« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022/04/27

春風の出会い 紫・青

今回も季節の振り返りです。(この先も当分orずっと振り返りになりそ ^^;)

 

まだまだ冬の気配濃く寒い早春のころは、黄色の花がよく目につきますが、

少し春らしくなってくると、花たちも色とりどりになってきますね。

紫や青の花色もけっこう見かけました。

今回は、3月の下旬~4月の上旬のころに出会った の花たちを

集めてみました。園芸種の花もあれば野草の花もありのアソートです。

          (写真の枚数が多くなってしまいました~💦)

 

まずは  から

220327_39murasakihanana2

その名も 「ムラサキハナナ」 ( 3/27 撮影 )

本名は「オオアラセイトウ」のようですが

ついつい ムラサキハナナ と呼んでしまいます

 

  

220327_21syaga2

「シャガ」 ( 3/27 撮影 )

オレンジ色も目立ちますが ポージィ的には 紫系の花というイメージ

 

 

220327_33sumire

「スミレ の仲間」 ( 3/27 撮影 )

淡い紫色の 「何スミレ」 でしょ? 岩のくぼみに咲いていました

 

 

220401rosemary

「ローズマリー」 ( 4/1 撮影 )

わが家の鉢植えのもの この春はずいぶんたくさんの花が咲きました

 

 

220413turunitinitisou

「ツルニチニチソウ」 ( 4/13 撮影 )

わが家の庭の野生児 冬に強く刈り込んだせいか

こちらは少ししか花が咲きませんでした

 

 

さて次は  ですョ

220327_35muscari

「ムスカリ」 ( 3/27 撮影 )

多くのガーデナーに愛され すっかりお馴染みさんになりましたね

この頃では 引っこ抜いて根の泥を落とし

根付き球根として フラワーアレンジメントに使われることも

 

 

220327_31hananira1

「ハナニラ(イフェイオン)」 ( 3/27 撮影 )

綺麗に咲いていました

うちの庭の 青・白・ピンク の3色植えは

今年は白とピンクしか咲きませんでしたが なぜ?

左側に寄り添っているのは 「キュリグサ」 か それとも‥

 

 

220409_36

「ハナイバナ」 ( 4/9 撮影 )

漢字で書くと「葉内花」葉と葉の間に花が咲くことからのようです

実は私 「ハナイバナ」とは十数年ぶり(もっとかも)の 感動の再会!!

 

 

220409_39

こちらが 「キュウリグサ」 ( 4/9 撮影 )

220409_41

花の中心が黄色 なのが 「ハナイバナ」 とハッキリと違うところです

どちらも ムラサキ科花の直径は 2~3mm  小ちゃくて可愛い

 

 

220327_22ooinunofuguri

「オオイヌノフグリ」 ( 3/27 撮影 )

前に登場済みですが 今回は小さな群れで咲いていたものを横方向から

綺麗 & 可愛い ~~

220327_24ooinunofuguri_mititanetukebana

「オオイヌノフグリ」 と 一緒に咲いていたのは 「ミチタネツケバナ」

 

 

220327_25nemophila1

「ネモフィラ」 ( 3/27 撮影 )

こちらもすっかりお馴染みさんの花となりましたね

(左上の白い花は 「ノースポール」)

「オオイヌノフグリ」と似た雰囲気ですが 科も大きさも違います

220327_28nemophila4

220327_30nemophila6_benisizimi

ベニシジミ」 が 訪花していましたよ 

 

 

すでに登場のビオラやニオイスミレなどは除いてでしたが、意外とたくさんの出会い ♪

でも本当は、園芸種にはもっともっと 紫 や 青 の花があるでしょうね。

たくさんお付き合いいただきありがとうございました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

夫の仕事は、今週 4/29 ~ 5/5 まで、連休となります。 ゴールデンウィーク ♪

遊びに行くといったお楽しみの計画はありませんが、東京の義叔母宅を訪問したり、

毎年恒例のハナモモ剪定その他の作業をしたり、になると思います。

1回くらいは公園歩きもしたいなぁ‥お天気とほかの作業との折り合いが付けば。

ということで、ポージィも 29日~ 春休みをいただきます。

春休み中はコメント欄を閉じさせていただきますと共に、皆さまへのご訪問コメントも

お休みさせていただきますこと、ご了承くださいませ <(_ _)>

連休の方もそうでない方も、どうぞお元気でお過ごしくださいね (´▽`)

 

それでは、これにてコメント欄も閉じさせていただき、春休み体制に入ります。

なお、記事は途中で1回自動更新で掲載の予定です。お時間ありましたら

覗いてやってください。           (4月28日 23:15 追記)

  

| | | コメント (16)

2022/04/20

春風の出会い ~ ヒュウガミズキ ~

春に咲く花には好きなものがたくさんありますが、その中でもトップ10に、

入るのが(トップ5に入るかも)「ヒュウガミズキ」です。

低木でほっそりしたしなやかな枝に、2~3つほどが房状となって、淡く優しい

黄色の花がたくさん咲くのです。 どうしてこんなに好きなんだか、じぶんでも

よく分からないながら、大好きなんです~ (´∀`)

今春は3月下旬の、咲き始めて間もない様子を楽しませて貰えました。嬉し~♡

魅力をお伝えできるかどうかわかりませんが、いくつか写真をご覧ください。

 

220327_75hyuugamizuki1

花の長さ(横顔)は1.5㎝ほど ひとつの花房に2~3個咲きます

 

 

220327_80hyuugamizuki6

小さな ハナバチ でしょうか

花に頭を突っ込んで 花粉か蜜を集めていました

 

 

220327_81hyuugamizuki7

直径5㎜くらいの蕾の中から咲き現れた花たち

柔らかな黄色の花弁の色に 葯の色も黄色です

 

 

220327_76hyuugamizuki2

密集している細枝に たくさんの花

重い感じはなく軽やかです

枝は柔らかく とてもよくしなります

220327_78hyuugamizuki4

 

 

 

220327_74

中央が ヒュウガミズキ  左と奥の白は ユキヤナギ

右端は オウゴンヒヨクヒバ(?)

下中央の ブルーは ネモフィラ ピンクは シバザクラ

すてきですねぇ

  

 

「ヒュウガミズキ」の樹高は 1.5~2m ほどだそうで、この公園のものは

1m ほどに感じました。 ちなみに「日向水木」と表記しますが、

日向の国(宮崎県)ゆかりではないそうです。原産地を間違えてこの名になったとか

小さなトサミズキ=ヒメミズキ が転訛してヒュウガミズキになったなどの説が

あるようです。そういえば、フラワーアレンジメントの花材として知ったとき、

「ヒメミズキ」と教えられたことを思い出しました。「ヒメミズキ」の別名も

木の雰囲気となかなか良く合っていますね。

さてさて、皆さまの目には魅力的に映りましたでしょうか。

 

| | | コメント (22)

2022/04/13

さくら さくら 2022年

今年の、当地の「桜(染井吉野)」の開花は、3/21頃~始まったようです。

それからの気温は冬のように寒い日があったり、5月の暖かさの日があったりと

乱調気味で、満開までは1週間よりもう少し日数がかかったような気がします。

 

今年の桜は見られるかしら‥? と心配していましたが、3月末の公園で咲き始めて

間もない桜、そして東京往復のドライブ中などに、車中からとはいえこれまで

見たことのなかった場所の桜も思いがけないほどたくさん見ることができました。

公園や川沿いなどだけでなく、会社や施設の敷地、森林の中、個人のお庭… と、

そこかしこに、淡いピンクや白がほんわりと柔らかな空間を作って景色を優しく

している様子は感動もので、改めて日本の春は良いなぁと思いましたよ (´∀`*)

 

写真は、1月末と2月末に続いて、またひと月の間をおいて行った公園の「染井吉野

です。厚い雲に覆われた空の下で見る咲き始めの花は、見慣れた淡い淡いピンクより

少しばかり濃い目に見えました。咲き具合は木によって3分咲き~6分咲きの観。

それでは、当地の 3月27日の「染井吉野」見てやってください。

 

 

220327_53someiyosino6

まだ咲き始めで蕾がたくさん

220327_60someiyosino13

蕾や萼は落ち着いた色味の濃いピンクですね

 

220327_61someiyosino13

この日は訪花の鳥は見ませんでしたが

ちっちゃい虫  に  ミツバチ   は 訪れていましたよ 見えるかな?

220327_51someiyosino4

 

220327_58someiyosino11

下の方へ下がっていた細枝にも たっぷりの花

 

220327_56someiyosino9

染井吉野ではないような ピンク色に見えた花も

 

220327_48someiyosino1

外灯と

 

220327_59someiyosino12_20220404173801

ベンチで寛ぐ方たちを入れないようにしつつ ちょっと引きで (^^)

南側の木の方が 咲き進みが早いようでした

足元では菜の花も輝いて

 

 

【 おまけ 】

220329_0639

3/29 朝 6:39 撮影 「横浜海軍通り」の桜並木

6時に家を出て東京へ向かう途中で 走る車の中からスマホでパチリ

この日も 今にも雨が落ちてきそうな曇天でした

 

220329_2135467

3/29 夜 9:35 撮影 国道467号線沿いの桜並木の1本

信号待ちで停まった時 急いで窓を下げて スマホでパチリ

弱い雨がパラついていました

 

220402467

4/2 撮影 国道467号線沿いの桜並木

やっと! 青空の下の桜  走る車の中からスマホでパチリ

この翌日4/3 と 翌々日4/4は 冬の気温に終日冷たい雨となりました

 

 

パチリと撮影した桜と、車中から見た遠い景色の中の桜と、皆さまのお写真と、

2022年もたくさんの桜を楽しませてもらいました。感謝♡感謝です。

この後は八重桜も見られたら良いなと願っています。(ここまで 4/4記)

 

追記 その後、4/9にも染井吉野や他の桜も、まだたくさん咲き残っているのを

    見ることができ、またまた感動。こんなに長くたくさんの桜を楽しんだのは

    初めてという気がします。今年は見られるかしら?と心配していたのにね。

    自然界からのご褒美プレゼントだったのかも (´∀`)

    その時の桜はまた後日別の記事に登場してもらう予定です  (4/13記)
 

| | | コメント (20)

2022/04/06

わが家の小さな春 2022年

わが家の春の花というと、最も華やかなのは毎年見ていただいている「ハナモモ」で、

その「ハナモモ」の後を追うようにして「ジューンベリー」が咲きますが、

草花系は場所が無いこともあって、ほんの少しずつひっそりと。

それでも、2~3輪でも咲くとパッと目に飛び込んできて幸せな気持ちにして

くれるのですから、花の力は大したものだなと思います。

春の前半に咲いた、わが家の春の花たちを並べさせていただきました。

 

220217viola2

おなじみ 「ビオラ」 (2/17撮影)

晩秋に3色混合株を買い求め 鉢植えにしたもの

撮影した2月半ばころから 急に花数が増え始めました

その後も次々と咲き続け

異様に暖かい日も経た現在は 徒長しかけてます 💦

 

 220226crocus2

「クロッカス」 ( 2/26 3/3

10年以上前に植えたきり植えっぱなしのクロッカス

日照がいまいちのわが家では 元気が出ないまま

近年はまったく咲かなくなっていたのですが

何年振りかでひょっこり咲いて びっくり感動!!

220303crocus2

それなのに 花が何者かに齧られました~

 

 

220315tete_a_tete

「ティタティタ」 ミニ水仙 (3/15撮影)

これまでの住みかの鉢が小さくなったので プランターへ植え替え

「キブサスイセン」と同居させたけど… お互いの関係大丈夫かしら?

 

 

220307helleborus_orientalis

春咲きの 「クリスマスローズ」

以前 開花直後をアップしましたが その後ということで

シベたちが開いて花盛りのとき (3/7撮影)

シベがすべて落ちて 萼片だけが残った様子  (3/20撮影)

220320helleborus_orientalis

ずーっと花が咲いているみたいで 長く楽しめますが

実を育たせると 株がエネルギー消耗するかもしれませんね

 

 

220321hyacinthus_tubomi

「ヒヤシンス」 蕾 (3/21撮影)

これまた 10年以上植えっぱなしのもの

植えっぱなしなのに 毎年咲いてくれます

花数は減って まるで原種にかえったかのような姿ですが

そんな素朴な咲き方もまた 良いなと思っています

220321hyacinthus1

これはさすがに減り過ぎ? (3/21撮影)

 

220327hyacinthus2

乏しいながら日が射す側に偏って花が咲きます (3/27撮影)

 

 220320nioisumire2

「ニオイスミレ」 (3/20撮影)

冬の間 枯れたような姿になっていて 半ば諦めていましたが

急にニョキニョキ蕾が立ち上がり始め開花! 葉も復活してきました

日が当たると ほわ~んと香りが立ち上っていましたょ

 

 

こんなところです。次なるわが家の春は、今年も「ハナモモ」を見ていただく

ことになるだろうな‥と思います。 その前に「桜」もね。

いつもながらの季節振り返りで。 あ、この記事もですね~ (^^;)

今日もお付き合いいただきありがとうございました ♪

 

| | | コメント (24)

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »