« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022/01/26

印象深い黄葉 の 記録

今回は思いっきり振り返り記事です。普通に後ろを振り返るだけじゃなく、

ぐるりと首を1周半(!?)くらい回さないといけないほどに ('∀';)

お時間ありましたらお付き合いくださいませ。

 

今現在、まだたまに散らずにいる紅葉を見かけるものの、あらかたとうに

散り終わって裸木となって春を待っています。

一昨年シーズンに続いて昨シーズンも、いわゆる ”紅葉狩り” はできなかった私、

一昨年はとうとう記事にもせずじまいでした。

けれど、身近な日常の景色のなかで見つけて撮った紅黄葉の中から、

とくに印象が深かったものだけでも、ここに記録として残しておきたいと思い

記事にしました‥今更ながらではありますが。

ほとんどが一昨年秋のもの、印象深かったといっても、私にとってのこと。

どうってことなく見えたら堪忍、共感していただけたらラッキー。

さて、皆さまの目にはどう映りますやら (´∀`)

 

 

201117juneberry2

庭の「ジューンベリー」

紅黄葉も楽しめる木 とされながら

気温や日当たりの条件から わが家のジューンベリーは

綺麗に色付くことが滅多にありません

2020年秋は一部の葉に こんな綺麗な色づきが見られたことに

おおいに感動しました

201117juneberry1

 

 

2021年のジューンベリーも 綺麗な黄葉を見せてくれました

夕日に染まった姿

 211117juneberry4

 

・・・・・

 

201126kuzu7

次はこれ 何かおわかりになりますか?

201126kuzu6

はい ご名答 「クズ」です

クズも2020年秋は例年になく 美しい黄葉を見せてくれました

2階の窓からパチリパチリ 📷

色付く前の緑・黄色・オレンジがかった茶色 グラデーション

これらが織りなす色の共演は なかなか見事でした

201126kuzu4

(2021年秋のクズは 全然ダメでしたけれど)

 

・・・・・

 

201216mizuki1

そして「ミズキ」

花・訪花の虫たち・果実 を見ていただいた 例のミズキです

なかなか色付かなかったのが

12月に入ってから 急にサァーッと色付きました

 

・・・・・

 

201123matanobetteiteien_19

ラストを飾るのは 「シダ」

品種名は分かりませんが 長さ40~50㎝ほどの 大きな葉

写真よりも肉眼で見た方が より美しく感じました

大きなシダの葉が 綺麗に黄葉しているのを見るのは初めてで

いたく感動したのでした

 

 ・・・・・

 

2021年 11月半ば 走る車の助手席から撮った 「イチョウ並木」 

色付き始めのころ 木による個体差も面白く

日の当たる場所と日陰の場所の 輝きの違いも美しく 心弾みます

211113ityou2_iro

 

 

以上、2020年と一部2021年秋の、美しい黄葉を見せてくれた植物たちでした。

長年、生活範囲・行動範囲が変わらず、撮影者も同じだと、

毎年の四季の移ろいも咲く花も、変化がないように感じがちですが、

実は、全てが『一期一会』。そう意識して、すべての出会いを大切に

見たり感じたりしていけたらと思っています。

 

お付き合いいただきありがとうございました (*´▽`*)

 

| | | コメント (20)

2022/01/19

秋谷の立石

1月15日、何か気持ちがすっきりすることをしたいという夫の提案で、

ドライブに行ってきました。目的地は、「かながわの景勝50選」 の一つ

『秋谷の立石(あきやのたていし)のある「立石公園」(横須賀市)。

富士山を背景にした立石(海に突き出た奇岩)と海岸の景色が美しいスポットです。

神奈川県に越してきて間もないころを中心に、この辺りは何度も通ったのですが、

これまでは通り過ぎるだけで、景色を楽しむのは今回が初めてとなりました。

 

天気は薄曇りから晴れ、といったところ。 はたして富士山は見えるか?

結果は、少し霞んではいたものの見え、美しい景色を楽しむことができました。

写真枚数が多めですが、撮影してきたあれこれ、よかったらご覧くださいませ。

 

220115tateisikouen28

景勝としての切り取り方は こんな感じでいいのかしら?

霞んでいる富士山が何とか見えるように撮ると

手前の立石が黒々としてしまいました

 

説明の看板も撮ったので 載せておきますね

220115tateisikouen39

 

220115tateisikouen10

位置を変えての眺め

 

 

220115tateisikouen9

遠くの岩場に何かいるなと ズームして見てみると

ひなたぼっこの 「カワウ(or ウミウ?)」 たちでした

目いっぱいズームはぼやけてしまって どちらなのか判別不能 💦

 

 

220115tateisikouen33

同じく目いっぱいズームで見た「富士山」はこんな感じ

富士山の東側になります

 

 

220115tateisikouen32

はるか遠くに 「江の島」も見っけ

ちなみに「江の島」も かながわ景勝50選 のひとつ

 

 

220115tateisikouen31

岩場ということもあり 海水は深みのある濃い色をしていました

 

 

220115tateisikouen19

波打ち際まで降りて 磯も少し歩いてみました

ここの岩も 凝灰岩 なのかしら??

 

 

220115tateisikouen21

南側の海と空

太陽は雲の向こうでしたが "光の道" が 美しくきらめいていました

 

 

220115tateisikouen38

公園内では 「マサキ」の 果実と種子の朱赤が目を引きました

 

 

220115tateisikouen35

同じく公園内には 大きな 「カナリーヤシ」 も

生長すると 高さ10~15m 葉の長さ5~7m にもなるそうですよ

関東南部辺りが北限のようです(耐寒性はー5℃くらい)

ヤシの仲間があると 南国チックに感じられますね!

 

 

220115tateisikouen3

駐車場わきには 「キダチアロエ」 も花咲かせていました

寒さに強いほうではないようですが

冬場の太平洋側が 雨が少なく乾燥していることで

自生できているのかもしれません

 

 

220115tateisikouen2

「キダチアロエ」越しに見る立石の景色は

これまた何だか 南国チックに見えましたョ

 

 

これにてお終いです。 看板に書かれているように、立石に落日がかかり、

オレンジ色に染まった中に富士山がシルエットとして浮き上がった夕景もまた、

さぞかし美しいだろうと思いを馳せています。

 

| | | コメント (26)

2022/01/12

年末「幸先詣で」と年明け「雪の日」に

皆さま、このところずっとコメント欄閉じたまま&ご訪問もお休みしがちで

失礼してきましたが、元気にしております。

1月5日には夫の叔母も無事退院できました。一人暮らしは色々な面でかなり心配な

状態ですし、こちらも気が休まりませんが、とりあえずは退院後の一人暮らしが

始まっています。

週末の主催側としてのアレンジメント教室も無事終わり、ホッとしたのも束の間、

明日は私の人間ドックで、またまた緊張が高まっております。はぁ (*´Д`)

(明日はまた、ご訪問お休み・お返事遅れるかもしれません)

 

それはともかく、今記事は、12月31日に「幸先詣で」として参拝した神社と、

1月6日の「雪の日」と、それぞれ見えた景色を並べさせていただきました。

 

「幸先詣で」 2021.12.31

2112319

こちらの神社に参拝し

2021年を無事過ごせたお礼と 2022年のお願いをしてきました

 

2112315

絵馬を吊るす場所は 1年前は無かったような‥?

 

2112314

手水舎には 美しく明るく花が生けられていました

12/31 は時折雪がちらつく暗い空模様でしたが

ここは パァッと明るくて 束の間寒さを忘れましたよ (^^)

 

2112316

参道脇には 真っ赤な紅葉がまだ葉を残していて

こちらもとても鮮やかで 元気をもらえました

 

 

「雪の日に」 2022.1.6

2201061

思いがけず積雪となった 1月6日

降り始めて1時間後くらいには

庭でいちばんたくさんの実をつけている マンリョウ も雪化粧

紅い実が 一層鮮やかに目に飛び込んできました

 

2201063

綿帽子をかぶった フヨウ の実

 

2201065

前の写真から 2時間余り後

ふわふわの綿帽子が大きくなりました

 

2201067

2階の窓から 遠く小さな森を望む

森も雪化粧

 

冬枯れの季節に目に飛び込んでくる「色彩」は、他の季節に見るよりも

鮮やかさを増して見えるものだなぁと、しみじみ感じた両日でした。

 

| | | コメント (24)

2022/01/05

2022年 ブログ事始め

皆さま、こんにちは

 今年は、本日をもちまして2022年のブログ事始めといたします。

 改めまして 本年もどうぞよろしくお願いいたします 

 

昨年に続き、今年も自宅で夫婦2人での年末年始となりました。

30日には東京の病院へ叔母を見舞い、大晦日31日には幸先詣でに行こうかと

県内「寒川神社」へ向かったところ、近くまで行ったら同じことを考えた人たちで

大渋滞。潔く諦めて一昨年と同じ市内の「白旗神社」でお詣りしてきました。

元日には最寄りの小さな神社にも。

どちらも人出はまばらで、落ち着いてお詣りできました。

 

ブログ事始めは、恒例の「お正月アレンジメント」からとしました。

といっても、12月上旬に教室で教えていただいて作ったアレンジメントで、

「大王松」以外は、お正月感がちょっと薄いです。

花はお正月らしさのある別の花と取り換えることも考えていましたが、

年末になっても元気で可哀想だったのでこのまま新年を迎えました。

202112161mozi

せめて ✨金銀水引✨くらい あしらえばよかったですね

202112202mozi

長いのが特徴の「大王松」の葉を 結び編んで

それを花留めにして花を立たせて活ける

というデザインを教えていただきました

 

写真では 単に "グチャグチャ" に見えると思いますが 💦

肉眼で見る方が良さも面白さもあります(上手く撮れませんでした)

大王松の葉を噴水のように広げるデザインはよく見かけますが

こういう発想は自分にはないものなので勉強になりましたょ

 

 

2日は一日家にいて、録画してあったドラマ等を見て過ごし、(鬼滅の刃

無限列車編 もやっと観ることができました!)、3日は食料買い出しへ。

4日から夫の仕事も開始で普段の日に戻り、12/30日~1/3日のいつになく

短い冬休みはそれこそあっという間に終わってしまいました。

そして、今日がブログ事始めなのですが、記事がアップされる時間(予約投稿)、

すでに家を出て東京へと向かっていると思います。

(12月半ばから入院中だった義叔母が退院となり、付き添いなどのため)

今週末には主催側としてのアレンジメント教室もありますし、ブログ活動は

低調を維持、コメント欄は閉じたまま、ご訪問もあまりできませんことを

おゆるしください <(_ _)>

 

| |

2022/01/01

新年おめでとうございます

2022年が始まりました。

皆さま、お元気で新しい年をお迎えでしょうか。

ポージィ家は、昨年に続き自宅での年明けとなっております。

今年はどんな年になるでしょうか。

私事でも、日本・世界の社会情勢でも、心配事は増える一方で心休まりませんが、

皆々が健やかで穏やかに過ごせることと世界平和を、心から祈ります。

 

 

今年の年賀状はこんなのにしました

211127_2022

 

去年のよりはマシかしらん。でも何かね…(^^;)

そろそろ干支の生き物とそれにちなんだ植物の組み合わせシリーズも限界かなぁ

ちなみに の植物(文字が小さくて読めませんね)は

「サンセベリア(虎の尾)」 でございます

 

 

    ともあれ、本年もどうぞよろしくお願いいたします m(_ _)m

 

    ※ 3ヶ日はブログ活動を完全にお休みさせていただきますと共に、

      コメント欄も引き続き閉じさせていただいております。(本記事は予約投稿)

 

| |

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »