« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021/04/28

春景色 ~ 草花編 ~

25日から26日にかけて吹き荒れた北風に、蔓バラの長い枝がへし折られ、

仕方ないので切り取ったところ、蕾が20個以上も付いていました。

枝分かれごとに短く切って全部花瓶に挿したが、まだ緑の硬い蕾がほとんど。

咲かないでしょうね‥多分。 う~~~ん 残念です。

ちゃんと天気に気を付け用心しなかった自分が悪いんですけれど(;_;)

💠・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・💠

 

さてさて、足早に駆け抜けていった春の花たちを振り返る、季節の振り返り。

前回の 春景色 ~ 木の花編 ~ に続きまして、今回は ~ 草花編 ~ です。

なんてことないシーンばかりですが、未掲載写真を並べました。

 

 

210319nirinsou

「ニリンソウ」 大好き♡

公園内の 林床 という感じの場所に

1.5畳分くらい群生していました もっと広がるといいな

 

 

 

210319tatitubosumire

「タチツボスミレ」 可愛いですね♡

スミレの仲間の名前には自信がありませんが 名札がありました (´艸`)

 

 

 

210319nemophila1

「ネモフィラ」 爽やかな美しい色!

もう少し咲いているかと期待していましたが

このときは まだちょっぴりでした

 

 

 

210319tukusi2

「ツクシ」

出てきたばかりの子から 胞子を飛ばし終わった子まで

みんなで ダンス ダンス ツクシのダンス ♪♪

 

 

 

210319hyacinthus1

「ヒヤシンス」

わが家で長年植えっぱなしのヒヤシンスは

原種に戻ったかのように 花数が少なくなりました

でも こんな素朴な姿もいいな と思うのです

 

 

 

210223_grand_monarque1

「スイセン」(グランド・モナーク)

お隣空き地に 勝手に生えてきて毎年咲くようになったスイセン

今年も楽しませてもらいました(2月下旬)

210223_grand_monarque3

 

 

 

210319suisen

「スイセン」 (品種名??)

(追記:クチベニズイセンの一種のようです~)

こうした遅咲きのスイセン が咲き始めると

春も本番だなぁと感じます

でも 今年はこれらも咲くのが早かった~

210319suisen_christmasrose1

「スイセン」と「クリスマスローズ」 コラボ ♪

 

 

 

210319nanohana4

「ナノハナ」 (品種??)

こちら→  の記事のラストに登場した

あの小さかった「ナノハナ」たちがすっかり生長して

綺麗に花咲かせた姿です

210319nanohana3

 

 

これにて 春景色 ~ 草花編 ~ お終いです。

たくさんの写真にお付き合いいただきありがとうございました (*´∀`*)

 

花は、本物を見るのはもちろんのこと、ディスプレイの画像を見るだけでも

ストレスが軽減することが実証されたそうで…

つたない写真ではありますが、もし、ちょっぴりでもお役に立てていたら、

そんな嬉しいことはありません。

💠・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・💠

 

明日から夫の仕事が連休に入ります。 連休中は例年通りハナモモ剪定をしたり

普段後回しになっている、家のあれこれ諸々を片付けたり、溜まっている録画を

観たりして過ごすと思います。 ということで、私も 恒例の春休み に~ (´∀`)

皆さまのブログへのご訪問コメントをお休みさせていただきますこと、

お返事コメントが遅れそうなこことを、ご了承くださいませ。

 

| | | コメント (20)

2021/04/21

春景色 ~ 木の花・編 ~

今年、花の季節は駆け足でどんどん進み、平年より2~3週間は先行している

ように感じます。友人が、このままいくと初夏に咲く花が無くなるのでは?と

心配していましたが、私もおんなじことを思っていましたょ (^0^;)

 

記事のアップは、とうに置いてけぼりで、ご多分にもれず “季節の振り返り”。 

急ぎ足で通り過ぎて行った春のシーンをゆっくり味わい直してみることと

いたしましょう。 私がカメラを向けたもの限定ですけれど。

今回は木に咲く花たちです。

 

 

210319momiziitigo1

「モミジイチゴ」  キイチゴ(木苺)の仲間です

何年振りかの出会いでした

俯いて咲くので 下から見上げて やっとご対面

実が生るころにも また見に行けるといいなぁ

 

 

 

210319rikyuubai1

「リキュウバイ(利休梅)」

ソメイヨシノが咲くころ 清楚な白い花がふっくらと咲きます

ころころの蕾がいっぱいでした

 

 

 

210319yukiyanagi1

「ユキヤナギ」

少し離れたところから見たこの感じ

自由奔放な枝の広がりが いいなー♡ と思います

ひとつひとつの花は 小さく可憐

210319yukiyanagi2

 

 

 

210319yamabuki2

「ヤマブキ」

この日はまだ3月中旬だったというのに もう!? でしたよ

三角の蕾が並んだ様子も 可愛いですね

 

 

 

210319kibusi2

「キブシ」

こちらも久し振りの出会いでした

昔も今も 縄のれんを思い出してしまいます

210319kibusi3

 

 

 

210319tosamizuki1

「トサミズキ」

黄色の花が 房状にぶら下がるように咲きます

 

210319hyuugamizuki6

「ヒュウガミズキ」

「トサミズキ」より背が低く 房の花数が少なく 枝も繊細

雄しべの葯の色も違いますね

「トサミズキ」は赤系の色 「ヒュウガミズキ」は黄色系

名前に ミズキ と付くけれど マンサク科だそうですョ

210319hyuugamizuki7

手前に「ラッパスイセン」の黄色

ベンチの後ろは「ヒュウガミズキ」のふわりとした黄色

そしてその後ろに 少し見える「ユキヤナギ」の白

ベンチの左方には タンポポの黄色も

 

今回アップの中で いちばん 好き♡ な 春景色です ♪

 

 

  

ポージィ地方では、もう全部咲き終わっていますが、皆さんがご覧になった

花木もありましたでしょうか。 今ちょうど咲いている地域もあるでしょうね。

今回もお付き合いいただきありがとうございました。

次回は、 春景色 ~ 草花編 ~ の予定です。

 

| | | コメント (22)

2021/04/14

玄関まわりの春色

わが家の狭小庭では、日当たりが悪いせいで元気に育つ草花があまりありません。

気に入って植えては枯れてしまったものが幾多。 元気で持て余すという話を

聞くことが多い「ハナニラ」も、ひょろっともやしっ子のような育ち方。

 

そこで草花は、まだましな日当たりが期待できる(といっても西日がよく当たる)

玄関周りに鉢やプランターを置いて、少量ずつ楽しんでいます。

こちらはこちらで、夏の暑さで枯れてしまうものもありますが (;_;)

春はいちばん華やぐ季節で、長い間咲き続けたり、1週間の開花期間だったり、

それぞれ個性豊かな花の楽しみが続きます。

そして花の咲かない時期は、それぞれの色も形も個性ある葉たちを楽しみます。

そんな玄関周りの鉢植えやプランターにやって来た「春」をまとめました。

皆さんよくご存じの花ばかりと思います。 サラリと流し見て下さいね。

少しずつでもまとめると、花いっぱい世界が広がる感じになるかしら✨

 

 

210218_hyacinthus

小さな鉢に1球だけのヒヤシンス

数年前 アレンジメントのレッスンで花を使い 残った球根

写真は咲き始めで この後10㎝くらいの 花穂に♪

それにしても咲くのが早かったなぁ‥

( 2/18 撮影 )

 

 

210218_niziirosumire0

晩秋に3株苗を購入して 一鉢にギュッ

春本番になる頃からは あふれんばかりに育ち 咲き続けています

「虹色スミレ」(パンジー)

210218_niziirosumire4

少しずつ違う色を選んだので 時々鉢を回して楽しんでいます

 

 

210223_nioisumire1

何年目かの 「ニオイスミレ」

今年はたっくさん咲いて 最盛期には日が当たると

みんなで ほわぁ~ん と香りを放っていました

( 2/23 撮影  まだ咲き始めの頃 )

 

 

210218_tete_a_tete1

ミニスイセンの 「ティタティタ」

これも アレンジメントレッスンで花を使って 残った球根

去年より明らかに 球根が育ちました

また少し鉢を大きくしなくっちゃ

( 2/18 撮影 )

 

 

210319garden_cyclamen

「ガーデンシクラメン」

先だってアップした ジャノメエリカ の足元に

長年植えっぱなし

毎年消え入りそうに1~2輪しか咲かなかったのに

急にどうしたのでしょう! 今年はこんなにたくさん咲きました

( 3/19 撮影  4月になっても蕾が上がってきています)

 

 

210326tulip

「チューリップ」

ダスティミラーを植えているプランターの横に5球のみ

ホームセンターで とっても適当にパパッと買ったら

5球中2球が まともに咲きませんでした(;_;)

色は… 赤1色のを買ったつもりは無かったんだけどなぁ??

( 3/26 撮影 )

 

 

210223_helleborus_-orientalis

「ヘレボラス・オリエンタリス」 いわゆる 「クリスマスローズ」

何年目になったかな?

今年は去年よりも花数が増えました

植え替えなくちゃいけないだろうな… でも鉢増ししたら置き場が悩み

( 2/23 撮影  2月初め~4月頭まで次々と♪ )

 

 

210322osteospermum

「オステオスペルマム」

3月半ばに苗を衝動買い マーガレットのプランターが

片側少し開いていたところに入れてしまいました

八重の品種のタグが付いていたけど

この一重の品種こそが欲しかったので 構わず購入

( 3/22 撮影  4月半ば現在 今しばらく咲き続けてくれそう )

 

これらの内 今日現在咲いているのは

虹色スミレ ガーデンシクラメン オステオスペルマム

  

 

こんなところです。 この他に、八重の「ニオイスミレ」は撮影しそこね写真無し。

3年目のマーガレットは1月の寒さにやられて危ぶんだものの、蕾が上がってきて

まさに今朝!1輪咲いているのを発見。これからが楽しみです。

春色、楽しんでいただけたでしょうか。

花いっぱい! みたいですが、実際にはグリーンの中に ポチッ ポチッ と

これらの花が点在している感じです。

 

しがないわが家の鉢植えの春に、長々お付き合いいただき感謝です (´∀`*)

 

| | | コメント (26)

2021/04/07

おさんぽ 花見(ソメイヨシノを満喫)

ポージィ地方では、ソメイヨシノはすっかり葉桜へ。そして八重桜が咲き始め、

早いものはもう満開になっている樹も。シャクナゲやモッコウバラもあちこちで

満開、ヒメウツギが咲き始めているのも目撃しました。

早いよ~ みんな早すぎるよ~~ 見逃し組が例年以上にたくさんになりそ‥

花たちの季節は、平年より半月ほど早く進んでいるように感じられます。

 

さて、前記事でもちらりと触れましたが、3月27日(土)、晴れてお花見散歩へ

行ってきました。 何年来ここばかりの、最寄りの川沿いのサクラたちです。

毎年ご覧くださっている皆さんには、代わり映えのしない写真で恐縮ですが、

もう咲き終わってしまった地域の皆さまにも、これからの地域の皆さまにも、

さらり~とお散歩花見気分を楽しんでいただければ幸いです (*´∀`*) 🌸

 (写真多くなってしまって…スミマセン)

 

 

210327sakaigawa_syounandai2

上流側から いちばんよく咲いている場所を

この後 桜のトンネルの下へと入っていきます

 

210327sakaigawa_syounandai4

けっこうな古木 いつの頃からあるのでしょ

 

210327sakaigawa_syounandai5

川側に大きく広がった枝は まるで枝垂れ桜のよう

 

210327sakaigawa_syounandai11

見上げて  枝の先端はほっそり

 

210327sakaigawa_syounandai7

主幹近は どっしり太く

210327sakaigawa_syounandai6

210327sakaigawa_syounandai9

胴吹き桜は 老木に多いとか

でも とても可愛らしく感じます

 

210327sakaigawa_syounandai22

枝先に毬状にかたまって咲く様子もまた 可愛(かわい)

 210327sakaigawa_syounandai23

210327sakaigawa_syounandai24

 

210327sakaigawa_syounandai13

桜のトンネルの下を歩くのは 至福のひと時

  

210327sakaigawa_syounandai32

川向うでは まだ咲き始めて間もない木もありました

 

210327sakaigawa_syounandai30

ある施設の塔とのコラボ

 

 

小一時間、楽しいひと時でした。

他にも、同じように散歩でサイクリングでお花見を楽しむ人たちがたくさん。

でも毎年のことながら、皆さんあまり声を発することもなく、静かに桜と向き合い

満喫されている様子が、宴会花見とは大きく違うところだなぁと思います。

今年もありがとう!!

 

🎀 お付き合いいただきありがとうございました <(_ _)> (^▽^)

🎀 今回は都合により、コメント欄を閉じさせていただいています

 

| |

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »