« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024/02/28

「梅」の花を見てきたよ 

 

今年の早春、「ロウバイ」の花 は見逃してしまいましたが、「ウメ」の花 は

大船フラワーセンター(2/3)」「小田原フラワーガーデン(2/12)

2ヶ所で観てきました。 2/3「大船…」の方は日陰気味の場所故か、まだまだ

これからの様子。 2/12「小田原…」の方は、中咲きが花盛りという様子でした。

 

香りを楽しみ、カメラを向けてきましたが、どう撮れば良いのか悩ましく、

今年もまた自己流 てきとー に。 品種名もメモしてきませんでした。

ということで、平凡写真を並べただけですが、よろしければご観梅くださいませ。

 

そうそう、「小田原フラワーガーデン」へは、初めて行きました。

小高い山の上、なだらかな起伏ある開けた場所に「渓流の梅園」が設えてあり、

自然な樹形の梅たちの間を、うねうねと小道が縫い小川が流れる…

とても素適な雰囲気の梅園でした。

 

【 大船フラワーセンターにて(2/3) 】

240203_14

光の透け感に惹かれて

 

 

240203_18

なんだか "福々しく" 感じましたょ

240203_20

 

 

240203_16

濃いピンクが印象的だった紅梅

 

 

 

【 小田原フラワーガーデン 「渓流の梅園」にて (2/12)】

2402121

こんな雰囲気で 渓流が流れなだらかな起伏の地を

うねうねと小道が走る中

約300種・500本の梅が植えられているそうです

雰囲気が分かる写真は これ1枚しか撮らなかったのが心残り

 

 

 

24021216

すっきりとした 一重の白梅  萼も緑色で爽やか感

 

 

2402125

こちらも一重の白梅 でも上 ↑ とは 別の品種のよう

 

 

 

24021219

枝を長く伸ばしてあって 良い雰囲気だった 枝垂れ梅

だいぶ咲き始めていました

 

 

 

2402129

咲き始めたばかりの品種

スーッと真っすぐ伸びた枝に コロコロの蕾が可愛かったです

花は ごくごく淡いピンクに見えました

 

 

 

24021217

ひとつの株に 紅白両方の花が咲く

「紅白咲き分け梅」とも「源平咲き」ともいわれるタイプの梅の

紅花の方 可愛らしいピンクでした (白花の方は撮らず ^^;)

 

 

24021211

梅にはメジロがよく訪れていますが… このときはミツバチ!

 

 

24021213

いかにも"古木"の観 の 紅梅

 
 

  

24021214

見上げる枝越しに 飛行機が飛んでいって 思わずパチリ (´艸`)

 

 

 

2402122

青空 に 白梅 の清々しさに 気持ちもスッキリでした

  

 これにてお終い。

 ご観梅いただきありがとうございました (´▽`)

 ………………………………………………………………………………

 

 今度の土日(3/2、3/3)は、

 ブログ活動を全面的にお休みさせていただきます。 <(_ _)>

 

下の欄のイイネ「♡」をクリックしていただけると ↘ たいへん嬉しいです

| | | コメント (22)

2024/02/21

冬の水辺で

 

昨年末、久し振りに訪れた隣市の公園は、公園内に源流がある川が流れ

池もあるので、渡りをしてくるカモなど水鳥たちやカワセミにも会うことが

できます。もっとも、やってくるカモたちの数は年々減り続けていて、

なぜだろう‥と残念に思っているのですけれど。

昨年12月30日に見かけた鳥さんたちを記念に撮ってきました。

 

 

23123011

まずは 川にいた 「カルガモ」

この子たちは渡りはしないので 年中会えます

23123010

 

 

 

23123012

川には 丸々太った 「コイ」 たちも

はい 彼らは鳥さんではありませんです

 

 

23123013

川の上に張り出した 木の枝の上では

「コサギ」 が休憩中でした

23123014_2

カメラを向けていたら落ち着かなくなったみたい ごめ~ん

 

 

川の中の杭には 「カワセミ」 もいましたよ

写真は無いのですが~ (^^;)

 

 

 

23123020

池には 「ヒドリガモ」 たちが冬を越していましたが

予想以上に少ない数で寂しく感じました

20年近くも前になりますが 初めて冬場にこの公園の池を訪れたときには

ヒドリガモ・キンクロハジロ・オナガガモ・コガモ と

多種・多数が冬を越しに来ていたのですけれど

23123019

 

 

23123021_2

んん? この子たちはだぁれ?? コガモ???

お尻しか見せてくれないまま

どんどん遠ざかって見えなくなってしまい 正体不明(^^;)

 

 

他には、1羽の「カラス」が川の浅瀬に立って用心しいしい水を飲むのを目撃。

あれ? 「ハシボソガラス」「ハシブトガラス」 どっちだったかな (・・? 

森の中では、カラス仲間たちがずっとカァカァ賑やかに鳴いていました。

他には…、池の中に一瞬「オオバン」を見かけました。遠くの方に小さく。

それと、先程書いた川の杭の「カワセミ」

もう少しいろいろ会えると良かったのですけれど、それでも久し振りの出会いに

ワクワクしました。

 

今回はコメント欄を閉じさせていただいています <(_ _)>

 

下の欄のイイネ「♡」をクリックしていただけると ↘ たいへん嬉しいです

| |

2024/02/14

「湘南の宝石」~ イルミネーション ~

前記事に続き、冬休み中だった1月5日に行った「江の島」での思い出です。

今回はイルミネーション✨

 

近年は晩秋から冬にかけていろいろな所でイルミネーションのイベントが

行われていますが、私は何年前に見たきり??

寒い時季、それも夜のお出かけはどうも気が乗らない私、今年も見に行く

気持ちにはなっていなかったのですが、夫の方が乗り気でした(^^)

なんでも、江の島のイルミネーション✨「湘南の宝石」✨は『関東3大

イルミネーション』認定のひとつで『日本夜景遺産』にも認定されているとか。

ずーっと前、イルミネーションを始めたばかりの頃に1回だけ見に行ったことが

ありましたが、いつの間にかそんなに発展・盛り上がっていたとは ( ゚Д゚)

 

サンセット(別記事)を堪能した後、17:00 イルミネーション点灯!の瞬間から

小一時間ほど楽しんできました。 ✨ たしかに素適でした ✨

江の島弁天橋の手前国道134号線沿いの各地、橋、島全体に、いくつもスポットが

設けられている中、私たちはほぼほぼメインスポット(サムエル・コッキング苑)

内だけ見学。シーキャンドル(展望灯台)展望室から見下ろす光景も素晴らしい

ようですが、それもパスでした。

苑内を歩き回りながら適当に撮っただけの思い出写真ですが、雰囲気の一端を

味わっていただけたらと思います。

検索でたくさんヒットする写真の方が断然綺麗ですけれど (^^;)

 

 

2024010535

17:00 点灯!

2024010537

 

2024010539

スワロフスキーが散りばめられた光のトンネルは

名付けて 「湘南シャンデリア」 だそうです

 

 

2024010543

江の島シーキャンドルのライトアップは

「光の大空間」 だそう

2024010544

時間と共にライトアップの色がゆっくり変わっていました

2024010556

 

 

2024010547

苑内の木々の間の空間や小道も美しく彩られ

「宝石フォレスト」 と名付けられていました

2024010550

 

 

2024010548

別の位置からの シーキャンドル

2024010555

 

 

2024010553_cut

エントランスの看板

写真スポットのようで モデルさん交代の一瞬をついて 📷パチリ

 

以上 ✨「湘南の宝石」✨  の一部 でした~

 

 

ご覧いただきありがとうございました。寒くない日で助かりました(^^)

ちなみに、今シーズンのイルミネーション期間は 2/29 までだそうです。

 

下の欄にある イイネ「 ♡ 」を ポチッ としていただけると ↘ 嬉しいです。

| | | コメント (20)

2024/02/07

江の島でサンセット 2024. 1. 5

寒い立春になったと思っていたらさらに寒くなり、翌5日~6日未明?にかけて

ここ南関東でも雪になりました。水っぽく重たい雪とみぞれに5日夜は雷も。

該当地域にお住いの皆さま、慣れない雪でしたが、大丈夫だったでしょうか?

幸いなことに昨日の雪掻きは少しで済み、夕方までにはだいぶ消えました。

今日の久し振りの日差しに、残っている雪も消えることでしょぅ。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、冬休み中だった1月5日、「江の島」に行ってみようかという話になり、

どうせなら、開花情報のあった 「ウィンター・チューリップ」 、「 サンセット」

それにかねてから開催中の 「イルミネーション」 の、全部を見ようじゃ

ありませんかと、時間を見計らって出かけました。

江の島へは、東京オリンピック開催より前に行って以来、かなり久し振りです。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

江の島の駐車場に停車したのが 15:45。参拝はパスして山を登り、

「サムエル・コッキング苑」に辿り着いたのが 16:00 頃。

まずは ウィンター・チューリップを見なくっちゃ! 以前は入り口付近に

たくさん展示してありましたがが、今年は奥の方、シー・キャンドル付近でした。

日陰になり薄暗くもなってきていたのでチューリップの写真はイマイチ。

                     (前記事「冬に咲く花」に掲載)

 

次はサンセットだ~ 入場料を支払う「シー・キャンドル」(=展望灯台)の

展望室へは上らず、下の屋外テラスに上がりました。

風は強いもののさほど寒くない日で、テラスに置かれたベンチにはサンセットを

味わおうという方々がけっこう座っていました。 

拙い写真ではありますが、私が見た日没までの景色を皆さまにもご覧いただけ

たらと思います。

 

 

2024010516

16:19 ~  撮り始めました

富士山は霞んでいたけれど 綺麗なシルエットが見えていました

 

 

この後は 時の経過に沿って並べていきますね

 

2024010519

16:28

富士山 と 夕日をいっしょの画面に

 

 

2024010520

16:31

もう少し引きで 座ってる人やテラスの手すりも入れて

縦の細い線は やがてシー・キャンドルに灯る イルミの電線です

  

2024010521

手すり と 夕日  きらめいて綺麗

 

 

2024010523

16:33

空が茜色に染まるにつれ 富士山のシルエットも茜色に

 

 

2024010524

16:34

シー・キャンドル と 夕日

 

 

2024010528

16:37

夕日の下端が山の端に達しました

鳥が飛んでいました

ここからは ぐんぐん日が落ちていきましたよ

 

 

2024010529

16:37

1分と経たない内に もうこんなに

 

 

2024010532

16:40

 

 

2024010533

16:42

山の向こうにすべて隠れました

シー・キャンドルの展望室からは まだ見えていたかもしれません

この日の藤沢の日没は 16:47 だったようです

  

 

こんな美しいサンセットを見たのはいつ以来でしょう!!

他のことはすべて忘れて見入る 幸せなひと時でした

 

 

2024010545

17:32

茜色の空は 山の端に残るだけとなり

夜の帳が降りてきていました

 

 

サムエル・コッキング苑のイルミネーションは 17:00 点灯でした

 そのイルミネーションの様子はまた次回に

 

ご覧いただきありがとうございました (´∀`)

 

下の欄にある イイネ「 ♡ 」を ポチッ としていただけると ↘ とても嬉しいです。

| | | コメント (24)

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »