« 野の花点描・夏  | トップページ | 元気いっぱい! 「ボタンクサギ」 »

2021/09/22

今年はアンニュイ 「タカサゴユリ」

以前「オニユリ」の記事で、わが家には「オニユリ」と「タカサゴユリ」の

2種のユリが咲きます、と書きました。

8月上旬、その「タカサゴユリ」が咲きました。

20年ほども前、どこからともなくやってきて咲くようになり、

以来、株が更新されながら咲き続けている野生のユリです。

 

花被の外側に暗赤色の筋が入らないわが家のものは、葉は「タカサゴユリ」の

特徴を持ち、花は「テッポウユリ」そっくりという、

「タカサゴユリ」「テッポウユリ」の交配種=「シンテッポウユリ」かも

しれません。 正確なところはDNA鑑定でもしないと分かりませんけれど。

 

8月はじめに撮って、また改めて撮ろうと思っていたところ、台風変わっての

温帯低気圧の強風や、長雨に傷めつけられながら咲き終わってしまいました。

撮れていた写真はどこか哀愁を帯びて物憂げ・アンニュイな雰囲気。

そんな雰囲気の「タカサゴユリ」(or シンテッポウユリ)もまた良いかもです。

写真を並べますので、よろしければご覧くださいませ。

 

 

210728takasagoyuri1

お隣空き地に育った株 ( 7/28 )

20年近く種を蒔き続けて ついにやっと育った1株

今年は3つの蕾が こう 咲きました

210805takasagoyuri1

2階から見下ろした様子 わが家側からは花顔が見えなーい

 美しい横顔 

210802takasagoyuri3

210802takasagoyuri4

淡いグリーンを帯びた咲き始めから

やがて真っ白になっていきます

 

 

210805takasagoyuri3

8/5 の蕾

2日後の 8/7 にこうなりました 

210807takasagoyuri1

 

210807takasagoyuri6

 

210807takasagoyuri2

 

210807takasagoyuri4

庭のいちばんの大株 今年は蕾が6つ

日照不足の庭に咲く子たちは

少し虚弱な感じで 時折り花の奇形も見られます

 

( トップの蕾:7/28 撮影  その他:8/5、8/7 撮影 )

 

 

8/31 の時点で、もうひとつ蕾が上がってきている小さな株があって、

9月に入ってからさくでしょう‥と思っていたら、昨日 9/21 開花しました。

咲く時季は生長の具合によって結構ばらつきがあって、12月になってから

咲いている子を見かけることもありますョ。

 

✨ 今回はコメント欄を閉じさせていただいています。

 

| |

« 野の花点描・夏  | トップページ | 元気いっぱい! 「ボタンクサギ」 »