« 庭に咲く「タカサゴユリ(シンテッポウユリ)」 2023年 | トップページ | クズ・KUZU・葛 »

2023/10/04

ふるさとの夏祭り

2023年 7月28日(金)~ 7月30日(日)、新型コロナで中止されていた、

my ふるさとの「国府夏祭り」が4年ぶりに復活しました。

せっかくなので、そこに合わせ3年半ぶりに帰省し、30日の分を見物しましたよ。

どうやら約400年の歴史があるらしい4町内合同で行うお祭り。

土曜の夜は中心となる神社で手筒花火の奉納、日曜は4町内それぞれが山車を引き

歌舞伎行列が通りを練り歩きます。そして夜は河原と山の広場で花火が上がります。

今回は見られませんでしたが、土曜夜の奉納手筒花火は特に胸に響くのですよ。

子どもの頃と比べると、町の様子は個人商店が激減、空き地も増えるなど寂しく

様変わりしましたが、ノスタルジーに浸ってきました。

 

写真はすべてスマホ撮影。山車と歌舞伎行列は行程の終わり近くとあって

間延びしていますし夜の花火もイマイチの撮れ方ではありますが記念に。

2ヶ月以上経っての記事となりましたが、よろしければ雰囲気だけでもご覧ください。

 

 

230730_8

山車を引く様子 皆さん楽しそうな表情で

かっては爆竹鳴らしまくり 暑さでビールを浴びるように飲み で

乱れてましたが いつの頃からか改められました (^^;)

230730_5

山車の上ではお囃子が奏でられています

 

 

230730_4

歌舞伎扮装の方たち

真夏の暑い盛りですからね 疲れ切って間延びしていますが

沿道の人に声をかけられつつ 最後の頑張り

230730_6

 

 

230730_9

お神輿

いちばん上手町内の大社から 南部の町内の神社へ

神様の渡御が行われるのです

この日は通る道が違って随分早足 時間短縮のため?

何せ4年振りでしたからね スケジュール進行が押していたのでしょぅ

 

 

230730_10

夜の帳が降りるころ 川で花火が上げられ始めました

まずは手筒から (ヤッター 手筒も見られた!)

 

続いて仕掛け花火や打ち上げ花火 

230730_13

230730_14

 

そうこうするうちに 山の上の広場からの打ち上げ花火も開始

230730_15

ではそろそろ 帰りましょう

 

 

山の花火は 伯母宅(私の母の実家)の庭から眺めます

ほんの一部ですがご紹介…

230730_18

230730_20

230730_23

230730_21

 

 

庭からは川の花火も少しだけ見えます

やがて夜も更けてきて

230730_24

これは川の花火のフィナーレ

 

そして山の花火のフィナーレ

230730_25

山の花火は 昔は8寸玉も上がっていましたが

事故があったりして 今は大きな玉は上げられていないようです

 

 

400年前?に始まった頃は村祭りだったのでしょうけれど、今は町のお祭り。

なかなか盛り沢山であれこれ楽しめるお祭りとなっています。

小さな町ですが伝統的なお祭りが残っているのはいいものですね。

ご覧いただきありがとうございました。

 

翌7月31日に神奈川へ帰って、そのまた翌日8月1日に山口へ飛ぶことになるとは、

この時は思ってもみませんでした。

  

| |

« 庭に咲く「タカサゴユリ(シンテッポウユリ)」 2023年 | トップページ | クズ・KUZU・葛 »

コメント

おはようございます。
 ふるさとでのお祭り、御神輿、花火と沢山の思い出ができましたね!
どのお写真もお見事ですよ!
特に花火は難しいのにさすがでいらっしゃいます。
 
 今朝は雨でヒンヤリとなりました。
気温差に気をつけたいと思います。

 いつも読み逃げお許しくださいませ。

投稿: マコママ | 2023/10/04 10:53

☆ マコママさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
3年半ぶりの帰省は1泊きり正味24時間にも満たないものでしたが、
私の方の親戚一同・幼馴染との再会もあり、お祭り見物もの
濃密なひと時でした。お言葉どおり沢山の思い出ができました。
カメラレンズ1個のスマホですし、サッと持ち上げてパシャリの
いい加減な撮り方でしたが、スマホカメラを褒めねばですね。
 
この前の日曜はまだ夏の服装でしたが、今日は完全に秋仕様。
明日はまた夏日になるとか?気温差が大きいですね。
こまめな調整をすることといたしましょう。
 
いえいえ、私の方こそ日参しつつもいつも読み逃げで失礼しています<(_ _)>
 

 

投稿: ポージィ | 2023/10/04 11:57

 へ~これはまたまた・・・♪
こんにちは~。

 昨日三ヶ月ぶりに実家へ、日帰りをしました~。
チョット疲れて、今日はのんびりで~す。
 
 私ね、一度でいいから現地で直接観覧したいのですが・・。
 きっと迫力満点でしょうね。
弾き手の皆さんの表情は勿論、声も迫力があって・・♪
 そうそう手筒花火、こちらも時々テレビで見ますが、頭から火の粉を浴びながらの吹き出し!
見るだけでなく、私も抱きかかえてみたいもので~す(笑い)。
 そして打ち上げ花火もですね。
しかも川から・・・♪
大きさは兎に角、こうして身近に見るのが一番。
 もう数年、出掛けておりません。
私の花火観覧、これで見納めでしょうね~。
ありがとうございま~す。

投稿: ヒロもんた | 2023/10/04 14:53

ポージィさん
こんにちは
私には、もう帰る実家がありません
兄弟姉妹は、関西.東海,関東と離ればなれ
実家も売却してしまいました
その為、故郷の秋祭りにも、もう何十年と帰っていません
このような故郷のお祭りに参加できることは良い思い出になるでしょうね
花火の写真は、見事ですね
スマホで、こんなに綺麗に撮れるのですか
スマホのカメラ機能は、素晴らしいですね

投稿: フクジイ | 2023/10/04 16:32

こんにちは。

懐かしい国府です。お人形の寺を見た近くの地域ですかしら。
そして手筒花火が各家に玄関に置かれていましたね。
夏祭りの時期にご実家に帰られたので、勇壮なお祭りを見られて良かったですね。
私の実家の方も大岡祭や浜降り祭などがあるのですけれども、その後一度も見る機会もなく、これからもなく、もう数年かでその地ともお別れで見ることもないです。故郷でお祭り見学はもう貴重なことだと思いました。

花火もあるのですか。
とても良く撮れていて花火の豪華さが伝わってきます。
今年は花火は一度も見ていなくて、音だけを聞きました。テレビで専ら鑑賞です。
お家に帰られて翌日、もう山口への機上の人になったと聞いた時は、暑いさなかでしたのでお聞きしただけで私の方が熱中症になりそうでした。
悲しい思い出だけでなく一つだけでも楽しかった思い出が残って良かったです。

投稿: tona | 2023/10/04 16:44

☆ ヒロもんたさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
3ヶ月ぶりにご実家へお手伝いに…長距離移動共々お疲れさまでした。
ぐったりしていらっしゃらないといいのですが。
 
ご覧いただき、こちらこそありがとうございます。
myふるさとの祭りは、TVで紹介されるようなものと比べたら規模も迫力も
全然小さなものですが、子供のころ親しんだものが残っていることが
私にとってはやはり意味ありますね。
手筒花火は三河ならではですから、ずっと受け継がれていってほしいと
特に思っています。
次はいつ見られることか。来年と再来年のその時期は一周忌や三回忌と
重なりますから。
 

投稿: ポージィ | 2023/10/04 16:53

☆ フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ふるさとはあれど、ご実家がもうないというのは寂しいものですね。
実は私が育った家ももうないんですよ。でも同じ町内に兄の家や
母の実家があって帰ることができますので、寄る辺なさの感じ方は
フクジイさんよりずっと少ないのでしょうね。
幸いコロナ禍で中止していた夏祭りの復活を見届けることができました。
先のことは分からないにしても。
花火写真は、以前デジカメで撮ったのより綺麗に撮れていて
ちょっとびっくりしました。最新のレンズが3つも4つもあるスマホと違って
1つしかついていないスマホなんですけれども(笑)
 

投稿: ポージィ | 2023/10/04 17:01

☆ tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
東海道や姫街道の街道歩きですぐ近くを通られましたものね。
古い建物などはどんどん減少してきて町の姿は変わり続けていますが、
小さいながらも伝統ある夏祭りがコロナによる中止を乗り越えて
復活したこと、嬉しかったです。
手筒花火の筒を家先に飾るのは、誉れでもあるのでしょうね。
つい最近、市内で手筒を飾っているお宅を見かけ、もしかしたら
三河か遠江・遠州辺りの出身の方のお宅?と驚きました。
そうですね、仰るようにふるさとのお祭りを見物できる、というのは
この先どんどん貴重で希少なことになっていくのですね。
今年は各地の大きな有名な花火大会もたくさん開催されましたね。
隅田川の花火あたり、TVでご鑑賞されたでしょうか。
一瞬で消える花火ですが、多くの人々の祈りや願いなど思いが
込められていて、華だけでないシンと来るものを感じます。
ほんとうに、この帰省から続けて怒涛の日々が来ようとは‥
好い思い出の後で、お義父さんもギリギリのタイミングを考えて
くれたのでしょうか??(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2023/10/04 17:17

こんばんは。
4年ぶりの故郷の夏祭りをご覧になれて良かったですね。
400年もの歴史のあるお祭り、しかも4年ぶりとあれば
盛り上がりも凄かったことでしょう。
お写真の数々から私も想像を膨らませました。
手筒花火はTVでしか観た事が無いのですが、火の粉をものともせず
勇壮な様子には「凄い!!」の一言です。
そしてお庭から眺める花火♡なんて贅沢なんでしょう^^
今時の花火は形も色合いも凝っているのですね。
最後から4番目の花火が、立て爪ダイアモンドの指輪に見えてしまいました(笑)
下から3番目の花火はカラフルで可愛いです。
その後のお忙しいご様子には、ただただ体調を心配していました。
ブログを更新された時には、安堵したものです。

投稿: えぷろん | 2023/10/04 21:11

☆ えぷろんさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
正味24時間にも満たない帰省でしたが、私の方の親戚一同に幼馴染の親友、
そして懐かしの夏祭りと盛りだくさんでした。
小さな町なので盛り上がったといっても都会とは比べものになりませんが、
閑散とした平常時と比べたらやっぱりすごい人出でした(^^;)
あ、手筒花火をTVでご覧になったことおありなんですね。
ゴーーーーッと火の粉が上がり続け最後にドーン!と爆ぜる瞬間、
すぐ近くで見るとまた一段とすごい迫力で興奮します(笑)
庭から打ち上げ花火が見られるというのも贅沢ですよね。
打ち上げ花火を見るのも4年振りで、私も前に見たことのなかった
タイプを見てヘェ~ッと目を瞠りました。
最後から4番目、たしかに立て爪ダイヤの指輪!見えますね(*^^*)
その下のカラフルにはキラキラ✨ジュエリーだぁ♡と思いました。
いつも優しいお気遣いありがとうございます。すごく嬉しいです。
本当をいうと疲れが抜けきらないみたいで毎日が眠いです(^^;)
でも、大きく崩れることはなく済んでますのでご安心くださいね。
 

投稿: ポージィ | 2023/10/04 22:27

おはようございます。
どこの街でも、今年は地元のお祭りが復活してるようですね。
「国府夏祭り」は、山車がメインなんですね。
我が街では、山車と神輿が両方出るのですが、参加組は神輿がメイン。
見物組とっては山車の方が風情あるような気がします。
生まれ育った大阪地元では「だんじり」でした。
祭りの形態も地方によって特色があって面白いですね。
手筒や花火もあって、多彩なお祭りを楽しまれましたね。

投稿: ソングバード | 2023/10/05 07:30

久々のお祭り風景 見ていても楽しかったでしょうね そんな感じが写真から見えてきてますよ 花火もしかりですが。そして一旦帰宅後又すぐに折り返しでしたもんね あの時は本当にご苦労様でした。

投稿: ハッピーのパパ | 2023/10/05 08:30

☆ ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
仰るように今年は各地で「お祭り」や「花火大会」が復活しましたね。
ふるさとの、小さな町の夏祭りも復活してくれました。
>「国府夏祭り」は山車がメイン‥
お神輿と山車では、たしかに山車がメインだと思います。
人が担ぐタイプのお神輿はわっしょいわっしょい賑やかに持ち上げるので
風情より勢いや元気でしょうね。
おぉソングバードさんは有名なだんじりの地元でお育ちでしたか。
ちょっと荒々しさもあるほどの勢い・威勢のよいおまつりですね。
TVで一部見たことがあるだけではありますが。
ほんとですね、各地方で様々な形のお祭りがあって面白いです。
ちなみに、国府夏祭りの本当のメインは手筒・打ち上げの花火では
ないかと感じています。
 

投稿: ポージィ | 2023/10/05 09:08

☆ ハッピーのパパさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
今回もあってきた幼馴染はお祭りの喧騒があまり好きではないのですが、
私は夢中になるほどではないですが好きで懐かしいのですね。
中でもいちばん好きなのは奉納手筒花火なのです。
今回手筒はほとんど見られませんでしたが、それでも久々の
ふるさとのお祭りを楽しむことができて楽しかったです。
そうなんですよね、余韻に浸る間もなく折り返しで山口へ飛びましたから、
わが故郷への帰省のひと時は、夢の中の出来事だったように
ぼんやりしてしまいました。写真を撮っていたので改めて思い出す
よすがとなりました。
 

投稿: ポージィ | 2023/10/05 09:12

すご~い!りっぱなお祭りされるんですね。
以前はもっと立派(ゴージャス?!)だったんでしょうけど、これだけのことをやるには事前の準備含め、
町の方々のお力の賜物ですよね。

お祭りのお囃子は大好きです。山車、立派ですね。
今の家に移ってからは見られませんが、実家だとだんじりも来てたなぁ。
勤め先は11月にあるんですよ。
太鼓が聞こえ、だんじりが来たら仕事ほったらかして外に飛び出します。(笑)

花火のお写真もたくさん。
色とりどりが見える8枚目のお写真が好きです~。
元気いっぱいに弾けてますよね。

暑くてしんどかったけど、こんなお写真みるとやっぱり夏が好きだなぁ~と感じました。^^

投稿: まるかーさ | 2023/10/05 10:23

☆ まるかーささん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
田舎のお祭りって思ってましたけど、言われてみれば小さな町にしては
山車が4つもあるし花火もいろいろ盛沢山で立派なお祭りですね(≧∇≦)
私が子どもの頃は、青年団とか年寄り(中高年?)とか、男性たちの
集団があって、それらの人達が中心になって準備や運営をしていたような。
今現在はもう少し変わったかも~人手不足もありそうですし。
歌舞伎扮装は、かっては若い男の子達ばかりだったけど、
今年は女の子が半数以上になってました。あれは暑くてホント大変そう。
 
おぉ まるちゃんのご実家はかのだんじりの街にあたるんですね。
TVで見知ってるだけですが勇ましくなかなか激しく、興奮しそうです(^^)
お勤め先の地域では11月…じゃぁ来月、楽しみね(^^)♪
 
花火、レンズ一つのスマホでも意外と撮れてました。
いろいろな色が弾けたり途中で色変わりするタイプ、私も好きです。
余談ですが、花火師目指している20歳そこそこの女性が初めて花火の玉を
作る様子をTVで見たことあるんですが、デザインを考えて玉をバランスよく入れて…
初めて作った花火はまだまだ拙い出来、でも将来性を感じるものでした。
素晴らしく美しい花火にするには経験も技術もすごく要るんだなと
思いましたよ。
 
ほんとにね~ 暑くて長くてしんどかった夏だけど寒いくらいの
涼しさがやってきたら、途端に寂寥感に包まれましたよ。
体がついていかなくなりつつあるけど、やっぱり夏は良いですね(´∀`*)
 

投稿: ポージィ | 2023/10/05 14:12

こんにちは。
今年は数年ぶりというお祭りが、あちらこちらで開催されて
賑やかな夏でしたね。
暑い盛りに歌舞伎の扮装は大変だった事でしょう。
こちらも花火大会が行われたのですが、見には行けませんでした。
花火も山車も、楽しそうな雰囲気を味わわせて頂きました。

投稿: 四季 | 2023/10/05 18:18

☆ 四季さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
コロナで中止になっていたお祭りや花火大会がたくさん復活しましたね。
↑は小さな町のお祭りだけに復活するか危ぶんでいましたが杞憂でした。
暑い盛りのぶ厚い衣装での歌舞伎行列はいつの時代から始まったやら。
私が子どもの頃は若い男子の役でしたが、コロナ中止の数年前から
女子も担うようになり、女子の出始めの頃はお母さんたちが
心配そうにくっ付いているのが目立っていました(^^;)
気持ちは分かるけど、あまりにべったり張り付いていて興覚めだなぁと
思ってしまいましたっけ‥(^^;)
今年はさらに女子が増えていましたが、べったりはありませんでした。
でも衣装にカツラでそうとう消耗すると思います~
 
お祭りって、地域にとって実はいろいろな意味を持っているのでしょうね。
そんな事も思いながら見物していました。
 

投稿: ポージィ | 2023/10/05 21:08

こんにちは!
豊川も手筒花火をやるんですね。
静岡にも静岡市を始め、何カ所か天筒花火が有名な所があります。
手筒花火なんて、九州人の私は全く知りませんでしたが、中部地方はあちらこちらにやるところがあって、盛んな土地柄の様です。
信長や秀吉、家康が鉄砲を盛んに使ったなごりでしょうかねぇ・・・。 

投稿: FUJIKAZE | 2023/10/07 16:12

☆ FUJIKAZEさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
豊川もやりますよー手筒花火。東三河ですから(^^)
竹筒を抱いて奉納した人は、その竹筒を誇らしげに家の玄関に飾って
いることも多いんですよ。
豊川の隣市、豊橋市の「吉田神社」が手筒花火発祥の地と言われていますね。
静岡県も徳川家康と縁が深いですから各地で行われるようですね。
でも静岡県西部の遠州までかと思っていました。
近年は、手筒花火が広く知られるようになって、あらたにやるようになった
ところもあるようです。でも地元出身としては、伝統的に行われてきた
東三河と遠州だけにとどめておいてほしい気もしています~狭量かもですが(^^;)
 
 

投稿: ポージィ | 2023/10/07 17:28

この記事へのコメントは終了しました。

« 庭に咲く「タカサゴユリ(シンテッポウユリ)」 2023年 | トップページ | クズ・KUZU・葛 »