2024/02/14

「湘南の宝石」~ イルミネーション ~

前記事に続き、冬休み中だった1月5日に行った「江の島」での思い出です。

今回はイルミネーション✨

 

近年は晩秋から冬にかけていろいろな所でイルミネーションのイベントが

行われていますが、私は何年前に見たきり??

寒い時季、それも夜のお出かけはどうも気が乗らない私、今年も見に行く

気持ちにはなっていなかったのですが、夫の方が乗り気でした(^^)

なんでも、江の島のイルミネーション✨「湘南の宝石」✨は『関東3大

イルミネーション』認定のひとつで『日本夜景遺産』にも認定されているとか。

ずーっと前、イルミネーションを始めたばかりの頃に1回だけ見に行ったことが

ありましたが、いつの間にかそんなに発展・盛り上がっていたとは ( ゚Д゚)

 

サンセット(別記事)を堪能した後、17:00 イルミネーション点灯!の瞬間から

小一時間ほど楽しんできました。 ✨ たしかに素適でした ✨

江の島弁天橋の手前国道134号線沿いの各地、橋、島全体に、いくつもスポットが

設けられている中、私たちはほぼほぼメインスポット(サムエル・コッキング苑)

内だけ見学。シーキャンドル(展望灯台)展望室から見下ろす光景も素晴らしい

ようですが、それもパスでした。

苑内を歩き回りながら適当に撮っただけの思い出写真ですが、雰囲気の一端を

味わっていただけたらと思います。

検索でたくさんヒットする写真の方が断然綺麗ですけれど (^^;)

 

 

2024010535

17:00 点灯!

2024010537

 

2024010539

スワロフスキーが散りばめられた光のトンネルは

名付けて 「湘南シャンデリア」 だそうです

 

 

2024010543

江の島シーキャンドルのライトアップは

「光の大空間」 だそう

2024010544

時間と共にライトアップの色がゆっくり変わっていました

2024010556

 

 

2024010547

苑内の木々の間の空間や小道も美しく彩られ

「宝石フォレスト」 と名付けられていました

2024010550

 

 

2024010548

別の位置からの シーキャンドル

2024010555

 

 

2024010553_cut

エントランスの看板

写真スポットのようで モデルさん交代の一瞬をついて 📷パチリ

 

以上 ✨「湘南の宝石」✨  の一部 でした~

 

 

ご覧いただきありがとうございました。寒くない日で助かりました(^^)

ちなみに、今シーズンのイルミネーション期間は 2/29 までだそうです。

 

下の欄にある イイネ「 ♡ 」を ポチッ としていただけると ↘ 嬉しいです。

| | | コメント (20)

2024/02/07

江の島でサンセット 2024. 1. 5

寒い立春になったと思っていたらさらに寒くなり、翌5日~6日未明?にかけて

ここ南関東でも雪になりました。水っぽく重たい雪とみぞれに5日夜は雷も。

該当地域にお住いの皆さま、慣れない雪でしたが、大丈夫だったでしょうか?

幸いなことに昨日の雪掻きは少しで済み、夕方までにはだいぶ消えました。

今日の久し振りの日差しに、残っている雪も消えることでしょぅ。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、冬休み中だった1月5日、「江の島」に行ってみようかという話になり、

どうせなら、開花情報のあった 「ウィンター・チューリップ」 、「 サンセット」

それにかねてから開催中の 「イルミネーション」 の、全部を見ようじゃ

ありませんかと、時間を見計らって出かけました。

江の島へは、東京オリンピック開催より前に行って以来、かなり久し振りです。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

江の島の駐車場に停車したのが 15:45。参拝はパスして山を登り、

「サムエル・コッキング苑」に辿り着いたのが 16:00 頃。

まずは ウィンター・チューリップを見なくっちゃ! 以前は入り口付近に

たくさん展示してありましたがが、今年は奥の方、シー・キャンドル付近でした。

日陰になり薄暗くもなってきていたのでチューリップの写真はイマイチ。

                     (前記事「冬に咲く花」に掲載)

 

次はサンセットだ~ 入場料を支払う「シー・キャンドル」(=展望灯台)の

展望室へは上らず、下の屋外テラスに上がりました。

風は強いもののさほど寒くない日で、テラスに置かれたベンチにはサンセットを

味わおうという方々がけっこう座っていました。 

拙い写真ではありますが、私が見た日没までの景色を皆さまにもご覧いただけ

たらと思います。

 

 

2024010516

16:19 ~  撮り始めました

富士山は霞んでいたけれど 綺麗なシルエットが見えていました

 

 

この後は 時の経過に沿って並べていきますね

 

2024010519

16:28

富士山 と 夕日をいっしょの画面に

 

 

2024010520

16:31

もう少し引きで 座ってる人やテラスの手すりも入れて

縦の細い線は やがてシー・キャンドルに灯る イルミの電線です

  

2024010521

手すり と 夕日  きらめいて綺麗

 

 

2024010523

16:33

空が茜色に染まるにつれ 富士山のシルエットも茜色に

 

 

2024010524

16:34

シー・キャンドル と 夕日

 

 

2024010528

16:37

夕日の下端が山の端に達しました

鳥が飛んでいました

ここからは ぐんぐん日が落ちていきましたよ

 

 

2024010529

16:37

1分と経たない内に もうこんなに

 

 

2024010532

16:40

 

 

2024010533

16:42

山の向こうにすべて隠れました

シー・キャンドルの展望室からは まだ見えていたかもしれません

この日の藤沢の日没は 16:47 だったようです

  

 

こんな美しいサンセットを見たのはいつ以来でしょう!!

他のことはすべて忘れて見入る 幸せなひと時でした

 

 

2024010545

17:32

茜色の空は 山の端に残るだけとなり

夜の帳が降りてきていました

 

 

サムエル・コッキング苑のイルミネーションは 17:00 点灯でした

 そのイルミネーションの様子はまた次回に

 

ご覧いただきありがとうございました (´∀`)

 

下の欄にある イイネ「 ♡ 」を ポチッ としていただけると ↘ とても嬉しいです。

| | | コメント (24)

2023/11/08

9月と11月 伊賀への法要旅

先週末から週明けにかけ、11月とは思えない陽気が続きましたね。

そんな中、義父の百箇日法要は無事終わり帰宅しました。 

 

9月と 11月、亡義父のそれぞれ 四十九日 と 百箇日 の法要のため、

菩提寺のある三重県伊賀市に行ってきたのですが(9/16~17、11/3~4)、

どちらも、朝早いうちに家を発って西へとひた走り🚙、お墓掃除やお花購入など

翌日の法要の準備をしてホテル泊、翌朝お寺で法要、その後東へとひた走り帰宅、

という日程でした。

9月の時にも渋滞に見舞われましたが、先日の11/3~4 では何度渋滞に見舞われた

ことか…。工事による車線規制もあるにはありましたが、事故渋滞がいったい幾つ?

故障車有りが幾つ? 同じ道のりは何度か走っていますが、その中でもワースト1の

多さで疲れました(-_-)

 

今記事では、同じ道のりの2度の法要旅の途中で、ちょこちょこスマホ撮りした

ものをミックスして道のり順に並べてみました。よければご覧ください。

すごい枚数になってしまいましたから流し見てくださいね。

 

231103_04_1

11月3日 撮影  東名高速道路上からの「富士山」

これ 東名高速道路に入ったとたんの 工事による車線規制渋滞・中

 

230916_3_retouch

9月16日 撮影  東名高速道路 → 新東名高速道路 と走って

→ 伊勢湾岸自動車道(愛知県豊田市―三重県四日市市を結ぶ道路)へ

 

230916_4_

 9月6日 撮影  伊勢湾岸自動車道より名古屋港中央辺り

 

その形から キリン にも例えられる 大型クレーン が

並んでいる光景は壮観で 毎度カメラを向けたくなります

231103_04_3

11月3日 撮影  伊勢湾岸自動車道より名古屋港中央辺り

 ↓

 

231103_04_4

11月3日 撮影  東名阪自動車道(名古屋西―三重県津市を結ぶ道路)へ

 

230916_5_retouch

9月16日 撮影  亀山ICから → 名阪国道(国道25号)へ

 ↓

 

230916_6

9月16日 撮影  名阪国道沿いの田園風景

 

231103_04_8

11月3日 撮影   名阪国道沿いの田園風景

上の9月の風景と比べると 田園風景も秋色に変わったのが分かります  

 

231103_04_5

11月3日 撮影

ガードレール沿いには セイタカアワダチソウ や ススキ がたくさん

 

231103_04_11

11月3日 撮影  伊賀市

お墓掃除後に 10分観光 「鍵屋の辻公園」の秋色

「鍵屋の辻(かぎやのつじ)」とは「日本三大仇討」のひとつ

「伊賀上野の敵討事件」の現場ですが

近年訪れる人も少ないのか 資料館も茶屋もだいぶ以前から

閉まったままになっているようでした

ちなみに この事件で敵討ちされた人のお墓が 我家の菩提寺にあります

 

231103_04_10

11月3日 撮影  「鍵屋の辻公園」駐車場からの夕景

 

 

230916_12

9月16日 撮影  伊賀市街地の夜

宿泊ホテル近くの店で夕食後 少しだけ遠回りして帰りました

 

230917_13

9月17日 撮影  ホテルの部屋の窓から遠くに見えた

「伊賀上野城」 手前のビルがお邪魔虫~

9月の時も先日も 伊賀上野城見学をする時間はありませんでした

 

 

231103_04_13

11月4日 撮影   11月は9月とは別のホテルに宿泊

4日の朝起きて外を見ると 一面霧に覆われ眼下は真っ白でした

しばらく経って 霧がだいぶ消えてから撮りました

 

 

230917_15

9月17日 撮影   菩提寺「萬福寺」本堂

この本堂の中と墓前で お経をあげていただきました

 ↓

 

231103_04_14

11月4日 撮影   法要が終わり 東へ帰る旅の開始です

まずは 「名阪国道」

看板にある「亀山(かめやま)」は

「カメヤマローソク」 の工場があるところであり

かって「シャープ」の液晶テレビ "アクオス 亀山モデル" でも

有名になりましたね

 

230917_16

9月17日 撮影  「東名阪自動車道」 → 「伊勢湾岸自動車道」 と走り

これは 「揖斐川河口」 広い!!

 

230917_17

9月17日 撮影

そしてこちらは 「木曽川河口」 広い~!!

 

230917_24

9月17日 撮影  昼食休憩などをしつつ東へ

こちらは「新東名高速道路」沿いに見えた「富士山」

ずっと雲の陰でしたが 一瞬垣間見えたときにパチリ

左の方 雲と雲の間に ちらりと見えていますよ

 

231103_04_15

11月4日 撮影  「新東名高速道路」上り「駿河湾沼津サービスエリア」

展望スペースがあって こんな風に駿河湾も眺めることができます

海の向こうに霞んで見えるのは 伊豆半島

この後の事故渋滞に備え 最後の休憩をしました

 

231103_04_18

11月4日 撮影  「駿河湾沼津サービスエリア」からの夕景

晴れていたら きっと美しい夕景が見られたことでしょう

束の間太陽が顔を見せてくれたのは 励ましだったのかな‥

 

 

11/3・4は、事故渋滞がなかったら、往復とも2時間は早く到着できたと思います。

どうしてこんなに事故が多いんでしょ。皆さん車間を詰めすぎなんじゃないかしら。

ふう… 2回分の長距離旅にお付き合いいただき、ありがとうございました (´∀`)

お疲れさまでした!

今日・明日くらいからグググッと気温が下がっていくようですから、お互い気を付け

ましょうね。

 

| | | コメント (14)

2023/10/04

ふるさとの夏祭り

2023年 7月28日(金)~ 7月30日(日)、新型コロナで中止されていた、

my ふるさとの「国府夏祭り」が4年ぶりに復活しました。

せっかくなので、そこに合わせ3年半ぶりに帰省し、30日の分を見物しましたよ。

どうやら約400年の歴史があるらしい4町内合同で行うお祭り。

土曜の夜は中心となる神社で手筒花火の奉納、日曜は4町内それぞれが山車を引き

歌舞伎行列が通りを練り歩きます。そして夜は河原と山の広場で花火が上がります。

今回は見られませんでしたが、土曜夜の奉納手筒花火は特に胸に響くのですよ。

子どもの頃と比べると、町の様子は個人商店が激減、空き地も増えるなど寂しく

様変わりしましたが、ノスタルジーに浸ってきました。

 

写真はすべてスマホ撮影。山車と歌舞伎行列は行程の終わり近くとあって

間延びしていますし夜の花火もイマイチの撮れ方ではありますが記念に。

2ヶ月以上経っての記事となりましたが、よろしければ雰囲気だけでもご覧ください。

 

 

230730_8

山車を引く様子 皆さん楽しそうな表情で

かっては爆竹鳴らしまくり 暑さでビールを浴びるように飲み で

乱れてましたが いつの頃からか改められました (^^;)

230730_5

山車の上ではお囃子が奏でられています

 

 

230730_4

歌舞伎扮装の方たち

真夏の暑い盛りですからね 疲れ切って間延びしていますが

沿道の人に声をかけられつつ 最後の頑張り

230730_6

 

 

230730_9

お神輿

いちばん上手町内の大社から 南部の町内の神社へ

神様の渡御が行われるのです

この日は通る道が違って随分早足 時間短縮のため?

何せ4年振りでしたからね スケジュール進行が押していたのでしょぅ

 

 

230730_10

夜の帳が降りるころ 川で花火が上げられ始めました

まずは手筒から (ヤッター 手筒も見られた!)

 

続いて仕掛け花火や打ち上げ花火 

230730_13

230730_14

 

そうこうするうちに 山の上の広場からの打ち上げ花火も開始

230730_15

ではそろそろ 帰りましょう

 

 

山の花火は 伯母宅(私の母の実家)の庭から眺めます

ほんの一部ですがご紹介…

230730_18

230730_20

230730_23

230730_21

 

 

庭からは川の花火も少しだけ見えます

やがて夜も更けてきて

230730_24

これは川の花火のフィナーレ

 

そして山の花火のフィナーレ

230730_25

山の花火は 昔は8寸玉も上がっていましたが

事故があったりして 今は大きな玉は上げられていないようです

 

 

400年前?に始まった頃は村祭りだったのでしょうけれど、今は町のお祭り。

なかなか盛り沢山であれこれ楽しめるお祭りとなっています。

小さな町ですが伝統的なお祭りが残っているのはいいものですね。

ご覧いただきありがとうございました。

 

翌7月31日に神奈川へ帰って、そのまた翌日8月1日に山口へ飛ぶことになるとは、

この時は思ってもみませんでした。

  

| | | コメント (20)

2023/06/28

大凧まつり (5月の思い出)

間もなく6月も終わろうとしているんですね…

この半年、私は何をしてきたのだろう。時の経つのは容赦のないものですね。

アップできていなかった5月の春休みの思い出をもう一つ。

 

神奈川に暮らすようになって幾年月。 長年知らずにいて見たこともなかった

「大凧まつり」を、5月5日「こどもの日」に覗きに行ってみました。

結構有名なのかしら? 新聞にも小さな記事ですが紹介されていました。

230505_12

隣り合う「相模原市」と「座間市」の 「相模川」河川敷で

江戸時代から行われている 端午の節句の伝統行事の様です

 

230505_11

会場近くに貼られていたポスター

えっ 日本一 なの?

 

 

230505_3

会場に到着 こちらは座間市側の会場の 出店が並ぶ場所の様子

しばらく待てど凧は上がらず 案内のテントで尋ねたところ

もう上げ終わったと聞いてがっかり

 

でも隣り合う相模原市側の会場には小さく凧が見えて

そちらを目指して歩きました

230505_10

はい 到着  こちら相模原市側の出店の会場

強風で砂埃がすごいこと凄いこと

 

そして その横のグラウンドでは

230505_1

お~!

これでどのくらいの大きさなのでしょ

230505_4

 

230505_5

会場には鯉のぼりも泳いでしました

何しろ風が強い日でしたから 鯉たちの泳ぎも元気いっぱい!

 

230505_6

頭上高く上がった凧を見上げる人々

 230505_8

 

230505_9

「勝風」 と書かれたこちらの大凧は

軽トラックで引っ張られていました

たくさんの糸(ロープ)が束ねられたところにいる鯉のぼりが

とても小さく見えていました

 

  

新聞記事にあった 14.5メートル四方 の大凧だったのかどうかは分からずじまい

でしたし、強風で巻き上げられた砂塵にまみれ目も開けられないことしばしばでは

ありましたが、短い時間ながら久し振りにお祭り気分を味わうことができました。

服も顔も頭の地肌までも砂まみれになりましたけどね 💦

 

| | | コメント (16)

2023/06/21

「ソレイユの丘」の お花畑(5月の思い出)

前記事に続きまして、今更~の春休みの思い出第2弾。(第3弾まであります)

 

春休み中だった5月2日、横須賀市にある「ソレイユの丘」へ行ってきました。

  (リンク先・公式HP をご覧になる場合、初めにバーンと出る

   お知らせを×で閉じた後、 開くまでにちょっと時間がかかります

行くのはだいぶ前(調べたら2012年8月でした)に行って以来の約11年振り。

この春リニューアルオープンしたとの報を見かけ、久し振りに行ってみようと

いうことになりました。

 

私達夫婦の年代としては、リニューアルで良くなったかどうかはちょっと??

ではありましたが、たくさんの若いファミリーたちで賑わっていました。

入場料無料で、広々とした大きな空、海の見える景色、広大なお花畑、芝生の広場、

アトラクション、動物広場、ポニー乗馬、じゃぶじゃぶ池、バーベキュー、キャンプ

などなど、楽しみ方はいろいろある公園ですから。

 

私たちも広い空にお花畑や三浦半島からの海の景色など、楽しんできました。

ほんの一部分ですが、撮ってきたお花畑の景色をメインに、いくつかアップ

させていただきますね。 雰囲気感じていただけたらと思います。

 

 

230502_20230523132001

入り口を入って最初に目に飛び込んできた

「 シャーレーポピー 」 の お花畑

230502_20230523132002

 

 

23050210

「 ネモフィラ 」 の お花畑

 

 

230502

「 アイスランドポピー 」 と 「 ルピナス 」 のお花畑

23050240

その向こうの 遠ーくに 「 ツマジロヒナギク 」↓ も

230502_20230523132101

 

 

5/2 時点 みんなとっても!!綺麗で

お花畑の中にまでは入らなかったけれど 満喫できました

 

今ごろは 夏のお花畑(ヒマワリ?) の準備がすすんでいるかしら‥?

 

 

 

その他に出会った 景色とお花も少しばかり

 

23050235

園内に植えられていて 花盛りだった木

とっさに何か思い出せませんでしたが‥‥ 「 トベラ 」 でした

そういえば1月の初・公園歩きで

秋の名残の赤い実を見たのだった と 思い出しました

 

 

23050237

こちらも園内に植えられていた木で 花盛り

何だっけ?? 分からなくて帰ってから調べました

「 イボタノキ 」 !!

他のブロガーさんの所では拝見したことありますが

多分 初めての出会いです

そそくさと撮るだけ撮って歩を進めてしまって

もっとよく見てくるんだったと後悔 💦

 

 

23050234

「 チガヤ 」

柵の向こう側に たくさんの穂が風に揺れていました

(6月下旬の現在 ほわんほわんになった穂を見かけます)

 

 

23050226

海! 見えている海は相模湾で 向こうが横須賀半島の先端の方向

 

 

23050230

雲一つない空には たくさんの トビ が舞っていました

 

 

以上です、これにてお終い。広々空間、感じていただけたでしょうか。

施設などは何ひとつアップせず、植物と海と空の写真だけという、

とっても偏ったお出かけリポートとなりました(^^;)

 

💠 💠 💠 💠 💠 💠 💠

 

週末、東京の義叔母宅へ行きますので、途中からコメント欄閉じさせていただき、

土日は全面的に活動お休みさせていただきます <(_ _)>

追記:コメント欄、閲覧のみに切り替えさせていただきました(6/23 22:10)

 

 

| | | コメント (12)

2023/05/31

久し振りの山口

先週5/25~27 、前記事の最後にも書きましたように、義父母に面会するため

山口県宇部市に行ってきました。夫はこれまでも定期的に滞在し、テレワーク

しながら家や車の世話や両親関連の諸々の処理などなどしてきていますが、

私が行くのは2年半ぶりくらい。面会制限がほんの少し緩和されたことを受け、

今回は先行の夫に合流して面会してきました。

1人当たりたったの7分ずつ!!という超短時間面会でしたけれど。

最終日は車のバッテリー充電のため隣の市までドライブして、ちょっぴり景色を

眺めたりもし、最終便の飛行機利用で23時半頃無事帰宅しました。

 

暫く寝不足が続いたので帰宅後は毎日眠いこと眠いこと‥

2日置いて昨日30日は、今度は脊椎圧迫骨折で入院中だった義叔母退院のお世話に

東京へ。またも疲れて今日も眠いこと眠いこと(^^;)

夫婦して疲労回復が遅いのは年齢のせい? 夫は心身とも疲労度が大きく心配。

 

さて、今記事では、山口行きの3日間にスマホで撮った写真を並べました。

(珍しく新鮮でしょ ´艸` その分待機中の春の記事はますます古くなりますけれど)

 

 

2305251

飛行機はスターフライヤーを利用

私が乗った便は往復とも空いていました

機体の内外とも白と黒が基調でカッコイイ雰囲気です

2305252

 

 

230527_20230531093701

宇部市の隣市 山陽小野田市の

「竜王山(標高約130m)」展望台からビーチを望む

2305272

海は「周防灘」 その向こうに見えるのは「九州」

 

2305271

「竜王山」のふもとにある 「きららビーチ焼野」

人工的に整えられている観のビーチでしたが

「日本の夕陽百景」に選ばれているとか 見てみたいものです

 230527

 

 

ここからは義父母の家周りで撮った花たち

230526echeveria

「エケベリア」

何のお世話もされずとも生き永らえていて花が咲いていました

 

 

230526

向かいのお宅では 「ウズアジサイ(オタフクアジサイ)」

2305273

 

 

2305261

お隣では 「コボウズオトギリ」

 

 

やっぱり、少しでも花があると心和むものですね。

5月下旬の好い陽気で日も長く、天気もまずまずだったのは幸いでした。

 

| | | コメント (18)

2023/03/22

河津桜を眺めながら

3月初め、市内の川沿いの公園で「河津桜」が満開と知り、4日のお昼時、

例によってコンビニで買ったランチをもって出かけてみました。

(何度も行ったことのある公園なのに、河津桜も植えられているとは

 知らずにいて、見るのは今回が初めて。

 桜が咲く時季は混雑するからと行くのを避けてきたせいもあります ^^;)

着いてみれば、咲いてる咲いてる! 満開はちょっと過ぎていましたが

まだ咲きたての花も蕾も残っていて、十分楽しむことができる状態。

たくさんのファミリーが花のそばでシートを広げたり日除けのテントを

張ったりしてのんびりランチタイム中でした。

私達も、少しヤマモモの木陰になって目の前に河津桜を眺められるという

良い場所が見つかり、持参の椅子を置いて寛ぐことができました。

 

 

椅子に腰かけたまま 目の前の河津桜をパチリ 📷

2303045

満開の「河津桜」

早速 ランチとまいりましょ

この日はおにぎりではなく パンとコーヒーにしました

 

23030410

同じく椅子に座ったまま 右方向を見ると こんな感じ

他の皆さんが写らないよう 木の根元近くは避けてパチリ

桜の向こう まだ芽の出ていない背の高い木は 多分「アキニレ」

その高い梢にとまっている鳥は「ヒヨドリ」で

時折り桜の花にやってきては 花蜜を食べていましたょ

 

23030413

ランチを食べ終わってから

木のすぐそばまで行って アップで撮りました

23030417

ミツバチ も たくさん来ていました (^^)

 

23030419

可愛いですね

 

23030415

花柄が長いので ぶら下がるようにして咲きますね

 

23030421

葉も顔を覗かせ始めていましたが まだこんな可愛い蕾も!

 

23030423

初々しい~ ♡

 

ポカポカ陽気の日でしたが 風はやや強めで

今年は大量と言われる花粉も たしかに大量に降り注いでいるような

花粉症の夫は 抗アレルギー薬は飲んでいますが

目が痒くなり始め くしゃみも‥

長居はせずに帰ることにしましょう

 

23030426

公園を出て振り返ります 堤防の上から

 

23030427

橋の上から

 

この後すぐ駐車場へと戻り 帰路につきました

 30~40分の短い時間でしたけれど

🌸 「河津桜」のお花見 堪能できました 満足 満足 🌸

( すべて 3/4 撮影 )

 

| | | コメント (22)

2023/03/15

里山公園に春来たる

2023年初の公園歩きから1ヶ月余後の2月18日、今年2回目の公園歩きに

出かけました。 場所は隣市にある、県立茅ヶ崎里山公園

子供やファミリー向けの広場や長ーい滑り台もあり、自然の地形を活かした

起伏に富んだ谷戸の風景も魅力で、里山文化の体験もできる公園です。

 (3/1の記事のラストに載せたお雛様の写真はここで撮影しました)

 

当日は青空が広がり2月にしてはポカポカの陽気。

途中コンビニおにぎりを食べながらプチ・プチ・ハイキング。春を感じてきました。

(あれからもう1ヶ月近くが経ち、3月に入ってからの異様なほどの暖かさで

 あれよあれよという間に春がやってきましたね。)

 

2月18日当時の様子、ご覧くださいませ。

 

 

230218_7_

公園北側に広がる田んぼ "谷の村" 

 

 

9種類の サクラ が植えられているという "桜の小径" では

1種類だけ咲き始めていました

 230218_9_

植えられているサクラたちの掲示板によれば

そこでいちばん早く咲くのは「玉縄桜」

ということは これは「玉繩桜」と思っていいのかな?

名札は付いていなかったのですが

230218_10_

230218_11_

「玉繩桜」は 神奈川県生まれの可愛い桜です

 

 

草花たちも 春を感じさせてくれましたよ

230218_5_

✨ ✨ 菜の花 ✨ ✨

 

 

230218_6_

💠 💠 オオイヌノフグリ 💠 💠

 

 

230218_2_

🎵 🎵 ホトケノザ 🎵 🎵

230218_3_

 

 

 

230218_12_

池では カワウ や カモ が の~んびり

 

 

植物も鳥も みーんな

すっかり春めいた陽射しを 楽しんでいるようでした

 

  

 * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ 

 

前回に続き恐縮ですが、今回もコメント欄を閉じさせていただいています。

義叔母宅行きもありますし‥ キャパオーバーにならないよう (´_`) <(_ _)>

 

| |

2023/03/01

公園・初散歩 - その3 春の兆し -

2023年最初の公園(金沢自然公園/横浜市)散歩をまとめた3回シリーズ、

- その3 - は 「春の兆し」を感じさせてくれた花たちをまとめました。

今回登場の花たちも、多分皆さまの予想通りだと思います~ (ノ´∀`*)

        ( 花写真の撮影は、すべて1月9日=1ヶ月半強前 です )

 

 

230109_ume1

『春告草(はるつげぐさ)』 の 別名を持つ 「ウメ」

1月9日時点では 一分咲きにも満たないチラホラ咲きでしたが

ほんのわずか咲いているだけでも 嬉しいものですね

ちなみに 前記事にアップした

「山茶花」「蠟梅」「水仙」に 「玉梅(梅)」を加えて

『雪中の四友(せっちゅうのしゆう)』 と言い 画題とされてきたとか

(四友の花の種類の組み合わせには諸説あるようです) 

230109ume3

230109ume2

 

230109ume4

230109ume5

可愛いくて香りも良い「ウメ」は

ずーっと長く愛され続けていますね

 

(2月末 わが家のご近所のウメたちも みんな満開になりました)

 

 

 

230109akabanamannsaku1

これは蕾ですが 何の蕾かご存知でしょうか?

230109akabanamannsaku2

一輪だけ ぴろりろりん‥ と咲き始めていました

答えは「マンサク」 ( ↑ は「アカバナマンサク」)

今ごろはきっと 満開となっていると思います

 

 

 

230901boke

「ボケ」

ボケは 季節がきっちり限定されずに咲くイメージですが

やはり最もたくさん咲く”旬” は「春」ですよね

咲いた花・ふっくら蕾・まだ小さな蕾 があって

これから長く楽しませてくれそうでした

 

 

 

230109yabutubaki

「ヤブツバキ」

まだ数は少なかったものの 咲き始めていました

ヤブツバキ も 長い期間楽しめますね

 

 

 

230102hakumokuren_tubomi1

↑ 「ハクモクレン」 の 蕾 ↑

 

 

↓ 「コブシ」 の 蕾 ↓

230109kobusi_tubomi

 

どちらも今ごろは もっと ふっくら してきているだろうなぁ

昨春は「ハクモクレン」も「コブシ」も

見逃してしまったけれど 今年は見られますように!

 

 

 

お ま け ①

この日 金沢自然公園から望んだ 東京湾方面

230109_

4月春本番の頃には 山の木々の色も明るい色に

変わりつつあることでしょう

 

 

これにて、公園・初散歩 3回シリーズ、お終いです。

この日(2023/1/9)から約1ヶ月後には強烈な寒波が訪れ、春の兆しは少し

足踏みするかもしれないと思いましたが、意外とものともせず着々と進んで

きたような気もします。

次に公園歩きができるのはいつになるかしら。(→2/18に行ってきました ^^)

できれば、たくさん!! の、春の花たちとの出会いを楽しみたいものです。

皆さまも楽しんで下さいね。

3回シリーズ、お付き合いいただきありがとうございました ♪

 

 

お ま け ②  2/28追記

今日から3月 明後日はひな祭りですね

2月18日に出かけた公園の建物内で飾られていた雛人形です 💕

230218_14_

 

| | | コメント (20)

より以前の記事一覧