« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021/08/25

向日葵(ひまわり)

昨日から「パラリンピック」が始まりましたね。

「オリンピック」開会時より、コロナ感染状況さらに悪化で心配は尽きませんが、

パラアスリートの皆さんが、頑張って積み重ねていらしたものを遺憾なく発揮

できますよう、選手・スタッフ・ボランティアすべての皆さんを応援しています。

 

ところで、「オリンピック」の ”ビクトリーブーケ” には、宮城県の「ヒマワリ」、

福島県の「トルコキキョウ・ナルコラン」、岩手県の「リンドウ」、東京都の

「ハラン」が使われていましたね。 コンパクトながら素適なブーケでした。

「パラリンピック」の ”ビクトリーブーケ” は、宮城県の「バラ」、福島県の

「トルコキキョウ」、岩手県の「リンドウ」、東京都の「ハラン」が使われる

そうです。保水もされてできるだけ長持ちするよう工夫もされているようです。

オリンピックの時とは、メインの花が「バラ」一輪に変わるのですね。

「バラ」はアスリート、バラを囲む花たちは選手をサポートしてきた人々、

世界中で応援している人々を、ハランは東京で開催の準備に従事した人々を

表しているそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さて、今回は、「ヒマワリ」をアップさせていただきます。 

早や、ひと月以上前のこととなってしまいましたが、去る 7/16 炎天下の

神奈川県立花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン」で楽しんできたものです。

「ヒマワリ」ならではの、明るさ・力強さ・表情 等、ご覧くださいね。

夏空の下で見る「ヒマワリ」、明るく伸びやかで大らかで、いいものですね!

 

 

210717_77

子どものころよく見た「ヒマワリ」は こんな感じのものがほとんどでした

210717_71

背が高くて大輪で

 

 

近年 花壇などで見かけるのは スプレー咲きの中輪が主かな

210717_74

次々に咲いて長く楽しめるのも スプレー咲きの良さかもしれません

 

 

210717_78

こんな色の品種もありますね

210717_75

 

 

210717_65

ヒマワリの花 揃って一方向を向いているとは限りませんね (´艸`)

太陽が出ている南を向いて咲いている花が いちばん多いかもしれませんけれど

 

 

210717_79

チョコレート色の花びらした子の横顔

そろそろ咲き終わり? ここまでぐーっと盛り上がるのですね

 

 

210717_69

こちらは 今まさに花開こうとしているところ

すっかり咲き切った花とは ちょっと違う印象です

花びら一枚一枚が 意志を持っているような…

( かって何かで見た ヤツメウナギの口 を思い出したことは

ヒマワリには内緒 )

 

 

210717_76

葉っぱの日傘の下で 身を寄せ合っているみたいに見えました

 

 

210717_67

こちらは いちばん背の低い手前の子が 背の高い子たちに

ねぇ ねぇ ねぇってばー と呼びかけているみたいにも (´∀`)

年上の兄姉と 末っ子かな?

 

 

210717_64

…と こんな風にいろいろ見られて 楽しかったです

この日「花菜ガーデン」へ行った いちばんの目的達成!

 

 

 以上でお終いです。

 皆さまにもお付き合いいただきありがとうございました (´▽`)♪

 

| | | コメント (28)

2021/08/18

夏空 と ネムノキの花

今朝、ポージィ地方は久し振りの陽射しある朝を迎えました。

お日様や青空見るのは何日振りかしら?まだ不安定な空模様で時々降りそうですが、

洗濯物も外に干してみました。(雨雲に気を付けていなくっちゃ)

窓開けも久し振りに。 ベタベタの風が入ってきて、部屋の湿度はあっという間に

80%超えてしまいましたけれど 💦

まだまだ、大雨が続いている地域が多く残っていますね。

早く雨が上がりますように、これ以上災害が増えませんように、切に祈ります。

 

今日の記事は、せめて写真からだけでも爽やかさを‥ そんな思いで選びました。

季節の振り返りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

直後に梅雨入りを控えていた6月12日のこと、久し振りに出かけた公園の中の、

何年も足を延ばさなかった場所で、ちょうど「ネムノキ」の花が咲いているのに

出会いました。枝が風にゆらりゆらりしていましたが、カメラを向けてみましたよ。

ピントは合うかしら? どうにかこうにか。 ラッキー ♪

 

 

210612hikitigawasinsuikouen13

芝生の広場に3本ほど生えていた「ネムノキ」

こうして離れて見ると まださほど太くない幹なのに

ずいぶんと大きく枝を広げています

高さは6~10m になるそうですよ

夜になると小葉が合わさって閉じ(就眠運動)

眠っているようだということから「ネムノキ」 zzz‥

210612hikitigawasinsuikouen9

一方で 花は 夕方開き翌日にしぼみます

撮影はちょうどお昼ころ  しぼむ前に間に合いました

210612hikitigawasinsuikouen10

「ネムノキ」はマメ科ですが 蝶型の花は付けません

淡紅色にふわりと柔らかなブラシ状に見えるのは オシベの花糸で

その中にメシベもあり これらシベたちが出ている根元部分が

5弁のグリーンの小さな花なのですが

私の写真では メシベ も 花弁も 見えません~~ ^^;

ほかにも色々特徴がありますが ↑ の写真では確認できないので省略

 

柔らかそうで 触れてみたくなります

高くて嗅げない "桃のような甘い香り" も嗅いでみたいです

210612hikitigawasinsuikouen11

花期は 6~7月ころ とのこと

6月12日のこの日 咲き始めて間もなかったようで

まだまだたくさんの蕾がありましたょ

 

青空のもと 爽やかな風に吹かれて 気持ちよさげでした

 

 

210612hikitigawasinsuikouen1

「ネムノキ」の向こうに広がっていた光景

 

 

| | | コメント (28)

2021/08/11

北米生まれの アジサイの仲間

ただいま夏休み中ですので、予約投稿でのアップとなります。

前記事「アジサイ 七変化」に続いて、今回もアジサイの仲間の振り返りを ('▽')

瑞々しく眩しかったころの姿には、やっぱり涼を感じます。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

アジサイの品種はとても多くて、毎年のように新品種が生み出されています。

日本生まれの ‘ガクアジサイ’ がヨーロッパに渡って品種改良され生まれたのが

‘手まり咲きアジサイ’ で、今やどちらの咲き方も多種多彩ですね。

それらとは別に、北米生まれのアジサイの仲間たちも近年大人気です。

ということで、今回は北米生まれのアジサイ仲間2種です。

 

 

210530_27kasiwabaazisai2

↑ 「カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)」 ↓

グリーンがかっていますが やがて白くなります

 

北アメリカ東南部の原産で カシワのような形の大きな葉と

ピラミッド型に咲く花が特徴です

今回の出会いは一重でしたが 八重もありゴージャスです

秋には紅葉も楽しめますね

( 咲き始めたばかりの 5/30 撮影 )

 

 

 

210530_23annabelle1

↑ 「アメリカノリウツギ ‘アナベル’ 」 ↓

 

北アメリカ東部が原産の アメリカノリノキ を品種改良して

生み出された園芸種だそうです

細かい装飾花が こんもり球状に集まって咲きます

( 咲き始めたばかりの 5/30 撮影 )

 

咲き始めは ↑ の写真のようにグリーンで

やがて真っ白になります

 別の場所で色変化を追ってみました 

210606annabelle1

( 6/6 撮影 )

210612annabelle1

210612annabelle4

( 6/12 撮影 )

この後 またグリーンに戻ります

 

 

どちらも、咲き始めのグリーンから花盛りの白の爽やかさと、

その後のそれぞれの色変化の美しさで、一気に広まったのかなと思います。

私も初めての出会いからすぐに好きになりました。

前記事に登場のアジサイたちにしても、今回の品種にしても欲しいなぁと

思うものもありますが、残念ながらわが家では、鉢植えでも地植えでも

スペースが無く諦めています。

でも、こうしてよそで楽しませていただけますから幸せですね ♪

 

 夏休み継続中につき、コメント欄を閉じさせていただいております。

  再開しましたらまたよろしくお願いいたします。

 

| |

2021/08/04

アジサイ・七変化 (と お知らせ)

今年は、梅雨空が本格化する前にさっさと咲き終わってしまった観の強かった

「アジサイ」たちですが、せめて梅雨が明けないうちに記事に起こさねばと

焦りながら記事を書いたのが7/1。 …でしたが、

アップは週末(8/7)に立秋を控えた今日8/4になってしまいました~ (;'∀')

猛暑続きの今見ると、ちょっと涼やかに感じられるかもしれません(?)

 

「アジサイ(紫陽花)」は別名を「七変化」とも言って、土壌による色変化や

咲き進むにつれて変化する花色を表しているのだと思います。

今回は、咲き進むにつれての「七変化」をお楽しみいただけたらなと思います。

 

 

210530_6

子供時代は『毬型』に咲くアジサイが好きでしたが

年齢を重ねるに従い 「ガクアジサイ」「ヤマアジサイ」も

どんどん好きになってきました

210530_5

「ヤマアジサイ」人気は 多くの方の間で高まりつつあるようですね

 

 

公園内あちこちに植えられていた

赤く色付く「ヤマアジサイ」“紅”(おそらく)は

株ごとに色変化に差があり 変化の過程を楽しむことができました

210530_9

ほんのりピンクが

 ↓

210530_8

だいぶ赤味が濃くなって

210530_15

鮮やかな赤に!

人気の高い「ヤマアジサイ」のひとつだそうです

 

 

 

210530_16

こちらは 咲き始めたばかりの

白い装飾花に青い両性花の 「ガクアジサイ」

装飾花・両性花の蕾の 微妙で豊かな色変化にご注目ください

なんて綺麗なんでしょ! く~~っ たまらない ♡♡♡

 

  

210530_30

こちらは 紫色系の装飾花の「ガクアジサイ」

同じ株の中の色変化も こんなふうに

微妙な色の違いは 咲き進み具合によるものと思いますが

根を張った先の土壌のpHによって 一つ株内でも

赤系・青系に色が変化することもあるようです

 

 

 

【お ま け】 コラボをお楽しみください

210530_17

「ガクアジサイ」を下から見上げて 青空とのコラボ

大きな株だったので ちょっと身をかがめて見上げてみましたよ

 

 

210530_29

 ガクアジサイ と 手毬型アジサイの コラボ 

210530_18

こんなコラボも良いものですね ♪

 

 ( いずれも 5/30 撮影 )

 

 

 以上です。たくさんご覧いただきありがとうございました。

 少しでも楽しんでいただけたならば幸いです~ (´∀`*)

 咲き終わってからの、装飾花の変化も渋くてなかなか良いものですが、

 翌年も花をしっかり咲かせるために剪定されることも多いですから、

 見る機会はあまり多くないかもしれませんね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 ブログ活動 夏休み のお知らせ 】

 8/6~8/15 まで 夫の仕事が夏休みとなりますので、当ブログも恒例の

 「夏休み」とさせていただきます。 その間、皆さまのブログへのコメントも

 お休みさせていただきますこと、お返事コメントが遅くなるかもしれませんこと、

 ご了承くださいませ。(今記事のコメント欄は6日に閉じさせていただきます。)

 記事は 8/11(水)も予約投稿で更新予定ですので、よろしければ覗きに来て

 やってくださいね。

 

 昨日、コロナワクチンの2回目を接種してきました。副反応は、今のところ1回目

 同様の筋肉痛。な~んかちょっとかったるいな~とも感じていますが、暑さ疲れ

 なのか、副反応なのかはわかりませーん。このまま発熱などなく済みますように。

 (その後、ちょっと熱が出たので、お昼ご飯と晩ご飯の後で解熱剤を飲みました)

 デルタ株の蔓延等で、2週間後に抗体ができてメデタシメデタシといかないのが

 残念なところです。これまで同様、感染防止対策を続けていくつもりです。

 

 どうぞ皆さまも、猛暑にも新型コロナにも十分お気を付けになって、

 お元気でお過ごしくださいませ (*´▽`*)

 

| | | コメント (24)

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »