« バラ咲く季節に ~ その1 ~ | トップページ | 「ドクダミ」好き »

2022/06/29

バラ咲く季節に ~ その2 ~

急な真夏の暑さ到来に早すぎる梅雨明けで、『春のバラの記事』は季節外れ感大で

アップするにもいささか気が引けますが、そこは目をつぶっていただき、

いつものように季節の振り返りをさせていただくことにします。

お っと、目を閉じたままでは記事をご覧いただけませんね (^^;ゞ

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

今年の、バラ咲く季節にカメラを向けたバラたちの ~ その2 ~ は、

わが家で咲いたバラです。 現在わが家にあるのは、「ノイバラ」

「蔓アイスバーグ」「品種不明の木立性大輪」の3種類(いずれも鉢植え)。

その内前者2種を見てやってください。

木立性大輪も6~7輪咲いたのですが、強風にもみくちゃにされて花が傷み、

モデルを辞退されてしまいました (´▽`;)

 

【 ノイバラ 】

毎度書いていて くどいですが

クリスマス・アレンジメントで 実ものとして使った枝を

水に挿しておいたら発根 鉢植えにしたものです

220503noibara_tubomi

蕾  ( 5/3 撮影 )

円錐形をした花序が立ち上がります

今年は これまででいちばんたくさん 14~15本立ち上がりました

 

 

220506noibara1

( 5/6 撮影 )

いちどに わーっと咲くのではなく

今日はこっち明日はあっち と 順に咲いていきます

その順番は どうやって決まるのでしょ??

小さな アブ や ハチ の仲間が よく訪花していました

 

220506noibara4

( 5/6 撮影 )

花のアップ 可愛い~ 💕 直径2㎝ ほどです

ほんのり 良い香りもしますよ

 

 

220511noibara5

( 5/11 撮影 )

まだ蕾も残しつつも たくさんの花が咲いて

もっとも華やかな頃合い

 

咲き終わって花びらを散らしてからは 子房を残して待機

6月半ば近くなったころ 結実しなかった果柄が枯れ

ぽろぽろと落下していきました

アブ・ハチ の仲間がよく訪花していた割には

結実率はかなり低いようです

昨年 実が残って赤くなったのは 結局2粒 きり

さて 今年はどういう結果になりますやら

 

 

【 蔓アイスバーグ 】

植えっぱなしだし 消毒もしてあげ(られ)ない

申し訳ないほど放任にもかかわらず 毎年咲いてくれています

よそのお宅のと比べると貧相で ますます申し訳ない (-_-;)

220508cl_iceberg3

次々と咲き始めたころ  ( 5/8 撮影 )

この頃は 葉が綺麗だったなぁ…

雨の日が増え気温が上がってくると 毎年恒例の黒星病発生

葉が黄変して次々落ちやがて坊主

そんな状態になっても枯れないのは 病気に強い品種ゆえです

罹らないともっといいのだけれど

 

220508cl_iceberg1

すっかり咲くと 真っ白になりますが

咲き始めは こんな淡いサーモンピンク色

 

 

220523cl_rose_iceberg1

すっかり咲き切って真っ白になった様子  ( 5/23 撮影 )

ぐっと寄ると分かるくらいの ほのかで優しい芳香があります

220523cl_rose_iceberg4

茎が細いうえ 高い場所で 常に風でゆらゆら

撮影はほとんどが不成功で…

でも 目でたっぷり愛でさせていただきました

 

この2種は 前記事 ~その1~ に書いた 私が魅力を感じるバラ

 『 蔓バラ・花びら枚数が少なめ・ひらひら~という感じの咲き方 』に

ピタリ当てはまります~ (´∀`)

 

 

「バラ咲く季節に ~ その2 ~ 」、これにておしまいです。

お付き合いいただき、ありがとうございました <(_ _)>

 

今回モデル辞退の「木立性の淡オレンジ色のバラ」(← これもアレンジメントに

使った残り枝から発根し鉢植えにしたもの) と 「蔓アイスバーグ」は、

春以外の季節にもたまーにポツリと花咲かせることがあり、思いがけない

贈り物をもらったような嬉しい気持ちになります。 今年はどうかな?

  

| |

« バラ咲く季節に ~ その1 ~ | トップページ | 「ドクダミ」好き »

コメント

ツルバラは良いですね。沢山お花を付けて。
ノイバラも好きですし、アイスバーグは色が素晴らしいですね。
最初は色が違うのですね。
家にはそういうのはなくて、6ヶ月くらいずっと咲き続けているのが3種です。真夏のちょっとお休みするようですが。
今日も暑い中5つも頑張って咲いています。。ただ花数が少ないのが。でも良い香りは同じですので、可愛がっています。
夏に強いポージィさん、いいですね。
私は弱いですが、ますます輪をかけています。昨日午前中金融機関に駅まで出かけたら、もう午後は熱中症状態になりました。冷房の中でバラを見ながら横になっていても夜もまだ頭痛状態で情けなくなりました。

投稿: tona | 2022/06/29 10:27

ポージィさん
こんにちは
振り返りOKです
実は、私も今バラの花UPの準備中です
当地で見たバラは、何故か状態が悪く、ガッカリでした
これらは、綺麗に咲いていますね
トップのノイバラは、一輪一輪のアップも良し
満開状態も美人さん揃いで綺麗です
蔓アイスバーグも綺麗ですね
咲き始めの淡いサーモンピンク色は、美しいです
白いバラばかりでしたね
白いバラの撮影は、非常に難しいですが
どれも綺麗に撮られています
楽しめました

投稿: フクジイ | 2022/06/29 10:40

 こんにちは~。

 そうですかノイバラ。
環境を整えてあげるとこうして開花まで・・・♪
その成長力、スゴイものですね~。
 そして昆虫たちも見逃さないっ。
やはり花を絶えさせてはなりませんね。

 いや~・アイスバーグ。
可愛く咲いてくれましたね~。
 いえいえ剪定、我が家も同様でして・・(笑い)。
ピンクも白も、こんなにステキに咲いてくれて・・。
 
 現在は剪定、殆ど僅かな芯だけ?にしました~!
これでも2年も立てば・・元に・・。
 は~い、ステキナ花を愛でるお方は、更に・・・♪
 ヒロ・・でした~。
 

投稿: ヒロ・・もんたの一年  | 2022/06/29 11:42

こんにちは。
アレンジメントの枝から、こんなに見事に成長するんですね。
ポージィさんのお手入れがあっての事でしょうが、バラは難しいと聞くので驚きです。
蔓バラの、淡いピンクから白へと変わる様を楽しめるなんて、羨ましい~。
バラは何鉢か育てた事があるのですが、いずれも失敗しています。
でも、また育てたくなりましたが、バラが可哀そうかな(;^ω^)

投稿: 四季 | 2022/06/29 11:58

☆ tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
蔓バラ好きです~ なぜかしら?花がたくさんつく、というのもあるかも
しれませんが、自由に伸ばしていく蔓の様が好きなのかもしれません。
前記事のトップにあげた蔓バラのように何メートルも伸びるものは
うちでは手に負えませんけれど (´艸`)
tonaさんのお庭のバラは四季咲きの品種なのですね。
真夏以外は咲き続けてくれるのも素敵です。しかも香りがよいのですね。
夏場はどうしても花が小さくなったり数が少なくなったりするでしょうけれど、
可愛さ愛おしさに違いはありませんね。
 
え~っ tonaさん、昨日は熱中症状態になられたのですか?
今日はよくなられたでしょうか。上がってしまった体温をすぐ冷やしたい
場合には、手を水道水に浸したり、保冷剤を脇に挟むなどもしてみて下さいね。
私は暑さに強いはずだったのですが、今年はやけに暑く感じます。
加齢で適応力が下がったのかしら??
暑さそのものより厄介なのが、汗をかくとゴムで圧迫されたり
服地がこすれたりする場所が赤く腫れて無性に痒くなるのです。
保護になるものを塗ったり予防に努めているのですがすぐ痒くなって
一旦痒くなると3~4日引かないので参ります。
色々ありますね(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2022/06/29 13:26

☆ フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
>振り返りOKです ご寛容なお言葉、ありがとうございます!(^^)
フクジイさんのお会いになったバラも、もうじき拝見できるのですね。
あまり良い状態で咲いていませんでしたか… 今年の春は気温差も大きく、
また雨も多かったですから、影響があったのかもしれませんね。

ノイバラはほんと素朴で可愛らしいですね。色々な蔓バラの台木に
なっているのではないでしょうか。
わが家のノイバラは、今年がこれまででいちばん良い状態でした。
でも冬には植え替えをしなくては…きっと鉢の中は根がパンパンです。
蔓アイスバーグは優し気に咲きますね。咲き始めのサーモンピンクも、
咲き切ってからの真っ白も。わが家のは貧相なのが幸いして??
優しい雰囲気になっているとも言えそうですが。
バラに、冗談じゃない何とかしてよ、と怒られそうですね。
 

投稿: ポージィ | 2022/06/29 13:36

☆ ヒロ・・もんたの一年さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
まさか赤い実のついた枝を水に挿していて発根するとは予想もして
いなかっただけに、驚いたり嬉しかったりでしたよ。
ただ、わが家は小さな鉢植えにしかしてあげられない環境なのが気の毒で。
それでも今年はここまで咲いてくれて感謝感謝です。
このノイバラが持っている生命力の賜物ですね。
 
蔓アイスバーグは、ヒロさんのを見せていただいて、穴があったら
入りたい気持ちになっていたのですが、良さげに見えるように撮って
アップしてしまいました~
 
>ピンクも白も
ん? 2色あるのではなく、うちのは咲き始めピンクで、咲き切ると
真っ白になるのですよ。日当たりの関係かもしれません。
 
ノイバラも蔓アイスバーグも、木自体の生命力に頼りっぱなしではなく、
何らかの手を打たないと、後悔することになりそうですね。
 

投稿: ポージィ | 2022/06/29 13:46

☆ 四季さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
アレンジの枝から… びっくりですよね。
どれもがみな発根するわけではないので、やっぱり生命力の強い
生きのいいものだったのでしょうね。
ノイバラが発根した時は、驚くやら嬉しいやら困惑するやらでしたョ。
狭小庭に植える場所無く、小さな鉢植えにする以外ないと
分かっていましたから。きっと今は鉢の中で根がパンパンの住宅難。
さて、どうやって改善してあげたらいいものやら。
 
バラに限らずどの花もですが、蕾 → 咲きはじめ → 完全な開花 と
経過を見るのも楽しいですね。それが容易にできるのは家で育てて
いればこそでしょうか。
四季さんもバラをお育てになったご経験がおありなのですね。
私も枯らしてしまったバラもありますよ~。何しろズボラなもので‥
次にバラをお考えの時は、耐病性などに優れた性質を持つ品種優先で
お選びになるといいかもしれませんね。
 

投稿: ポージィ | 2022/06/29 13:55

 今晩は。
バラは何から何まで佳いですね。花だけでなく
葉の色,形状、薔薇という字まで雰囲気があって。
もう完璧に感じられます。
それにうっとりするような匂い、虫もにも好かれちゃって~
今年もアリマキびっしりで卒倒しそうでした。
丸っこい集合体、苦手なんです。

画像のアイスバーグ美形ですね♪♪
お花への愛が伝わります~

アイスバーグに似た”銀もも”という種類を頂き
剪定もせず放っておいたら一重咲き野茨に還ってしまいました。
バラは触らないと野ばらに還るんだとか・・・

※6月から今まで夫婦で先延ばしにしていた億劫な事に
手を付け始めました。
法的な事を終え、来週は古書店が来ます。
思い出ってメンタルやられますね!!( ゚∀゚)アハハ


投稿: むう | 2022/06/29 18:41

☆ むうさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
バラって、色々な魅力をもっているから、だから古今東西多くの人が
惹かれ続けてきたのですね。手がかかる植物なのに。
薔薇という字、私も同感です。冬薔薇(ふゆそうび)という言葉も~
うわぁ 虫ビッシリ!は嫌ですね。見てしまったらしばらく
ゾワゾワ発作が止まりません(^^;)
ぶつぶつビッシリ全般苦手です。
 
"銀もも"どんなバラかしら?と検索して見てきました。
銀もも と名付けたのがうなずけるすてきな淡いピンクですね。
えっ なんとノイバラに戻っちゃった? そんなことがあるのですね。
はからずもノイバラが台木だったことが判明したわけですが…
ピンクの一重も可愛らしいですが、思いは複雑でいらっしゃるかしら。
 
億劫なこととはあちら方面のことですね。
まずは法的手続きは終えられたとのこと、大変だったと思います。
お疲れさまでした。蔵書もたくさんなのですね。
思い出と繋がるものの整理などの方が気持ち的に大変かもしれません。
難しいことですがなるべく事務的に無の境地で…って、
無理なこと言ってますね、私。
期限のある法的なこと以外はゆっくり少しずつお進めになって下さい。
 
 

投稿: ポージィ | 2022/06/29 20:37

こんばんは。
ノイバラ、とっても可愛いですね。
水に挿しておいたら発根・・・そしてこんなに綺麗に育ってくれる。
花育ての楽しさでもあり、余計に愛情が湧いてしまうのでは
ないでしょうか^^
2枚目の写真の涼やかな感じがとっても好みです。
蔓アイスバーグはこんなに美しく咲いているのに貧相なのですか?
いやいやとっても美しいです✨
咲きはじめの花びらの重なり具合ややさしい色合いも
魅力的ですね。
すっかり咲ききった姿は、その名をとどろかせている通りの
清楚な美しさ。
バラ園などでゴージャスな薔薇たちも見学しますが
実は私もポージィさんが“魅力を感じるバラ”が好きです。
今回モデルを辞退されたバラさんも、是非来年は
その姿を見せて頂きたいと思います♪

投稿: えぷろん | 2022/06/29 21:03

☆ えぷろんさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
ノイバラの花、可愛いですよね ♡ 2枚目ありがとうございます。
葉も付いていない赤い実だけの枝が、まさか発根するとは想定外でした。
季節は冬でしたし。驚きと嬉しさと少しの困惑とで複雑心境でした。
でも、根が出てきたからには小さな鉢植えでも育ててみないわけには
いきませんものね。窮屈な思いをさせながらも気持ちだけは。
実の伴わない愛情です~(^^;)
 
蔓アイスバーグは、いちばん見栄えの良いところだけ切り取って撮影です。
恥ずかしながらほんとに貧相なんです。
花は殿堂入りしているバラだけあって素適ですよね。
どれにしようか候補を考えていたとき、花写真と耐病性ありの性質に
惹かれて蔓アイスバーグに決めました。
魅力を感じるバラのタイプ、えぷろんさんも同じようなタイプが
お好きと伺って、お仲間あり♪と嬉しいです。
モデル辞退の淡オレンジ色さんも、来年はモデルを務められますように。
そのためにも、今度の冬こそ、3鉢とももう少し改善してあげるべく
何かしら手を打たなくては、と思っています。
 

投稿: ポージィ | 2022/06/29 22:18

おはようございます!

↓の記事に何日か投稿させていただいたのですが 例によって海外IPは受け付けないと跳ねられっぱなし!

今回は受け付けてくれるでしょうか・・・
ノイバラ 大好きです。水さしでこんなに立派になるのですね~ いつかやってみようっと!
とっても美しく撮ってあげられましたね。
バラも喜んでいることでしょう!

アイスバークも白で清楚ですね。
バラ好きの方々のなんと多いことでしょう!

私は育てるのが苦手なので 我が家には一重と八重の白のモッコウバラしかありませんが・・・

投稿: pole pole | 2022/06/30 08:21

☆ pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます 
 
はい、今朝ご投稿くださったコメントはちゃんと届いています!
また「海外IPは受け付けない」表示でご迷惑おかけしたのですね。
重ね重ね申し訳ありません。ココログのセキュリティの関係なので
しょうけれど、個人としてはどうしようもなくて‥ごめんなさい。
それでも何度かトライして下さってありがとうございます <(_ _)>
 
お花屋さんで切り花として販売されているものでも、ときにとても
生命力の強いものがあるのですね。冬に赤い実がついているだけの枝が
発根した時はほんとびっくりしました。
年々元気に育ってきていますが、多分今年は鉢の中で根がパンパン!
この冬は住宅事情を少しでもどうにかしてあげないとと思っています。
 
ノイバラもアイスバーグも好きなのですが、私、育てるのは苦手です。
どの植物に対してもですが、水をやり過ぎるきらいがあるのに、
他のお世話はズボラが禍して面倒くさくてついついおろそかに。
pole poleさんのお宅では、一重と八重の白モッコウバラが咲くのですね。
一重は珍しいですよね。見せていただいたことありましたっけ?記憶が‥
来年拝見できると嬉しいです。
 

投稿: ポージィ | 2022/06/30 09:44

じっくり眺めさせてもらいましたよ ちっとも季節外れなんて事は無いですよ 実際今の時期も咲いてるのが有りますからね。処で野茨ですが 今年は家でも安倍川河川敷から採集してきて鉢に植えてありますよ 挿し木のような形でしたが見事に根付いてくれました 来シーズンには如何か分かりませんが その次には咲いてくれるでしょうね。

投稿: ハッピーのパパ | 2022/06/30 11:58

☆ ハッピーのパパさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
寛容なお言葉にホッと胸を撫で下ろしました。
それにちょうど今花期の株もあるとのことで、ますますホッとしました(笑)
もとも、私のブログの記事は今回ばかりでなく、慢性的に
季節の振り返りなんですけれど…(^ ^ゞ
 
パパさんも安倍川河川敷のノイバラを挿し木にされたのですね。
お~ 根付いてくれましたか。さすがはノイバラ。良かったですね。
そうですね、来年はまだ無理かもしれませんが、再来年は花も期待できそう。
楽しみですね♪♪
 

投稿: ポージィ | 2022/06/30 12:18

おはようございます。
ノイバラは、バラの原型なのでしょうか。
子供の頃、近所の庭で普通に見られたような気がしますが、最近はバラの品種が多くなったせいか、あまり見られなくなりましたね。
花には虫たちが集まってきますが、冬の赤い実は、野鳥たちも大好物!!
実もほんのり甘いそうですよ。
蔓アイスバーグの花も一面に咲くと綺麗ですね。
淡いピンクから白に変化するなんて、面白いですね。
新しく咲く花が白?それともすでに咲いてる花が白に?

アレンジメントに使われた花たちがこうしてお庭で育っていくなんて、花たちも幸せですね。

投稿: ソングバード | 2022/07/01 06:36

☆ ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ノイバラは、世界中(ただし北半球)に数ある原種バラたちの中、
日本の原種バラの一つとなります。様々な原種バラを交配させて
園芸品種のバラが作られていて品種数は3万種以上にもなるそうですね。
日本産ではではノイバラがいちばん身近な原種バラになるでしょうか。
うちの最寄りの川の河川敷でも自生しているのをけっこう見かけます。
ソングバードさんもお子さん時代にはよくお見かけになったのですね。
自然のままの環境が減るにつれて、見かける機会も減ってしまった
のかもしれません。
花は虫たちの、赤い実は鳥たちのご馳走なんですね。人にとっても♪
うちの蔓アイスバーグがなのか全般的になのかは分かりませんが、
個々の花が蕾の時から咲き始めは淡いピンクで、やがて全開する
ころには真っ白になっています。そういえば先だってアップした
ハゴロモジャスミンも、蕾の時は赤かったのが膨らむにつれ淡いピンクに、
そして花が全開するころには真っ白になっていました。
 
アレンジに使った花も、切り花からまた再生して根を張って再生していく
生命力の強い子があるというのは、植物ならではで、感動します。
うちの環境でズボラな私に育てられるのは、ちょっと気の毒ですけれど(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2022/07/01 10:14

こんにちは♪

まだ暑中見舞いの季節ではないのに、今年はとっくに暑中と言った感がありますね。
とにかく暑い!日中は庭にも出られないほどです。
今日も午前中に小一時間ほど草刈りをしましたが・・・
とってもそれ以上は外に居られませんでした、シャワーを浴びてその後は早いお昼寝でした(笑)

ノイバラ、我が家でも以前、接ぎ木の台木用として育てていましたが、今はもっぱら野山で愛でています。
アイスバーグ(我が家のは木立の方ですが)、私も大好きな花です。
四季咲きなので今も次から次へと咲くのですが・・・
なにしろこの猛暑!花は縮れて直ぐ茶色になり可愛そうなことになっています。

この暑さの上に雨がほとんど降らない梅雨?だったので
毎日4~5時頃から消雪用の水を出して、庭と菜園の水やりが日課になっています。

今年、冬は大雪!夏は猛暑・酷暑・・・とにかく (*_*) マイッタ! です。
お互いに無事に夏を乗り切りましょうね。

投稿: ロココ | 2022/07/02 16:14

☆ ロココさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
ほんとですね! 例年ならまだ梅雨の最中のはずの時期にいきなり
真夏のガンガンな暑さ到来ですもの。直射日光の下で庭仕事なんて…
私も少し前、午後から薄曇りになった日に2時間程外作業しましたが
大汗かきました。うちの辺りの最高気温は32~33℃止まりでもですから、
もっと高い地域では危険だと実感しました。
空梅雨は植物たちにも酷ですね。目の前の畑のアジサイの花の一部が
枯れ色になってきました。大丈夫かしら。
 
ノイバラ、以前はお庭にも台木としておありだったのですね。
そっかー、そこまで本格的なバラ育てをされていたのですね。すごいです。
うちの鉢植えのこのノイバラは、今はもう根がパンパンだと思うので、
この冬には少しでも解消すべく手を打たなくてはいけないなぁと
思っていますが、あぁ困った。
アイスバーグは素敵なバラですね。
うちのは、好きなのにお世話がズボラで申し訳ないことこの上なしで… ^^;
水不足では、ロココさんのお庭のアイスバーグも辛そうなのですね。
それでも、水遣りしてもらえる分幸いと思います。がんばれ~
 
そして、今度は台風4号の進路と影響が気になるところですね。
被害なしで、気温をもう少し下げ水不足解消になってくれるといいなぁ。
そう都合よくはいかないかしら。
とにもかくにも、はい、この夏を無事乗り切りましょう!

投稿: ポージィ | 2022/07/02 22:25

ノイバラ、真っ赤な薔薇とはまた違う上品で楚々としたイメージですね。しかし毎日本当に暑いですね~!6月の異常に早い梅雨明けと猛暑日の連続、6月に伊勢崎市が40度2回記録、7月は初日に40度6地なんて信じられないですよね!今日も不快な蒸し暑さ、台風が来ておりますが水不足快勝と気温の一服にはいいことです。この7~8月は一体どんな恐ろしい夏になっちゃうんでしょう?水分補給、直射日光を避けて健康に留意されて下さい!

投稿: ローリングウエスト | 2022/07/03 12:47

☆ ローリングウェストさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ノイバラは日本産の原種バラの内の一つなのですよ。
またノイバラは、園芸品種のバラの苗を作る際の台木として利用される
(台木の生理学的特性を利用するため)ことの多いバラだそうです。
 
今年の梅雨明けのはやさと高温はまさしく異常ですね。
地球の気候が世界的に大きな変換機に差し掛かってしまっていると
確信せざるを得ない、そんな気持ちでいます。
台風4号で、被害なく水不足の解消や異常高温の一服となれば良いですね。
そううまくはいかないことの方が多いのが自然ですが、さてどうなるでしょう。
ローリングウェストさんもお出かけの際もご自宅でも、暑さ対策に
ご留意なさってくださいね。私も十分気を付けます。
 

投稿: ポージィ | 2022/07/03 14:58

この記事へのコメントは終了しました。

« バラ咲く季節に ~ その1 ~ | トップページ | 「ドクダミ」好き »