« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024/01/31

冬に咲く花

 

先ごろから一年で最も寒いとされる時期に入っていますが、今度の土日は節分・

立春と続いて、暦の上では「春」に入るのですねぇ。

気象学的には 12月 ~ 2月 が「冬」とされていますが、絶対的な定義は無い

ようです。

それはさておきまして、南関東の当地では、園芸植物以外にも冬場に咲く花が

それなりにあって(もちろん春などと比べたらうんと少ないですけれど)、

目を楽しませてくれます。 サザンカ や ニホンスイセン はメジャーどころ。

その中から、11月から1月上旬に出会った花たちを出会いの順番に並べて

みました。

 

 

231101biwa_hana1

「ビワ」  (11/1 撮影)

ビワの花期は 11月~2月頃 とされているようで

咲き始めの頃に出会いました こちら ↑ は蕾多し

暖かそうな毛のコートに守られているような花ですね

231101biwa_hana2

しっかり花開いているものも少々

 

1月下旬時点で 小さな小さな果実の赤ちゃんが見えてきていました

 

 

 

231128tyanoki1

「チャノキ(茶の木)」  (11/28 撮影)

遅くない? と思ったのですが 調べたところ

9月下旬 ~ 12月上旬(10月~12月の説など色々) と書かれていました

小ぶり(直径2~3㎝)だけれど ツバキ科 だな と感じられる花姿ですね

果実は花の割には大きいと感じる 直径2㎝くらい

 

 

 

231129yatude1

「ヤツデ」  (11/29 撮影)

鳥さんの落とし物から自然に生えてきた うちの子です

花期は 11月~1月 頃

「ヤツデ」の花には 雄性期・雌性期があり

この ↑ 写真で 真ん中が雄性期・左下が雌性期の花 となります

231129yatude2

一見地味な花だけど よく見ると華やかにもユニークにも (´艸`)

231129yatude3

1月下旬時点では 花期は終わりグリーンの若い実の状態

(雌性期のメシベをとったのとほぼ同じ姿)

ゆっくり熟していって 4~5月頃完熟します

 

 

 

231208gazania

「ガザニア」  (12/8 撮影)

逆光に輝く姿がとても綺麗でした

「ガザニア」の花期は長いイメージ(4月 ~ 10月上旬 頃)ですが

さすがに12月に見るとは思いがけなかったです

11月が暖かだったせいでしょうねきっと

 

 

 

23123023

「ニホンスイセン(日本水仙)」  (12/30 撮影)

咲き始めの子たちに出会いました

うちの近辺では 12月下旬 ~ 3月上旬 頃にかけて 見られます

ニホンスイセン 大好きです ♡

 

 

 

24010514

「チューリップ」  (1/5 撮影)

江の島・サムエルコッキング苑の " ウィンターチューリップ "

" ウィンターチューリップ " とは

自然の冬の寒さを過ごすことで春に開花する特性を生かし

夏場から冷庫の中で球根に寒さを会わせ(春化処理)

冬に咲かせたチューリップのことを言います

2401054

夕方で日陰になっていたので 写りがちょっと…でしたが

一足早い春を味わわせてもらいました

24010511

24010512

 

 

ご覧いただきありがとうございました (´∀`)

この記事を書いていた1月中旬には、「ロウバイ」や「ウメ」 開花の便りもいくつか。

私も、見て嗅いで楽しみたいのですけど、さてどうなりますか。

今日(1/31)時点でも、まだ遠くからしか見られていません~ 

 

下の欄にある イイネ「 ♡ 」を ポチッ としていただけると ↘ とても嬉しいです。

| | | コメント (28)

2024/01/24

秋の実 見っけ!

 

今回は、昨秋からこちら出会いのあった実たち を振り返ります。

 (写真枚数がすごーくたくさんになってしまって、ごめんなさい💦)

 

秋は一年で最も実り多き季節。樹々などに実が生っているのを見つけると

必ずと言っていいほど『あ、実が生ってる!』と声を上げてしまいます。

夫に指摘されたこともありましたっけ。

狩猟採集生活時代のはるかな記憶が受け継がれている?

それとも、実に代わってアピールしたい??

相変わらず言い続けています。『実が生ってるよ!』 (´艸`)

 

昨年は公園歩きも激減でしたが、それでも出会いはあるもので、

数少ない分、その都度の感動は大きかったような気がします ♪

皆さんがお会いになった実も入っているでしょうか?

 

 

231014hikitigawasinsuikouen_30

10月半ばの公園歩きの時

遠目に 何やら丸い実がたくさん生っている木が 目につきました

葉は落ちているし 何だろうと思いながら近づいていくと

「ヤマボウシ」でした (10/18)

231014hikitigawasinsuikouen_29

そんなに早く葉を散らす木だったっけ? と

自分の勘違いかとも思いましたが

これはやっぱりどう見ても ヤマボウシの実

こんなにたくさん生っているのを見るのも初めてでした

231014hikitigawasinsuikouen_31

落ちている実もありました

 

 

 

230920yabumyouga

「ヤブミョウガ」 (9/20)

昨年も庭で 花も実も楽しませてもらいました

 

 

 

231014hikitigawasinsuikouen_34

「コムラサキ」 (10/18)

艶やかな明るい紫色の実は 印象深く目を引きますね

初夏の頃咲く 淡いピンクの花も可愛いですョ

 

 

 

231018nobudou_mi4

「ノブドウ」 (10/18)

様々に色付く実が綺麗な 蔓性の野草です

231018nobudou_mi1

昨秋会ったのは 色バリエーションが少なかったですけれど

時季早々だったのかな??

 

 

 

231018yamanoimo_mi1

「ヤマノイモ」 (10/18)

完熟前の実 ↑ ですね 葉も黄葉し始めのころ

 

晩秋にも会えましたよ

231128yamanoimo2

「ヤマノイモ」 (11/28)

葉はすっかり黄葉 実も完熟していました

写しとれませんでしたが 完熟した実の外側(翼)は

つるんとしていて 抑えた感じの光沢があって綺麗です

 

 

 

231128hekusokazura2

「ヘクソカズラ」 (11/28)

蔓性の野草で 実のなった蔓をリースにすると

なかなか味わいがあって素適ですよ

花をちっとも見ないなぁ と思っていたのですが

ここでは確実に咲いていたはずですね

ヘクソカズラの果実は しもやけ・ひび・あかぎれなどの

外用民間薬として使われたそうです

 

 

 

231129senryou

皆さまよくご存じ 「センリョウ」 (11/29)

お馴染みの実ではありますが 私にとっては感動の実りでした

じつは 鳥の落とし物から 勝手に生え育った「センリョウ」で

狭い通路という お邪魔な場所でしたが

最初に生えてきたとき「センリョウ」っぽいな と思ってそのまま様子見

その後3年ほど花は咲けど実は生らずだったのが

ついに! 初結実したのです~ ヽ(^▽^)丿

この写真を撮った時点で 天辺の実はいくつか食べられていて その後

年末までに完食!

 

ちなみに 花は6月に咲きました

230601senryou_hana4

「センリョウ 花」 (6/1)

つぶつぶしたものが花ですよ~

両性花ですが 花弁や萼はなく 雌しべと雄しべだけから成り立っています

230601senryou_hana1mozi

この ↗ 写真では 雌しべの柱頭も雄しべの葯も

まだちゃんと姿を現す前 ちょっと撮影が早すぎたようです💦

雌しべはころんとしたのが子房 その上に花柱が乗り

雄しべには葯が1~2個付くようです

とてもシンプル(単純)で 面白い花の構造ですね

 

 

 

231214manryou_mi3

「センリョウ」 ときたら 「マンリョウ」 も!ですね (12/14)

こちらも 鳥の落とし物から勝手に生え育った庭のもの

枯れてしまったものもありますが 続けて楽しませてもらえたものも

231214manryou_mi2

●●● 艶々の赤い実がとても綺麗です ●●●

この実たちは 1月半ばに完食されました 

 

 

 

23123015

「クロガネモチ」 (12/30)

久し振りに出かけた隣市の公園で まだたっぷり残っていましたよ

 

 

 

2312301

同じく隣市公園で こちらもまだたっぷり残っていた

「イイギリ」 (12/30)

2312303

すっかりなくなっていた木もあったのですけど

これはすごい量 鳥さんたちの餌探しはまだまだ安泰の観でした (^^)v

  

 

芽吹いて生長し花が咲いて実を付け熟す… その過程をすべて見ることは

なかなかかないませんが、一部でも見られたときはとても嬉しいものですね。

今回もたくさんお付き合いいただき、ありがとうございました (*´∀`*)

 

| | | コメント (24)

2024/01/17

日常の中の紅黄葉

 

年明け第2弾記事は、早速 "季節の振り返り" 。

今頃?ですが、私が楽しませてもらった紅黄葉たちのご報告を ✨✨✨

 

紅黄葉を観にどこかへ出かける、ということは長年全くできていませんが、

普段の用事でちょっと出かける道沿いなどでも、結構楽しめるのが嬉しいです。

昨年の晩秋から初冬にかけて出会った紅黄葉たち(モミジ以外全部スマホ撮り)

見てやってください。 皆さんのお馴染みのものもあるかしら (´▽`)

 

 

231128hekusokazura1

「ヘクソカズラ」  (11/28 撮影)

この写真の左にも写っている実が生る「ヘクソカズラ」

今記事の主役は 右端のオレンジ色の葉です

黄葉のイメージでしたが こんなに綺麗なオレンジ色に

なることもあるのだと 感動!

 

 

 

231128yamanoimo3

「ヤマノイモ」  (11/28 撮影)

こちらも 後日 秋の実でも登場してもらいますが

ちょっと遅かったかな 少ーし茶色くなりかけていましたが

「ヤマノイモ」は 綺麗に黄葉しますね

 

 

 

231128momizibafuu3

「モミジバフウ」  (11/28 撮影)

近くの道路の並木 今秋も早くからの強剪定を免れ

長い期間 順に色付いていくのを楽しめました

用事で出掛けるために歩きながら スマホを頭上に向けてパチリ

写真はがメインですが オレンジ色の濃淡もあり とても綺麗です

231128momizibafuu1

ちなみに ↓ こちらは「モミジバフウ」の 実 です

落ちていたのを拾ってきました ↓

231208momizibafuu_mi1

 

 

 

231212tuta1

「ツタ」  (12/12 撮影)

大きな木(ミズキだったかな?)に這い上っていた 「ツタ」の

様々な色のグラデーションの美しさを楽しめ 大好きですが

未だ何という名前のツタか 分かっていません

ちなみに奥に見えている黄色は 「イチョウ」です

 

 

 

231203ityou

「イチョウ」  (12/3 撮影)

真っ青な空の下 日の光を受け 輝くばかりの黄葉が美しくて

公園横の信号で止まった車の助手席から 大急ぎでパチリ!

「イチョウ」は グリーンから黄に染まっていく途中の色付きも美しいですね

 

 

 

トリ はこちら

2312305

「イロハモミジ」 かな?  (12/30 撮影)

すごーく久し振りに行ってみた隣市の公園で 大きなモミジが!

12/30 時点でこんなに葉を残しているとは 思ってもみませんでしたョ

モミジ紅葉は諦めていただけに とても嬉しいギフト🎁でした

2312306

 

  

これらの他に、イネ科と思われる「草の紅葉」や(草紅葉=くさもみじ と言います)、

秋の初めの頃に見た「サクラ」や「カキ」の紅葉、お隣空き地のクズの黄葉も

美しかったな… と思い起こしています。

様々な色が混じり合ったり、グラデーションになっている紅黄葉が

特に好きです    お付き合いいただきありがとうございました ♪ 

 

| | | コメント (18)

2024/01/10

2024年 ブログ事始め

皆さま、こんにちは。

大変ご無沙汰しましたが、本日よりブログ活動再開とまいります。

相変わらずの、振り返り記事中心の当ブログとは思いますが、

今年もどうぞよろしくお願いいたします <(_ _)>

 

冬休み中は、1/2 の義叔母宅訪問以外は義務感を伴うような用事は無く、

自分たちのペースで買い物をしたり掃除をしたりしなかったり、散歩に行ったり、

溜まっていた録画番組を観たりと、のんびり過ごしました。 PCもほとんど触らず、

長いお休みにこれほどのんびりするのは、すごく久し振りに感じました。

 

けれど、能登地方と周辺広い地域で元日からいきなりの大地震に津波に火災‥

羽田では大事故、北九州でも火災と立て続けで、むごい年始となってしまいました。

亡くなられた方々のご冥福と、被害に遭われた方々に一日でも早く少しでも心休まる

環境が整うことを祈っております。

 

さて、当ブログ事始めは、恒例「お正月フラワーアレンジメント」

プラス、今回は「陶芸」の “ ダブル ” ご披露です。

拙い部分は片目をつむるか目の焦点をぼや~っとさせて見てやってください。

 

 

【 お正月の 富士山アレンジメント 】

20231221mozi

若松 葉牡丹 オンシジューム ラナンキュラス

リューココリーネ シクラメン 細竹

12/21花教室で教わり制作 厚紙で紅富士を折り 中に花を活けました

厚紙に適当に絵なり模様なり描くということで

本当に適当に描いたら蛇のようになってしまいました 1年早~い

無理やり龍と思いましょうか (^^;)

シクラメン他5本がダメになった以外 まだもっています ♪

 

 

 

【 白龍置物 】(陶芸作品)

202312262

陶芸教室の先生制作の「型」を使っての作品です

初めて型を使っての作品作りをしましたが

予想していた以上の難しさがあり 新しい学びとなりました

☆「精悍な龍」にしたくて 角や目の表情に気を付けましたょ☆

 

 

戦争は止まず大きな災害や事故が起きるという、辛い年明けとなりましたが、

この先は、どうかどうか平穏で平和な生活が戻ってきますように!!

物事を俯瞰で見る目と思いやりを、思い出す・忘れない、を心がけていきたいと

思います。

 

【 お ま け 】

240102sky_1

新宿駅東口側から見上げた西の空 (1/2 撮影)

義叔母宅訪問の帰りに出会いました

 

 

 ※ 2024年1月16日(火)10:00-18:00(予定) でサーバーメンテナンスが

   実施されるそうです。

| | | コメント (26)

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »