« 秋・野の花との出会い (その2) | トップページ | 晩秋の出会い そして別れ »

2021/12/08

熟すときを待つ

今日は冷たい雨の一日になりそうです。

寒さに弱い&陽射しが少ないと気分が沈む私、これからの季節は憂鬱です(◞‸◟)

 

季節は晩秋から初冬へ。こなたかなたで赤や黒色に熟した果実が見られます。

もうすっかり鳥に食べられたり、地面に落ちたり風に運ばれていったものも多い

かと思いますが、今回は、完熟の時を待っていた初秋の果実たちの振り返りです。

 

210728manryou_hana

7月下旬 ↑ こんな花を咲かせていた

「マンリョウ」

210913manryou_mi

9月半ばには 艶々のグリーンの実が生っていました

わが家の マンリョウ の実は 色づきが遅いのですが

11月下旬から やっと色付きはじめました

 

↓ こちら  は 12/ 7 の色付き具合

上の2枚とは別の木ですが 色付き進行具合は同じくらいです

211207manryou

 

 

210920_1sanshou

「サンショウ」

9月下旬 公園で

そういえば サンショウ ってどんな花が咲くんでしたっけ ??

 

 

210920_26gamazumi2

「ガマズミ」

これも9月の下旬 公園で

茂みの奥の方に発見

 

 

210923_7sangozyu

「サンゴジュ」

9月下旬 公園で

サンゴジュ の実を見たのは とっても久し振り ♪

 

 

211003sudazii2

「スダジイ」

10月のはじめに 公園で

初めて見ました! スダジイ で合ってます?

こんな 殻斗(かくと)なんですね 面白~い

帽子型 や お椀型 のものしか 見たことありませんでした

 

 

211021pyracantha1

「ピラカンサ」

10月はじめに ご近所で  毎年見事なんです

12月上旬ころ 鳥が食べ始めると あっという間に食べつくされます

(12/7 現在まだ残ってます)

211021pyracantha2

 

 

211024_49

「ゴンズイ」

10月下旬 公園で

これはもう完熟! 赤い果皮が開いて 黒い種が顔を出していました

花や パックリ開く前の実の様子を まだ見たことがありません

 

 

211024_35sansyuyu_mi

「サンシュユ」

10月下旬に 公園で

日陰の薄暗い中 下の方の枝に生ったこの2粒にだけ 光が射していました

透明感のある美しい実ですね

 

 

以上、9月上旬から10月下旬(一部 12月上旬)に出会った実たちでした。

食べられた実が糞と一緒に種が蒔かれたり、埋められた実が一部忘れられたりして

生息地を広げていくのですよね。

うちの庭の「マンリョウ」「センリョウ」「キヅタ」「ヤツデ」「サネカズラ」

「ヤブミョウガ」「ヒサカキ」‥ みんな鳥さんの落とし物からそうして自然に

生えてきた木たちです。

そんな風に自然と生えてきて育った植物は、うちの日照不足の庭でも元気に

育つんですよー。枯れてしまうものが多い園芸植物と対照的です。

 

 

🎀🎀🎀 今回都合によりコメント欄を閉じさせていただいています <(_ _)> 🎀🎀🎀

 

| |

« 秋・野の花との出会い (その2) | トップページ | 晩秋の出会い そして別れ »