« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021/05/26

ぽぽぽぽ たんぽぽ

4~5年前から、家横の砂利を敷いている場所に生えるようになった「タンポポ」。

抜かずにおいていたら少しずつ株数が増えつつあります。

今年の春も3~4月にかけて、次々と花咲かせ、綿毛になって飛んでいきました。

 

黄色の花が咲いていると決まって頭に浮かぶのが、

「蒲公英(たんぽぽ)」葛原しげる 作詞・本居長世 作曲 という童謡です ♪

この童謡の歌詞の中の「ぽぽぽぽ たんぽぽ」が大のお気に入りです(´艸`)

「たくさんの たんぽぽ ぽぽぽぽ たんぽぽ ♪」

 (‥‥と、前にも同じことを書いたような気がします‥‥)

 

うちで咲く「タンポポ」たちは、品種はよく分からなくて、はっきりしないままに

「アイノコタンポポ」かなぁ??と思い続けています。

 (‥‥と、これも前にも同じことを書いてますヮ‥‥)

 

 

210322tanpopo2

早春の内から少しずつ葉が出てきていたタンポポたちは

3月に入ると 次々に蕾が上がり始めました

この横顔 総苞片がかなり反り返っています

(在来種の総苞片は反り返らず 外来種は反り返り 交雑種は一部が反り返ることも 

 

 

210322tanpopo6

ロゼットの真ん中に 次々顔を覗かせた蕾たち

 

 

210322tanpopo4

横顔 一部の総苞片が反り返っています

 

 

210402tanpopo1

こちらでは 総苞片はほとんど反り返らず

花もかなり小振りです

 

 

210402tanpopo4

よくぞこんな砂利敷きの場所で…

根は きっと深ーく 地中に伸びているのでしょう

 

 

210402tanpopo12

花が咲き終わると 茎がいったんパタンと横たわります

種が熟してくると 再び立ち上がって ぐんぐん背を伸ばし・・・

この時の背丈は 外来種タンポポ並みの背高のっぽに!!

まぁるく 綿毛を広げ 風に乗せて種を飛ばします

 

 

210402tanpopo5

可愛いタンポポたち ♡

G.W.前には ほぼみな種を飛ばし終わり

5月下旬現在 葉がほとんど枯れました

うちのタンポポたちは 夏場は地上部は姿を消し 休眠します

これは在来種由来の特徴 外来種は夏場も花を咲かせますね 

 

とまぁ あっちの特徴 こっちの特徴を見せるので

アイノコさんかなと 思っているのです

 

 

外来種のセイヨウタンポポが在来種タンポポを駆逐した、と見られがちのようですが、

開発などによって外来種タンポポが好むような土地が多くなった(特に都市部では )、

というのが実情のようです。 豊かな自然が残る土地では、今も在来種タンポポが

たくさん見られるのかもしれませんね。

 (‥‥と、これまた前にも同じことを書いたような気がします‥‥ ^▽^;)

 

| | | コメント (30)

2021/05/19

アヤメ咲く景色

各地で平年より20数日も早い梅雨入りとなり、まだの関東も梅雨の走りといった

天気が続いています。 今しばらく爽やかな初夏の陽気を楽しみたかったですね。

これから続く雨の季節、優しい恵みの雨でありますように。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さて、「アヤメ」や「カキツバタ」「ショウブ」といった、スッと縦に伸びて咲く

花たちには、初夏の季節の訪れを強く感じさせられます。

今年は、隣市の公園で、ちょうど「アヤメ」が満開に咲くころの様子を見ることが

できました。 G.W.中に唯一出かけた公園で、風香る5月4日のこと。

 

 

210504izuminomori1

木陰に椅子を置いて座り おにぎりランチをパクパクしながら

小川向こうのアヤメの畑を ズーーームでパチリ

あとで近くまで行ってみよ~

 

 

210504izuminomori4

やってきましたよ 1枚目と真反対から見た様子

奥に水面が見えていますが 「アヤメ」は陸生で 水はけのよい土がお好き

実際 生えている地面は カラカラに乾いていました

 

 

210504izuminomori8

黄色のは「キショウブ」 外来種ですが

数を管理しながら 同居させてもらっているのかなと思いました

水辺や湿地がお好き でも林縁や畑地でも育つようです

紫色と黄色 反対色同士で引き立てあっている感じ

 

 

210504izuminomori6

そして 「アヤメ」

外花被片の網目模様が和名の由来に

 

 

210504izuminomori5

良い色ですね! 群れ咲く様が美しかったです

 

  

 

210504izuminomori11

水のある場所に咲いていたこちらは…

「カキツバタ」かな  水辺や湿地がお好き

外花被片の中央部に白または淡黄色の斑紋があること などが特徴だそうです

210504izuminomori10

 

 

今年は「ハナショウブ」も久し振りに見に行ってみようかしら?

ポージィ的には、スッキリ感の強い「カキツバタ」がいちばんお好き (´艸`)

 

| | | コメント (36)

2021/05/12

ツツジ マジック

今回は「ツツジ」の振り返りです~ ツツジやサツキは道路沿いにもあちこち

植栽されていることもあって、花盛りは街が華やぎますね。

 

お隣空き地の「ヒラドツツジ(多分)」が、昨年より大きくなり、

花もこれまで最高数と思っていた昨年より、さらにたくさん咲きました。

数えてはいませんが、明らかに増えての記録更新です。

うちのじゃないけど、フェンスにくっついているので、うちの花木同然に

愛でられました。

 

 

210411tutuzi2

「ヒラドツツジ」 の中の “曙” という品種でしょうか

明るいピンクの大きな花です

「ヒラドツツジ」 は 「ケラマツツジ」と「キツツジ」の

自然交雑から生まれたとも言われているそうです

 

 

210411tutuzi3

ん?

赤紫色の花も混じってる(右上)

昨年はピンクの花だけだったけど ??

 

 

210413tutuzi

こんな感じに赤紫色の花が 混じって咲きました

この赤紫色は 「ヒラドツツジ」の中の

“オオムラサキ” という品種にあります

実は “曙” は “オオムラサキ” の枝変わり品種なのだそう‥

ということは 元々の色の花が咲いても 不思議ではないのかも

 

そう思って あちこちに咲くツツジを眺めてみると

同じように ピンクの中に赤紫色が混ざって咲いているのを

けっこう見かけました

 

そういうことだったのか~ と自分の中で納得しましたが

それが真実かどうかは 分かりません(悪しからず‥)

 

 

210416tutuzi5

どちらの色の花も 元気いっぱい咲いていました

210416tutuzi9

 

 210416tutuzi1

 

( 4/11~16 撮影 )

 

 

華やかに美しく咲いて、1ヶ月弱にわたって楽しませてもらいました。

思いがけなく赤紫色の花まで咲いて、マジックを見せてもらった気分です。

 

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

1月半ばころから痛み出した右肩が(多分50肩)、昨日今日じっとしていても

ズ~ン ズ~ン と痛んで存在を訴えてきます。 この数か月いいかげん痛さと

不自由さと寝不足に耐えてきているのに、まだ酷くなる余地があったとは‥

ご訪問コメント等パスしてしまっていましたら、この状況にめげたのだと

お許し下さいませ <(_ _)> (;_;)

 

| | | コメント (28)

2021/05/05

花桃まつり 2021年

強風と変わりやすいお天気に翻弄された感の強いG.W.も、残り1日です。

昨日の「みどりの日」はやっと風もだいぶ収まり、公園でたっぷりの「緑」を

眺めながらランチしてきました。(5日は強風の荒れ模様に戻りました -_-;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さてさて、記事は予約投稿にて、約1ヶ月前の季節の振り返りを ♪

現実の季節の花の便りからはかなり後れをとっている、ポージィの花etc.記

でありますが、今日は「ハナモモ」特集です~ (*´▽`*)

 

わが家の「ハナモモ」(花桃おとめちゃん=Posy的命名)、今年もしっかりと

華やかに咲いてくれました。 30㎝ほどの苗をいただいてから、はや25年ほど

経ちました。それなりの老木と思いますが、まだ、おとめちゃんと呼んでいます。

咲き始めは、よそのお宅のハナモモよりは遅く、でも平年と比べたら10日ほど早い

3/21 に、一番花が開花しましたよ。

2021年の花桃おとめちゃんを見てやってくださいね。

今年は頑張ってグッと写真の数を絞りました (^o^;)

 

 

210326hanamomo5

蕾も可愛いでしょ ♡

むしろ蕾に対しての方が 愛おしさは勝るかもしれません

( 3/26 撮影 )

 

 

210326hanamomo3

横顔

ウメと同じように 花柄はなく 枝からほぼ直咲きです

( 3/26 撮影 )

 

 

210327hanamomo_2

( 3/27 撮影 )

210327hanamomo_4

横に広がる 普通のタイプのハナモモなので

四方八方に枝を伸ばします

その中から 撮りやすい花をピックアップしています

 

 

210403hanamomo2

満開を少し過ぎ

いちばん華やかだった頃です

( 4/3 撮影 )

 

4月も半ばには 新葉も展開しおわり すっかり ‘葉モモ’ となりました

 

 

 

~~~~~ 以下 ↓ は よそのハナモモさんたちです ~~~~~

 

210319hanamomo_r2210319hanamomo_w2210319hanamomo_p

公園で咲いていた 「テルテモモ(ホウキモモ)」

( 3/19 撮影 )

「テルテモモ」は 「ハナモモ」を品種改良して育生された立性の品種です

枝が広がらない ほうきのような樹形で 狭い場所でも植栽できます

 

普通のタイプの わが家の花桃おとめちゃんは バーン!と広がります

狭小庭なのに… とほほ

 

 

210327hanamomo_kinzyo

ご近所の 花桃畑(?)

何本もの色違いの「ハナモモ」が植えられている場所があって

花の時季 優しく美しい水彩画のような景色が見られます

( 3/27 撮影 )

 

 

ということで、2021年の花桃まつりは、これにてお終いです。

今年もお付き合い下さってありがとうございました <(_ _)> (^▽^)

 

 (✨都合によりコメント欄を閉じさせていただいています✨)

 

| |

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »