« あえてよかった「紫陽花」と「捩花」 | トップページ | 今年の「オニユリ」2023年 »

2023/09/06

蜂さん、蝶さんハーブが好きですか?

 

約3ヶ月前の振り返り記事が続いていますが、今回も6月撮影の写真からです。

 

『蜂さん、蝶さん ハーブが好きですか?』 としつつハーブは2種ですが

撮っている間、夢中な彼らを眺めつつ楽しい時間を過ごせました。

 

まずは「ラベンダー」

230617_15lavandula_kumabati

こちらの「ラベンダー」は 何という種類かしら?

6月中旬のこの日 咲き始めたばかりの様でしたが

数匹の「クマバチ」たちが 蜜集めに夢中でした

小さな花だから 一度に得られる蜜はほんの僅か 忙し忙し

230617_17lavandula_kumabati

ラベンダーの香りは 私も大好きですが

なかなかフレーム内に納まってくれない ハチたちに気を取られ

香りを楽しむのを忘れました ^^;

230617_19lavandula_mitubati

「ミツバチ」もいましたよ ミツバチたちも忙し忙し

ミツバチの働きバチの寿命は 30~40日なのだそう

その間に 次々役割が変わっていって

最後の役割が 危険の多い巣の外へ飛び出ていって

蜜や花粉を集めることだと 聞いた覚えがあります

ちょっと切ないけど 見事な生涯なのだなと思いました

230617_20lavandula_mitubati

蜂さん、ハーブが好きですか? の答えは 大好きだ!♡

何かの折に読んだ 養蜂家の方の言葉より (´∀`*)

230617_18lavandula

 

 

 

この日は もうひとつ「タイム」も咲いていました

230617_39thime_benisizimi

「タイム」にいたのは 「ベニシジミ」たち

この子たち  ↑  ↓  は カップルの様でしたよ

230617_41thime_benisizimi

仲良くしたい雄♂ と 恋より蜜の雌♀ って感じに見えました (´艸`)

230617_40thime_benisizimi

タイムの花がもう少しよく見えるよう トリミング

230617_42thime_benisizimi

ストローを差し込んで吸蜜中

この子の翅は だいぶ傷んでしまっていたけれど 元気そうでした

 

撮ったカップル以外にも この時タイムには

ベニシジミがたくさん集まっていました

蝶は種類によって好みが異なる(花蜜ではなく樹液を好む蝶も)ことも

多いそうですが 少なくとも「ベニシジミ」は「タイム」がお好き ♪

 

 

こういう穏やかで平和な光景を見ると心和みますね。

今回もお付き合いいただきありがとうございました。

 

| |

« あえてよかった「紫陽花」と「捩花」 | トップページ | 今年の「オニユリ」2023年 »

コメント

残暑がまだ続きますね。
先日来色々お世話様になりありがとうございました。
まだ始まったばかり、あわてず騒がずやっていきます。

どちらのハーブもありませんで、あるのはチェリーセージとサルビア・ガラニチカです。サルビア・ガラニチカには最大級の大きな蜂がやってきます。近寄れません。
ラベンダーは蜂で、タイムはベニシジミなのですね。
ベニシジミ、きれいですね。親は蜜を吸っていますが、幼虫はギシギシやスイバを食べているそうで、タイムではないので何だか安心しました。
タイムのお花が小さいのに、ちゃんと隅々まで見えます!

投稿: tona | 2023/09/06 10:05

なるほど、ラベンダーの花は小さいのが集まってる。
花が小さい = 蜜も少ない = 忙しい
そうですよね~。でも、今まで考えたこともなかったです。ラベンダーのハチミツって、市場にでてたら高価なのかな~とか思っちゃいました。(笑)

ミツバチの役割が変わっていくのも知らなかったです。
この後、ちょっとミツバチについてググって勉強してみますね。

私はココにくると心が和みます。
お写真とポージィさんのお人柄だと思いますよ。

投稿: まるかーさ | 2023/09/06 12:12

tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
残暑はまだまだ…ですねぇ。
曇りや雨がちだと気温はほんのちょっぴり下がりますが、湿度は上がるので
あまり涼しいとは感じられません。
お世話にだなんてとんでもないです。かねてから♡ボタンを付けていただけ
たらなぁ~と思っていた自分の願いをなかば強制的に?叶えていただいて
しまいました(^^;)
 
わが家にも↑のどちらのハーブもありませんです。
チェリーセージとローズゼラニウムだけありましたが、ローズゼラニウムは枯れ、
チェリーセージも先立っての1週間余の留守でほぼ枯れていたのが、
何とか生き延びて少し新葉が出てきたところです。
サルビア・ガラニチカは大型ですね。色といいワイルドな雰囲気といい、
好きな植物です。よくやってくる大型のハチは↑のラベンダーにも来ている
丸っこくずんぐりしたクマバチでしょうか。
クマバチなら攻撃性は弱いので安心して近くで見ていられますが、
スズメバチなどだと怖いですね。即退散します。
ラベンダーに蜂・タイムに蝶は、この時たまたまだったかもしれません。
クマバチはいろいろな花に来ていますし。
ベニシジミは子どもの頃から親しんだ蝶で、今でもシジミチョウの中で
特別な存在になっています。そうそう、仰るようにベニシジミの幼虫の食草は
ギシギシやスイバだそうで、それらの大きくなる草が食草だと、
蝶にとっても植物にとっても安心ですね(^^)
 

投稿: ポージィ | 2023/09/06 12:36

☆ まるかーささん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
いくらたくさん咲いていても、小さな花からちまちま蜜を集めるのは
根気が要りそうですよね。花から花へ~忙しない虫さんたち見ると
お疲れさま!っていう気分になります。
そうそう、ミツバチが一生の間に集める蜜は小さじ1杯程度らしいです。
私たち人間はガバッとすくって食べちゃいますけどね~(・・;)
ラベンダー蜂蜜は私は見たことないですが、オイル同様香り高いそうです。
きっと高価でしょうね。
うんうん、ミツバチのことお勉強してみてくださいね。
 
嬉しいお言葉ありがとうございます。じー‥んときちゃった ♡
 

投稿: ポージィ | 2023/09/06 12:50

ポージィさん、そうそうクマバチです。
スズメバチも把握しておいて、来たらもう家から出ません。
♡マーク、いつもコメントをくださる方につけていただいたようで、当座はつたないブログを続けて読んでいただいているようです。パソコンを開ける時間も日に2回はありますので、皆様のを楽しめます。
ポージィさんがやめないようにとおっしゃってくださったので肝に銘じて続けていきます。感謝しています。

投稿: tona | 2023/09/06 16:01

☆ tonaさん、ありがとうございます ♪
 
やっぱりクマバチでしたか (´∀`)
こちらが花にカメラを向けている目の前にもブーンと来ることがありますね。
羽音にびっくりしますが、クマバチと分かるとホッとします。
 
tonaさんのブログは皆さん楽しみに訪問されていましたもの、
コメント欄が閉じたからといってその楽しみは変わりません。
多くの方が♡ボタンをポチッとしてくださって良かったです (^^)
私もtonaさんの記事でいつも刺激をいただいて、そこから検索して
色々なことを調べてみたりしてます♪ すぐ忘れたり浅い勉強であっても、
知らなかったことを知るきっかけをいただいて感謝しています♪
 

投稿: ポージィ | 2023/09/06 16:54

 その後・香りを楽しまれました?
今晩は~。

 私も迷いました。
ハーブを先に見るか、鉢や蝶たちを見るか・・・。
ん?兎に角片っ端から拝見だッ♪
 そして一点ずつ集中だっ。

 ステキな、紫に薄いピンク色のハーブたち。
これだけでも引き寄せられる・・・。
 更に蜜がある♪
これでは皆さん当然ですね。
 そしてそれぞれ花が可愛いから・・・。
しかし吸蜜の量が僅か!
ついつい集中してしまう、これも当然ですね。

 それに蜂にとっては、これ程密集して咲いていてはよそ見などしていては・・。
ん?さっき吸ったのはどの花だったっけ?
 人間などいても気にしていられない。
ましてやポージィお姉さんだ、心配するには及ばない♪
反対にボディーガードになる、安心だっ。

 私たちもそうだよッ。
キレイなピンクのコモン?さん。
球状に下も向いているから・・・。
 羽も開かないように歩いて回らないと、ね。
私はセッセと吸って、体力増強をしないと・・!
あなたは適当に食べながら私を眺めていてよ・・。
眺めるだけッ、分かったわね、と、言ったか言わないか・・・(笑い)。

 そう・この小さなピンクの花びらが、こんなに可愛く見える・トリミング。
いいですね~。
 

投稿: ヒロもんた | 2023/09/06 18:02

☆ ヒロもんたさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
はて、写真を撮った後、香りを楽しんだのでしたっけ??
忘れてしまいました。ラベンダーの香りの記憶は残っていますが、
この時のものか別の時のものか…(・・? ポリポリ
 
ヒロさんには今回もじっくりご覧いただき、そのうえ物語まで。
楽しませていただきました♪ お姉さんじゃなくおばさんですけれど (´艸`)
ほんと、仰るようにこんなにたくさん花があって、しかもランダムに
飛び回っていてはどの花蜜を吸ったかなんてわからなくなりますよね。
非効率的な~~(笑)
タイムはコモンタイムですか? 調べる手間を省いてしまいました。
今検索画像を色々見てきましたが、コモンタイムでのようですね。
ヒロさん、ありがとうございました。
 

投稿: ポージィ | 2023/09/06 18:16

こんばんは。
1枚目の緑色をバックにしたラベンダーの優しい色合いに
惹きつけられました。
そうか・・6月頃のお写真♪
明るい日差しがムッとした暑さを感じさせないのも
季節の違いなのでしょうね、爽やかさを感じました(#^^#)
働きバチのチョッピリせつない生涯、初めて知りました。
まめまめしく働いているな~ぐらいしか考えませんでしたが
今度から、ミツバチを見る目が変わりそうです。
ストローを差し込んで吸蜜中、良く撮られましたね~
美味しそうに飲んでいますね^^
ポージィさんは虫さんもお好きなのですね。
写真から『愛♡』を感じます。
優しい気持ちになれました、有難うございます(*^-^*)

投稿: えぷろん | 2023/09/06 20:39

☆ えぷろんさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
6月中旬のこの日、直射日光は暑くても、木陰はまだまだ爽やかな日だったと
記憶しています。やっぱり明るさや色合いなどにもちゃんと季節が
現れているものなのだなぁと、えぷろんさんのお言葉で改めて
気付かせていただきました。
 
働きバチの生涯、私も割と最近知ったのです。
そして同じく見る目が変わりました。蜂蜜をいただくときの心持も。
シジミチョウの吸蜜のシーンは偶然です(^^;ゞ

虫さんたちに対しては…実は、天使のようになれることもあれば、
鬼か悪魔かの接し方になることもあるという…とても偏った愛で…ごにょごにょ
この↑ときは天使の方でした! 嬉しいお言葉ありがとうございました。
 

投稿: ポージィ | 2023/09/06 22:21

ラベンダーこんなにたくさん育ててるのですか?
知人に分けていただいて、ラベンダースティックを作ったりしてるので こんなにたくさん、羨ましいです。
たくさん積んだとき、部屋の中がラベンダーの香りに包まれて ほんとうに気持ちよい時間が流れます。

投稿: hiroro | 2023/09/07 00:23

おはようございます。
相変わらず残暑が厳しいですね。
ラベンダーといえば北海道というイメージが強いですが、最近は身近なところでも見れるようになりましたね。
数年前から、我が埼玉の嵐山町でも、大きなラベンダー畑ができました。
東京ドームの1.4倍の植え付け面積なんですよ。
ラベンダーにはたくさんの昆虫が集まってくるので、今年こそは行くつもりでいたのですが・・・来年挑戦してみますね。

ミツバチたちもこの時とばかり、蜜集めに余念がないですね。
ベニシジミも鮮やかですね。
小さな花にはシジミチョウがよく似合います。
仰る通り、蝶の仲間には、花蜜だけでなく、樹液を好む種類も多く、カブトムシなどと一緒にいることも多いですよ。
昆虫たちもそろそろ冬ごもりの準備をするころなのに、この残暑にビックリしてるんではないでしょうか。

投稿: ソングバード | 2023/09/07 06:51

虫たち 本当に一生懸命ですねー こう言う場面を見ると私もついつい見ほれちゃいますよ。花も綺麗ですが何と言っても虫たちの姿がねー。

投稿: ハッピーのパパ | 2023/09/07 08:01

ポージィさん
おはようございます
ラベンダー、あれれ今年はお目にかからなかったなぁ~
良く行ってた植物園は、一年半かけてリニューアル工事を始め、全く出会いがなくなりました
今年の10~11月に再開する予定ですので、もう少しの辛抱です
ミツバチは、一生懸命蜜集めに精を出していますか
飽きもせずセッセと動き回っている姿を見ると、自分も頑張らなくちゃと思いますね
美味しい栄養価の高い蜂蜜を私達に提供してくれて、感謝感謝です
ベニシジミは、花から花へ優雅に飛び回り、私達を楽しませてくれる
このチョウ達にも感謝です
それにしても、まだまだ暑い日が続きますね
この暑さには、閉口です

投稿: フクジイ | 2023/09/07 08:08

☆ hiroroさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
いえいえ、これは6月半ばに訪問した公園での写真なんです~
ラベンダーは大きな株が3株くらいだったかしら。
近くで撮っているのですごくたくさん群生しているかのようですよね。
ラベンダーの香り、hiroroさんも大好きでいらっしゃるのですね。
ラベンダースティック作られるときの至福のお時間、想像できます…
私も好きです。でもわが家では全然育たず、2~3回枯らしてから諦めました(涙)
 

投稿: ポージィ | 2023/09/07 09:09

☆ ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
そうそう、仰るとおりで、ラベンダーといえばかっては北海道富良野。
もしくは冷涼な地での栽培でしたよね。
その後品種も増え、高温高湿にもわりあい強いものも出回り
町中の花壇でも見かけるようになりました。
え~ 大きなラベンダー畑ができ、東京ドームの1.4倍の植え付け面積!!
良いですね! これはぜひぜひいらして下さいね。
チャンスに恵まれますように。
ラベンダーの香りに包まれリラックスしながらたくさんの虫さんたちとの
出会いを楽しむ…素適な時間を過ごせそうです♪
 
残暑はいつまで続くでしょう。害虫大繁殖!なんていう見出しも
見かけましたよ。暑い季節が長く冬が暖かいと色々な生き物の生態にも
影響が大きそうですね。
 

投稿: ポージィ | 2023/09/07 09:19

☆ ハッピーのパパさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
パパさんもでいらっしゃいますか。
花ももちろん綺麗で見惚れるのですが、そこに虫たちの活動を見つけると
ついつい虫たちに夢中になってしまいますよね。
一途な一生懸命さがより伝わってくるからかもしれませんね(^^)
 

投稿: ポージィ | 2023/09/07 09:21

☆ フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
ラベンダーとの出会い、今年はおありではなかったのですね。
あぁ、リニューアル工事中の植物園で…
今年は残念でしたが、オープンが楽しみですね。
秋にオープンで冬を越し、来年の春からが期待大ですね!
きっとラベンダーも♪
ミツバチが一生に集める蜂蜜は小さじ1杯程度なのだそうです。
私たちはそんな蜂蜜をいただくのですから、大いに感謝して
いただかなくてはいけませんね。本当に有り難い自然の恵みです。
ベニシジミは子どもの頃から身近だった蝶なので、会うと特に嬉しい蝶です。
ほんとうに、仰るようにみんなに感謝ですね。
 
10月頃まで平年より高い気温が続くそうですが、それでもそのうちには
最高気温が30℃を下回る日が増えてくるのではないでしょうか。
もはやグッタリですが、あともう少し頑張ってまいりましょう。
 

投稿: ポージィ | 2023/09/07 09:29

蜂さんもハーブで清涼感?9月になったというのに相変わらずの暑さ。朝晩は少し涼しい感じになってきましたが、昼間はずっと最高気温30度以上が中旬まで続く感じです。東京の真夏日は63日連続更新、もう呆れるばかりです!これから9月は夏の季節カテゴリーに入れなきゃならないかも・・。熱中症・コロナもまだまだ注意が必要ですね。お体ご自愛下さい。

投稿: ローリングウエスト | 2023/09/07 11:10

☆ ローリングウェストさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ご無沙汰したままで申し訳ありません。
先だって新記事拝見しに伺ったのですが、拝見するのが精いっぱい、
自分のコメントをまとめる気力がまだ足りなくてそのまま戻りました‥
 
当記事の写真は6月でまだ真夏の暑さが始まる前でした。
蜂たちも余裕で蜜集めに勤しんでいたと思いますが、この後ほどなくから
続いた猛暑にどうしているでしょう。ミツバチたちは受粉にも大いに
貢献してくれていますから、彼らが元気にたくさんいてくれないと
私たちのいただく作物にも影響が出てしまうんですよね。
今夏は観測史上いちばん暑い夏になってしまったのですね。
ほんと、仰るように9月はもはや夏だと思います。
ニュース報道されないだけでコロナ感染者も増え続けていますし、
暑さ疲れ派蓄積するしで、しっかり体調管理しなくてはいけませんね。
ローリングウェストさんもご自愛くださいませ。
 

投稿: ポージィ | 2023/09/07 14:02

こんにちは。
昆虫は何に惹かれて花に集まってくるのでしょうね。
紫外線で見ていると聞いた事がありますが、ハーブに集まるという事は、
匂いも感じるのでしょうか。
仲良くしたい雄蝶と、今は食欲の雌蝶に、思わず笑いました( *´艸`)

投稿: 四季 | 2023/09/07 14:51

☆ 四季さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
そうですね、昆虫たちは何に惹かれて花に集まるのか。
仰るように紫外線を感じるということ、私も読んだことがあります。
花には蜜標を持つものもありますから、紫外線だけではない見た目も、
そして、当然香りもあるのでしょうね。
ラフレシアのように腐肉のような香りを発してハエの仲間を呼び寄せる
花もありますし‥(^^;)
生き物たちの関係性って、垣間見るだけでも面白いですね。
シジミチョウたちはそんな風に見えたんです。雌もサッとよそへ
いってしまわないところを見ると、嫌っているわけでは無さそうでした(´艸`)
 

投稿: ポージィ | 2023/09/07 15:45

こんにちは!
ラベンダーですか・・・。
昔、私が小学生の頃、NHKでタイムトラベラーのドラマをやってました。
ラベンダーの花の香りを嗅ぐとタイムトラベルしたと記憶してますが、当時、私はラベンダーって花を見たことが無く、どんな花なんだろう、何処に咲いているのだろうと思ってました。
母にたずねたところ、「トイレの芳香剤だよ」と言われ、そこで初めてラベンダーを認識した次第です。
すぐにトイレへ行き、試しに胸一杯ラベンダーの香りを吸い込んでみましたが・・・タイムトラベルはしませんでした。

投稿: FUJIKAZE | 2023/09/10 11:01

☆ FUJIKAZEさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
楽しい思い出をご披露下さってありがとうございます(^▽^)
NHKでやってましたね~タイムトラベラー。私も小学生時代。
ちゃんと見ていなかったのが悔やまれますが、タイムトラベルのための
薬に使われていた花がラベンダーでしたね。
私も、そのころはラベンダーという花は全く知りませんでしたから、
とても神秘的に感じていましたよ。
お母さまはご存知だったんですね。でもトイレの芳香剤~(≧∇≦)
トイレで思いっ切り芳香剤のラベンダーの香りを嗅いでみられた
小学生FUJIKAZEさん、可愛いです~♪ 
本物のラベンダーの香りを胸いっぱい吸い込んでもタイムトラベルは
しませんねぇ。他にもあれこれ調合しなくちゃいいけないのですね。
  

投稿: ポージィ | 2023/09/10 16:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あえてよかった「紫陽花」と「捩花」 | トップページ | 今年の「オニユリ」2023年 »