^^;)
ソングバードさんもご長男でいらっしゃるのですね。
かって色々とお悩み事の多い時期をお過ごしだったのですね。
協力し合える兄弟姉妹がいれば、また違うかもしれませんね。
 
本当に月日の経つのはあっというまですね。
年々、光陰矢の如しの実感が強まってくる気がしていますよ。
記事をアップした日からまた12月が近づき、11月の残りは3日です(涙)
ほんの2ヶ月でも懐かしさいっぱいの景色に感じますよね。
彩り美しい秋を惜しみ、今しばらくゆっくりと振り返っていきますね。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/11/27 14:19

☆ ヒロ‥の日々(もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
この頃ではもう、蝶の姿もとんと見かけなくなりましたね。
ツマグロさんにモンキさん、自分でも今写真を見ると何だかホッとします。
 
キクイモは、キク科の植物で地中に芋(塊茎)を作ることからの名前です。
でも、キクイモモドキとかイヌキクイモとか、似て非なる仲間も…
自信は全くありませんが、今回はキクイモとしました。
間違っていたらごめんなさい。
咲いていたのは川の中州、この中にポツンと立ったら、きっと埋もれて
何にも見えないだろうと思います。草丈結構高いのです~
 
タカサブロウ は、面白い名前ですよね。名前の由来ははっきりしない
そうですけれど、一説に、高三郎という人がこの草の汁で字を書いて
勉強したから‥というのがあります。物語性に飛んでいますが
私的には怪しいな~と思ってしまっています。
自然帰化植物らしいので、古い古い言葉から来ているかもしれませんね。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/11/27 14:31

こんばんは!
こんな世の中、いつもある風景、それが一番ホッとしますね。
キクイモ、遠景でもズームでもきれいですね。
まだアップしていない写真があるならば遠慮なさらずに見せて下さい。
私も、、、あー山形県の写真がお蔵入りになっていたっ!
それから、、、まだなにか有ると。。

投稿: ふくやぎ | 2020/12/01 22:34

☆ ふくやぎさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
いつもそこにある風景、毎年変わらずに咲いてくれる花、
そんな変わらないということが特に嬉しく感じられる今年ですね~
綺麗だなぁ~とカメラを向けるだけで、すっかり満足して
幸せになれることにも感謝です (´∀`)
 
キクイモ、有難うございます。ある程度大きさのある花だと
かなりズームでも綺麗に写ってくれますね。
 
もう慢性的振り返りです。まだまだ秋の景色や花が続きます。
おや、ふくやぎさんは山形県の写真がおありなんですか?
私、たまたま両親が山形在住中に生まれて、5歳途中ころまで
暮らしていましたので関心大です。サクランボしか知らないんですけどね。
 
 

投稿: ポージィ | 2020/12/02 14:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミズキの観察 ~集う虫たち~  | トップページ | 秋半ばの公園で(1) »