« 秋の実りとの出会い | トップページ | ツワブキ見っけ!…からのほっこり »

2021/01/27

お久し振りの「ヤブマメ」

前記事の、秋の実りの「番外編」として、今回は「ヤブマメ」を見ていただこうと

思います。 お久し振りなんです~、記事にするのが、ですけれど。

 

お隣空き地で、近年すごく勢力拡大をしておりまして、私にはお馴染みさんです。

「クズ」の葉が大きな3小葉なら、「ヤブマメ」の葉は小さな3小葉

3枚ずつ葉をつける様子が、大小の差こそあれ似ているなぁと思っています。

昨年、夏~秋のお隣空き地で、トップを争う勢力だった「ヤブマメ」が、

わが家のフェンスにも絡みついて、秋に少しばかり花を咲かせていたので

撮ってみました。 

 

 

201007yabumame5

「ヤブマメ」の3小葉

葉の大きさは 3~5㎝くらいです

蔓は細いけれど 意外と強いですよ

 

 

201007yabumame1

マメ科らしい花を咲かせます

綺麗な色ですよね

白に紫の濃淡 品の良い可愛らしい花です

花の大きさは1.5㎝ くらい (10/7 撮影)

201007yabumame4

 

 

201018yabumame_mi1

花後には こんな豆果が生ります 2.5㎝くらい

ちょっと毛深い絹さやみたい

中にお豆さんが入っているのが見えますね (10/18 撮影)

201018yabumame_mi2

熟すにつれて ぷっくり 色は枯れ色になっていきます

 

 

201120yabumame

すっかり熟して枯れたものをとってきて 種子を取り出してみました

莢の長さ:約2.5㎝  種子の直径:約4㎜

(11/20 撮影)

 

 

けれど 一大勢力を誇る割には 花数が極端に少ない… 

何故こんなに勢力を広げられるの? 蔓が長ーく伸びるせい?

それもあるかもしれませんが、実は「ヤブマメ」は、細い地下茎に閉鎖花をつけ、

地中で豆果が実るのだそうです。 その数がいかほどかは分かりませんが、

そうと知ると、地上で咲く花が少な目でも、どんどん勢力を広げられるのも

納得がいくのでした。

着実確実に子孫を残すため、植物たちは実に様々な工夫をしているものなのですね。

ちなみに、地中にできる豆は地上の豆より大きく、豆ご飯などにして食べると、

ほくほくして美味しいと紹介されているサイトもあります。

 

 

| |

« 秋の実りとの出会い | トップページ | ツワブキ見っけ!…からのほっこり »

コメント

あら、落花生みたいと思ってしまいました。
ポージィさんの家にはお隣からいろいろなのが侵入してきているのですね。
増やしたくないものはしっかり根からとっておかないと大変なことになるわけですね。
そのための手間も大変なことと推察します。
ヤブマメって良く聞くのですがこんなきれいなお花だったとは!きれいな色。
豆を見ますとなかなか食べられないサヤエンドウみたいで食べたくなります。

投稿: tona | 2021/01/27 10:07

 そういえば種を採りだしたことは・・・。
おはようございます。

 イヤ~・懐かしいで~す、ヤブマメ♪
花の紫色、これがいいんですね~。
そうそう葉の大きさ、意外と小さいですね。
それに葉は、確か薄っぺらな・・・。
※ホントだ、ポージーさん宅にまでせめこんできたッ!
 自然はいいですが、入ってくるのはチョットだけにしなさいよ~~。
 ヒロ・・でした。

投稿: ヒロ‥の日々(もんたの一年) | 2021/01/27 10:21

おはようございます!

ヤブマメ 近所でも時々見かけます。写真に撮ったこともあります。きれいな色のお花は楚々としていて可愛らしいですね。
閉鎖花が地下でお豆を製造しているのですね~
道理で地上ではあまりお花を見かけないはずです。
よく似たツルマメも見かけます。
葉っぱの形がちょっと違いますよね。
どちらも力強くたくましく生きていますね。

投稿: pole pole | 2021/01/27 11:04

こんにちは♪
 
ヤブマメと言う植物があるのですね~こちらも初見です。
 
豆科らしい葉、花、そしてサヤ。
これは食べられないものかしらと思ったらお豆さんの大きさが4ミリ(^ー^;
これでは食べられても食べごたえがありませぬね(笑)
と思ったら地下にもお豆さん。
何とか食べられないかと思った人がいらっしゃったのでしょうか、
いにしえ人にも探求心旺盛と言いますか、食いしん坊さんがいらしたのかなと思ったりしました。
お写真の若いサヤは、キヌサヤとして食べられそうな見た目ですね( ´∀`)
 
そそ、お花がとても可愛らしいですね。
色合いがストライク!です(*´∇`)ノ

投稿: 花mame | 2021/01/27 11:11

☆ tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
地中に豆果ができるなんて、落花生を思い出しますよね。
ヤブマメが落花生と違うのは、地中にできる豆果の場合は花も地中、
という点ですね。どのみち閉鎖花なのだから、地面の中で咲いた方が
都合がよかったのでしょうか。
ヤブマメの名前はよくご存知でしたか。綺麗な花ですよね。
小さな莢は食べたら美味しいかも?と思った方はいらっしゃるようですが、
小さいのにかなり繊維質が硬くて美味しくはなかったようです。
豆も小さいですし。食するには、地中にできる豆の方が美味しいようですョ。
 
お隣空き地から侵入してくる野草はいろいろと。
ですが、そこはキッパリと無情に入場をお断りしています(笑)
でも、こちらから侵入していったものもあるんですよ。
ツルニチニチソウとボタンクサギ (´艸`)

投稿: ポージィ | 2021/01/27 11:37

☆ ヒロ‥の日々(もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
いくつか実っていましたので、中のお豆さんも見させてもらいました。
ヤブマメ、ヒロさんにとってはお馴染みさんだったのですね。
花がほんと素適な色ですよね。
葉も小振りで大人しやかな印象です。実際はかなり伸びて
木々などに巻き付いてもじゃもじゃの藪になりますが。
 
お隣から侵入してくる野草たちは、芽を出した時点で
すみやかにお引き取りいただいています~。特に蔓ものは。
そこは非情でもきっぱりと線引きさせてもらっています(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2021/01/27 11:44

☆ pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ご近所でもご覧になれるのですね~
私も初めて見たときは、何といってもこのお花の美しさに惹かれました。
楚々としていますね。あの花をもう一度、と思ってお隣で蔓延るのを
そのままにしておきましたら、もじゃもじゃの藪になってしまいました。
地上では莢入りの豆、地中では閉鎖花からの豆。検索しましたら、
なんだかヤマノイモのムカゴふうな豆果の写真が見られました。
地上と地中と二つの繁殖方法を持つようになった理由は何でしょうね。
ご近所ではツルマメもお見かけになれますか。大豆の原種といわれますね。
ツルマメとの出会いは、もう十数年も前。記憶も相当薄れてしまいました(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2021/01/27 11:52

☆ 花mameさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ヤブマメ初めてでいらっしゃいましたか。あまりポピュラーではない
のかもしれませんね。私も、何年か前にお隣空き地で咲いたのを見て
初めて知りました。それまでは、葛の葉の小さい物?なんて思っていましたし。
 
若い豆の莢を見ると食べられないかしらと思いますよね。
よく見るとちょっと毛深いですし、実際に食べてみた方の感想では、
繊維質が硬くて…とのことでした。ちびっこいお豆も、小さすぎて
味がよく分からないのに少しえぐみはあるとか。
一方、地中にできるお豆さんは、もっと大きくもっちりとして
美味しかったそうな。写真ではヤマノイモのムカゴみたいな姿と大きさに
見えましたよ。そして、その地中の豆はアイヌの人々の有用食物だったと
書かれているページもありました。
狩猟採集生活中心だったころの遠いご先祖様たちは、どんなものでも
食べられるか否か、どうやったら食べられるようになるかなど、
探求に余念がなかった(必死だった)のかもしれませんね。
 
お花の美しさ、ストライク♡ですか? 共感いただけて嬉しいです~♪
 

投稿: ポージィ | 2021/01/27 12:02

ポージィさん
こんにちは
綺麗な色の花ですね、初見です
白地に紫の模様が、爽やかで上品で美しさです
豆果はサヤエンドウのようで、美味しそうに見えますが
繊維質が多く、美味しくないのですね
そして、地中にも豆が出来るとは、驚きでした
地中の豆は美味しいのですね
地上と地中に果実を作るとは、用意周到の戦術ですね
野草達の戦術は凄いなと思います

投稿: フクジイ | 2021/01/27 13:26

☆ フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
初めてでいらっしゃいましたか。品良く美しい花ですよね。
昨秋久し振りに近くで花を見られて嬉しかったです。
若い豆は小さな絹サヤのようで美味しそうに見えるのですけれどね~
食べてごらんになった方によれば…そういうことのようです。
地中に豆ができる、ということだけなら落花生もそうなのですが、
ヤブマメの場合は花も地中で(閉鎖花)、そこに豆ができるとのこと。
面白いけれど驚きですよね。不思議でもあります~
地中の豆は美味しく食べられるようですよ。
掘ってみる気にはなれませんが(^^;)
花も豆も地中というのは、できるだけ虫や鳥などに食べられない
ための戦術なのでしょうかね~
植物たちの戦術には、見えたり考えたりしているのではないかと
思えるようなものも結構ありますね。ほんと凄いです♪
 

投稿: ポージィ | 2021/01/27 14:33

こんにちは。
たしかにヤブマメは蔓を延ばしている割に花が少ないですね。
地中に閉鎖花があるのでしたか。植物たちも、いろいろ工夫するものですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2021/01/27 14:59

こんにちは。
この植物の名前が判明して嬉しく思っています。
実は、以前鎌倉の道端で出会いました。
花の特徴からマメ科の植物だろうとは思っていましたが
写真だけ撮ってそのままに。
この可愛い姿に「そうそう、これこれ♪」と
その時の画像を見直して納得しました。
ありがとうございます~(^^♪
花後の様子は、ほぉ~、ふむふむ・・・
さすがポージィさんです。
サヤの中まで見る事が出来て凄く満足です^^

投稿: えぷろん | 2021/01/27 15:41

☆ 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
おーちゃんも、花が少ないと感じていらっしゃいましたか。
そう、蔓は旺盛に伸ばしてグルグル巻きになっていますのにね。
地中で閉鎖花をつけて、そのまま豆果まで。
それでは地上で咲かせる花は必要ないのでは?とも思いますが、
それはそれ、きっとちゃんと咲かせる理由があるのでしょうね。
色々面白いです~
 

投稿: ポージィ | 2021/01/27 16:06

☆ えぷろんさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
なんとナント! 以前鎌倉でお会いになっていらしたのですね。
思いがけず、名前判明のお役に立てたとは、何とも嬉しいです。
こちらこそお知らせいただきありがとうございます。
お会いになったとき、やはりこの花姿にお心惹かれたのですね。
品良く美しい花ですよね。
花後のさや豆と中の種も見ていただけて良かったです。
地中にできる豆も御覧いただけると完璧?だったでしょうけれど、
もじゃもじゃの藪の中を掘り返してみる気にはなれず‥でした(^^;)
 
ちなみに、クズも種を取り出してみたことがあるのですが、
同じようにまだら模様があったと記憶しています。
 

投稿: ポージィ | 2021/01/27 16:25

 今晩は。
ヤブマメ可愛いらしいですね。
マメ科の花、葉、大好きです!!
前にコマツナギを見せて下さいましたね。
ヤブマメは地下茎の花で増えるのですか・・
あまり蔓延せず、同じ所でおとなしく
咲いているように思います。
さや豆も綺麗なかたち。種子は赤豌豆みたい??

恥かしいんですが、スィートピーのさや豆
塩茹でしてみた事が・・
2時間頑張って煮たけど歯が立ちませんでした(*_*;

投稿: むう | 2021/01/27 17:56

☆ むうさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
可愛く綺麗な色の花ですよね。久し振りに近くで見ることができました。
マメ科の花や葉、大好きでいらっしゃいますか。分かる気がします~
私はカラスノエンドウ、スズメノエンドウ辺りがかなり好きです。
あ、コマツナギも覚えていてくださったのですね。嬉しい~♪
ヤブマメは地上のお豆さんでも増えますが、地中の閉鎖花でも。
不思議ですが面白いですね。
蔓延りはかなりのものですよ。わが家のフェンスに巻き付いたのは
端っこの方なのでおとなし気な顔してますが、元の方はグルグルに巻き付き
ぐちゃぐちゃに絡まり合ってました~(^^;)
さや豆は毛が生えていなかったら絹サヤのようですし、
種はまだら模様で、仰るようにミニミニ赤豌豆みたいですね。
 
むうさん、スイートピーのさや豆の茹で実験をされたのですか。
わぁぃ 楽しそう (´艸`)
でも、2時間煮ても歯が立たないとは、頑丈な莢だったのですね!
ヤブマメも繊維質が相当硬いらしいですよ~
大切な種を守るための頑丈さなのでしょうね♪
 

投稿: ポージィ | 2021/01/27 18:09

こんばんは♪

ヤブマメ、見た事はある・・・と思う。
でも興味を持って見なかったので・・・定かでは無い!
なんて・・・でも実家跡地の近くにあったと思います。
閉鎖花もあるんですね、そこで調べてみました。
開放花+閉鎖花+地中の閉鎖花の3通りの繁殖方法・・・
あの手+この手+α・・・スゴい?植物なんですね。
私、閉鎖花ってセンボンヤリと一部のスミレくらいしか認識していませんでした。
けっこうポピラーな花でも閉鎖花があるんですね。
今年の目標の一つは「閉鎖花を探せ!」にしてみよう
(忘れなければ・・・笑)

投稿: ロココ | 2021/01/27 21:20

☆ ロココさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ヤブマメはお会いになったことあり、かもしれませんね~
でも、花を咲かせていないと目立ちませんし、
その花も数が少なめ‥のようですから、印象に残りにくいかと。
私、初めてお隣空き地に生えたのを見たときは、てっきり、
クズの小さい葉だと思っていました~(^^;)
調べて下さってありがとうございます。
あの手やこの手で子孫を残そうという戦略、すごいですよね。
そして、閉鎖花だけで完結せず、開放花も咲かせるのにも、
きっと理由があるのでしょうね。
閉鎖花戦略の植物、私が知っていたのはこの他には、
スミレとホトケノザ、キキョウソウくらいでしたが、
想像以上に多いのでしょうね。
おっ!?「閉鎖花を探せ」を目標の一つにされます?
春~ 覚えていらしたらぜひ (*´▽`*)
 

投稿: ポージィ | 2021/01/28 10:08

ヤブマメ、いい色ですねぇ
我が家にもお越し頂きたいけどお越し願っちゃいけない植物のようだ。。
お隣の空き地は虫や雑草などムムムッて思うことも多いでしょうがブログネタには貢献してもらってますよね。
いつも図鑑みたいに詳しい説明がされてて分かりやすいです。

ポージィさんちの幸福の木、居心地良さそうで何度も花開いてお礼を言ってるような。。。
我が家ではうまくいかず申し訳ないことをしたのですが幸せのおすそ分けは今もしっかり頂いてる気がします。
また次回も花開いたらブログで見せてくださいね。

投稿: ちょびママ | 2021/01/28 13:52

☆ ちょびママさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
綺麗な花ですよね~ ヤブマメさん。
でもでも、お庭にはお越し願わない方がよさそうですよ。
このお隣空き地、先代オーナーご存命の頃は畑だったのが、
亡くなってからは自然へと還ってきています。
おっしゃるようにブログネタに大いに貢献してもらっています(^^)
クズの海 とか書くし面倒なことも時にはあるけど、貴重な自然とも♪
現在、この空き地の向こうにあった栗畑が集合住宅のための工事中で、
今年中にはうちから見える景色も大きく様変わりしそうだし、
日当たりもさらに悪くなりそうという、残念なことになってるんです。
このお隣空き地は、お手入れされないままで構わないから、
この先も残っていってほしいです~~
 
幸福の木の花にもありがとうございます。
実は、記事をアップしてしまった後で、ちょびママさんの胸を
痛めてしまったかも…と申し訳なく思っていました。
けれど、こんな風に言っていただいて救われました。
過去のことは気になさらないで下さいね。
私も昨年、一鉢挿し木で更新しようとして失敗。枯らしました。
そういうこともありますよね。
 

投稿: ポージィ | 2021/01/28 14:31

こんにちは。

えぇ!地中で実が成る?!驚きです。
「閉鎖花」という言葉も初めて聞きました。
みんなが知らないところで、着々と子孫を増やすため
自分のすべきことをしてるんですねぇ。
見習わなくちゃなぁ~って、思いました。(苦笑)

それにしてもお花の綺麗なこと。
清々しい色合いですよね。
人の目のつくところでは、綺麗な花を咲かせ、見えないところでは着々と子孫を増やす。
なんて無駄のない人生!(植生?!)
あっぱれですね。^^

投稿: まるかーさ | 2021/01/28 15:24

こんばんは。
ヤブマメ?初めてかな?
マメ科の仲間は、みんな同じような花を咲かせるんですね。
実はサヤエンドウみたい!!
我が家のちらし寿司の中に入れたいくらいです。(笑)
さぞかし美味しいでしょうね。
実をばらまいて、たくさんの子孫を残すより、自分自身で蔓を使って勢力拡大を図るタイプなんですね。
冬の今の姿は??
すっかり枯れてるのかな???

投稿: ソングバード | 2021/01/28 16:47

☆ まるかーささん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは~
 
ビックリですよね (´∀`*)
閉鎖花…花開くことなく自家受粉で完結してしまう花にもへぇ~~
でしたが、さらに地中の閉鎖花で豆が出来ちゃうというのですから、
ますます、へぇぇぇぇ~~でした。多重戦略的とでも言いましょうか。
植物世界も実に面白いですね。また、性転換する植物や魚などもいますし、
生き物の世界は元々実に多様性に富んでいるのだなぁとも思います。
お花綺麗ですよね。そう、まさしく清々しい色合いです。
こういう美しい花も咲かせ種子を作り、一方では地中でも作り、
ヤブマメにとってはどちらも必要で大切なのでしょうね。
ほんと、あっぱれ!です ヽ(^▽^)/
 

投稿: ポージィ | 2021/01/28 17:49

☆ ソングバードさん、ありがとぐおざいます ♪
 
こんばんは
 
初めての可能性大でいらっしゃいますか。
マメ科でもミモザのような花もありますが、ヤブマメの花は
いかにもマメ科らしい、という花形ですね。
豆果はサヤエンドウみたいに見えますでしょ。美味しそうに。
でも、実際調理して見た方によると、繊維質が硬くて美味しくは
なかったようです。ちらし寿司には入れない方がよさそう~(笑)
開放花で実ったものも、自家受粉で実ったものも、両方で
子孫を増やそうという戦略ですね。
1年草とのことで、冬の今はすっかり枯れています。
でも、きっと、ばら撒かれた豆も地中にできた豆も、じっと春を
待っていることでしょう。
 

投稿: ポージィ | 2021/01/28 17:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の実りとの出会い | トップページ | ツワブキ見っけ!…からのほっこり »