2022/09/21

夏休みの思い出 ドライブ日帰りミニ旅 - その2 -

猛烈な勢力にまで発達した台風14号は、各地に被害をもたらしつつ去って

いきました。ほぼ真上を通過した山口の義父母宅にはどうやら被害なく(多分)

神奈川のわが家にも被害はなくすみました。

被害に遭われた皆さまができるだけ早く日常を取り戻せますように‥

当地は台風一過の青空とはいかず雲の多い空模様が続いていますが、北方から

冷気が呼び込まれ気温が一気に下がりました。

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

さて、前記事に続きまして、8月19日に行った

『夏休みの思い出 ドライブ日帰りミニ旅』 3回シリーズ - その2 - です。

 

「道志村」の「道の駅どうし」を後にしてドライブを続け、2時過ぎに

「山中湖」湖畔に到着しました。けっこう風が強く、湖面は波立っていましたが、

寒いようなことはありませんでした。富士山は雲に覆われ裾野の方が見えるだけ。

残念な気もしましたが、でもまぁ、夏場はそんなもんでしょ という気もしました。

 

湖畔にはほんの少し車を停めただけで、すぐに「忍野八海」へ向かいました。

何年も前に(いつだったか記憶も定かでなくなりました)一度訪れたことがある

場所ですが、近年は海外からの観光客数が凄いと聞いて、行こうという気持ちに

ならずにいましたが、図らずもコロナ禍で海外からのお客さんが減っている今なら

ゆったり見られるかもしれない、と行ってみる気になったのです。

実際、夏休み中ということもあって日本人観光客はそれなりにいましたが、

気を付けていれば密になることもなく見学することができました。

 

ここで、忍野村観光ホームページからの受け売りで簡単なご説明をば‥

  「忍野村」は、山梨県の南東部、富士北麓に位置し、四方を山に囲まれた

  高原盆地です。 そして、天然記念物「忍野八海(おしのはっかい)」は、

  富士山の伏流水に水源を発する湧水池です。

  富士信仰の古跡霊場や富士道者の禊ぎの場の歴史や伝説、 富士山域を背景

  とした風致の優れた水景を保有する「忍野八海」は、世界遺産富士山の

  構成資産の一部として認定されています。

其々の遊水地についてはこちらをご参照下さい。忍野八海 - 山中湖観光情報

 

遊水地で撮った写真をいくつかご覧ください。

拙い写真ですが、透明度抜群の深い池に映り込む空や周囲の景色、ゆったりと

泳ぐ魚たちが作り出す神秘的ともいえる様子を少しばかりお感じいただけたら‥

思います。

 

 

小さくてよく見えないと思いますが

( 写真は大きくなりません <(_ _)> )

こんな 風に 大小8つの湧水池が点在しています

220819_4321

 

 

どの湧水池の写真か ということは省略でご覧ください

220819_231

ほぼ映り込み

右上の方に見える 小さな黄金色は 水中を泳ぐ大きな鯉です

 

220819_275

 

 

220819_286

だぁれ?

 

220819_242

空と雲と木は映り込み こちらも水中の鯉も写っています

 

220819_3412

水深8mある 代表的な池を覗き込んだ様子

とにかくすごい透明度

水中を泳ぐ魚ははっきりと見え 水面には空の雲が映り込み

周囲に立って覗き込む人の影も映っています

とても神秘的でした

 

220819_3614

こちらの池からは 「阿原川」という川へ合流しています

「ムクゲ」の花越しに

 

 

- その2 - はここまでです。

この後、最後の写真の奥に見える川沿いを歩いて、水辺の風景を楽しみました

素適な風景でしたから、そちら( - その3 -)も見て下さいね。

 

| | | コメント (22)

2022/09/14

夏休みの思い出 ドライブ日帰りミニ旅 - その1 -

先の夏休み中、唯一夏休みらしいことができたのが、8/19 のドライブでした。

計画は、神奈川県北西部から国道413号線(道志道)を通って山梨県へ抜け、

道の駅どうし 」に寄ってから「 山中湖 」へ。山中湖近くの「 忍野八海 」を

見物してから、帰りは静岡側から東名高速道路を通って帰る、というもの。

往きに事故渋滞にはまってなかなか県内から出られない、帰りも複数渋滞で

なかなか帰りつけない、という渋滞ハプニングに見舞われ、車中に座っている

時間がやたら長くはなったものの、目的地3つ、ちゃんと見てこられました ♪

 

ミニ旅の記録をどうまとめようと拙い写真を眺めながら悩みましたが、

やっと、どうにか3つにまとめました。 3回シリーズの、今回は - その1 -

最初に立ち寄った「 道の駅どうし 」で見た風景です。

 

 

道志村(どうしむら)は 山梨県都留郡にある

山梨県内で最東端の村になります

悲しい事件のニュースで 「 道志村 」を目にされた方も多いかも

220819_1313

山間の細長い村 地図の下側が【北】になります

左方向が神奈川県 南西方向に富士山

(写真は大きくなりません 悪しからず)

 

 

220819_111

「 道の駅どうし 」は「 道志川 」沿いに建てられた施設で

売店・レストラン・トイレ などがあり

水辺にも下りられるようになっていて 川遊び場となっていました

春は川沿いに桜が綺麗に咲きそう

220819_991

川遊び場付近にあった

「 かっぱ像 」と「 かっぱ橋(奥のブルーの吊り橋)」

 

 

220819_1414

「 道の駅どうし 」 敷地内の 「 エゴノキ

実がいーっぱい生っていたので 思わずパチリ

 

花壇の「 マリーゴールド 」に

ウラギンシジミ♂ 」 がとまったので これまたパチリ

何とも色鮮やかな取り合わせ ✨

220819_2020

 

 

220819_16162

川沿いの土手には 「 ボタンヅル 」 の花

実物にであうのは初めてで興奮 またまたパチリ! (´∀`*)

 

 

220819_1212

道志川 」 上流方向

良いですね この自然な感じ 清らかな水

上の方 青空部分に短い斜め線があるのは トンボ

 

 

「道の駅どうし」で山菜蕎麦の遅い昼食を食べ、少し川べりを散策してから、

西へ向けてドライブを再開しました。

道志川」は「山中湖」から流れ出てくるのかと思っていましたら、「道志村」と

「山中湖村」の境辺りにある「山伏峠」辺りに端を発し神奈川県まで流れ、

やがて県内の「相模川」に合流する川と知りました。

木々の間に見え隠れする「道志川」が、次第に細く源流に近づいていくのを

感じながら、周囲の深い山と森すべてが水源となっているのだと思いました。

山も森も川も、私たちにとって大切な大切なものですね。

 

さて、夏休みの思い出 ドライブ日帰りミニ旅 3回シリーズの - その1 - は

ここまでです。続きは - その2 - と - その3 - で (*´∀`*)

 

| | | コメント (24)

2022/09/07

県立 相模三川公園

「相模三川公園」 看板は見かけたことあっても、いちども目的地にした

ことのなかった、神奈川県内の公園に、この夏初めて行ってみました。

どうやら相模川沿いにある、スポーツ公園・パークゴルフ場・自然観察園などが

あって、公園内を相模川系の小川が流れている模様。

 

到着してみると、相模川に面したスポーツ公園とパークゴルフ場はスコーンと

遮るものない広々空間。 自然観察園はほぼ自然のままの鬱蒼とした森(?)。

鳩川という小川は水遊びの子供たちに大人気、という印象でした。

 

コンビニおにぎりをぱくついた後、自然観察園の中を歩いてみました。

鬱蒼と茂った森の中には小道が作られていてぐるりと巡ることができるように

なっていました。 近寄られたわけでもないのに蜂や蚊がいそうで気が気ではなく

いまひとつ楽しめなかったし、デジカメのバッテリー切れ(予備持たず)で

写真もほとんど撮れなかったポージィですが、初の記念に記事にしておきましょ。

出かけたのは 7月18日、かれこれ1ヶ月半余前のことになりました。

 

 

すべて7/18 撮影

2207182

真ん中の木の辺りが パークゴルフ場

その右手方面にスポーツ広場があり

パークゴルフ場の向こうには相模川(右が上手)

 

 

2207181

上の写真の位置から 左方面を見ると鬱蒼とした森

この森が 自然観察園

 

森の中を歩き始めてわりとすぐに 「ハグロトンボ」発見

3~4回遭遇しましたが写真は無し

 

春だったら それなりに花も咲いて ここまで鬱蒼感もなく

ビクビクせずに もう少し楽しんで歩けそう (^^;)

自然を生かした公園歩きで あまりビビったことはないのに

なぜかこの時は ハチに襲われたら? と妙に気になってしまいました~

 

 

途中 小さな男の子とパパ??の 2人連れ以外は誰とも会わず

その小さな男の子は しゃがみこんだりして好奇心いっぱいの様子

パパもじっくり付き合っていて 好い感じでした ♡

 

 

2207185kusagi3

「クサギ」 が 咲き始めていました

近寄れずで ズーム撮影

花数少なく 香りも届かずでしたよ

花は良い香りがするのですけれど 残念!!

2207186kusagi4

 

「ボタンクサギ」も咲いていましたが撮影せず

別記事でご覧いただこうと思っています

 

 

2207188kurumi1

けっこう何本もの 「クルミ」 が生え 若い実が生っていました

「オニグルミ(和クルミ)」 でしょうか…

 

沢山あるなぁと思ったら クイズ看板発見

『この森にクルミがたくさん生えているのはなぜでしょう?』

そんな文面だったと思うのですが はてな? わかりませんでした

答えは

『ほかの植物が育たないようにするものを出しているからです』

だそうです

つまり アレロパシー作用をもつ物質を出しているのですね

私が アレロパシー作用をもつ植物として初めて知ったのは

「セイダカアワダチソウ」 でしたが

こういう作用を持つ植物は 実は相当沢山あるようです

2207189kurumi2

でも 周囲が空き地になっているかといったら そんなことはなく

相性の良い植物があったり 耐性を持つ植物もあったり

はたまた 作用が強すぎると 自分の種子も発芽できず

やがては勢力縮小‥‥ ということも

誰かが永遠に勢力を持ち続けるということはできない自然の摂理

 

よくできているものです

 

 


‥‥と、お勉強になったところで、今回はおしまいです。

初・三川公園は鬱蒼とした森にビビったものの、また別の季節にも行ってみたいと

思いました。 そうそぅ、園内マップではパークセンターの奥側にイングリッシュ・

ガーデンがあったらしいのに、見忘れましたし。

暑すぎず寒すぎずの季節に、パークゴルフでも遊んでみたいです。

ゴルフはしないのですけどね。

 

| | | コメント (24)

2022/08/17

古民家のある公園で

夏休み中、予約投稿による更新です。

 

6月の半ば、10数年ぶり(?)で、市内のとある公園へ寄ってみました。

かって1度だけ行ったことがあり、そのときはちょっとした山道のようになっている

散策路をぐるりと歩いたのですが、この日は今にも雨が落ちてきそうだった

こともあって(実際じきにパラつき始めました)、駐車場から最寄りのベンチで

コンビニおにぎりのランチを食べ、やはり駐車場最寄りの古民家を見学しただけに

終わりました。でも、嬉しい出会いもあったんです (⋆^。^⋆)

 

 

まずは 古民家より (一部だけですが)

2206186

アジサイ越しに見た 門

 

22061817

天保12年(1841年)= 天保の改革が始まった年 の棟上げで

寄棟造り・茅葺屋根・土壁・岩基礎 が特徴

江戸時代に名主を務めた旧家の邸宅だったそうです

建築面積 52坪 とのこと  わが家よりずっと広い~ (´∀`)

 

 

22061810

縁側から裏手の薪置き場を見通して

縁側のすぐ向こうは畳敷きの部屋 奥に板の間 その向こうにまた縁側

 

 

22061815

奥の板の間には 囲炉裏がありました

表玄関(写真左側)から続く 土間(厨)から撮影

 

 

22061813

家の裏手に つるべ井戸

 

 

2206189

庭に植えられていた 「ザクロ」の花が 鮮やかでした

 

古民家の写真は これだけなんです

撮っていませんが 玄関側から離れた奥の部屋には

階段箪笥も見えました その階段を上がった上には

屋根裏部屋があったのかしら??

 

 

以下は 駐車場最寄りの園内で撮影したものです

2206184

「タイワンリス」

10数年前に来た時にも 見かけましたよ

きっと 何代にもわたって 公園内の森で暮らしているのでしょうね

 

 

22061824

「ヤマユリ」

森の端の藪で咲いていました

まさかここで出会えるとは!!

たくさんの花付き 何年もここで咲き続けているのでしょうね

 

とても嬉しかった感動の出会いが これ ♪

なかなか会えないんですもの

 

 

2206185

湿生植物区を望む

木道が渡っています 手前の大きな木は「ラクウショウ」

 

 

また良い気候で雨の心配もない時に、久し振りに山道の森も含めて

公園内を全部回ってみたいと思いました。

 

💠 ・・・ 💠 ・・・ 💠 ・・・ 💠 ・・・ 💠 ・・・ 💠

 

夏休み継続中につき、コメント欄を閉じさせていただきますと共に、

皆さまのブログへのコメントもお休みさせていただいております <(_ _)>

 

| |

2022/01/19

秋谷の立石

1月15日、何か気持ちがすっきりすることをしたいという夫の提案で、

ドライブに行ってきました。目的地は、「かながわの景勝50選」 の一つ

『秋谷の立石(あきやのたていし)のある「立石公園」(横須賀市)。

富士山を背景にした立石(海に突き出た奇岩)と海岸の景色が美しいスポットです。

神奈川県に越してきて間もないころを中心に、この辺りは何度も通ったのですが、

これまでは通り過ぎるだけで、景色を楽しむのは今回が初めてとなりました。

 

天気は薄曇りから晴れ、といったところ。 はたして富士山は見えるか?

結果は、少し霞んではいたものの見え、美しい景色を楽しむことができました。

写真枚数が多めですが、撮影してきたあれこれ、よかったらご覧くださいませ。

 

220115tateisikouen28

景勝としての切り取り方は こんな感じでいいのかしら?

霞んでいる富士山が何とか見えるように撮ると

手前の立石が黒々としてしまいました

 

説明の看板も撮ったので 載せておきますね

220115tateisikouen39

 

220115tateisikouen10

位置を変えての眺め

 

 

220115tateisikouen9

遠くの岩場に何かいるなと ズームして見てみると

ひなたぼっこの 「カワウ(or ウミウ?)」 たちでした

目いっぱいズームはぼやけてしまって どちらなのか判別不能 💦

 

 

220115tateisikouen33

同じく目いっぱいズームで見た「富士山」はこんな感じ

富士山の東側になります

 

 

220115tateisikouen32

はるか遠くに 「江の島」も見っけ

ちなみに「江の島」も かながわ景勝50選 のひとつ

 

 

220115tateisikouen31

岩場ということもあり 海水は深みのある濃い色をしていました

 

 

220115tateisikouen19

波打ち際まで降りて 磯も少し歩いてみました

ここの岩も 凝灰岩 なのかしら??

 

 

220115tateisikouen21

南側の海と空

太陽は雲の向こうでしたが "光の道" が 美しくきらめいていました

 

 

220115tateisikouen38

公園内では 「マサキ」の 果実と種子の朱赤が目を引きました

 

 

220115tateisikouen35

同じく公園内には 大きな 「カナリーヤシ」 も

生長すると 高さ10~15m 葉の長さ5~7m にもなるそうですよ

関東南部辺りが北限のようです(耐寒性はー5℃くらい)

ヤシの仲間があると 南国チックに感じられますね!

 

 

220115tateisikouen3

駐車場わきには 「キダチアロエ」 も花咲かせていました

寒さに強いほうではないようですが

冬場の太平洋側が 雨が少なく乾燥していることで

自生できているのかもしれません

 

 

220115tateisikouen2

「キダチアロエ」越しに見る立石の景色は

これまた何だか 南国チックに見えましたョ

 

 

これにてお終いです。 看板に書かれているように、立石に落日がかかり、

オレンジ色に染まった中に富士山がシルエットとして浮き上がった夕景もまた、

さぞかし美しいだろうと思いを馳せています。

 

| | | コメント (26)

2022/01/12

年末「幸先詣で」と年明け「雪の日」に

皆さま、このところずっとコメント欄閉じたまま&ご訪問もお休みしがちで

失礼してきましたが、元気にしております。

1月5日には夫の叔母も無事退院できました。一人暮らしは色々な面でかなり心配な

状態ですし、こちらも気が休まりませんが、とりあえずは退院後の一人暮らしが

始まっています。

週末の主催側としてのアレンジメント教室も無事終わり、ホッとしたのも束の間、

明日は私の人間ドックで、またまた緊張が高まっております。はぁ (*´Д`)

(明日はまた、ご訪問お休み・お返事遅れるかもしれません)

 

それはともかく、今記事は、12月31日に「幸先詣で」として参拝した神社と、

1月6日の「雪の日」と、それぞれ見えた景色を並べさせていただきました。

 

「幸先詣で」 2021.12.31

2112319

こちらの神社に参拝し

2021年を無事過ごせたお礼と 2022年のお願いをしてきました

 

2112315

絵馬を吊るす場所は 1年前は無かったような‥?

 

2112314

手水舎には 美しく明るく花が生けられていました

12/31 は時折雪がちらつく暗い空模様でしたが

ここは パァッと明るくて 束の間寒さを忘れましたよ (^^)

 

2112316

参道脇には 真っ赤な紅葉がまだ葉を残していて

こちらもとても鮮やかで 元気をもらえました

 

 

「雪の日に」 2022.1.6

2201061

思いがけず積雪となった 1月6日

降り始めて1時間後くらいには

庭でいちばんたくさんの実をつけている マンリョウ も雪化粧

紅い実が 一層鮮やかに目に飛び込んできました

 

2201063

綿帽子をかぶった フヨウ の実

 

2201065

前の写真から 2時間余り後

ふわふわの綿帽子が大きくなりました

 

2201067

2階の窓から 遠く小さな森を望む

森も雪化粧

 

冬枯れの季節に目に飛び込んでくる「色彩」は、他の季節に見るよりも

鮮やかさを増して見えるものだなぁと、しみじみ感じた両日でした。

 

| | | コメント (24)

2021/11/17

河原で day camp

今回は植物を離れてお出かけ記事。でも、観光地や名所に行ったのではないので

お出かけ情報のご参考にはなりませ~ん (´∀`)

 

晴れの特異日と言われることもある、11月3日・文化の日。

当地も穏やかな晴天となりました。 風も弱く過ごしやすい日でしたよ。

その青空のもと、久し振りに河原で  day camp を楽しんできました ♪

わが家の場合は凝ったことしないで、アウトドアでのんびりタイムを楽しむのが

目的です。

 

目的地の河原に正午直前くらいに到着。車のサイドオーニングを広げて

テーブルと椅子を設置。 次はカセットガスボンベを使うストーブ(コンロ)で

湯を沸かしてパスタを茹でます。 茹で上がったらお皿にとって、混ぜるだけの

パスタの素をくるくる。これ最近の定番 🍴 付け合わせは途中コンビニで買って

いったスティック野菜。これでランチ完成。

ランチを食べ終わったら、次はコーヒータイムです ☕ ♪

コーヒーのための湯を沸かすのは、今度は火遊びを兼ねての?二次燃焼ストーブ。

鍋の代わりに空き缶 (´艸`) 今回部品をひとつ入れ忘れて二次燃焼はなしの

薪ストーブになっちゃったけど、問題なくちゃんと沸きました。

インスタントのドリップコーヒーとコンビニスィーツ、美味しくいただきました。

のどかな日和をのんびり楽しんだ後、撤収。

ゴミとパスタの茹で汁と灰は持ち帰ります。食器や鍋を洗うのは帰宅後。

 

211103_daycamp1

広い河原で 皆さん思い思いに楽しんでいます

 

 

211103_daycamp2

簡単パスタの出来上がり 美味しかったですよ

 

 

211103_daycamp7

夫の火遊びタ~イム これが二次燃焼ストーブ

煙が出にくく 効率よく高火力を生み出せる

というのが二次燃焼ストーブの特徴であり魅力だそうです

 

 

211103_daycamp8

煤で真っ黒になってもいいように 家にあった空き缶を鍋代わりに

大きさピッタリ!

 

211103_daycamp9

ほどなく沸いてきました

 

211103_daycamp11

沸いたお湯は コーヒー用

 

 

211103_daycamp14

楽しいひと時を過ごした後 帰り途中の車の中から見えた田んぼ風景

日が当たっていると暑いくらいだったけれど

とっても気持ちの良い穏やかな日でした

 

| | | コメント (26)

2021/02/24

冬の海辺で

1月の半ば、ふと思い立って海辺の公園までドライブに出かけました。

よりによって、強風吹き荒れる日で、風に舞い上がる砂で景色が霞むような日に 💦

コートのフードを被って、風に顔を背けながら浜辺近くまで行ってみれば、

海上には、強風をものともせずに、いえ強風だからこその(?)カイトボードや

ウィンドサーフィン、サーフィンを楽しむ人がいました。

あんな風の強い日に楽しめる人たちは、みな上級者でしょうね!

カメラは持って行かなかったので、スマホカメラで少しばかり撮ってきました。

あら~ 写真で見ると、何だか穏やかな海のように見えますねぇ。なぜ??

踏ん張っていないと飛ばされそうな強風だったのに~~ (´∀`)

 

 

210116kugenumakaigan_2101162

前方に見えるシルエットは 江の島

右の方に 海面の少し上に見える点が カイトボードのカイト

210116kugenumakaigan_2101167

だいぶ岸近くに戻ってきて カイトの鮮やかな色が見えました

 

 

210116kugenumakaigan_2101165

サイクリングロードを 駆け抜けていく人も・・・

 

 

210116kugenumakaigan_21011610

強風による潮風や飛砂から暮らしを守る「クロマツ」の防砂林

この辺りは幅が狭いのですが 他の常緑樹なども植えられた

もっと幅広く育った区間もあります

湘南海岸防砂林にご関心ある方はクリックしてください

幹が海から陸側に斜めに倒れ 強い風にさらされていることが分かります

 

 

ほんの少しばかり外を歩いただけでしたが、砂は目にも入るし顔にも貼りつき、

スニーカーの中にも溜りました。

頭に被ったコートのフード越しの風の音は ブバババババ ブババババ と

それは賑やかでしたよ。 早々に退散と相成りました。

 

 

| | | コメント (24)

2021/01/06

2021年 ブログ事始め

皆さま、こんにちは

 本日、ブログ事始めといたします。

 改めまして 本年もどうぞよろしくお願いいたします

 

当初の予定通り、何年振りかの自宅で夫婦2人での年末年始となりました。

年末には、市内の「白旗神社」へ幸先詣(昨年初めて知った言い方)に行き、

元旦には近所の神社へ初詣に行ってきました。

どちらも密とは程遠くゆったりお参りできましたよ。

 

幸先詣に行った白旗神社の写真を少々、アップさせていただきます。

 

 12/29 お正月準備はすっかり整っていました

人影はまばら

なのに 知らない方が入っちゃいました

201229

相州藤沢 白旗神社

主祭神として 寒川比古命(さむかわひこのみこと) と

源義経 が祀られています

奥州平泉で自刃して果てた義経の首が 鎌倉の腰越の浜で首実検の後

上潮にのって川を遡り あるいは 夜の間に飛んで(!?)

この付近まで来たものを 里人が洗い清め葬った

という伝説があるのだそうです

そして それを知った源頼朝が 白旗明神としてここへ祀るよう

指示したとのこと…

201229_20210104131501

ということで 義経公と弁慶公の像が建てられていました

前回訪れたときは無かったなぁと思ったら

2019年10月 源義経公没後830年の記念事業の一つとして建立 とのこと

 2012299

本殿を守る 狛犬2体

20122910

 本殿

2012297

創立年は不詳ながら 鎌倉時代以前から

相模一の宮「寒川神社」の 寒川比古命の分霊が祀られており

かっては こちらも「寒川神社」と呼ばれていたのが

義経を祀るようになって「白旗神社」と呼ばれるようになったそうです

 

201229_20210104131502

私達夫婦としては珍しくおみくじを引きました

招き猫おみくじが あんまり可愛かったので♡

人(ご縁)招き・左手 と お金招き・右手

それぞれ別の入れ物から一つずつ取って おみくじの内容を

見てみたところ まったく同じものでした!

<吉> 書かれていたアレコレは忘れてしまいましたが

旅はしないのがよろしい と書かれていました

コロナ禍のご時世だものね‥ と妙に納得

 

でも、旅はしないようにって

夫は、4日~再びテレワーク機器一式担いで山口の両親の家へ行っているのですけど

大丈夫かしら?書類の受け取りやら郵便物チェック、車検関連などの用事のために。

会社の休みの日を利用して移動と所用の片付けをし、間はテレワークをしながらの

家事・自炊生活です。無事の帰宅を祈って待ちましょう。

 

最後にお正月のアレンジメントを。昨年はお正月の花レッスンはお休みでしたので、

スーパーのカジュアルフラワー2束で超簡単に活けておしまいにしてしまいました。

ご披露するもお恥ずかしいくらいですが 💦

201231flower1

「瑞祥新春」

新春を迎え良い兆しがありますように という意の賀詞

年賀状に書いた「新春萬福」とあわせて 新年の祈りといたします

 

| | | コメント (30)

2020/11/04

山口・宇部にて 2020/10末

義父が10月17日の朝から緊急入院になった後そのままだったので、

10月29日~30日で、急きょ山口県の宇部へ行ってきました。

8時の便に乗るために4時半に起き、10ヶ月ぶりに混みこみの電車に乗り、

飛行機は減便中ということもあってか満席に近い状態(帰路は満席)という

緊張感の中の旅となりました。

義父母宅へ着いてからは、いつものごとくフル回転で掃除・洗濯などに加え

各所への連絡・届け物・支払いなどで時間はあっという間に飛び去って行きましたが、

新たにゴミや洗濯物を出したくなかったのもあって、Go to トラベルを利用し、

ホテル泊にしましたので、夕食・朝食の心配はせずゆっくりできました。

(ホテルのキャンペーンも重なり、すごくお得になって助かりましたゎ~)

 

201029_ube_tyoukoku2

黒川晃彦 氏・作 「ロンド」

演奏する2人と 聴き入る1匹の猫(左下)

宇部氏は彫刻の街を謳っていて 市街地各所にも彫刻があり

これもそんなひとつです

夕食後 ホテルのすぐそばの歩道で スマホ撮り

右上の白い〇は 「十三夜」の月です

 

 

 

翌朝は5時半に起き、6時から朝食(さすがに空いていました)、8時半までに

ゴミ出しをするべく、さっさとチェックアウトを済ませ義父母宅へ。

その後も、前日に続いて洗濯・掃除に買い物、お世話になった親戚宅へご挨拶など

予定していたことを全て済ませて、空港へ。空港へ行くためのバスも減便だったので

かなり早めに到着で、ちょこっと送迎デッキに出てみました。

 

201030ubekuukou_1720

空港屋外は 待機中で静まり返っています

向こうは瀬戸内海

 

201030ubekuukou_1721

西の方を見ると ちょうど夕日が沈もうとしているところ!

急いで良さそうな位置まで移動したのだけど

パチリ直前に 夕日が雲間に沈んでしまいました

 

201030ubekuukou_1721_2

南東?方向には 14日目の月「小望月」がぽかり

ハロウィーン前夜の月は ほとんど満月に見えました

(ハロウィーンのブルームーンは 見るのをころりと忘れましたヮ)

 

 

この後、空港で早目の夕食を済ませ、19:15の便で羽田へ向けて飛び立ち、

23時少し前に無事帰宅、と相成りました。 それからは毎日眠いこと眠いこと…

今回は丸2日だけの宇部行きだったのに、5日目になってもまだ眠い。

子どもの頃から持久力なくすぐ疲れるタイプでしたが、齢と共にますます

疲れ易く立ち直りが遅くなってきているのを実感しています(^^;)

 

11/8 途中ですがコメント欄を閉じさせていただきました。

ポチッとよろしく!

| | | コメント (20)

より以前の記事一覧