« アジサイ・七変化 (と お知らせ) | トップページ | 夏空 と ネムノキの花 »

2021/08/11

北米生まれの アジサイの仲間

ただいま夏休み中ですので、予約投稿でのアップとなります。

前記事「アジサイ 七変化」に続いて、今回もアジサイの仲間の振り返りを ('▽')

瑞々しく眩しかったころの姿には、やっぱり涼を感じます。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

アジサイの品種はとても多くて、毎年のように新品種が生み出されています。

日本生まれの ‘ガクアジサイ’ がヨーロッパに渡って品種改良され生まれたのが

‘手まり咲きアジサイ’ で、今やどちらの咲き方も多種多彩ですね。

それらとは別に、北米生まれのアジサイの仲間たちも近年大人気です。

ということで、今回は北米生まれのアジサイ仲間2種です。

 

 

210530_27kasiwabaazisai2

↑ 「カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)」 ↓

グリーンがかっていますが やがて白くなります

 

北アメリカ東南部の原産で カシワのような形の大きな葉と

ピラミッド型に咲く花が特徴です

今回の出会いは一重でしたが 八重もありゴージャスです

秋には紅葉も楽しめますね

( 咲き始めたばかりの 5/30 撮影 )

 

 

 

210530_23annabelle1

↑ 「アメリカノリウツギ ‘アナベル’ 」 ↓

 

北アメリカ東部が原産の アメリカノリノキ を品種改良して

生み出された園芸種だそうです

細かい装飾花が こんもり球状に集まって咲きます

( 咲き始めたばかりの 5/30 撮影 )

 

咲き始めは ↑ の写真のようにグリーンで

やがて真っ白になります

 別の場所で色変化を追ってみました 

210606annabelle1

( 6/6 撮影 )

210612annabelle1

210612annabelle4

( 6/12 撮影 )

この後 またグリーンに戻ります

 

 

どちらも、咲き始めのグリーンから花盛りの白の爽やかさと、

その後のそれぞれの色変化の美しさで、一気に広まったのかなと思います。

私も初めての出会いからすぐに好きになりました。

前記事に登場のアジサイたちにしても、今回の品種にしても欲しいなぁと

思うものもありますが、残念ながらわが家では、鉢植えでも地植えでも

スペースが無く諦めています。

でも、こうしてよそで楽しませていただけますから幸せですね ♪

 

 夏休み継続中につき、コメント欄を閉じさせていただいております。

  再開しましたらまたよろしくお願いいたします。

 

| |

« アジサイ・七変化 (と お知らせ) | トップページ | 夏空 と ネムノキの花 »