2020/03/25

「掛川花鳥園」の鳥さんたち(2)

前記事の 「掛川花鳥園」の鳥さんたち(1)の続編、

「掛川花鳥園」の鳥さんたち(2)となります。

園内で見たもの全てを撮ったわけではありませんし、撮ったものの一部の

ご紹介だけですが、よろしければ今回も引き続き見てやってください。

(2)は主にインコさんたちを集めてみました。睦まじい姿も見られましたよ。

 

 

200224kakegawakatyouen6

  

インコたちのいるガラス張り巨大ケージ内には

熱帯魚の泳ぐ 巨大スイレン池が設けられていて

人はその周囲を周りながら 鳥や花や魚を見ることができます

睡蓮は熱帯スイレンです 綺麗でしたよ♪

  

200224kakegawakatyouen7

 

 

200224kakegawakatyouen10

目元と冠羽が印象的な 「ギニアエボシドリ」

 

 

200224kakegawakatyouen9

「ワカケホンセイインコ」

このインコさんは 隣市の公園で見たことがあります

逃げ出して野生化 群れなしていて問題視されることもありますね

でも 綺麗なインコさん

 

 

200224kakegawakatyouen14

「コガネメキシコインコ」

カラフルで綺麗ですね あちこちに睦まじいカップルが♡

200224kakegawakatyouen8

 

 

200224kakegawakatyouen13

この子たちも ♡

「キビタイボウシインコ」 かな?

 

 

200224kakegawakatyouen5

 

 

「掛川花鳥園」の鳥さんたち(2)はこれでお終いです。

ご覧いただきありがとうございました。 心和んでいただけたら幸いなのですが、

ちょっと物足りなかったかしら~(^.^)

 

鳥さんたちと一緒に巨大ケージの中に入って網越しじゃない姿を見たり触れたりする

体験は滅多にできませんから、とても面白かったです。

臭いなどは全く気になりませんでした。

印象的だったのが、床を常に注視していて、鳥が糞をするとすかさず掃除をして

下さっていたスタッフの方の存在。私が見かけた方は年配の男性スタッフでしたから、

腰にきそう…とちょっと心配に。

ですが、おかげさまで鳥の糞を踏む心配なく、見たり餌やりしたりを楽しめるのだと、

とてもありがたく感じましたょ。

 

今回は、前記事と似た内容ですのでコメント欄を閉じさせていただいています🐶

もう一つの寄り道先「キウイフルーツカントリー Japan」については、

また後日、ご紹介させていただきますね。

 

ポチッとよろしく!

|

2020/03/18

「掛川花鳥園」の鳥さんたち(1)

あれからもうずいぶん経ってしまいましたが、2月末に姪の出産のお祝いに

ポージィ故郷「愛知」へ行った帰り道、「掛川」でもう1泊し、寄り道してから

神奈川へ帰ってきました。

なぜ掛川かといいますと、ここ3年ほど、三重の菩提寺(夫方)へ挨拶と

お墓参りに行った帰りに、袋井や掛川で休憩泊していたのですが、

時間の関係で泊まるだけで、どこへも寄ったことがなかったことと、

ブログ友さんがアップされた「掛川花鳥園」の記事を2回ほど拝見していて、

行ってみたい気持ちになっていたことからです。

というわけで、寄り道先は「掛川花鳥園」と「キウイ フルーツ カントリー」

という観光地。 やっと記事にしました~。 記事にしたと言っても、

撮った写真をずらずらっと並べただけなのですが(^^;)

よかったら見てやってください。 今回は「掛川花鳥園」の(1)です。

 

 

見た順でも撮った順でも 見た全てでもありませんが

まずは インパクト大のこちらから

200224kakegawakatyouen1

どーんと広い空間の天井一面に

ハンギングバスケットの花が飾られていて

この下で食事ができます

屋内ですが 出入り口が開くときでしょうか

時折り風が吹き抜けていき 散り花が降ってきたりも

 

 200224kakegawakatyouen11

ドーン!

こちらは鳥さんの中でもインパクト大の方 「ハシビロコウ」です

じーっと 佇んでいましたが ん ウィンクしてる?

頭の羽毛がとっても柔らかそう

 

 

200224kakegawakatyouen2

「オニオオハシ」

どうしてこんなに大きなくちばしになったのでしょ?

頭が重くない? 餌を食べ難くない?

お子さんが差し出す餌を食べていた合間をパチリ

 

 

200224kakegawakatyouen4

冠羽が美しい 「オウギバト」

身近で見るハトよりだいぶ大きいです

飛ぶ力はあまり強くないのだそうですよ

奥の方で歩いているのは 「クロエリセイタカシギ」たち

 

 

200224kakegawakatyouen3

こちらも美しい羽の持ち主 「インドクジャク」

奥は「クロエリセイタカシギ」と「オオフラミンゴ」

 

 

200224kakegawakatyouen12

ネムネムだった 真っ白な羽が美しい 「シロクジャク」

インドクジャクが突然の遺伝子変異で白くなったのが

シロクジャクだそうです

  

ここまでは 屋内のガラスハウスの中

人も鳥も 隔てるものなく同じ空間で

 

 

屋外の水辺の鳥たちとも触れ合ってみました

餌を買ってあげてみましたよ

 

200224kakegawakatyouen15

「マガモ」かな?

首を目いっぱい伸ばしておっかなびっくり

 

200224kakegawakatyouen16

「コブハクチョウ」にも

私もやりましたが ハクチョウに指ごと噛まれて イテテテ

後で注意書きを読んだら ハクチョウは噛むことがありますと…^^;

 

200224kakegawakatyouen17

様々なカモたちとハクチョウ

風がすごく強い日でしたが さざ波立つ水面(みなも)に

陽射しがキラキラして 良い雰囲気でした

 

「掛川花鳥園」の鳥さんたち(1)はここまでです。残りは(2)で。

 

 

新型コロナウィルスの感染者がじわじわと増加を見せ始めていた時期に、

宿泊し観光地へ行くことに懸念もありましたが、マスクと手洗い徹底を

しかと意識して。人が密集している場所もできるだけ避けるようにしました。

園内は、鳥と触れ合えることがウリのひとつということもあって、あちこちに

手洗い場がありましたし、アルコール消毒液もまだふんだんに用意されて

いましたから、遠慮なく利用させていただきました。

 

ポチッとよろしく!

| | コメント (28)

2020/01/15

真冬の箱根ドライブ

今週から屋根のリフォーム工事が始まりました。まずは足場を組んだところ。

1月中には終わる予定ですが、天気次第でしょうか。平年と違って雨の多い

冬になっています。

 

さて、昨年秋、所属いている花関連の協会の抽選に当選して「箱根ラリック美術館」の

入場招待券をいただくことができました。

有効期限3月末で、冬休み中遊びの日ゼロというのも寂しいね‥ということになり、

山口行きの疲れもまだ残る1/4、エイッっと行ってきました 🚙💨

ちょっと長い記事になりましたが、その時の様子です。

 

家を出たころのお天気は晴れ。途中走った道路からは穏やかな海も見えました。

202001040_2

 

202001041   202001042

第一の目的地「ラリック美術館」には10時半ころ着

その頃にはすっかり曇り空

アルフォンス・ミュシャの没後80年記念特別展も開催されており

ミュシャ好き & ラリックの作品をまとめて観るのは初めてという私

とても楽しみでした

館内は写真撮影禁止のため 館外ガラス張りの中に置かれていた

クラシックカーのカーマスコットだけパチリ

美術館オーナーの最初のラリック・コレクションは

パリ蚤の市で見つけたカーマスコットだったそうですよ

202001046up

うずくまる女性象

館内には小さなもの(香水瓶やアクセサリー)から大きなもの(インテリア)まで

たくさんのラリック作品が展示され

特別展のミュシャの作品もあわせて 堪能しました

 

202001044

美術館の庭のヤドリギを見上げて 雲に覆われ寒々とした空‥

ヤドリギもラリックのデザインに取り入れられています

  

館内とショップ併せて2時間半近くもかけてゆっくり回った後 近くで昼食をとり

せっかくの超久し振り(私は10年以上)の箱根ということで

「大涌谷」にも寄ってみることにしました。

 

202001040

大涌谷園地へと繋がる道路は大渋滞

箱根は昨年10/7に噴火警戒レベルが1に引き下げられたことにより

大涌谷園地再開の協議を行おうとしていた矢先に

台風19号の被害を受け延期 11/15~再開となりました

(ハイキングコースなどは通行止め続行中)

台風19号の被害は 道路を走っていても各所で見られ

箱根登山電車は 箱根湯本駅~強羅駅間で長期運休中です

 

202001046

駐車場から見た箱根ロープウェイ

ロープウェイ内からは

202001043

今も噴気を上げる こんな様子も眼下に見えるはず

黄色は硫黄成分によるのでしょう 辺り一帯独特のにおいが立ち込めていました

2020010413

 

2020010414

遠くに見えるは 玉子茶屋

盛んに上がる噴気と垂れこめた雲とで すべてが霞んで見えます

10年以上前に訪れた際は あそこまで10分ほど歩いていって

名物の黒玉子を買って食べました

2020010412

今は「大涌谷くろたまご館」なる建物が建ち

そこで黒玉子はじめ様々お土産が販売されていました

2020010416

2020010418

はい 私たちももれなく食べました~ なぜだかとっても美味しいのです

 

2020010421

駐車場を後にするころ 噴気と雲の間からわずかに太陽が顔を出し

幻想的な様子が見られました

 

帰路 山を下りる間中またしても大渋滞

私は睡魔に負けて寝落ちました 💤

幸いあまり眠さを感じることなく 運転し続けてくれた夫に感謝です

  

 

これにておしまいです。長々たくさんの写真をご覧下さってありがとうございました!

 

ポチッとよろしく!

| | コメント (24)

2019/04/10

300段上って吾妻山公園

皆さまこんにちは。

4月1日に山口から帰宅後は、待機状態でそのまま家にいて様子をうかがって

いましたが、自分の体調も思わしくなかったこともあり、結局先週の山口行きは

見合わせることにしました。腸閉塞が回復して退院した義父は独りでの生活を

再開しボチボチやってくれており、義母は長期入院継続中です。

 

さて、今日は2ヶ月近くも前に書き起こしたままストックしていた記事を

アップさせていただきます。ココログ・リニューアル前に書いた記事は

ちょっと行間の広さなど変わって反映されるかもしれません。(ネコヤナギの

記事がそうでした)見づらさがあるかもしれませんが勘弁して下さいね。

週後半、アレンジメント関連で忙しいため今回もコメント欄閉じています…

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

去る2月3日、かねてから皆さんのブログやニュース映像で見て 『行ってみたいな』 と
思っていた、 「吾妻山公園」 へ行ってきました。 この日は割と体調の良い日でした。
 
「吾妻山公園」 というのは、神奈川県中郡二宮町にある、標高136・2mの山を
整備したもので、近年は山頂付近の早咲き菜の花と富士山・桜のコラボでも人気の
町営公園です。
 
私たちは町営第一駐車場に車を停め、3つある上り口の内、徒歩10分ほどの
「役場口上り口」から山頂へ向かいました。 「役場口」ルートは300段の階段で
上ります。 上ること約25分で山頂広場に到着です。
足に自信皆無の私達。 上っていく階段の様子や振り返っての景観など写真は、
一切撮り忘れ、ただひたすらふうふう、上ってしまいました

道沿いに植えられているスイセンの甘い香りがほぼずっとほんわり香っているのが
嬉しくて、大いに力づけられました。
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます
 
 
 
    20190203_adumayama1  
 
               八重と一重のスイセン(日本水仙)たち
            たくさん咲いて ちょうどいい感じの濃度の香りが
                   ほんわり漂っていました
 
 
    20190203_adumayama45  
 
 
 
 
 
    20190203_adumayama4  
 
             車を走らせる間 少しずつ増えていく空の雲に
      富士山は見えないものと半ば諦めていましたが 待っていてくれました
 
                    笠雲を被っていましたよ
      なんだか 雲がどんどん富士山に吸い寄せられていくみたいでした
 
 
    20190203_adumayama5  
 
 
 
 
 
    20190203_adumayama16  
 
                       菜の花と桜たち
              菜の花は60000株植えられているそうです
 
 
         菜の花越しの富士山 菜の花のすぐ向こうの木々は桜です
 
 
    20190203_adumayama9 
 
 
 
 
 
 
    20190203_adumayama26  
           菜の花越しの 相模湾  霞む真鶴半島 と 伊豆半島
 
 
 
 
 
 
     20190203_adumayama37_bokasi  
                           ↑
                   山頂の芝生広場の桜の1本
 
 
 
                    山頂の芝生広場の エノキ
                           ↓
 
          20190203_adumayama41  
 
 
 
 
 桜咲くころ 新緑の眩しいころ 緑濃いころ 菜の花に代わってコスモス咲くころ…
 どの季節も気持ちよさそうでした。
 
 実は、先にアップした菜の花(3/13の記事「ひさかたの光のどけき春の日に」)は、

 ここ吾妻山公園のものでした ( ´艸`)   
 
 

| | トラックバック (0)

2019/03/06

沈丁花

皆さま、こんにちは。
 
ご訪問やコメントをお休みしていてすみません。 前記事でお知らせしましたように、
3日・4日で、山口の義父母の元へ行ってきました。 わずか2日の日程でしたが、
入院中の義母に会いに行き、最小限ながら家の掃除等をしてきました。
 
義母は2月半ば発症の肺炎は治まったものの、肺機能の低下で厳しい状態。
義父は、自身もCOPDを抱えつつも1人でよく頑張ってくれています。
2月に誕生日を迎え、自分で自分の年齢にびっくりしたと言っていました。
私達は、いつもながら今後への様々な不安を抱えて帰ってきました。
 
今回はたった2日の短期だったのに、やっぱりぐったり疲れて、昨日の朝はうっかり
寝坊するところでした。 目覚ましを止めて、いつもならすぐ体を起こすのに、昨日の
朝はそのまままた枕に頭を委ねてしまって、夫が着替え始めた気配でハッ!と
飛び起きました~  またまた目眩も復活~ ガッカリです
 
さらに、今週は 木・金・土 と、フラワーアレンジメント関連の予定が入っていて多忙
なため、今回もコメント欄を閉じさせていただいております。
ご訪問コメントもお休みを続けてしまっていてゴメンナサイ m(_ _)m
 
今日は、今回の山口訪問での写真を3枚だけアップさせていただきますね。
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます
 
 
 
    190303hanedakuukou
 
        3日 雨の羽田を飛び立ち  4日 雨の羽田へ帰ってきました
 
                 (3日羽田のラウンジからの光景)
 
 
 
 
 
 
    190303haneda_ube
 
            雲の上まで上昇したら 眼下は雪原のような世界
      普通飛行機から見下ろす雲に覆われた光景は「雲海」と呼びますが
        この日の光景には ふたり揃って「雪原」の言葉が出てきました
 
                      (3日 夫撮影)
 
 
 
 
 
 
    190304zintyouge_ube1
 
         空港から病院へ直行し 夕方着いた義父母宅の玄関先では
    ふわりと甘い香りに迎えられ なんだろうと見まわすと 沈丁花が満開でした
 
               もう数えきれない回数行っているけれど
         思い返してみれば沈丁花の咲く時季は初めてなのでした
 
              この写真を 翌日義母にも見せてきました
 
 
 

| | トラックバック (0)

2019/01/16

空旅はじめ

早いもので今年もすでに半月が過ぎ去ってしまったのですね。 はぁぁぁ~~ (^^;)
先週は花レッスンが教わる側とお教えする側とあり、エアコンの交換工事があり、
未だ治まらないめまい症で、時おりフラリフラリしながら(転ばないよう注意しながら
普通に動いて)過ごしておりました。
一昨日は、夫の提案で映画を観に行ってきましたョ。
「ボヘミアン・ラプソディ」 私は 「クイーン」 のことはグループ名くらいしか知りま
せんでしたが、IMAXという映写で臨場感あふれる映画の世界にすっかり引き込まれ、
グループの成り立ちや成長に目を瞠り、曲を楽しみ、リード・ボーカル(シンガー)
フレディ・マーキュリーの孤独感にはせつなさを募らせつつ、ラストのクライマックスの
チャリティーコンサート「ライヴエイド」のシーンでは大きな感動に浸ってきました。
 
 
さて、今日の記事は先だっての空の旅 からです。
 
2019年、 飛行機乗り初めは、山口宇部空港 → 羽田空港 の便となりました。
進行方向に向かって右側の窓際席でしたので、またまた少しばかりスマホ写真を
撮ってみました。 もう飽きられちゃったかしら?  でも見てね~
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます
 
 
 
    190103_1433ubekuukou2
 
                   山口宇部空港にて 14:43
      この後乗る飛行機が到着しました 到着機遅れで離陸も遅れました
               小さな空港なので 乗る便も一目瞭然
 
 
 
 
 
 
          190103_1604
 
          16:04 どの辺りでしょう まだ雲の上を飛んでいます
                雲海と紺青の空の色が綺麗でした
 
 
 
 
 
 
          190103_1607
 
         16:07 まばらになった雲の影が海に 斜めに伸びています
 
 
 
 
 
 
          190103_1632
 
               16:32 着陸間近となり陸地もすぐそこに
                 朱に染まった地平線が柔らかです
 
 
 
 
 
 
          190103_1642
 
            16:42 無事着陸 到着ゲートに向かって走行中
               ほぼ日の入り時刻と同時の着陸でした
               この日の東京の日の入り時刻は16:00
 
 
 
 
 
  羽田到着後は、電車と地下鉄と電車を乗り継ぎ、18:30ころ帰宅。
  荷物を置くだけ置いていてすぐ、ぐったり~ でももうひと踏ん張り~~ と、
  食料買い出しと夕食に 出かけたのでした 
 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2018/11/28

奥多摩湖 ドライブ

今週前半、穏やかで暖かなポージィ地方です。今夜の雨の後は寒くなるのかな。
 
 
さて、ずいぶん前のことになってしまいましたが‥
 
10月上旬の休日、気分転換をしたかったのでしょうね。夫が 「ドライブしたい」 と
言いまして…  あまり時間はかけられないし、と選んだのが 「奥多摩湖」 でした。
圏央道ができたおかげで、わが家からのアクセスも便利になり、渋滞さえしなければ
さほど時間をかけずに辿り着けそう、ということで決定となりました。
 
実は渋滞があったのですが、それでも9時半ころ発ってお昼には着きました。
まず食事をして(ダムをかたどって盛り付けられたダム湖カレーは売り切れで残念)、
そのあと見たのは、ほんとにもうダム湖だけで、周辺を回る時間はなく帰って
きましたが、その時撮ってきた湖の様子などアップさせていただくことにしました。
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます
 
 
 
    181006_1
 
           正式名 「小河内貯水池」  通称 「奥多摩湖」 です
           現在は利根川・荒川水系が主な水源だそうですが
         こちらも 東京都民の皆さまにとって 大切な水瓶ですね
 
 
 
 
 
 
          181006_2
 
                  ダムから流れ出ていく 多摩川
            多摩川第二発電所が併設されているそうです
 
 
 
 
 
 
          181006_12
 
           湖に辿り着くまでには 青梅街道 も走ったのですが
                 こんなトンネルも通り抜けました
             狭くてちょっと怖くもありましたが 良い雰囲気
 
       自転車で走っている方も結構いらっしゃいました 目的地はどこ?
 
 
 
 
 
 
    181006_4
 
                     湖面越しに見るダム
                   周囲は山に囲まれています
 
 
 
 
 
 
    181006_5kosiogama
 
             湖岸の土手には 見たことのないピンクの花が
             後で調べたら 「コシオガマ」 というようでした
             小さな花 近寄って見られなかったのが残念
          葉っぱは 深い切込みの入った羽状の葉がそれですよ
 
 
 
 
 
 
    181006_6
 
              「ススキ」(ムラサキススキ?) も穂を揺らし
 
 
 
 
 
 
    181006_7
 
            近くには 野菊 も咲いて 虫たちが集まっていました
                   「カントウヨメナ」 か‥な??
 
    181006_9
 
 
 
 
 
 
          181006_11
 
        駐車場近くまで戻ると ちょうど西東京のバスが出発するところ
         コスモス越しに見送り  ほどなく私たちも帰途につきました
 
 
 
 
 
 とても自然豊かな所。 時間があれば湖の周りを巡ってもう少し走ってみたいな。
 初秋の半日ドライブ。 夫は気分転換になったかしら? 私はなりました。
 
 あれからひと月半。いろいろあって、また気分転換が必要です。
 
 
 

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2018/10/31

Happy Halloween ! と お知らせ

今日 10月31日は 「ハロウィン 🎃」 ですね。
日本でも行事としてすっかり定着してきましたが、元々の意味云々より楽しいお祭り
として受け入れられているのは 「クリスマス」 と一緒かな。
 
たまたま10月初めに 「大船フラワーパーク」 をちょっとばかり覗いたときに
撮っていた、ハロウィン・ディスプレイの写真をアップさせていただきましょ。
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます
 
 
 
    181007_12
 
 
 
 
 
 
    181007_13
 
 
 
 
 
 
    181007_16
 
  
 
 
                 ジャック・オー・ランタン、悪い霊を追い払ってね!
 
 
 
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 11/2~ 山口の夫の両親(義母は入院続行中)の元へ行ってきます  ので
 またしばらくご訪問等お休みさせていただきます。
 コメント欄も閉じさせていただいております。 ご了承くださいませ 
 
 
 

| | トラックバック (0)

2018/10/17

大山詣で 短縮版

昨日は、何だか異様に眠いなぁと思っていましたら、だんだん頭が痛くなってきて
ついにガンガンに。 ちょっと気がかりなことがあって、それも一因かしら。
そんな訳で皆さまのブログへお邪魔するのはお休みにしました。
鎮痛薬が効いて今日は大丈夫。
  
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
さて、さかのぼること、かれこれひと月、
9月の半ば、神奈川県伊勢原市へ 「大山(おおやま)詣り」 に行ってきました。
日本遺産にもなった 「大山詣り」 は、結構人気高いようで、紅葉美しい時季には
相当な混雑となるようです。
 
大山詣りの詳細は、ご興味ありましたら下のリンク先をご覧ください。丸投げ~
日本遺産ポータルサイト「大山詣り」のページは → こちら
 
ですが今回私達は、最寄り駐車場まで車で行き(家から約40分)、ケーブルカーで上り、
阿夫利神社下社でお参りした後、またケーブルカーで下りてきたという、「なんちゃって
大山詣り」 でありました。 それでも駐車場から 大山ケーブル駅 までの参道と、
阿夫利神社駅 から 阿夫利神社下社 までの間は結構な数の階段を上りまして、
最近共に足にトラブル有りの私たち夫婦には限界だったかもしれません。
足トラブルの悪化もなく無事階段の上り下りができてメデタシメデタシでした。
 
あれからずいぶん日が経ってしまいましたが、点描写真を並べさせていただきますね。
いらしたことのある皆さまには、懐かしの場面もあるかも?
枚数が多いのでざーっとご覧くださいませ。
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます
 
 
 
    180917ooyama5
 
         ケーブルカー降りて階段上って 阿夫利神社下社 到着
 
 
 
 
 
 
    180917ooyama14
 
                階段上り口の 手水舎を見下ろして
 
 
 
 
 
 
    180917ooyama7
 
         相模湾を望む景観 霞んでいたけれど江の島も見えました
 
 
 
 
 
 
    180917ooyama13
 
                    石に刻まれた案内図
 
 
 
 
 
 
          180917ooyama12
 
                「日本三大獅子山 大山獅子」 ??
 
         江戸時代から奉納されてきた様々な石造物があったのが
      大正12年 関東大震災による山津波でほとんど流失されたのだそう‥
      その内 資料などを元に建立されたのが この獅子山なのだそうです
 
 
 
 
 
 
    180917ooyama10
 
             たくさんのカエデたちが植えらえていました
          紅葉の時季は さぞかし美しく染まることでしょう 
          台風であまり傷んでいないといいのですけれど…
 
 
 
 
 
 
    180917ooyama20
 
             ケーブルカーで 大山ケーブル駅まで下ります
 
 
 
 
 
 
          180917ooyama22
 
           途中の駅で 上り下りのケーブルカーがすれ違います
 
 
 
 
 
 
以下はケーブルカーを降りてから参詣道の階段を下りながら撮った秋の植物です。
 
          180917ooyama23_2
 
                     ハギ (品種は不明)
 
 
 
 
 
    180917ooyama24
 
                        ホトトギス
 
 
 
 
 
    180917ooyama25
 
                       シュウメイギク
 
 
 
 
 
          180917ooyama26
 
                        コムラサキ
 
 
 
 
 
          180917ooyama28tamaazisai2
 
         参詣道を下りきった 駐車場付近にたくさん咲いていました
 
            咲き終わり近かったけれど タマアジサイ かしら
 
    180917ooyama31
 
 
 
 
 
 
【おまけ】
180917ooyama32 180919sarunasi_mi
 
          ドライのサルナシの果実を売っていたので 思わず購入
    豆腐でもコマでもコンニャクでもなく これがわが家の大山土産となりました
 
 
 
 
以上、久し振りの半日お出かけでした。 余談ですが、夫が山口の両親に写メを
送りましたら、鳥取の「大山(だいせん)」と勘違いされ、東京住まいの夫の叔母に
話しましたら、東武東上線の「大山(おおやま)駅」と勘違いされました
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
    この週末は、ポージィの故郷・愛知県での法事に行ってきます。
    金曜辺りからコメント欄閉じさせていただき、またご訪問もお休みしますが
    ご了承くださいませ 
 
  
 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2018/08/22

夏休み 空旅日記

皆さま、こんにちは。
ココログ広場のポチ巡り以外PCに触る間もなく日々が過ぎ去り、
長らくご無沙汰しております。 お変わりなくお過ごしでしょうか。
 
ご無沙汰している間に、台風はいつの間にか20号を数え(!)、関東ではいきなり秋?
と思う涼しい日もありました。セミの亡骸を見かけることが増え、日暮れも早くなって
きました。 季節が着々と進んでいるのを感じています。
が、涼しさを体感した後の蒸し暑さの戻りにはぐったり。 いささかバテています。
 
私達は、10日早朝に夫の両親の元・山口へ向けて発ち、その日はまず到着早々に、
昨夏亡くなった、夫の義叔父の法事に両親と共に参列。 翌日からは母方のお墓参り、
親戚宅へのご挨拶巡り、家のこと、お客さまのご訪問等々で慌ただしく過ごしまして、
13日の最終便 で帰ってきました。
 
帰宅後は平日にしかできない諸々を済ませたいということで、銀座へ行ったり
再度羽田空港へ行ったり銀行へ行ったり。 家で過ごす日もあるにはありましたが。
私、先週後半から喉に違和感というか痛みを感じ始め… これは風邪?咽頭炎?
とにかく喉が赤く腫れて痛いので風邪薬を飲み始めました。
夏に風邪などひいたことなかったのに、7月末の愛知・三重の旅の後はお腹の不調、
今回はこれ。 自覚しているより疲れているのかもですね。 歳のせいもあるかしら?
昨日までは風邪薬のせいで眠くて眠くて ぼ~~~っ としてましたが、
痛みが減ってきたので薬はやめました。 でもやっぱりぼ~~~っ としています。
 
山口の両親は、まずまずの感じで頑張ってくれていると少し安心し、じゃぁまたね、と
別れてきたのですが、17日夜、母が肺炎と喘息悪化で大事をとって入院したとの
知らせが来ました。 私自身の体調もあり台風の心配もありで、即行山口に取って返す
ことはせずに様子見状態です。
早く治まって短期間で退院できることを祈りつつ、以来ドキドキが続いています~
 
 
こんな今日このごろですが、
今日は、この夏休み中にスマホ撮りした、空港・飛行機関連の写真をずらりと
並べさせていただくことにしました。 えーと、今数えましたところ14枚。
わゎ たくさん! お時間ありましたら、ざざっと流しつつちょっぴり空旅気分でご覧
くださいませ…
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます
 
 
 
    180810haneda_ube1
 
               離陸に向けて移動中の機内からパチリ
                   国際線ターミナル方面です
 
 
 
 
    180810haneda_ube2
 
             離陸してすぐに見えた東京湾には船がたくさん
 
 
 
 
          180810haneda_ube3_2
 
                  平地は小田原 海は相模湾
      中央左寄りの細い半島は 真鶴半島  そのさらに向こうは伊豆半島
 
 
 
 
    180810haneda_ube6
 
            我が故郷・愛知県を北側から南方向へ見ています
        三河湾を挟んで 左に 渥美半島 右に 知多半島 なのですが
                  雲が多くてわかりづらいですね
 
 
 
 
          180810haneda_ube7
 
          伊勢湾海上の 中部国際空港 セントレア(中央付近)
        上空からは何回か見ましたが まだ行ったことはありません
 
 
 
 
180810haneda_ube8_2 180810haneda_ube10
 
              この日は愛知県上空を過ぎる辺りまでは
             雲がとても豊かな表情を見せてくれましたが
     それ以降はのっぺり平らな雲の絨毯に覆われ地上が見えなくなりました
 
             ということで 8/10 の空旅はこれにてお終い
 
 
 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
               続いて 8/13 19:00台~ の空旅です
 
    180813ube_haneda1
 
         JAL 最終便は19:05 離陸予定でしたが 30分以上もの遅れ
                 山口宇部空港の 管制塔です
 
 
 
 
    180813ube_haneda2
 
         離陸直前の宇部の空 まだ少し明るみが残っていましたが
                空には星と糸のような月も  
 
 
 
          180813ube_haneda3
 
          順調にフライトを続け 東京の街の灯が見えてきました
            もやがかかって幻想的な光景だったのでパチリ
              いまひとつ様子が伝わりませんね ^^;
 
 
 
 
          180813ube_haneda4
 
            21:00 少し前 無事に東京羽田空港に着陸です
           夜の滑走路等の灯り  飛行場灯火 と言うのかしら
                到着ゲートに向かって進む機内より
 
                8/13 の空の旅は これにてお終い
 
             飛行機を降りてからは ひたすら帰路を急ぎ
                  23:00 少し前に帰宅しました
 
 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
       8/17 介護割引申請の更新のために またもや羽田空港へ行き
   ついでに 一度も行ったことのなかった 国際線ターミナルへ寄ってきました
 
 
    
    180817haneda_kokusaisen4
 
               国際線ターミナル 展望デッキからの眺め
             左上遠くに見える建物が 国内線ターミナルです
 
 
 
 
          180817haneda_kokusaisen3
 
        半分の長さ・半分の幅 で再現された総檜造りの 「はねだ日本橋」
 
 
 
 
          180817haneda_kokusaisen5
 
             お土産屋さんや飲食店などが並ぶ 江戸小路
             (橋や小路に写っているのは知らない方です)
 
 
 
 
 国際線ターミナル内の様子は、ニュース映像などで見て楽しそう♪ と思って
 いましたが、実際に見てもやはりあたたかく楽しい雰囲気ですてきでしたょ (*^ ^*)
 
 
 
 
                      以上、ポージィの「夏休み 空旅日記」でした。
                       長い記事をご覧くださって有難うございます。
 
                     台風19号・20号による被害が出ませんように…
 
            まだちょっと不義理を続けてしまいそうです、ごめんなさい m(_ _)m
 
 

| | コメント (20) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧