« 向日葵(ひまわり) | トップページ | タイタンビカス って? »

2021/09/01

盛夏 水辺も暑そう

9月初日の今日、南関東の当地は、少し涼しい朝を迎えました。

今にも降りそうで降らない重苦しい曇天。 今日中には降り始めそうです。

天気図には前線が横たわっていて、秋の長雨が始まるのでしょうか。

ついこの前8月の長雨が やっと! 止んだばかりなのに??

8月のような大雨と災害になりませんように‥

 

カレンダーの上でも秋の始まりですが、8月に公園の一つにも散歩にも出かけ

なかったこともあって、ポージィの花etc.記 はまだ真夏の記事が続きます。

 

7月半ばの16日、カンカン照りのもと歩いた植物園(花菜ガーデン)では

水辺の花たちも元気に咲いていました。あまり涼やかには見えなかったけれど。

 

 

210717_24ontaisuiren

淡いオレンジ色の 「温帯スイレン」

水鏡にもうっすらと (´艸`)

 

 

210717_86

コロナ禍でお手入れが追い付かなかったのか 草ぼうぼうの蓮田では

水面もずいぶん低くなっていましたが

「ハス」がまだ少しばかり咲き残っていました♪

210717_87

多くは ハチス になっていましたが 蕾も少々

 

 

210717_89

何か飛んできて葉っぱにとまった! と思ったら 「スズメ」

おやおや くちばし開けちゃっています

何しろ炎天下 暑い日でしたし

こちらは汗だくでしたが 鳥は汗をかけませんから!

210717_90

お昼間近の暑い時間に1羽きり しんどそうにしながら

それでも 餌探しをしなくてはいけない事情があったのでしょうか

 

 

210717_94

こんな感じの日でしたよ

それでも 8月に入ってからの暑さよりは まだマシだったような

 

 

| |

« 向日葵(ひまわり) | トップページ | タイタンビカス って? »

コメント

💛 おはようございます!

またまた1番かな?
今日は23度と昨日までとは打って変わっての涼しさです~
昨晩降っていた雨があがりましたが いつ降ってもおかしくはない空模様です。予報では1日雨のようで・・・
大雨被害が出ないことを祈ります。

さてさて 夏の暑い盛り! ハスの葉で口を開けていたスズメ さん相当暑かったのでしょうね~
ハト さんもそういうことしているのを見かけます。

スイレンとっても美しいです! 水鏡の姿も!
陽の光をたくさん浴びたハスの花 夏の空 ちょっと懐かしい感じがします。

投稿: pole pole | 2021/09/01 10:09

☆ pole poleさん、ありがとうございます♪
 
こんにちは ♡
 
はい、今日もいちばんでいらっしゃいます~ (^^)
今朝は涼しくなりましたね。東京では昨日けっこうな雨が降ったのですよね。
それを境に空気が入れ替わったでしょうか。
寒気と暖気のぶつかり合いの所に前線が発生し、雨を降らせますね。
また雨が続くのでしょうか。被害がでないことを祈るばかりです。
 
口を開けているスズメさん、相当暑かったと思います~
ハトさんでもそうしていることあるのですね。
あ、今思い出しましたが、カラスも見ましたっけ。
子どものころ家で飼っていた手乗り文鳥も。
汗をかくことで体温調整できない動物たちは大変ですね。
近年は、汗をかくことが恥ずかしいような風潮も見受けられますが、
人間の汗をかく能力は、ほんとはすっごく大切なことですよね~
 
スイレン、ありがとうございます。今年は温帯スイレンもハスも
この時きりになってしまいました。でも会えたのだからヨシといたしましょう。
秋風が立ってくると、夏の空や花にも懐かしさを感じますね。
 

投稿: ポージィ | 2021/09/01 11:10

ポージィさん
こんにちは
暑い8月が終わり、一気に涼しい9月を迎えましたね
このままで、気持ちの良い秋になって欲しいです
今年は、ホントに暑かったのでハスなどの水生植物には巡り会えませんでした
というより、避けていたと言ったほうが、適切かもしれません
スズメも耐えられなかったのかもしれませんね
やはり、この時期は、ス癒やされますね癒やされますね
暑いのを我慢して、見に行くべきだったと反省しています
こちらで、見せていただき心安まる気がします

投稿: フクジイ | 2021/09/01 12:55

☆ フクジイさん、ありがとうございます♪
 
こんにちは
 
ほんとに、一気に涼しい9月ですね。
もう残暑は戻らない??どうなんでしょうね。
気持ちの良い秋に移行して、心地よい気候が長く続きますように。
 
フクジイさんにはガガイモなど見せていただきましたが、
ハスにはお会いにならなかったのですね。私も、前記事のヒマワリを
見に行った植物園で会った↑これが唯一、スイレンもハスも
1~2ショットずつの出会いでした。
それ以降はどこへも出かけていなくて…その日の収穫を小出しにしています。
いやいや、暑いのを我慢してお出かけになって体調崩されでもしたら
大変ですから、そこは反省などされずにこれで良かったのだとお思い下さい。
 
スズメさん暑そうですよね。大丈夫?と心配になるような表情でした。
こんな小さな体では一気に体温も上がるでしょうし、小さなくちばしを
開けたところであまり効果もなさそうですが、木陰でじっとして
いられない事情があったのでしょうね。
 

投稿: ポージィ | 2021/09/01 14:31

スイレン、かわいいなぁ。
アタシ、蓮の方が好きだったんですが、最近スイレンも好きになってます。年を取って、好きの範囲が広がってきてるんでしょうか。(笑)
1枚目のスイレンを見ていて、こどもの頃の玩具を思い出しました。名前調べてみたら「ローリングルーラー」っていうみたいです。綺麗な幾何学模様が描けるんですよ。
スイレンの花びらが、あまりにも綺麗に整列しているから連想しちゃったのかな。

スズメさんも、この暑さにはかないませんよね~。
口を開けて、ぼーっとしてるように見えます。(笑)
まさか、熱中症?!

最後のお写真。
この風景ですよ。青い空と青々とした木々。
この空と緑が見れるからやっぱり夏が好きかな~。
でも暑さはもう少しお手柔らかにお願いしたいです。

投稿: まるかーさ | 2021/09/01 14:47

☆ まるかーささん、ありがとうございます♪
 
こんにちは
 
うふ スイレンの可愛さに目覚めてしまわれましたか?
ハスはもちろんのこと、スイレンもステキ ♡ で良いと思いますよ~
私もね、若かりし頃は全然目も留めなかった(酷いでしょ~)というものでも
ずいぶんたくさん、イイナー・好きだなー、って思うものが増えましたョ。
許容範囲が狭くなってコチコチになっていくより、広くなって
心柔らかくゆとりができていく方が良いような気がしています。
それでもまだ、人間相手だとムキーッ!ってなること多いですけれど。
 
おっ! ローリングルラー、持ってましたよ。それそのものを買ってもらった
記憶がないのに、なぜかあったことは覚えています。
なるほど~ あれで描く幾何学模様とスイレンの花が重なりましたか。
花の咲き方も、自然界の法則に沿っていることけっこうありますし、
通じるところがあって、連想も大いにうなずけます。
 
口開けのスズメさんは、それこそ熱中症になりかけでボーッとも
してる状態だったと思いますよ(^^;)
くちばし開けて息するしか体温の調整のしようがないって、辛いですね。
 
今日こちらはどんより曇り空で涼しいのですけど、まるちゃん地方は
いかがですか? 涼しくなるととたんに↑のような夏景色が
恋しく感じられますね。でも、暑さはもう少しお手柔らかに‥も同感です。
 

投稿: ポージィ | 2021/09/01 15:03

こんばんは。
今日はかなり涼しくなりましたが、今年の夏は暑かったですね。それに梅雨を思わせる長雨もあり、散々でした。
コロナもあって花など自然観察に出かけることが不自由になり、とうとう今年はハスの花を見ることも出来ませんでした。
花菜ガーデンもご無沙汰ばかりです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2021/09/01 19:54

こんばんは。

暑そうな真夏といった風情の中、ハスや睡蓮は涼やかに咲いていますね。
それに比して雀ちゃんの苦しそうなこと!木陰に行く余裕が、お腹の問題か、なかったのですね。
暑い羽がたくさんあって夏はさぞ熱いことでしょうね。
その苦しそうな姿がリアルに撮れていて、可哀そうになりました。
そんなことを考えますと、クーラーの中で、いつも暑いと文句を言っているのが恥ずかしくなりました。
それにしても今年は夏にしては2度目の涼しさがやってきました。セーターを着たり靴下はいたり昨日が嘘のようです。

投稿: tona | 2021/09/01 20:24

☆ 横浜のおーちゃん、ありがとうございます♪
 
こんばんは
 
またいきなり涼しくなりましたね。8月中の梅雨のようなときにもありましたが、
その8月の長雨といい、猛烈な暑さといい、気温の急な変化といい、
コロナがなくても翻弄されるような夏でした。
残暑は再び戻るでしょうか、どうなのでしょうね。
 
花菜ガーデンはバラ祭りも終わった真夏とあって、人出は僅かでした。
汗だらだらで後で汗疹にも悩まされましたが(^^;)、少しばかりながら
ハスも見られてラッキーでした。ちょうど花盛りの時期は人出も多いですし、
コロナ禍の中ではなかなか思うように見に行くことも出来ませんね。
 

投稿: ポージィ | 2021/09/01 20:50

☆ tonaさん、ありがとうございます♪
 
こんばんは
 
梅雨明け直後の、日差しが強く暑い日でした。
そのカンカン照りの中を歩きながらでは、スイレン池も涼しげには
感じられなかったのですが、仰るようにスイレンの花たちは
暑さもへっちゃらという様子で咲いていました。
 
スズメちゃんは苦しそうですよね。大丈夫か心配になる必死な顔をしていました。
小さな体ゆえに頻繁に食べなくてはいけないでしょうし、
木陰で休んでいる余裕はなかったのでしょう。
昔うちで飼っていた手乗り文鳥も、真夏はくちばし開けていることが
ありましたが(クーラーなんてない家でしたので)、こんな風に苦しげな
表情はしませんでした。もっとも、あの頃より確実に暑さも増していますね。
 
そうそう、8月の長雨の時にも急に涼しくなった日がありましたし、
今日も急な涼しさで、体がびっくりしてしまいます。
こまめに衣服で調整して体調崩さないよう気を付けましょうね。
 

投稿: ポージィ | 2021/09/01 20:58

こんばんは。
水鏡にうっすらと映るスイレン、素敵です♡
水辺と聞くと、まず涼しさを連想します。
盛夏ではなおさらです^^
口を開けたスズメさんは、辛そうですね。
暑い時にはこのように口を開けるのですね、知りませんでした。
そこでふと、猫はどうだったっけ・・と。
ロッキーは病院で緊張したり、暑い時には肉球に
汗をかいていました(笑)
あっ、ちょっと脱線してしまいました。

最後のお写真、ポストカードのようです✨
夏は苦手なのに、このような景色を見るといいなぁーって
思いますし、
きょうのように急に季節が先に進んだように涼しさを感じると
ゆく夏に対してちょっと寂しさを感じたり・・
勝手なことを思っています(≧▽≦)

投稿: えぷろん | 2021/09/01 21:00

こんばんは。

私の所は雨でしたよ。午前は降らないと思ってたら、かなりの大雨(降ったり止んだりですが)で。
午後も夕方にはまた降るからって言うんで、急いで配達したけど最初から降ってました。外に出ないと分からなかった程度、霧雨でしたけど。

いやあ、真夏の眩しいくらいの猛暑も嫌ですが、長雨や台風も困ります。
春、夏、秋、結局どこにも行かれない生活が続いていて、近場でストレス発散です。
花は「辛い」とか「暑い」とか言わないから。いつも穏やかに見る人を迎えてくれます。
きっと花好きな人も、そんなスタンスなんでしょうねえ。(^ー^* )フフ♪

投稿: ハル | 2021/09/01 21:29

こんばんは!
写真はとても暑そうですね。
真夏って感じが良く分かりますよ。
しかし、今日の夕方は肌寒かったですね。
京急に乗ると、半袖では冷房止めてくれって言いたいくらいでした。
何だか横浜は一気に秋になった様です。

投稿: FUJIKAZE | 2021/09/01 21:41

☆ えぷろんさん、ありがとうございます♪
 
こんばんは
 
水鏡にうっすら映り込んだスイレン、見て下さって嬉しいです~
そうですね、私も炎天下で汗だらだら流しながの記憶なしで見たら
やっぱり涼やかに感じると思います(^_-)
口を開けたスズメさん、辛そうな険しい表情してますよね。
昔実家で飼っていた手乗り文鳥も、真夏には口を開けていましたし、
カラスが口を開けているのも目撃しました。
汗をかいて体温調整できないって、大変だろうなって思います。
そうそう、猫ちゃんは肉球だけ汗をかくんですよね。
ロッキー君も肉球に汗かいていたんですね~
 
ラストは夏らしい気色に見終えましたでしょうか(´∀`*)
夏景色も綺麗ですよね。
暑い最中はげんなりでも、私も今日のように涼しかったり
日暮れが早くなったのを感じたりすると、途端に寂しくなります~(^^)
 

投稿: ポージィ | 2021/09/01 22:21

☆ ハルさん、ありがとうございます♪
 
ハルさんのお仕事で回られる辺りは、午前中からかなりの降りに
なっていたんですね。こちらは凄く暗かったのに夕方やっと霧雨でした。
明日は本格的な雨でしょうか。暑いのも雨もお辛いですね。
9月に入って、秋の長雨や台風が気になります。
日本はもうすでに多すぎるくらい降ったのですもの、お湿り程度に
してもらいたいです。
自然界の生き物たちは植物も動物も、みんなその時々の状況を
受け入れて生きているんですよね。対して、私たち人間は文句ばっかり
言ってますね~ 花を見て癒され、反省です(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2021/09/01 22:27

☆ FUJIKAZEさん、ありがとうございます♪
 
こんばんは
 
梅雨明け直後のカンカン照りの日でした。
夏ならではのコントラストクッキリの景色に、暑さも伝わったでしょうか。
 
昨日の晩まではまだ汗をかいていたのに、今日は一気に涼しくなりましたね。
夕方は朝よりも下がりましたし、家でも窓を開けていたら
半袖では寒くなって閉めました。
電車の中はまだ冷房入っていたんですか!?
今夕はもう必要なかったでしょうに~
ほんと、9月の開始とともに一気に涼しくなりましたね。
残暑はもう戻らないのかな…?
 

投稿: ポージィ | 2021/09/01 22:33

私も8月は行かなかったですねー 外へ出たとしても夕方いつもの散歩コースを回ってきただけですから。

投稿: ハッピーのパパ | 2021/09/02 08:34

☆ ハッピーのパパさん、ありがとうございます♪
 
おはようございます
 
今年の8月は、やたら暑いか雨+コロナ禍、という状況でしたものね。
ハッピーのパパさんはそれでも、夕方の散歩へいらしたこともおありでしたが、
私は近所散歩すら一度もしなかったことに我ながら呆れています。
9月はどんな月になるでしょうね。
 

投稿: ポージィ | 2021/09/02 09:39

 今晩は。
急に冷え込んで明け方慌てました。
ただの風邪でさえ今は絶対に絶対に罹れませんものね。

写真は夏空に夏雲ですね、
雀ちゃんは息切れしてるんでしょうか。
2~3回産卵している親鳥に見えます。
命が小さいから・・心配です。

睡蓮、蓮、ドイツでは悪魔の花とか・・
沼に悪魔が棲みそうだっていうだけの発想ですね。
私は中学校で”汚水より出でて染まず”と
これこそが花だって習った記憶が・・
とっても尊く画像拝見しました(^^♪

投稿: むう | 2021/09/02 18:17

☆ むうさん、ありがとうございます♪
 
こんばんは
 
急に冷えすぎですよね。
私も明け方、布団をかけていなかった足が冷えて攣りました(^^;)
そうそう、ほんと、今の状況では風邪すら引けません。
 
梅雨明け発表直後の7月17日のときの写真です。
仰るように夏空に夏雲ですね。暑かったけれど久々の明るい空が
気持ち良かったですよ。
スズメちゃんは息切れもしていたでしょうね。
鳥には汗腺がないのでくちばし開けるくらいしかすべが人ですね。
昔飼っていた手乗り文鳥も真夏には時々口開けてましたし
電線のカラスがくちばし開けているのを目撃したこともあります。
むうさんの観察、鋭いですね。確かに何回か産卵している親鳥の感じ。
雛に餌を運ぶためには暑いからと休んでいる間などなく、
必死だったのかもしれません。飛び方はしっかりしていましたから、
きっと大丈夫だったと思いましょう。
 
悪魔の花!? えっ、ドイツではスイレンやハスが悪魔の花なんて
言われているんですか。知りませんでした。それもそんな理由で…
それはもしかすると、そうやって脅かすことで水難事故を防ごうと
したのかもしれませんね。ヒガンバナにおどろおどろしい別名が
たくさんあるのと同じように。
ですが、中学で習われたとおり、仏教で穢れの無い花と
されたのとは真逆ですねぇ。
咲き残りのわずかなハスでしたが、そのように見て下さって感謝です(*^.^*)
 

投稿: ポージィ | 2021/09/02 20:35

おはようございます。
秋に長雨、これだけ長く続くと、気が滅入ってきますね。
夏の睡蓮や蓮の花が懐かしいです。
温帯スイレンも綺麗ですね。
こちらではこんな園芸種の睡蓮が咲いてるところが少なくて、なかなか見る機会がありません。
睡蓮もいろんな種類があるようで、一度撮り比べをしてみたいものです。
蓮の葉に止まった雀、暑そうですね。
見てるだけで、こちらも汗が噴き出してくるようです。
こんな暑さも今は昔???
これから一気に季節がすすみそうですね。

投稿: ソングバード | 2021/09/04 07:38

 おはようございま~す。

 こちらは今日も雨ですよ~。
スイレン・いいですね~♪
その昔、実家の池に沢山咲いていたのですが・・。
先日出掛けた折には一株だけが、それも花はありませんでした💦

 そしてハス。
蓮田で思い出しました。
さいたま市の北に蓮田市がありますが、命名はハスからでしょうか~♪
 そしてハチスと言うのですね、確かに・・。
花とのコンビ、こちらもいいですよ~。
※ハスの葉にスズメ、こんな取り合わせもなかなか・・。
 お相手を探していたのでしょうか~。
ヒロ・・でした。
 

投稿: ヒロ・・もんたの一年  | 2021/09/04 09:39

☆ ソングバードさん、ありがとうございます♪
 
こんにちは
 
8月に長雨の期間があったばかりですから、なおさら9月に入るなりの
長雨には気が滅入りますね。しかも気温も一気に下がって…
空が暗いと日の短さも割増しで感じますし、明るい夏の陽射しが
早くも懐かしく恋しいです(^^;)
 
ここの睡蓮はそれほど大きくない池に植えられていて、「温帯睡蓮」
とだけ書かれていて品種までは分からなかったのですが、綺麗でした。
ソングバードさんが見せて下さるのは濃いピンクと白ですね。
池の広さは見せていただく場所の方が大分広そうです。
熱帯スイレンは温室内で育てられていることが多いと思いますが、
もっと色々な色があって華やかですね♪
 
スズメはほんと暑そうでした! 昔飼っていた手乗り文鳥も
真夏には口開けていることがありましたよ。エアコンなしの家でしたから。
私達は汗をかくことで体温調整ができますが、こんな風に汗腺が
発達している動物の方が少ないみたいです。
 
まだ少し気温が上がる日もあるのではないかと思いますが、
この涼しさで季節は一気に進みそうですね。ちょっと寂しいです。
 

投稿: ポージィ | 2021/09/04 11:42

☆ ヒロ・・もんたの一年さん、ありがとうございます♪
 
こんにちは
 
同じく、当地も今日も雨です~
今年は雨が降り続くことが多いですね。
 
ご実家の池にスイレンがいっぱい咲いていたこともあるのですね。
個人のお宅にスイレンの咲く池がある光景、私は見たことがないですよ。
スイレン鉢で小さな花、ならあったかと思いますが。
良い眺めだったでしょうね。
 
埼玉県には蓮田市という市があるのですね。
仰るように「ハス」が由来なのかもしれませんね。
果托のことをハチスというのは見れば納得、ですよね。
ちょっとユーモラスに見えます~
 
ハスの葉にとまったスズメさん、あの暑さの下でお相手探しはどうでしょ。
必死の餌探しのほうがありそうな気もしますョ。
どちらにしても無事辿り着けたことを祈ります(^^)
 

投稿: ポージィ | 2021/09/04 11:49

こんばんは♪

本当に今年の気候にはビックリさせられますね。
でも日中は暑さが戻ってきても、夕方~翌朝まではずいぶんと涼しくなって
もう冷房無しで眠れるようになりました。

私、今年はお隣上越市の高田城址公園のハスの花も
我が市の池の平イモリ池のスイレンも、とうとう一度も見に行けませんでした。
気が付けば・・・もう秋ですものねぇ。
何だか季節があっという間に移って行くような・・・(歳のせい?)。

スズメに限らず、自然界で生きている動植物にガンバレ!ガンバレ!

投稿: ロココ | 2021/09/06 21:11

☆ ロココさん、ありがとうございます♪
 
こんばんは
 
毎年ヘンな気候!と思う近年ですが、今年はさらに!と感じます。
温暖化の影響がどんどん大きくなってきているのかもしれませんね(涙)
うちの辺りは昼夜とも一気に涼しくなり過ぎなのですが、
たしかに冷房無しで眠れるようになりましたね。
布団から出ていた脚が冷えて攣った夜もありましたが(^^;)
こんなおかしな気候でも、植物はちゃんと季節の移り変わりを
感じ取りながら頑張っているようですし、動物たちも頑張っていますね。
 
ロココさんは今年の春はとにかく山菜採りとその処理等で
凄くお忙しかった印象ですよ~ 里山保全クラブの作業も
空き地ガーデンの草刈りも定期的にありますし。
そんなこんなの内に、ちょっとお出かけしてのハスやスイレンは
ご覧になれずじまいだったのですね。
私はこの↑7月半ば以降かれこれ2か月どこにも行かず…で、
初秋の草花も見逃しそうです。まだもうしばらく無理かな~
月日はどんどん過ぎ去る速度を上げ、季節の移り変わりも
あっという間ですね。自分が、何だかとてももったいない
時間の過ごし方をしている気分になります。
 

投稿: ポージィ | 2021/09/06 22:30

おはようございます。
いくらか残暑も和らいだ感じがします。

 熱帯スイレンに魅せられて植えましたが、半日以上日が当たらないと駄目と
言ううことで日向に置きました。でも鉢が浅いと水が温まり、苔が生えて
なかなか咲きません。諦めました。やはり池でないと駄目ですね。
 蓮池もコロナ禍で草ぼうぼうですか。それでも花は咲いているのですね。
蓮の花も沢山咲くときれいですね。

 スズメさんも暑いのですね。口を開けて熱を吐き出し、体温を下げているのですね。
暑い最中どうしても出かけねばならない必要があるのでしょう。ご苦労さま。

投稿: 夢閑人 | 2021/09/17 09:02

☆ 夢閑人さん、ありがとうございます♪
 
こんにちは
 
すっかり過ごしやすくなりましたね。朝晩は窓を開けていると
涼しすぎるくらいの日も。
台風が通り過ぎた後は少し残暑がぶり返すかもしれず、要注意ですけれど。
 
この記事の写真は、梅雨明け直後の夏真っ盛りのカンカン照りの日でした。
夢閑人さんは、ご自宅で睡蓮の栽培をされたことがおありなのですね。
なるほど…日照は必要、でも日向では水が温まり過ぎる、というのは
日本の夏の気候で育てるのはなかなか難しそうです。
こちら↑は植物園内の池なので、それなりに広さもあり、
元気そうに咲いていました。
一方蓮池は草ぼうぼうでこれまで見たことがない状態でしたので、
コロナ禍で手入れが行き届かなかったのかな‥と思いました。
ハスの葉や花も以前見た時より数が少なかったです。
また元のような蓮田に戻せる日が来るといいのですけれど。
 
口を開けて何とか体温下げようとしていたスズメさんは何だか
悲愴な表情に見えましたが、一生懸命さも伝わってきました。
涼しくなって今ごろはいちばん穏やかに暮らせているころかもしれませんね。
 

投稿: ポージィ | 2021/09/17 10:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 向日葵(ひまわり) | トップページ | タイタンビカス って? »