« 谷(やと)公園 | トップページ | なぜか惹かれる「ヨウシュヤマゴボウ」 »

2022/10/12

秋の香り キンモクセイ

皆さんのブログ記事上で「キンモクセイ」の花を拝見し始めたのは9月下旬に

入るころからだったでしょうか。「キンモクセイ」好きの身としてはソワソワ‥

『今年もちゃんと見られずに終わるのかな‥』と半ば諦めの境地でいたところ、

9/30 所用で出かけた際に、通りすがりの公園内で咲いているのを発見!

どうにか撮ってきました。カメラはスマホしかなかったのが悔やまれます😢が、

( 5年前販売モデルの my スマホは小さなものをアップで写すのが苦手)

せっかくの久し振りの記念撮影なので記事にしちゃいましょ。

「キンモクセイ」を記事にするのはなんと6年振りでした。

 

 

220930kinmokusei1

こんもりとした樹形に剪定された「キンモクセイ」の樹

チビの私は 樹の下に難なく入れてしまいました

 

220930kinmokusei2

太い幹から ちょこんと出た小枝にも

これは "胴吹き" とは呼ばないかな?

 

220930kinmokusei4

樹の下に潜り込んで 下の方の枝に咲いているものに

スマホカメラを向けますが…

220930kinmokusei6

220930kinmokusei3

伸ばした腕は ゆ‥ゆれる

シャッター押しで また揺れる ( ;∀;)

220930kinmokusei5

これが限界でした (´_`)

 

( いずれも 9/30 撮影 )

  

 

でもでも、とにもかくにも、久し振りに間近で見てカメラを向けられたのだから

ヨシといたしましょう。

ちょっと残念だったのは、こんなにすっぽりと樹の下に入っていて、花もいっぱい

咲いていたのに、香りがとても薄かったこと。

私にとっての 『秋の香り』 は 「松茸」 じゃなくて 「キンモクセイ」 ですもの、

濃厚な香りを嗅ぎたかったのに。 なぜ?? 時間的なものでしょうか??

ちょっとググッてみましたら、『キンモクセイの場合、花粉を運ぶ昼間の昆虫を

引き寄せるため、日光の当たり始める朝に強く香る…』 という記述を見つけました。

私が樹の下に潜り込んだのはお昼過ぎの時間。 だからあまり香っていなかった

のかもしれません。 また、花の下側だったから、というのもあるかもしれません。

ちなみに、キンモクセイの香りは苦手な方もいらっしゃいますから、一日中濃厚な

香りを放っていない方が良さそうでもありますね。

 

来年こそは、満足感いっぱいになれる出会いができますように。

 

| |

« 谷(やと)公園 | トップページ | なぜか惹かれる「ヨウシュヤマゴボウ」 »

コメント

こんにちは。

スマホでこれなら、結構近いですね。
それでも香りが弱いとは残念。
ぜひリベンジして欲しいところですが、所用ってあるので、ご自宅からは遠いのでしょうかね。

ポージィさんの記事も、いよいよ秋になりましたね。
写真を撮るには楽しい季節です。
バンバン出掛けたいものですね。(^^)v

投稿: ハル | 2022/10/12 10:54

おはようございます! 💛!

秋を感じさせてくれるキンモクセイの香り!
ご覧になれてよかったですね。
私も見ましたが 色の淡いアサギモクセイ?なるものも見ました~
キンモクセイの集団の中でなんとも不思議な感じがしました。
小さな花なのであまり写欲がわかないのですが ポージィ さんはお近くでご覧になられたのですね~
スマホでも美しいですよ。

↓の公園の記事も拝読させていただきました。

投稿: pole pole | 2022/10/12 11:04

ポージィさん
こんにちは
私は、ある花を撮りに行った道中で、この香りに気が付き
当りを見渡しても、あの黄色の花が見えず
よくよく探したら、まだツボミのキンモクセイでした
ツボミでも良い香を放つんだと嬉しくなりました
その数日後、いつもの植物園へ、キンモクセイを撮りに行きました
しかし、ちょっと遅かったからでしょうか、余り香りはしませんでしたね

スマホでこんなに綺麗に撮れれば、御の字ですよ
アップも樹形も綺麗に撮られています

投稿: フクジイ | 2022/10/12 13:08

☆ ハルさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
はい、やっとブログ記事が秋になりました。
(でも多分また戻ります ^^;)
チビなのでそばに寄っただけでは花には寄れず。
その代わり木の下に潜りめて腰を曲げもせずに立てました(笑)
それでもバンザイしないと撮れなかったんですけれどね。
リベンジしたいですけれど、もう咲き終わっちゃいました。
また来年、ですね。
季節の花たち・自然の風景の移り変わり、見たくてたまらないのに出不精、
皆さんのブログにコメントしたり、ココログのキラリ巡りで時間が
どんどん過ぎていくこと、今年は雨が多い、などの理由で
8月の忍野八海からこちら、公園歩きゼロを更新中です~涙
バンバン出かけるぞ!くらいの気持ちでいないといけませんね。
 

投稿: ポージィ | 2022/10/12 13:51

☆ pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは ♡
 
どこからともなくキンモクセイの香りが漂ってくると、秋だなと
意識しますね。季節を知らせる香りの便り(^^)
色の淡いアサギモクセイ(ウスギモクセイ?)もご覧になったのですね。
キンモクセイたくさんの中に混じっていましたか。
何故ポツンと1本?たくさんの苗木の中に混じっていたのかしら。
実は私もこれ↑と同じ日に見かけたんですよ。
でも、よそのお庭のものでカメラを向けるのは憚られる状況。
さりげな~く見上げ振り返りながら通り過ぎるにとどまりました(笑)
キンモクセイよりも香りは薄めで穏やかですよね。
小さな花の集団で、どう撮っていいか悩ましい花のひとつですね。
 
前記事もご覧いただきありがとうございました <(_ _)> (´∀`*)
 

投稿: ポージィ | 2022/10/12 14:05

☆ フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
キンモクセイの開花は、どこからともなく漂ってくる香りで
気付かされることも多いですね。
フクジイさんも香りで存在に気づかれましたか。あ、でもその時は
まだ蕾だったのですね。その後、撮りにいらした植物園では、
すでに香りは薄まっていたと…
一日の内の時間帯によって香りの強さも変わり、開花期間の内でも
開花直前から開花したてがいちばんよく香るということかもしれませんね。
 
これらの写真、実はオリジナルのサイズでは暈けているんです。
記事アップのこのサイズでどうにかこうにか‥なのです(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2022/10/12 14:13

ポージィさん、こんにちは。

キンモクセイは朝に香るのですか。
全然今まで気が付きませんでした。
遠くから香ってきますね。家から15メートル先の家からいつも香ってきます。
そして我が家のを覗くとぽちぽちと。めった切りにしているせいかほとんど花を付けません。ある程度以上に伸びると伐採が大変なので今は全部低くしていますので。
きれいに撮れていますね。
キンモクセイと沈丁花とクチナシの香りが一番でしょうか。

投稿: tona | 2022/10/12 15:45

☆ tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
キンモクセイの花がいついちばん香るのか、自分で検証したわけではないので
断定はできませんが、『日光の当たり始める朝に強く香る』との説に
納得感でした。でも、これまでの秋、ふと香りに気づいたのが
一日の内のいつだったのかすっかり忘れてしまっています。
もう一つ、咲き終わり近くより、咲き始めの方がよく香りそうですね。
15mも離れたお宅から香ってくるのですね。
虫たちはもっと離れていても敏感に気づいて訪花するのでしょうね。
ここ↑のは、樹の下にチビとはいえ私がまっすぐ立てるくらいで、
結構大きな樹でした。樹高は5~8mとか3~6mとか書かれています。
自然に育てると結構な大きさになるのですね。でもこの実の高さに
仕立てられるとも。tonaさんのお宅では低く仕立てていらっしゃるのですね。
花芽を切ることにならない剪定をされるとまたたくさん咲いてくれるかも
しれませんね。
キンモクセイとジンチョウゲとクチナシ。賛成です。
日本における三大香木ですね。
 

投稿: ポージィ | 2022/10/12 17:31

 こんばんは。
凄く大きいキンモクセイですね♪♪
胴吹きが何とも可愛らしいです。
素敵な写真です!!
このまま絶対剪定しないで欲しい。

キンモクセイの樹皮の感じが好きなんですが
犀の肌に譬えて木犀って言うんだそうですね・・
犀の肌も実は佳い匂いがしたりして(^-^;

投稿: むう | 2022/10/12 18:33

☆ むうさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
チビの私の背で見上げるので、実際より大きく見えるかも~
以前、車の助手席から2階の窓に届くような金木犀を
見かけたことがありますが、それよりは小さかったです。
同吹きの枝と花、可愛いですよね♡
今後剪定される方も同じように思ってくれるといいですね。
 
むうさんは金木犀の樹皮の感じがお好きですか。
あまりそういう目線で見たことがありませんでしたが、
改めて見ると年輪を感じさせるような木肌と感じます。
犀とは似ているのかなぁ…?
犀たちの肌は泥の臭いがしそうです~~
なんて夢の無いこと言っちゃいけませんね。いい匂いがするかも♪
 

投稿: ポージィ | 2022/10/12 20:36

こんばんは。
私も背が低いのです(´艸`*)
ですから、ポージィさんが樹の下に難なく入れて・・と書かれて
下から見上げたキンモクセイには、自分も一緒に見上げている感じがしました(笑)

今年はキンモクセイをじっくり見る事が出来なかったのです。
近所のキンモクセイが咲きはじめた時に、もう少ししてから撮りに行こう
と思っていたらいつの間にか終わってしまっていてガッカリでした。
今年は開花時期が短い・・とかは無かったですか?
ウチのご近所の木だけだったのかな(笑)
花の香る時間帯の事もこちらでお聞きしたので来年こそは!と
今から待ちます(^^♪

投稿: えぷろん | 2022/10/12 20:55

「キンモクセイ」好きでソワソワ、なんて可愛らしいのでしょう!10月は夏日の連続かと思ったら一挙に気温が真冬並みに下がって冬のような雨にビックリ、その後また気温が上がりもエレベーターのような急激な気温変化で体がついていけませんね。体調管理をしっかりしながらよき秋を楽しまれてください。

投稿: ローリングウエスト | 2022/10/12 20:59

こんばんは!
キンモクセイの香りって、苦手ではありませんが、何となくトイレを連想してしまいます。
バラやラベンダーもね。
私的には、梅の花の香りが好みかな。

投稿: FUJIKAZE | 2022/10/12 22:39

☆ えぷろんさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
まぁ、おチビちゃん仲間でいらっしゃいましたか。ちょっと嬉しいです。
私も樹の下で一緒に並んで見上げているような気分になれました(^^)v
 
えぷろんさんもキンモクセイをじっくりご覧になる間が無い内に
花が終わってしまったのですね。
9月終わりと10月半ばの2回昨年もありましたが、今年は9月終わりからの
1回で終わってしまったような。漂ってくる香りに気づく機会も僅かでした。
花期自体の長さはどうだったのでしょう。そう言われてみれば少し
短かったようにも感じます。
お互い、来年こそはじっくりとキンモクセイを楽しめるといいですね。
 

投稿: ポージィ | 2022/10/12 22:58

☆ ローリングウェストさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
キンモクセイの小さな花ひとつひとつがとても可愛らしくて、
香りも大好き。さらには、かって実家の庭にあったキンモクセイは
私の樹ということになっていたのです~ それでソワソワなんです(*^.^*)
 
10月に入ってからの気温変動の大きさには参りますね。
いつまでも夏みたい からの いきなりの冬のような気温ですものね。
明日はまた冷たーい雨で、先日ほどではないものの気温も低そうです。
お互い体調管理に気を付けましょうね。
 

投稿: ポージィ | 2022/10/12 23:03

☆ FUJIKAZEさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
キンモクセイの香り、苦手ではないけれどトイレを連想…(^^;)
トイレの芳香剤が花の香りを真似ているのですけれどね~
夫も同じこと言っていましたよ。
お好みの香りは梅の花の香りでいらっしゃいますか。
甘いばかりでない爽やかさの混じる香りですね。
ウメの香も好きです~ (^^)
 

投稿: ポージィ | 2022/10/12 23:07

おはようございます。
キンモクセイの香りがあちこちで漂ってますね。
スマホ写真、綺麗に撮れてますよ。
我がマンションの駐車場のお隣の庭に大きなキンモクセイが植わっていて、車に乗るたびに甘い香りが・・・・心が休まります。
個人的にはこの花の甘い香りが好きで、時々この花を少し拝借して、ティッシュにくるんで車の中に・・・・
花の香りも人によって得手不得手がありますが、私はすべてOK!!
我が女房殿は、ユリの花の香が苦手です。

投稿: ソングバード | 2022/10/13 08:03

これだけ見れて撮れれば十分じゃないですか 今年は家のは全く咲かず 公園の金銀木犀も伐採のし過ぎで花どころじゃなかったですからね。あの香りが楽しみだったんですが。

投稿: ハッピーのパパ | 2022/10/13 08:56

☆ ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
キンモクセイの香り、ソングバードさんのご近所ではまだ楽しめるのですね。
うちの辺りではすっかり終わってしまいました。
もっともっと楽しんでいたかったのにあっという間‥
車に乗られる度にほんわかキンモクセイの香り、良いですね。
心休まりいつも以上に穏やかに安全運転となりそうです。
キンモクセイの花の香り、ソングバードさんもお好きなのですね。
私も甘い系の香りはすべてOKです。カサブランカなど強いユリの香も大丈夫。
奥様はユリの香は苦手でいらっしゃるのですね。
強めの香りは得手不得手が分かれることも多いですね。
 

投稿: ポージィ | 2022/10/13 10:18

☆ ハッピーのパパさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
はい、これだけでも、見て撮れたのですからヨシとしなくてはですね(^^)
ハッピーのパパさんは、お庭のものでも公園のものでもお楽しみに
なれなかったのは何とも残念でしたね。
公園のものは花芽が付いた後の剪定になってしまったのでしょうか。
どちらも、来年はたくさん咲きたっぷり香ってくれますように。
 

投稿: ポージィ | 2022/10/13 10:23

 こんにちは~。

 いや~・また出会えました~♪
黄金色のこんもり、勿論・最高ですが。
 二枚目の写真。
 サクラの小花もそうですが。
本当に何ともいえませね~。
・限界どころか、十二分で~す♪
 癒やされる~。
 ヒロ・・でした~。
 

投稿: ヒロ・・もんたの一年  | 2022/10/13 15:55

☆ ヒロ・・もんたの一年さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは~
 
ヒロさんがウォーキングでご覧になっていたキンモクセイを拝見した
ところで、こちらもアップさせていただきました。
 
胴吹きは桜の古木でもよく見られますね。
ごっつい幹から直接可愛らしい花が咲く様子は、ギャップもあってか
なんとも愛らしく感じます。こちらは細い枝と花がやはり愛らしかったです。
 
ほんとに限界。オリジナルはピントが合っていないんです。
なのに癒しを感じてくださったとのお言葉、ありがとうございます。
 

投稿: ポージィ | 2022/10/13 17:22

こんばんは♪
シンガリは常連・・・のロココです(汗)

キンモクセイの香り・・・どこからか微かに香ってくる
そんな季節もソロソロ終わろうとしています。
すぐ裏の市道の街路樹として所々に植わっています。
この香り、かすかに香って来る季節になると・・・
雪国ではもう雪の心配が始まります。

こちらではサクラの葉が少し色づき始めました。
里山保全クラブ作業も今月いっぱいで修了!です。
周りの山々も少しくすんだ色になってきました。
山々が燃えるような色になるのも、もうすぐです。

投稿: ロココ | 2022/10/14 21:40

☆ ロココさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
しんがり かどうか、まだ分かりませんよ。
でも、トップでもしんがりでもどこでも感謝に変わりはありません(^^)
 
風に乗ってどこからか届くキンモクセイの香りに気づく、その瞬間
とても幸せな気持ちになります。今年はそんな機会もほとんどなかったなぁ。
ハッピーのパパさんの所ではちょうど咲き始めたところのようですが、
うちの辺りはとうに終わってしまいました。
ロココさんのご近所には街路樹として植えられているのですね。良いですねぇ。
キンモクセイの花が終わると、もう雪の心配の季節…
雪囲いなどの作業を始めなくてはいけない時期ということですね。
 
サクラの紅葉はもう始まっていますか。こちらでも、時々2か月先行の
低温の日が混じるので、サクラは早くから葉を落とし始めましたし、
すっかり黄色っぽく萎びたようになってしまったウメの葉も見かけます。
ヘンテコな秋です。ロココさんの地域では雪の季節の前に、
燃えるような美しい山々の秋色をお楽しみになれるといいですね。
 

投稿: ポージィ | 2022/10/14 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 谷(やと)公園 | トップページ | なぜか惹かれる「ヨウシュヤマゴボウ」 »