« 2021年 ブログ事始め | トップページ | 秋の実りとの出会い »

2021/01/13

5度目の幸福 咲いた

今日の更新は、ストック記事から、昨秋の実りや紅黄葉をチョイスしようかなとも

思いましたが、もう少し新しい12月の記事をアップすることにしました。

秋の実りや紅葉は、遅くなりついでにさらに遅く、またにしましょ (´ー`)ゞ

 

さて、2020年12月半ば、わが家の「幸福の木」が5度目の花を咲かせました。

   1回目 : 2007年2月

   2回目 : 2009年2月

   3回目 : 2013年3月

   4回目 : 2019年5月   そして   5回目 : 2020年12月

 

わが家へやってきてから、30数年。 あまり植え替えもしてもらえないまま、

時折り花咲かせるのは、苦しいよ~ 植え替えて~ という声なき叫びでしょうか。

そうかもと思いつつ、昨年はクローンの鉢を更新しようとして失敗、

一鉢枯らしてしまった後だっただけに、1年半ぶりの花を単純に嬉しく思って

しまいました。

 

当ブログの過去記事を覚えて下さっている方も、幸福の木の花は初めてという方も

5回目の花の様子を見てやってくださいませ。

 

201209dracaena_fragrance_massangeana

天辺に蕾が顔を覗かせているのに気付いたのは 11月下旬のこと

花茎は日に日に生長 最終的には40㎝ほどに伸びました

ひとつひとつの蕾も少しずつ膨らんできて 開花目前です (12/9 撮影)

 

 12/14 開花がはじまり…

 

201216dracaena_fragrance_massangeana5

ここからの写真は いずれも開花2日目 12/16 の撮影です

 

開花が始まるのは 夕方5時ころ ~ 夜にかけて

『夜の花』 なのですょ

201216dracaena_fragrance_massangeana6

2~3輪でも咲くと とたんに強い芳香が立ち込め始めます

幸福の木の本名は「ドラセナ・フラグランス ❛マッサンゲアナ❜ 」

その名の通り 強い芳香を持つ花です

これほど強い香りなら はるか遠くにいる虫も気づくことができるでしょう

決して臭くはなく芳香なのですが 過ぎたるは及ばざるがごとし?

(甘さの中にスパイシーさを併せ持つような大人な魅惑の香り)

部屋の中では 気持ちが悪くなるほどで 夜毎しばし忍耐の日々

201216dracaena_fragrance_massangeana3

201216dracaena_fragrance_massangeana4

花弁:6  オシベ:6  メシベ:1

花1輪の直径は 1㎝ ほど

一夜限りの花で 翌朝には萎んで茶色くなります

なので 日を追うごとに枯れ花が汚く見えるようになり

見た目の美しさは 開花から2日目・3日目あたりが ピークかと思います

201216dracaena_fragrance_massangeana7_cu

そうそう まだ蕾の頃から 無色透明でねっとりとした蜜が滲み出てきます

写真の右方真ん中あたりの 蕾の付け根の透明なものが蜜です 

201216dracaena_fragrance_massangeana9

蕾の淡いグリーンも 開いた真っ白な花も 美しいです!!

香りに喉をやられそうだけど (^^;)

201216dracaena_fragrance_massangeana8

今回も 強烈な香りに耐えつつ (´艸`)

滅多に見られない 「幸福の木」の花 堪能させてもらいました

 5~6日で ほぼ全部咲き終わったのを見届けて

花茎の付け根で切り取りました

 

春には植え替え 忘れないようにしなくっちゃ 💕

 

 

 ◇ 1/4~山口へ行って諸々片付けていた夫は、帰宅予定日の飛行機が雪で

   欠航となりましたが、翌日は飛んでくれて、1日遅れで無事帰宅となりました。

   往きの飛行機は乗客43人、帰りの飛行機は乗客10人だったそうです。

   航空会社も大変!

   2月の2週目には、またあちらの車の車検などで行かねばなりませんが、

   それまでに、家周りに積もってガチガチに凍った雪が融けているか、

   また雪が降ったらどうしようと、今から心配しています。

 

  

| |

« 2021年 ブログ事始め | トップページ | 秋の実りとの出会い »

コメント

こんにちは♪
 
なかなかお目にかかれないお花なので楽しませて頂きました(*´∇`)ノ
枯れ花のないあたりがピークとおっしゃるのはよくわかります。
黄緑のツボミ、真っ白のお花だけある時がやはり美しく見えるのでしょう。
かと言って、茶色くなった枯れ花をマメに取るのも難しい話ですし
取ったとしても、可愛らしい丸い形が崩れてしまいますものね…。
良いものを見せて頂き、ありがとうございました。
 
ご主人、大変でしたね。
また行き来がある様子、更にお仕事もお忙しいでしょうから
どうぞ休める時はゆっくりとくつろいでもらってくださいね。
ポージィさんもご自愛の程。

投稿: 花mame | 2021/01/13 11:19

☆ 花mameさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
今日は日差しが出て、お日様の温もりのありがたさを感じています~
 
咲くことが良いのか悪いのか、悩ましいところではありますが、
毎年見られるわけでもないのでやっぱりちょっと嬉しいです。
この花、かなり蜜がべたべたで、毎日大量の枯れ花を取るのも難しく、
そのままにしていると、見た目は日を追うごとに残念な姿になります。
蕾と咲いたばかりの花だけ、枯れ花が目立たないときは素晴らしく
美人さんなのですが(^^;)
ともあれ、花mameさんにも楽しんでいただけて良かったです~♪
 
お優しいお言葉ありがとうございます。
夫は、帰宅後1日だけの休みは頭痛が起きてしまって残念がっていました。
気が抜けたのか、私との生活が戻って緊張したのか??(≧∇≦)
無理して体力落とすのは、体の抵抗力や免疫力低下にも繋がりますから、
今のご時世、特に心して避けたいものです。気を付けますね♪
 
 

投稿: ポージィ | 2021/01/13 12:27

 そうですか・雪が・・・。
こんにちは~。

 いや~・やわらかな緑色、いいですね~♪
そうでしたか、数年おきの開花。
そして香り、そうですかそんなに強い。。
 時には庭に出しても・・、いい香りが周辺に・・。

 この白い花の雰囲気、何とも言えませんね~。
そして次々に開いてくれて・・・。
※そうそう・みんなを引き寄せるのは花の香りに、蜜もでしょ?
 そうしますと人間も香りに寄せられて、蜜も当然口にできるのでしょうか?
 どんな味がする・・・?

 そして氷・雪。
 ポージーさん宅地域は雪になったのですね。
ラッキーなことに、さいたま方面は雨でした。
 それに山口、そうですか雪!
飛行機も・・・、乗客も・・・。
 そうですねCAさんも色んな職種に・・、大変ですね。
ご主人様、良かったですね(一日遅れだけで・・)。

※こちらの雪はまだまだこれから、どうなることやら・・。。
何だか、今年は積雪・ありそうな・・・。
 ヒロ・・でした。

投稿: ヒロ‥の日々(もんたの一年) | 2021/01/13 13:19

こんにちは。

「幸福の木」は他では見たこともなくポージィさんのここでだけです。きれいきれい!
13年間に5回目だそうで、どのような基準で咲いているのかわかりませんが、次に見させていただくときはまた忘れています。つまり過去の花の様子を忘れていますから何度でも新鮮な気持で鑑賞です。
香がわからないのが残念ですが。

ご主人様無事お帰りで良かったですね。
車検があるということはまだ車が向こうにあるということなのですね。
帰りの飛行機10人ですか。飛行機も新幹線も在来線もバス会社も船会社もみんな大変ですね。取り上げられるのが飲食関係や宿泊、お土産屋さんが多いので、まだまだ大変なところもいっぱいありますし、思いがけないことや工夫で大きな利益を上げて笑いが止まらないところもあって考えさせられます。

投稿: tona | 2021/01/13 13:31

☆ ヒロ‥の日々(もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
今回は1年半ぶりの開花と相成りました。間がちょっと短めでしょうか。
淡いグリーンの蕾に、透明感のある真っ白な花、美人さんですよね。
ハワイなどでは屋外で生息している木ですが、寒さに弱いため
冬は屋外では絶対に無理なのです。室内でも、いちど冬の帰省の折に
暖房無しが数日続いたことで枯れそうになったことがありました。
それに、大きくて持ち上げ移動も大変な労力でして…
それで植え替えもついつい怠りがちになっています。
蜜はまだ蕾の内からどこからともなく滲み出てきますが、
その時は香りはまだしないんですよ。味見は…ちょっと舐めてみようかと
思いつきもしませんでした~~
 
いえいえ、昨日はわが家の辺りは雨でしたよ。
東京も初雪観測、横浜市内でも雪だった地域もあるようですが。
ヒロさんのお住まい辺りも雨だったのですね。
各地に豪雪を降らせた年明けからの大寒波で、山口もいつにない
積雪になりました。車にチェーンは無い、雪掻きの道具も長靴も無いで、
夫は3日ほど閉じ込められていました。食料も滞在日数おほぼぎりぎりしか
用意していなくて、あやうく飢えるところでした。大丈夫でしたけどね。
 
この冬の積雪はどうなるでしょうね。このまま低温傾向が続くと、
南岸を低気圧が通った際、南関東も積雪の可能性が高まりそう。
積雪しないで欲しいものですが、分かりませんね。
 
 

投稿: ポージィ | 2021/01/13 13:50

☆ tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ココ以外ではご覧になったことありませんか?
そう言っていただくと、今回もアップして良かったなーという気持ちになります。
何回か花が見られたのは、幸福の木が長生きしてくれているおかげですね。
でも、ほんと、咲く周期は法則性が見出せなくてわかりません。
植え替えたとか、大きくなりすぎて先端を切ったとかも関係するでしょうしね。
香りというのは言葉で伝えにくいものですね。甘いだけの香りではなく、
エキゾチック、スパイシーで大人っぽい香りだと思いますが、
やっぱり伝わりませんね(笑)
 
夫はおかげさまで無事帰ってきました。
あちらで雪に閉じ込められるというハプニングはありましたが。
車は、あちらの家の辺りも車がないととても不便で、COPDの義父は
バス乗り場やタクシーが来てくれる場所のちょっとした距離を歩くのですら
ゼーハー息苦しくて‥という状態でしたので、超高齢にでも
今回の入院前までは運転していたのです。こちらから行った際にも
車がないと不便なため、まだ置いておきます。
 
帰りの飛行機10人にはびっくりですよね。
本当に広く色んな仕事で影響が大きいコロナ禍ですね。
かとおもえば、仰るように大きな利益に繋がったところもあり、
これまでの常識が大きく覆され、社会の大きな変換が突如として
襲ってきた感です。
 
 

投稿: ポージィ | 2021/01/13 14:04

大変ご無沙汰しております。名前を変えまして名無しのネコと致しました。今年も宜しくお願いいたします。

偶然でこの記事を拝読。思わずコメントを入れてしまいました!今我が家では、3年ぶりに「幸福の木」が開花しております。先綻び始めて3日目に当たる今日あたりまでがピークでしょうか。会社の方に頂いてからもう20数年経ちます。私が実家に不在の折には、生前母がこの木の面倒を見てくれてました。私自身、この花を見るのは2度目。母とは一度たりとて「幸福の木」の花について話を聞いたことありませんでした。私も花がつくことさえも知りませんでした。でもきっと私の知らないところで花は咲き、母を喜ばしてくれていたことでしょう。

我が家では昨年大きな鉢に植え替えました。どんどん伸びていきます。どこかで挿し木をした方が良いのでしょうか?勇気入ります。もしよろしかったらアドバイスお願いします。

投稿: 名無しのネコ | 2021/01/13 14:52

こんにちは♪
今日はこちらも少し気温が上がりました。
家前の道路は見事に除雪されて、きれ~いになっています。

以前のポージィさんの幸福の木の開花は覚えていましたよ。
ただ、どの年かは覚えていないのだけれど・・・。
私も今の家に来てから、小さな幸福の木を買いましたが、枯らしてしまいました。
名前が名前だけに、相当ガッカリした覚えが・・・。
ポージィさんのは30数年ですか・・・スゴいですねぇ。
我が家の最古参はパキラです、小さな小さな鉢植えでした。
我が家の歴史と共に生きてきた木ですが
居間の特等席で?生かさず殺さずの状態です。
大きくなると置く所に困るので、数年に一度は剪定します。
ポージィさんの幸福の木はどの位の大きさになっているのでしょう?
30年以上だから相当に大きく育っているのかな?

投稿: ロココ | 2021/01/13 15:00

こんにちは。
久しぶりに幸福の木が咲いたのですね。室内なので季節は年によってまちまちなのでしょうか。
かなりの香りのようなので鼻の弱い私でも感じられるかもしれません。
ご主人は何度も往復で大変ですね。お体に気をつけられますよう。
10人とは航空会社も大変な状況。早く元通りになって欲しいです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2021/01/13 15:18

ポージィさん
こんにちは
“幸福の木”は、頭の片隅に残っていましたが
どんな形の花なのかスッカリ忘れておりました
綺麗な上品な色ですね
幸福の木は、花屋さんでしか見たことがなく
しかも、細い竹のような木のイメージしかありません
観葉植物とばかり思っていたので、花が咲くなんて思いもしませんでした
花が咲くようになるまで、20~30年かかるのでしょうか?
今、どれ位の太さ・高さに育っているのですか?

ご主人は、大変でしたね
来月にも、行かれるのですね
その時は、雪が降らないことを祈らなければいけませんね

投稿: フクジイ | 2021/01/13 16:48

☆ 名無しのネコさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
今年もよろしくお願いいたします。
名無しのネコさんには、以前にコメントいただいたりしたことがあるのですね。
一生懸命考えたのですが、元のお名前どなたなのかが分からなくて
ギブアップです。ごめんなさい。
お返事内容に失礼があったらお許しください <(_ _ )>
 
名無しのネコさんのお宅では、ちょうど今幸福の木が開花中なのですね。
今まさにいちばん綺麗な時。2度目の幸福の木の花との出会いを
楽しんでいらっしゃるでしょうか。
会社の方からプレゼントされた幸福の木、という経緯、同じです。
わが家のも長いですが、名無しのネコさんのお宅の20数年も長いですね。
これだけ長くなると、家族の歴史を見守ってくれているような
気がしてきます。
お母さまがお世話されていた間にも花咲かせたことがあったのかしら。
できるものなら、木に聞いてみたいですね。
昨年植え替えられてすくすく生長している様子に、伸び伸び心地よい
木の気持ちが感じられるようです。
わが家のものは、あまり大きく育って天井に届かんばかりになったときは
さすがに切って、切った幹を分割していくつか挿し木をしました。
昨年行ったものだけはなぜか失敗してしまいましたが、
他は全部成功しましたから、成功率は高いのだと思います。
名無しのネコさんのお宅の幸福の木は元気いっぱいですから、
成功されるような気がします。万が一失敗でも、残っている元気な元木が
またぐんぐん伸びてきてくれるはず。でも勇気はいりますね。
ご参考までにリンクを貼っておきますね。挿し木をされるときは成功しますように。
https://horti.jp/4026
 
 

投稿: ポージィ | 2021/01/13 17:25

☆ ロココさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
少し気温あがりましたか。除雪もされてヤレヤレですね。良かったです。
まだ地域によっては大量の雪が残っていて、にっちもさっちもいかない
という状態のところもあるようですね。
 
以前アップした花、覚えていてくださいましたか~(^^)
ロココさんのお宅では枯れてしまったご経験が…
そうですよね、名前が名前だけに思いは複雑です。
丈夫なイメージですが、昨年は挿し木に失敗してしまいました。
大分弱っていたので、もう芽も根も出す元気がなかったのかもしれません。
ロココさんのお宅で、ご家族の歴史を見てきたのは「パキラ」なのですね。
長くともにあると愛着も増しますね。
わが家のも、いただいたときはこんなに長い年月を共にするとは
思ってもいませんでした。
 
 

投稿: ポージィ | 2021/01/13 17:45

☆ 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
はい、今回は1年半ぶりの開花でした。
背丈が延びてきたら適当に剪定したり、部屋の中の環境もその年で違ったり、
などなど育てる方も一定していないからか、花が咲くのも不定期です。

臭いを感じられるのが苦手とのことですが、まったく臭いがしない
というのでなければ、お感じになれるかもしれません。
狭い部屋の中だとかなり強烈で濃厚な香りですから。
 
夫へのご心配ありがとうございます。今後も毎月行かないといけないかなぁ
と言っています。春から夏にかけては様々な税金や健康保険料なども
ありますし、それ以外にもあるかもしれませんし。
乗客数10人は気の毒な数字ですよね。
コロナ禍は様々な業種に波及して苦しめられている方も多いです。
ほんとうに一日も早く収束してほしいものです。
 
 

投稿: ポージィ | 2021/01/13 17:53

☆ フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
「幸福の木」は観葉植物としてひところ大人気で、耳にされる機会も
多かったかもしれません。花は目にする機会が少ないですものね。
わが家では、今回は1年半ぶりの開花でした。
久し振りに見た花はやっぱり美しかったです。
幸福の木はドラセナの一種ですが、観葉植物としての扱いですから、
花はあまり知られていませんよね。意識せずに育てていて、
ある時花が咲いて、あらビックリ!わが家もそういう感じでしたよ。
もちろん原産地では毎年のように咲くものなのでしょうけれど?
フクジイさんがご覧になった細い竹のような…というのは、
ミリオンバンブーと呼ばれるドラセナのことかもしれませんね。
 
うちの親株は途中で何度も切ってますから… もし切らずに放っておいたら
1階の部屋の天井の高さを超えてさらに大きくなっているかも。
太さは、根元が直径7㎝ほど。30年超えているにしては細いですよね。
これも、まめに植え替えをしていたらもっと太くなっていた可能性
ありだなと思います。
 
  

投稿: ポージィ | 2021/01/13 18:05

 今晩は。
これが噂の幸福の木(^^)/
初めてです!!
花は滅多に咲かないと聞いていましたし。
5回目って凄いですね。
幸福の花の匂いってそんなに強いんですか~
その匂いにひと夜どっぷり浸かってみたいです♪♪

蜜の所為で花が散り渋るのですか・・
日本の詩歌では散る、こぼれる、崩れる、
枯れる、萎れるがあるけれど
そのどれにも当てはまらないんですね・・

このトシまで生きて知らない樹木、草花ばかり。
また、教えて下さい_(._.)_
地球上の生き物のかたち、匂い
一杯知りたいです。
目ン玉黒いうちに(∀`*ゞ)エヘヘ

投稿: むう | 2021/01/13 18:13

☆ むうさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
おぉ♪ 幸福の木の花、初めてでいらっしゃいましたか。
日本で観葉植物として育てられていると、滅多に咲かないかもしれませんね。
うちのは30数年で5回目ですが、原産地に近い環境で育てられたとしたら、
どのくらい咲いたのでしょう。原産地では毎年咲くのかもしれませんね。
香りは、かなり濃い香りですよ。一夜どっぷり浸かられたら、
翌日は他の香りが感じられなくなるやもしれません(´艸`)
 
散り渋る…蜜のせいばかりではないかもしれませんが、
落ちにくい感じです。散る・こぼれる・崩れる・枯れる・萎れる
の中では、萎れるが最も近い思います。
(日本の自然を表す言葉は豊かですね♪)
 
自然界のことは知らない事ばかりですね。
私が目にするものもごくごく一部ですし、毎年同じようなものを
ぐるぐる巡るばかりです。その中でむうさんがご存じないものは
はたしてあるかどうかわかりませんが、これからも自然界の生き物たち
楽しんでいきたいものです(*^.^*)
 
 

投稿: ポージィ | 2021/01/13 20:19

こんばんは。
私、幸福の木に花が咲く事も知りませんでした。
拝見させて頂いて凄く嬉しいです、ありがとうございます(#^.^#)
30数年も共に過ごしたら、家族同然ですよね(笑)
開花した時期を拝見すると、毎年では無いし・・
開花のサイクルが決まっているわけでは無いのですね。
そうなると開花した時の喜び、すごく共感できます(^^♪
蕾の淡いグリーンと白い花、とても美しいです。
蜜も見つける事が出来ましたよ。
この蜜にも役目があるのですね。
開花時間も夕方とは、チョッと大人びていて、謎めいていて・・
余計に魅力度アップです(^_-)-☆

ご主人様も無事に帰宅されてホッとされた事でしょう。
今年は積雪の被害が多いですものね。
来月には、この宣言による諸々が少しでも落ち着いていればよいですね。

投稿: えぷろん | 2021/01/13 21:14

☆ えぷろんさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
幸福の木の花、初めてでいらっしゃいましたか。見ていただけて良かった~♪
日本では観葉植物としての扱いですから、花が咲くかも~とは
あまり考えませんよね。それが長く育てるうちにある時 んん?蕾???
と、驚きの発見をしたのが、最初の開花の時でした。
他の植物は短命で枯らしてしまうことも少なくないのに、
この幸福の木は長ーく私のいい加減なお世話に耐えてくれています。
そうですね、ここまで長く共に過ごすと家族みたいです(^^)
開花サイクルが不定期なのは、天井に届きそうになってバッサリ切ったり、
思いついたように久し振りに植え替えてみたり、冬に留守して
寒い環境におかれたり…と、こちらのお世話も不定期に変わるせい
かもしれません。その分いつ現れるか分からない蕾を再発見した時は、
ちょっと感動が大きいです。
蕾と開花の花、美しいですよね~ 色々ご共感いただけて嬉しいです(*´▽`*) 
蜜も見つけて下さいましたね。まだ蕾のうちから滲み出てくるのですョ。
ねっとりした蜜。その時は香りはありませんが、人が感知できないだけで、
ゆるりと虫を呼び始めているのかもしれませんね。
夕方から夜に咲く花には、どことなく神秘性と魅惑を感じますね。
原産地ではどんな虫さんたちが集まるのか見てみたいです。
 
おかげさまで、夫も無事帰宅しました。無事を祈っていただき
ありがとうございました。
本当に、諸々、落ち着いていくと心配も少しは減るのですけれどね。
 
 

投稿: ポージィ | 2021/01/14 09:58

おはようございます!

今日はまた3月下旬の頃の陽気になるとか・・・
このまますんなり春に向かうはずもなく 一時の幸せでしょうかね~
これから雪が降ったりしてすごく寒かったりしそう~~

ドラセナのお花またまた咲いたのですね。
お勤めしていたころ このお花が咲くとオフィスに持ってきてくださる方がいて ”このお花の香りが一番好き! ”とか言っていらっしゃったことを思い出します。
ポージィ さんがおっしゃるように過ぎたるは・・・ですけどね。

我が家にもサンスベリアの仲間が毎年今頃 花を咲かせてくれますが 夜 その香りはきつくって・・・お気持ちよくわかります。
一つはトイレにあるのですが もうひとつはリビングに!
そのリビングには 冬至梅が満開でこれまたいい香りを放ってくれています。
ウメの香りは上品ですが そばに行くとやはりむせ返るような香りがしなくもありません。でもこの香り 嫌いじゃないので 私的には花の香りの中でもおそらくピカイチかもしれません。
おまけに白の一重なので 幸せ気分いっぱいです~~
サンスベリアが開花するころには 散ってしまうかもしれませんが・・・
コロナも驚くほどの感染者数で怖いです。
旦那様ご無事でお戻りでよかったですね。
まだまだ増えそうで本当に怖いです。なのに街中は人がいっぱい歩いていますよね~
若い人たちには伝わらないメッセージ!
なんとかならないでしょうか・・・

投稿: pole pole | 2021/01/14 10:38

☆ pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは~
 
今週はこの後、気温が上がったり下がったり目まぐるしいような予報。
今日はひとときの春~でしょうね(^^;)
今冬のこれから後の気温や積雪の事、私も心配です。
あんまりいじめないでくれると良いのですけれど…
 
幸福の木の花、そうなんです、またもや咲きました。
pole poleさんには1回目から見ていただいているかもしれませんね。
わ…この香りがいちばん好きと仰ってオフィスに花を持ってこられる方が。
広ーいオフィスなら、香りも薄まってちょうどいい塩梅になるかしら。
わが家の狭い部屋の中では濃厚すぎて、ケホケホ状態でした。
pole poleさんのお宅ではサンスベリアが咲くのですね。やはり強芳香ですか。
今は冬至梅が満開とは素適です。今年はまだ梅の花を見ても嗅いでも
いなくて。ウメの香りはドラセナの香りと比べるともっと爽やかな
感じの甘さかな‥と思います。ウメの香が pole poleさんにとっての
No.1の香りですね♪ 私は何かなぁ???
 
コロナ感染者数はどんどん凄いことになってきましたね。
数字にだんだん麻痺してきそうなくらいです。
夜8時以降はダメなのであって昼間ならいいんでしょ?とか、
なんだか本質を見ていない方もいるようで…
軽症で済んだ方でも後遺症で長く苦しむ場合もあるとか、
無症状でも誰かに感染させて相手の人の人生を変えてしまうこともあるとか、
そういったことを一人一人がきちんと自覚しなくてはですね。
 
 

投稿: ポージィ | 2021/01/14 12:05

おはようございます。
「幸せの木」、そういえば以前、流行ったことがありましたね。
我が家にも、確か1本あったような気がしますが、どうなったのやら・・・・今はありません。
それにしても30年とは・・・・すごい!!
そろそろ孫が生まれてもいいころですよね。(笑)
花が咲くのも定期的ではないようですが、それだけに咲いた時の喜びは大きいかもしれませんね。
こんな可憐な花から強烈なにおいがするとはとても想像できませんん。
やはり熱帯系のの遺伝子を持ってるのでしょうか?

投稿: ソングバード | 2021/01/15 07:01

☆ ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
わが家のものをいただいた頃「幸福の木」すごく流行ってました(笑)
それでちゃっかりリクエストしていただいたのが、想像以上に長生きして
くれています。
ソングバードさんのお宅にも存在したことあったのですね。
ウフフ そうですね、30年ともなれば孫が生まれてもいいころ(*´艸`*)
だいぶ前に「子」は何鉢か。昨年、その「子」のうちの一つから
挿し木更新しようとして失敗。枯らしてしまいました(;_;)
よって「孫」はいないままなのです~。とはいっても皆クローンですが。
剪定や植え替えなどお世話が不定期なので、開花も不定期なのでしょうね。
たまに咲くときは嬉しいです。ただ香り強すぎなのが…
くさい嫌な香りじゃないのですが、香水を一瓶いっぺんに振りかけて
しまったのと同じように濃厚すぎてケホケホ。
でもきっと、原産地で屋外で咲いたものは、辺りに芳香を漂わせ
ちょうど良い塩梅なのでしょうね。
 
 

投稿: ポージィ | 2021/01/15 10:05

こんばんは(*^^*)

幸福の木何度も咲かせるなんて凄いです。
うちは1回だけ咲いた事がありますけど、植物を育てるのが苦手なので、あれから家に植物がないです。
幸福の木って滅多に咲かないから、とっても嬉しいんですよね!(*^^*)

投稿: 弥沙 | 2021/01/16 19:58

幸福の木、の花は初めてみました。
何か幸せのお裾分けを頂いたみたいで、有難いことです。

私は過去に2度ほどガラスのコップ?に入った幸福の木を買いました。毎日水やりしてましたけど、育たないまま枯れちゃいました。幸福には縁が無いのでしょう。💦
そうですか、こんな木が咲くんですか。写真だけでも見れて嬉しいです。m(__)m

投稿: ハル | 2021/01/17 07:13

☆ 弥紗さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは~(^^)
 
長~い年月生き続けていてくれているおかげで、花も何回も
見られているんですね。お世話も気まぐれなので咲くのも不定期ですが
咲くと、匂いがキツイ~と文句言いながらもやっぱり嬉しいです(笑)
弥紗さんのお宅でも咲いたことがあるのですね。
私も鉢物を結構枯らしてしまうことが多いのですが、
幸福の木とは相性がいいのかなと思っていました。
でもそこに慢心もあったのか、昨年は一鉢枯らしてしまって、
ちょっとショックだっただけに、よけいに親株の開花が嬉しかったです(*^。^*)
 
 

投稿: ポージィ | 2021/01/17 15:18

☆ ハルさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
初・幸福の木の花でいらしたのですね。なかなか美しいでしょ♪
香りも一緒にお届けできると良いのですけれどね。
ガラスのコップ入りの幸福の木…
ハイドロカルチャーに植えられたものだったのかしら??
枯れてしまった原因は、多分毎日の水遣りかと。
可愛くて心配で、水を欠かしてはいけない…という愛が、
かえって仇になってしまわれたんじゃないかと思います。
幸福の木は少し乾かし気味にして、寒すぎに注意して育てると
良く育ってくれると思います。
枯れちゃったからといって幸福に縁がないなんてことありませんよ~~
 
 

投稿: ポージィ | 2021/01/17 15:27

 こんにちは

暖かく春みたいな陽気になったり、冬に逆戻りしたりで、体がついていけません。
このまえ、そちらは雪が降ったのですね。こちらは寒かったけど降らず終い。
 相変らずコロナは猛威を振るっています。そのため、多くの企業が苦境に陥っています。
非常事態宣言発令下にも拘わらず、人の動きは減らない。コロナ慣れ、それとも諦め?
今日のテレビでオリンピックがまた怪しくなってきました。

 幸福の木とか、セフィニアなどめったに見られないものの花がよく咲きますね。
いままで見たことはありません。珍しいものを見せていただきました。
 竹の花はめったに咲かず、一生に一度咲いたら枯れてしまう。
ハッピーなのか否か?

投稿: 夢閑人 | 2021/01/18 11:17

☆ 夢閑人さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
この数日は気温が目まぐるしく変わりますね!
はや、季節が春に向けて動き始めているのかしら?とも思いますが、
まだまだ寒い日は多そうですね。
 
年明けの厳しい寒波の折、わが家付近でも雪は降りませんでしたよ。
横浜市内では降ったところもあったようですが。
山口に行っていた夫は、10㎝超位の積雪に予定していた帰り飛行機が
欠航して帰宅が一日延びたりと、ちょっと難儀させられました。
 
新型コロナは、再びの緊急事態宣言後もあまり改善g見られませんね。
けれど、打撃を受けて苦境に陥る方々は確実に増えていますね。
密を避けること、飛沫を飛ばさない事、手指の消毒等を徹底すること、
これを行っていくしかないのでしょうけれど、無頓着な方は
無頓着のままのようで。どうなっていくのか見通せませんね。
 
幸福の木は、何十年も枯れずにいてくれるので、その間に5回目の
開花と相成りました。もう大分古株ですが、原産地では樹の寿命は
どれくらいなのだろうと、そろそろ気になってきました。
そうそう、仰るように長い一生のうちに1度きりしか花を咲かせず、
咲いた後には一生を終えて枯れる植物もちょこちょこありますね。
植物の一生も様々ですね。
 
 

投稿: ポージィ | 2021/01/18 11:38

こんにちは。
幸福の木に花が咲くって、ものすごーく良いことがこれからおきそうです~。
それにしても、香りがそんなに強いとは・・・。
生きていく知恵なんでしょうねぇ。

2回目の緊急事態宣言がだされ、なんとなく低空飛行なアタシですが幸福の木のお花から幸福のお裾分けいただきます。アタシも生きていくのに知恵つけないと~。(笑)

投稿: まるかーさ | 2021/01/18 12:57

☆ まるかーささん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは(*^。^*)
 
何せ「幸福の木」と名付けられていますものね。
それに、たまにしか咲かないだけに、ラッキー♪感強しです。
イイ香りなんですよ。ただいかんせん部屋が狭すぎます。
だだっ広い30畳くらいのお部屋だったら、ほんわか香ってくる程度に
なるかもしれませんね。原産地では、夜の闇に向けて遠く香っていって
虫さんを呼び寄せているのだろうな~と想像すると魅惑的です♡
 
まるちゃんのブログの新しい記事もいま拝見してきました。
非常事態宣言も発出だし、感染者数減らないし、寒~いし、
ちょっと低空飛行になちゃうのも無理ないですよね。
(私は寒さにもうヤダー!!ってなってます)
でもね、ご自分でも書いていらしたけれど、出来なくなったことを
数えるのではなくて、こんなだからこそできること出来たことに
目を向けましょ、お互いに。
お正月のお料理を作られて黒豆が上手にできたことなんか、
その最たるものと思いましたよ。ヤッター!ってヽ(^▽^)ノ
 
 

投稿: ポージィ | 2021/01/18 13:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021年 ブログ事始め | トップページ | 秋の実りとの出会い »