« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020/12/28

2020年 ブログ納め

皆さま、こんにちは

 

今回はブログ納めということで、秋からこちら、ときおり2階窓から撮った

空の写真と共に2020年を振り返ってみたいと思います。

お隣空き地の隣接地(この景色の左側)に、4階建ての集合住宅建築中で、

来年中にはこの範囲の空は見られなくなりそうです。 悲しいょ(;_;)

 

201020sky1

10/20 三日月の夕暮れ

 

早いもので、今年も残すところ4日を切りました。

年々、月日が過ぎ去るスピードが加速して感じられていますが、

今年は「新型コロナ」に明け暮れたせいか、一段とスピードアップ、

一方で中身は希薄に感じられて、なんだかちょっと虚しい気持ちです。

 

コロナ禍の中、大きな豪雨被害があったことも忘れてはいけませんね。

では喜ばしい事、嬉しいニュースは何があったかしら? と思いを巡らせても

なかなか思いつきません。コロナ以外にも眉をひそめて読んだり聞いたりする

ニュースがとても多かった気がします。やっと思い出せたのが、藤井聡太棋士の

2冠達成と、はやぶさ2の無事の帰還・ミッション達成のニュースでした。

それしか思い出せないのは、単に私が忘れっぽいだけとも言えます。

皆さんは明るいニュースもたくさん思い出してくださいね。

 

201021mikaduki1

10/21 夫撮影の三日月(実際は月齢4かな)

 

個人的には、年初に家の外回りリフォームと給湯器交換でスタートした年でした。

そして、あれよあれよと広まってきた新型コロナで、夫のテレワークが始まり、

帰省など遠方への移動や高齢の方と会うのが憚られるようになり、夫の両親の

心配も時を追うごとに強まり、常に頭の一部を占めている状態となりました。

(10月~の義父入院に加え、12月には長期入院中の義母の骨折と手術も… )

それでも、もちろん、日々の暮らしの中で、花や自然界の生き物たちを愛で、

心に残る映画やドラマや本、ブログを通しての出会いといった、幸せを感じる

ひと時もたくさんあったのですけれど、少し霞がかかっているような感覚です。

 

201024sky

10/24 撮影  高速道路の上に広がっていた雲

空の回廊」 と 勝手に名付けました

  

こんな一年でしたが、この記事をもって年内の更新の最後とさせていただきます。

ブログはマイ・ペースでの継続ですが、やはり心の支えと感じています。

ご訪問くださった皆さま、コメントくださった皆さま、ご訪問先の皆さま、

ポチッとやいいね!、♡ポチ、つぶやきをくださった皆さま、

今年もほんとうにありがとうございました。

感謝の思いとともに、今年の締めくくりとさせていただきます。

 

201105sky3

11/5 撮影 「いちばんぼし みつけた

 

来年はどんな一年になるのでしょう。

何よりもまず、一日も早くコロナ禍が落ち着いてくれますように。

そして、次々と問題噴出の世界情勢も、良い解決に向けて落ち着いていって

くれますように。

 

201217crescent_stars2

12/17 撮影  南西の空

🌙 三日月(2.6齢)と 木星☆土星(小さい方) ✨

201217crescent_stars4

12/21 には 木星と土星が397年ぶりの超大接近 だったそうです

 

 

皆さまが、お健やかによい年をお迎えになれますよう、祈っております。

また来年もよろしくお願いいたします 💕

 

 💠 新年のブログ記事更新は、元日に予約投稿での恒例のご挨拶を。

    その後もう少し冬休みを続けさせていただいてから再開の予定です。

    再開しましたら、またよろしくお願いいたします。

 💠 冬休み中は、ご訪問コメントもお休みさせていただきますこと、

    お返事コメントなど遅れますこと、ご了承くださいませ。

 

| |

2020/12/23

クリスマスに寄せて

 

Wishing you joy, peace and good health

this Holiday Season.

 

201119christmas_name_li

今年は開催が数少なかった アレンジメント教室で教えていただいたリース

タイトル ‘リトルフォレス トリース’

ヒムロスギの小枝を楕円形に繋いでいます

 

 

 

201127princettia_mozi

‘ PRINCETTIA ’

今年購入した サントリー産出の プリンセチア です

花言葉は 「思いやり」

大切にしたいもの ときには自分を見つめ直してみたいもの

 

 

皆さまの 幸せと平和と健康を 心からお祈りいたします

                       ポージィ 

 

 

    ↓ ♡ をポチしていただけると嬉しいです

| | | コメント (22)

2020/12/16

タデ科の野の花

今朝は今冬いちばんの冷え込みで、うちの辺りでは初霜となったようです。

昨日までまだ緑を保っていた「ボタンクサギ」の葉が軒並み黒ずんでくったり

うなだれていました。今年はこれにておしまい。

(そういえば、今年は「ボタンクサギ」の花をアップしそびれました)

 

さて、今日の季節の振り返りですが、もしかするとまだ頑張っている子も

いるかも?? 霜が降りちゃさすがに無理かしら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

タデ科の花は、小さいけれど可愛いものが多いですね。

私達の生活にかかわりの深いものとしては「ソバ」、道端などでよく見かけるもの

としては「イヌタデ」や「ミズヒキ」などが挙げられるかと思いますが、これらは

ほんのほんの一部で、たくさんの種類の植物があります。そうそう、以前当ブログで

ご紹介させていただいた「ペルシカリア ミクロケファラ レッドドラゴン」もしかり。

たくさんある中から、この秋出会った3種をアップさせていただきます。

 

 

 

201024inutade3_cut

「イヌタデ」

タデ科・イヌタデ属 の 代表となりましょうか

花が開いていないことも多いのですが このときは開いている子がいて感動~!

ラブリ~♡

201024inutade2

こんな 石ゴロゴロの河川敷で頑張っていました (10/24 撮影)

 

 

201110himeturusoba2

「ヒメツルソバ」 タデ科・イヌタデ属 (11/10 撮影)

ご近所の塀の脇でボーダー状に広がっているもの

ころんと丸くまとまった集合花が 金平糖のようで可愛いのです

 

 

201018mizosoba2_cut

「ミゾソバ」 タデ科タデ属 またはイヌタデ属  (10/18 撮影)

最寄りの川の 護岸コンクリートの隙間から生えていました

少し水位が上がったら水を被るような場所ですが 平気なのですね

白に先端だけピンクがふわりと入る 可愛らしい色でした ♡

色味は ほとんど白に近かったり ピンクが濃かったり 個体差があります

(タデ科はいずれも花弁が無く 花弁に見える部分はガク)

201018mizosoba2

 

 

この3種は、皆さまにとっても馴染み深いものですよね、きっと。

写真に撮ったのはこの3種でしたが、他にも「ミズヒキ」「ギンミズヒキ」

「ママコノシリヌグイ」「イタドリ」なども見かけましたよ。しばらく出会っていない

「ソバ」の花にもまた会いたいですし、「サクラタデ」(←すごく可愛い♡)にも

会ってみたいなぁと思いを馳せています。来年以降、…先の話ですけれど (´∀`)

 

 💓 気が向かれましたら、記事下の欄の「♡」をポチッとしてくださいね。

 

| | | コメント (28)

2020/12/09

秋半ばの公園で(2)

「秋半ばの公園で(1)」はコメント欄閉じてアップさせていただきましたが、

先週のその日は人間ドックを受けてきました。 緊張しいなものですから、

何日も前から緊張が始まり、当然当日はピーク。 終わったら頭痛ガンガン。

翌日までグッタリのありさまでした。 情けないけど、毎年受けていても

そうなちゃうのです。トホホ (^^;)  溜まってしまっていたことは、

少しできただけであまり進みませんでした。こちらも残念。焦燥感が募ります。

 

焦燥感とは裏腹に、ブログ記事はのんびりと季節の振り返りを続けます(^_^)

前記事から続く2回シリーズの2つ目「秋半ばの公園で(2)」(10/3撮影)

今回は植物は3種類だけ。かわいこちゃんとの出会いと合わせてのアップです♡

 

 

201003matanobetteiteien53

まだまだ咲き残っていた 「キバナコスモス」は

蝶たちに人気でした

セセリ蝶の仲間がたくさん来ていましたし

頑張って生きてきた ツマグロヒョウモン君も!

今はもう みんな自然に還ってしまったかなぁ

201003matanobetteiteien51

 

 

201003matanobetteiteien50

これは何かお分かりでしょうか?

私はこの様子からは 分かりませんでした

隣を見て答えはすぐ分かりましたけれど

地面に生えている状態で見るのは 初めてのことでしたよ

201003matanobetteiteien49

「ワタ」の実 (コットンボール)

品種がよく分かりませんが 「アジア綿」と呼ばれるものかも

クリスマスが近づくと 花屋さんでもよく見かける

コットンボールは 上向きにボリューミーな綿(わた)を付けていて

それらは「アメリカ綿」と呼ばれるもののようです

 

 

201003matanobetteiteien31

この日(10/3) こちらの公園では

「ホトトギス」も あちこちで咲き始めたところでした

品種名は分かりませんが… いくつか撮った中から

201003matanobetteiteien35

 

201003matanobetteiteien36

私は 斑点がハッキリ・くっきり!より 淡めの方が好みです (*´σー`)

産毛に包まれた蕾も可愛いですね

 

 

201003matanobetteiteien38

そして 突然目の前に現れた ニャンコ

この子が思いがけなく出会った かわいこちゃんです

今年の春ころにでも生まれた子でしょうか

まだ子猫の名残のある 大きさと顔だちでした

201003matanobetteiteien39

あどけなさの残る 可愛いお顔 ♡

好奇心も旺盛そうでしたよ

201003matanobetteiteien40

綺麗な子だったので 近くの飼い猫さんかも

寒くなってきた昨今 そうであってほしいと願っています

 

 

これで、今回の2回シリーズはおしまいです。

季節の振り返りは、この先もずーっと続きますが、お付き合いいただければ幸いです。

 

ポチッとよろしく!

| | | コメント (27)

2020/12/02

秋半ばの公園で(1)

今回は、前記事の時期より半月経った、10月初めの振り返りです。

 

10月3日、コンビニ調達のランチを携え「俣野別邸庭園」へ行きました。

俣野別邸庭園は駐車場代はかかるけれど、こぢんまりして人出は多くないけれど、

植物の種類はいっぱいという、近頃お気に入りの公園です。

5月末に行って以来の、約4ヶ月ぶりの訪問でカメラに収めたあれこれを、

2回シリーズでアップさせていただくことにしました。

これも、もう2か月も前のことになるなんて… 月日の経つのが速すぎます。

季節の振り返りに今回もお付き合いくださいませ。

 

 

201003matanobetteiteien1

入り口を入ってすぐから あちらでもこちらでも

目に留まったのが こちらの白い花

まだ咲き始めたばかりの様子の 「ヒヨドリバナ」 だと思います

「アサギマダラ」 は 見かけませんでしたが

「イチモンジセセリ」 が 吸蜜に来ていましたよ

201003matanobetteiteien4

 

 

201003matanobetteiteien19

こちらは 「フジバカマ」 かしら?

数は少しでしたが こちらも咲き始めたところでした

(追記:11月下旬にはすっかり立ち枯れ姿になっていました)

 

 

201003matanobetteiteien6

アザミ の仲間「ノハラアザミ?」 も 咲いていました

「ハラナガバチ」の仲間が夢中でお食事中

右に見えるのは 「ミズヒキ」 花後の果実のようでした

 

 

201003matanobetteiteien16

「ツルボ」 と 「ヒガンバナ」

今年はどちらも諦めていたのが 両方まだ咲き残っていて

嬉しい歓声を上げてしまいましたよ

201003matanobetteiteien28

 

 

201003matanobetteiteien43

こちらも咲き始めたところの様子でした 何かお分かりになりますか?

小さな可愛い黄色の花が 密集して咲きます

「オミナエシ」~

201003matanobetteiteien41

茎なども明るい黄緑色で 花も黄色

全体が明るいイメージですね 「オミナエシ」って

こちらにも 訪花中の虫がいました アブの仲間かな?

 

( いずれも 10/3 撮影 )

 

 

この日、立て続けに『秋』を実感する花たちを見られて大満足でした♪

私、「ヒヨドリバナ」とも「オミナエシ」とも、すごく久し振りの再会でしたし。

もしかすると、10年振りくらいだったかも… (´∀`*)

この日は、秋らしい花たちの他にも、可愛い子との出会いもあったんですよ。

それも含めて、秋の花の残りは(2)の方でご覧頂ければと思います。

ということで、今回はこれにておしまいです。

 

✨ 今回は、2回シリーズの(1)ですし、所用と溜めてしまったアレコレを

✨ 片付けるために、コメント欄を閉じさせていただいています。

  (今日=2日は、ご訪問コメントもお休みさせていただきます。)<(_ _)> 

 

ポチッとよろしく!

| |

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »